【 電話診断無料のパソコン修理専門店【仙台のパソコン修理専門店】 】

お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

DELL XPS8300 ハードディスクから異音がする

DELL XPS8300
2011年発売のタワー型デスクトップパソコン、DELLのXPSシリーズ。
CPUはCore i7で、グラフィックボードにはGTX560tiが搭載されていました。3Dゲームや映像編集にも強い機種ですね。

『操作中にフリーズしたり、ブルースクリーンが発生し、カチカチと異音も聞こえていた』ということでお持ち込みいただきました。
仙台市泉区にお住まいのリピーターの方です。

症状から、ハードディスクに障害が発生している可能性が高いですね。
重要なデータが入っているということなので、早速検査を行います。

調べたところ、やはりハードディスクに不良セクタが発生しており、たまにカチカチと異音を発して読み込めなくなるタイミングがあります。
ハードディスクはとても危険な状態でしたが、コピーやデータ復旧専用の器械も持っていますので、データはほぼすべて取り出すことが出来ました。

新しいハードディスクにOS丸ごとコピーし、Windowsの起動を確認。
もちろん、フリーズやブルースクリーンは出ることなく、正常に動作するようになりました。

パソコン内部に埃も結構たまっていたので、分解ついでに掃除を行い、修理完了。
仕事の大切なデータだけでなく、高額なソフトもインストールされていたそうで、初期化することなくお返し出来て安心しました。



DELL Inspiron 11 3157 液晶表示がおかしい

DELL Inspiron 11 3157
2016年発売、11.6インチ液晶搭載のDELL ノートパソコン。
非常にコンパクトでタッチパネル対応のディスプレイを搭載しています。
それほど薄い筐体ではないですが、その分しっかししていて安心して持ち運べそうです。

『画面の表示がおかしい』ということで、メールでお問い合わせがありました。
仙台市青葉区の会社の方だったので、早速お持ち込みいただきました。

電源を入れると表示はするのですが、表示されたものの輪郭が赤っぽく滲んでいたり、縦に線が入っていたりといった状態。
表示はされているので全く使えないわけではないですが、常にこれでは使いづらいですね。

液晶パネルが怪しいので、分解して確認。
この機種はタッチパネルと液晶パネルがゴムの様なもので張り付いているので、無理に引きはがそうとすると壊れてしまいます。
ちなみに、ディスプレイを分解するにはボトムケース側から分解し、ディスプレイを取り外さなければなりません。

タッチパネルを外したところ、液晶パネルを固定しているネジが緩んでいました。
持ち運び時の振動で緩んでしまった可能性があります。

液晶パネルを取り外し、念のため液晶ケーブルとの接点を洗浄。
再接続後は正常に表示されるようになりました。

念のため、しばらくエージングテストを行いましたが、その後に表示異常は現れず、修理完了となりました。



DELL Inspiron 11 3162 電源は入るがすぐに切れる

DELL Inspiron 11 3162
2016年発売、持ち運びに最適なサイズの11インチモバイルノートパソコン。
ファンレス構造で、ストレージはオンボードのeMMC。タブレットがノートパソコンになったような感じです。

『水をかけてしまい、電源は入るがすぐに切れ、少しするとまた電源が入る状態が繰り返されて、Windowsが起動しない』と、仙台市青葉区のお客様からお持込みいただきました。
どこまで浸水しているのか、腐食の状態によっては修理できない可能性もありますが、ひとまずお預かりして確認することに…。

ケースを開けて中を確認すると、電源を接続するジャックの付いたサブボードに水の跡があり、ボードの素子と接続されているフラットケーブルのコネクタ接点に錆のようなものが見えました。

幸いにも腐食はしていなかったので、水の跡と錆部分をきれいに洗浄。
仮組みでACアダプタを接続すると、無事電源が入り勝手に切れる症状はなくなりました。

しかし、Windowwsは正常に起動せず。
メインボードに組み込まれたeMMCタイプのストレージなので、取り外していろいろ試す… ということができません。
そのまま何度かWindowsシステムの修復を試み、電源を入れなおすと無事Windows10が起動しました。

