お問い合わせこちらをクリック  

DELL VOSTRO 15 3558 電源ランプが少しだけ点灯し起動しない

DELL VOSTRO 15 3558
2015年に発売された15.6インチ液晶搭載のDELL ノートパソコン。
OSはWindows10で、CPUはCore i3が搭載されていました。

仙台市宮城野区にお住まいのお客様から、『電源ボタンを押しても起動しなくなった』ということで、お持ち込みでの修理依頼がありました。
電源を入れると、ほんの数秒だけ電源ランプが点灯してファンが回転し、すぐに電源が落ちてしまいます。画面には何も表示されず、バックライトすら点灯する様子はありません。
このような症状の場合、BIOSに障害が発生していることが多いです。

分解して修復してみます。
ボトムケースのネジを全て外し、キーボードを取り外したところにあるネジも忘れずに外します。
そうするとボトムケースが外れ、マザーボードが見えるので、ハンダで表面実装されているEEPROMを取り外します。

中のデータを修正し、再実装。
電源を入れると、DELLのロゴが表示されました。

BIOSデータが破損した根本的な原因ははっきり分からないため、念のためROM自体とBIOSバージョンを最新のものへアップデートし、修理完了です。
もちろんハードディスク内のデータは残したままです。




DELL Optiplex790 電源が入らない 起動しない

DELL Optiplex790
2012年発売、DELLのスリムタイプ デスクトップパソコン。
法人で使われることが多く、構成をカスタマイズできるタイプですね。

『通常は青く点灯する電源ボタンのランプがオレンジのままで、電源が入らない』ということで仙台の隣町の病院の方からお持ち込みいただきました。お得意様です。

常時電源入れっぱなしのパソコンが多いようなので、いつものようにハードディスクを取り外して異常がないことを確認して、バックアップ用のコピーを作成。

今回の症状からすると電源不良が考えられますが、内部にかなりの埃があるので、分解清掃してメモリーを挿し直してみると、電源が入らなかったパソコンが起動しました。
メモリの接触不良で起動しないことは多々ありますが、電源が入らない症状は珍しいです。
しばし様子を見ようと立ち上げたままにしていたら、いつの間にか電源が切れていました。
念入りにメモリ接点をクリーニングして再起動すると、やはり1時間ほど動いた後に電源が切れました。

メモリの接触不良だけではなく、電源ユニットにも問題がある様子。
テスト用の電源に交換して再度メモリテストをかけると、今度は問題なく動作していました。
今回の原因は電源不良だけではなく、メモリの接触不良との2つの原因によるトラブルだったようです。

電源ユニットは在庫しておりましたので、新品に交換し、ハードディスクを取り付け。
全体の動作に異常がないことを確認して修理完了となりました。



DELL Studio 1555 電源は入るが画面に何も映らない

DELL Studio 1555
2008年発売、15.6インチ液晶搭載のDELLノートパソコン。
CPUはCore 2 Duoで、元々のOSはWindows XPでした。
今回お預かりしたものは、お客様がWindows7へ、さらに10にアップグレードされていらっしゃいました。

仙台市宮城野区にお住いのお客様から、お持込みいただきました。
症状は『電源は入るが、画面に何も映らない』とのこと。

症状から、あらゆる原因が考えられます。
最近の機種であればBIOS等の不具合も考えられるのですが、この頃の機種ではあまり多くはありません。

お預かりして分解すると、ファン・ヒートシンクに埃が一杯詰まっていましたので、熱による不具合が大いに考えられます。
いろいろ試してみましたが、残る可能性はGPUの不具合。

『大事なソフト・データが入っており、Windows10でも正常に動作しているので、まだしばらくは使いたい』とのことで、GPUのリボール作業を行うことになりました。

リボール作業後、パソコン内部を念入りに掃除し、ヒートシンクのグリスも交換。
ハードディスクやメモリに異常はなく、正常に動作するようになりました。
エージングテストを行って、修理完了です。


DELL Inspiron 14z 5423 ビープ音が鳴り起動しない

DELL Inspiron 14z 5423
2012年発売、14インチ液晶搭載のDELL Inspironシリーズ。
構成は様々あるのですが、今回お預かりしたものはCPUがCore i3だったので、エントリークラスのモデルですね。