水をこぼした影響と思われますが、キーボードを押したときに違和感があるキーが2個所。入力は正常に行えます。
今回は費用を考えて、キーボードの交換は見合わせることになりました。

全体のテストを行い、異常がないことを確認して修理完了です。

会社で使用しているパソコンで、大事なデータが入っていたらしく、正常に使えるようになり安心されていらっしゃいました。



DELL Inspiron N5110 電源が入らなくなった

DELL Inspiron N5110
第二世代のcorei7 CPUで、Windows7を搭載したDELLのノートパソコン。

仙台市青葉区の医療機関のお客様から、『電源が入らなくなった』とお持込みいただきました。
仕事で使われているため、特急修理オプションでのご依頼。
N5110で電源が入らない場合、マザーボードの電源回路でショートしているケースが多く、その可能性が高いと説明してお預かりしました。

テスト用のACアダプタでも電源が入らないことを確認し、早速分解。
電源の回路を追いかけていくと、ショートしている様子はありません。
電源スイッチの回路がおかしいわけでもなく、外せるもの・交換できる部品を一通り試して、やはりBIOSの異常と判断。
怪しそうなBIOSを修正すると、正常に電源が入るようになりました。

この機種、ハードディスクが簡単に取り出せる構造ではなく、メインボードにビス止めされています。
分解ついでに点検したところ、使用時間が11,000時間を超えていました。
近々買い替える予定はないらしく、ハードディスクの交換もご依頼いただきました。

丸ごとコピーした新品のハードディスクを取り付け、正常にWindowsが起動することを確認。
他には特に異常なく、受付の翌日午前中に修理完了となりました。



DELL XPS 13 9350 Windowsが起動しない

DELL XPS 13 9350
2015年発売、13.3インチ液晶のDELL ノートパソコン。
XPSといえばデスクトップのイメージがありますが、コンパクトなモバイル用ノートパソコンです。
液晶パネルの解像度が3200×1800とかなり高く、べゼルが薄いのが特徴のシリーズですね。
トップケースがカーボンで、外装がアルミなので剛性も高いです。お預かりしたものはCore i7のCPUが搭載されていました。

『Windowsが起動しなくなった』ということで、東京都にお住まいのお客様から宅配便でお送りいただきました。
ある日突然起動しなくなり、リカバリしても失敗してしまうそうです。

リカバリしてもダメだということは、SSDに何らかの障害が発生している可能性がありますね。
ボトムケースを開けると、SSDやバッテリー・ファン・マザーボードが確認できます。
モバイルノートというだけあって、バッテリーが半分ほどを占めていますね。

リカバリを試してみましたが、やはり失敗するので、新しいSSDに交換してOSをインストール。
Windows10をインストールし、ドライバも全てインストールOK。
やはりSSDに障害が発生していたようです。

SSD交換後は、特に問題なく動作していました。
解像度が高いと画面を広く使えますので、仕事が捗りそうですね。



DELL Inspiron 7737 勝手に起動したり電源が落ちたりを繰り返す

DELL Inspiron 7737
第4世代のCPU core i7、メモリ16GB、タッチパネル液晶を搭載したDELLのハイスペッックノートパソコン。

『突然起動したり、電源が落ちたりを繰り返す』という症状で、仙台市青葉区のお客様からお持ち込みいただきました。
電源が勝手に入ることがあるため、ボトムカバーを外さないと取り出せないバッテリを外していらっしゃいました。
受付でACアダプタを接続すると、勝手に電源が入ったと思ったら電源が切れ、また入るの繰り返しになり、全く操作できない状態でした。