『ビープ音が鳴り起動しなくなった』ということで、仙台市太白区にお住まいのお客様より修理の依頼がありました。
壊れてしまってからしばらく放置していて、処分して買い換えようか…と考えていたところに弊社を知ったそうです。

お預かりして、検査を行います。
この時期発売のDELLのノートパソコンは、このような症状が多いように感じます。
インターネットで調べても、同じような症状で困っている人が大勢いるようです。

メーカーに言わせれば【マザーボードの交換が必要】だそうですが、全てがそうではなく、UEFI/BIOSの修復で直るものも結構多くあります。
ビープ音が鳴る回数でエラーの内容がわかると言われていますが、起動するたびにビープ音が変わりますので、実際のところ何が正しいかわからないですね。

分解してBIOSの修復を試してみます。
マザーボードからEEPROMを取り外し、16進数データを読み込んで、書き換え。
修正後、再実装して組み上げ電源を入れると、DELLのロゴが出てWindowsも起動しました。
Windows10へアップグレードして使っていたのですね。

その他には異常なく、これだけで直るのにマザーボード交換とか買い替えるのはもったいないですね。
あきらめかけていたパソコンが直り、お客様も喜んでいらっしゃいました。



DELL Vostro 220s たまにしか起動しない

DELL Vostro 220s
2008年発売、スリムタワーのデスクトップパソコン。
発売時のOSはWindows Vistaですが、お客様でWindows7へアップグレードし、さらにWindows10へアップグレードしていました。

『たまにしかWindowsが起動しない』とのことで電話にてご相談があり、お持ち込みいただきました。
仙台市内のリピーターさんからのご依頼ですね。過去に何度もお利用いただいています。

実際に確認してみると、電源を入れた直後のDELLの表示時間が異様に長く、しばらく待っているとBIOSの設定画面に入ったり、OSが見つからないといった英文のメッセージが出てきたり、それを何度か繰り返していると何事もなかったかのようにWindowsが起動。
一度起動してしまえば、特に問題なく使用できるそうです。
ポスティングの時間が長いということは、マザーボードに接続されている何かに障害が発生しているのでしょう。

まずはハードディスクを取り外してみます。
取り外した状態で電源を入れると、DELLの表示時間はかなり短く、通常通りになりました。
ということは、原因はハードディスクですね。

他のパソコンやクローニングマシンだと何一つデータが読み出せなかったため、ハードディスクのデータ復旧専用の高性能マシンを使い、データを復旧。
さすがに高価な専用機だけあって、他では読み出せなかったデータが全て取り出せました。
新しいハードディスクにクローン作製も出来ましたので、初期化することなくデータや環境そのままで修理完了です。




DELL inspiron N5010 Windowsのアップデートが出来ない

DELL inspiron N5010
2010年発売、15.6インチ液晶搭載のDELL inspironシリーズ。
今回お預かりしたものは本体カラーがブラックでしたが、全体的に鏡面加工がされており、メタリックでカッコイイですね。

『ある時期からWindowsアップデートできなくなってしまった…』ということでご相談があり、お急ぎのようですぐにお持ち込みいただきました。
それと同時に、『プリンターも接続しようとしたらエラーメッセージが出て、ドライバをインストール出来ない』らしいです。
仕事で毎日使っているパソコンなので、【特急修理オプション】を使用することに。

最優先で作業に取り掛かります。

この機種のハードディスク、結構意地悪な位置にありますね。
バックアップを取るにもひと手間掛かります。

まずプリンターは、インターネットからドライバをダウンロードしてきてインストール、正常に印刷できるようになりました。
お客様はCDからインストールを試みたとのことでしたので、CDが読込不良を起こした可能性がありますね。

Windowsアップデートが出来なくなったタイミングは、昨年のWindows10への無償アップデートがあった時期らしく、OSはアップグレードしなかったらしいですが、その時点で何か不具合が発生した可能性があります。

Windowsアップデートの問題は、簡単に解決できそうに思えますが、案外そうでもないです。
最悪の場合は初期化を行う必要がありますからね。

今回はなんとかシステムを修復し、アップデートが出来るようになりました。
初期かなんかしてたら時間が掛ってしまいますので、修正だけで済んで安心しました。



DELL XPS13 9350 電源が入らない

DELL XPS13 9350
2015年発売、13.3インチ液晶搭載のDELL XPSシリーズのノートパソコン。
このシリーズは、とにかくべゼルの狭さに驚きますね。筐体もアルミ削り出しのシルバーカラーでカッコイイです。