症状が続いたと思ったら、今度はしばらく安定して電源が入ったままになったり、安定しません。
そして、電源が入ったままでもWindowsが起動しないことが気になりましたが、それでも電源が入らないということはない様子。
電源スイッチボードを外した状態では症状が発生しないことから、電源スイッチ回路の問題として狙いを絞り…

メンブレンスイッチであれば勝手にショートというものも経験していますが、使われている電源スイッチはタクトスイッチなので、それはあまり考えられません。
しかし、接続されているフラットケーブルのハンダ付け部分を見ると、パターンとわずかにずれたところでハンダ付けされており(製造不良ですね…)、顕微鏡で見るとショートしているようにも見えました。導通確認では問題ないのですが、念のためこの部分を修正して、接続。
すると、エージングを行っても電源のON/OFF繰り返しの症状は解消しました。

今度は正常に起動しない問題ですが、何度も電源のON/OFFを繰り返したためにBIOSが異常になったようで、初期化を行なうと正常にWindowsが起動するようになりました。

全体のハードウェアテストを行い、エージングを兼ねて一晩メモリテストを実施。
翌日も安定して正常に動作していることを確認し、修理完了となりました。



DELL InspironN5110 電源が入らない

DELL InspironN5110
2011年発売、15.6インチ液晶搭載のDELL Inspironシリーズ。
CPUはCore i7が搭載されており、本体カラーはメタリック感のあるブルー、ピーコックブルーというらしいです。

『電源が入らなくなった』ということで、多賀城市にお住まいのお客様からメールにてお問い合わせをいただき、実際にお持ち込みいただきました。
過去の例から、電源回路の問題かも… と説明し、お預かりしました。

分解して電源回路を確認すると、やはりどこかでショートしている様子。
目視でよくよく見ていくと、ショートの原因はUSBコネクタにありました。
左側のUSBコネクタが内部で破損しており、金属部分が電源回路とショート。

USBコネクタは交換が必要ですが、電源DCジャックと同じサブ基盤上にありますので、サブ基盤ごと部品を入手し、交換。
これで電源が入るようになりました。

発売から年数が経っているので、念のためハードディスの検査を行ったところ、不良セクタが発生していました。
使用時間が30,000時間を超えており、かなりヘビーに使っていたみたいですね。
新しいハードディスクにデータを全て移し替え、交換を行います。
マザーボードを外さないとハードディスクの交換が出来ない機種なので、かなりイジワルな構造ですね…

データも設定も元のまま、Windowsの起動を確認し、修理完了となりました。



DELL Inspiron14 5447 起動しない

DELL Inspiron14 5447
2014年発売、DELLの14インチ液晶搭載ノートパソコン。
構成は選択できたようですが、お預かりした機種は第4世代のCore i7 CPUに、8GBのメモリを搭載。タッチパネル付きでした。

仙台市青葉区のお客さまから、『起動しなくなった』ということでお持込みいただきました。
お話をお聞きすると、最近他のパソコンを購入し、その時にリカバリデータの入ったUSBメモリが付いてきたので、このパソコンでも使えるのではないかと考えて、リカバリを実施したそうです。
通常は受け付けられないはずですが、ある程度進みデータのバックアップを取るメニューになったので、外付けのハードディスクを接続してユーザデータをコピーしたとのこと。
当然ですが、その後リカバリの動作は止まり、起動できず。
DELLではなく他のメーカーのものだったそうで、何はともあれデータが取れたのはラッキーですね。

症状から、ハードディスクに問題が発生している可能性が高く、さらにリカバリを実施しているためデータは無くなっていると思われるので、リカバリ前提でお預かりしました。

ハードディスクを確認すると、かなり重症で不良セクタも数千箇所に達しています。
更にリカバリ領域もなくなっており、DtoDのリカバリもできません。

新しいハードディスクで、リカバリメディアからWindows8.1へリカバリを実施。
Windowsアップデートを行い、ハード全体に異常が無いことを確認して修理完了です。

受け取りにいらっしゃったお客様は、無事起動するようになったことで安心された様子。
そして、御家族が使われている起動しないWindos7のノートパソコンもお持ちいただき『これも出来たら直したい』と、早速リピーターさんになっていただけました。



DELL VOSTRO 15 3558 電源ランプが少しだけ点灯し起動しない

DELL VOSTRO 15 3558
2015年に発売された15.6インチ液晶搭載のDELL ノートパソコン。
OSはWindows10で、CPUはCore i3が搭載されていました。

仙台市宮城野区にお住まいのお客様から、『電源ボタンを押しても起動しなくなった』ということで、お持ち込みでの修理依頼がありました。
電源を入れると、ほんの数秒だけ電源ランプが点灯してファンが回転し、すぐに電源が落ちてしまいます。画面には何も表示されず、バックライトすら点灯する様子はありません。
このような症状の場合、BIOSに障害が発生していることが多いです。

分解して修復してみます。
ボトムケースのネジを全て外し、キーボードを取り外したところにあるネジも忘れずに外します。
そうするとボトムケースが外れ、マザーボードが見えるので、ハンダで表面実装されているEEPROMを取り外します。

中のデータを修正し、再実装。
電源を入れると、DELLのロゴが表示されました。

BIOSデータが破損した根本的な原因ははっきり分からないため、念のためROM自体とBIOSバージョンを最新のものへアップデートし、修理完了です。
もちろんハードディスク内のデータは残したままです。




DELL Optiplex790 電源が入らない 起動しない

DELL Optiplex790
2012年発売、DELLのスリムタイプ デスクトップパソコン。
法人で使われることが多く、構成をカスタマイズできるタイプですね。

『通常は青く点灯する電源ボタンのランプがオレンジのままで、電源が入らない』ということで仙台の隣町の病院の方からお持ち込みいただきました。お得意様です。

常時電源入れっぱなしのパソコンが多いようなので、いつものようにハードディスクを取り外して異常がないことを確認して、バックアップ用のコピーを作成。

今回の症状からすると電源不良が考えられますが、内部にかなりの埃があるので、分解清掃してメモリーを挿し直してみると、電源が入らなかったパソコンが起動しました。
メモリの接触不良で起動しないことは多々ありますが、電源が入らない症状は珍しいです。
しばし様子を見ようと立ち上げたままにしていたら、いつの間にか電源が切れていました。
念入りにメモリ接点をクリーニングして再起動すると、やはり1時間ほど動いた後に電源が切れました。

メモリの接触不良だけではなく、電源ユニットにも問題がある様子。
テスト用の電源に交換して再度メモリテストをかけると、今度は問題なく動作していました。
今回の原因は電源不良だけではなく、メモリの接触不良との2つの原因によるトラブルだったようです。

電源ユニットは在庫しておりましたので、新品に交換し、ハードディスクを取り付け。
全体の動作に異常がないことを確認して修理完了となりました。



1 / 1612345...最後 »

アーカイブ

▼▼▼
お見積り・お問い合せはこちらから
▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト

アクセス

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10〜19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090


お得なキャンペーン
レンタルパソコン
アップグレード
修理依頼書ダウンロード
初期化しちゃう?ちょっと待って

無料見積もりはこちら

特急修理

土日祝日も営業中

修理依頼書ダウンロード

メールはこちら

パソコン修理ブログ

ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。 泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

アクセスマップ

FAX

 キャンペーン一覧

レンタルパソコン

学生割引

リピーター割

同時に2台修理

リカバリディスク無料作成

返却時の送料無料

代引き手数料無料

買取対応

Windows VistaまたはXPからWindwos7へアップグレード

Windwos7 中古パソコン販売

 修理オプション一覧

Windwos7 中古パソコン販売

 今月の定休日

定休日はありません
土日祝日も営業中(10~19時)!
お急ぎの方はお電話ください。
022-771-2090
来店予約の連絡も不要です。

東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号

↑ PAGE TOP