愛知県にお住まいのお客様からメールでお問い合わせがあり、宅配便でお送りいただき修理になりました。
過去にも同様のケースがあったので、「電源回路の問題かも…」と、事前に説明。

到着後、開封して症状を確認。
『電源は数秒だけ入り、すぐに落ちてしまう』という症状でした。その間画面には何も映りません。

このような症状だと、必ずというわけではないですが… 電源回路ではなくBIOSに問題が発生している可能性が高いです。

ボトムケースを開けるのは比較的簡単な機種ですね。内部の半分程をバッテリーが占めています。
マザーボード上にハンダ付けされているEEPROMを取り外し、解析。修正した後、再実装。

組み上げて、正常に起動することを確認。DELLの表示も出て、Windowsも起動しました。
その他には特に異常ありませんでした。

高価な機種なので、マザーボードの交換が必要なく修理が出来て、お客様も喜んでいらっしゃいました。



DELL ALIENWARE ビープ音出て起動しない

2013年発売の17.3インチ液晶搭載、ALIENWARE。
ALIENWAREとはDELLのゲーミングPCブランドで、デスクトップとノートパソコンの両方でラインナップされています。
ゲーミングPCというだけあって、グラフィックカードが搭載されており、3Dゲームも快適にプレイできますね。
通常のノートPCでやろうと思っても、フレームレートがガクガクでまともにプレイできません。

福島にお住まいのお客様から電話でご相談があり、宅配便でお送りいただきました。
『電源は入るが、画面に何も出ない。ビープ音が7回鳴る』といった症状。

DELLの場合、起動時にビープ音7回というのはCPUの異常らしいです。
公式情報でもあまり当てにはならず、CPUを【認識できない】エラーということなので、必ずしもCPUが悪いというわけではありません。
念のため交換してみても、状態は変わらず。

さらに、メモリやグラフィックボードも交換しましたが、状態は変わりません。
この状態だと、やはりBIOSでしょうか。

マザーボードを取り出し、BIOSの修正を試します。
ビスの数が多く、分解は結構大変な機種ですね。

BIOSが保存されているEEPROMですが、2つ実装されているため、両方ともはんだで取り外して確認。
2つのROMの中身を吸出し、それぞれどのようなデータが書き込まれているか調べて、データを修正しました。
EEPROMに書き込み、再実装。

コネクタの挿し忘れがないように組み立てて、電源を入れます。
電源スイッチのイルミネーションが光りだし、ALIENWAREのロゴが現れました。

Windowsも無事に起動し、各部動作テストを行って、修理完了です。



DELL Inspiron 580S 起動しない

DELL Inspiron 580S
2010年発売、DELLのスリムタイプ デスクトップパソコン。
Inspiron 580と580Sはマザーボードが同じですが、ケースの幅が半分くらい。CPUはCore i3です。

仙台市の隣、富谷市のリピータのお客様から、『Windowsが起動しなくなった』とお持込みいただきました。
実は2年ほど前にも、『WIndows10にアップデートしたら起動しなくなった』というご依頼があり、Windows7に戻す作業とハードディスクを交換した履歴があります。
今回もWindows10にして使っていたら調子が悪くなり、ついに起動しなくなったということで、再びWindows7へのリカバリをご希望。

お預かり後、早速ハードディスクを外して調べると、今回もSMARTエラーが発生していました。
クローンを作成しようと試みますが、エラーが多発してコピーが進みません。残念ながら2年ほどで再びハードディスクが故障したようです。
『データは不要なので、リカバリを優先してほしい』とのことでしたので、ハードディスクを交換してリカバリディスクを使用して初期化を進め、合わせて内部の埃の清掃も。

リカバリ完了後に、全体の動作確認。
機種にもよりますが、Windows7の場合はリカバリ後のWindowsアップデートを実施するのに、丸1日くらいかかります。
最新版のアップデートを適用して、修理完了です。




DELL inspiron 5559 液晶画面割れ

DELL inspiron 5559
2016年発売の15.6インチ液晶搭載、DELLのinspironシリーズ。
GPUの有無や、HDDの代わりにSSDを搭載するといったカスタマイズを、ネットからオーダー可能です。選択した構成によっては大分安く買えるでしょうね。

『液晶パネルにヒビが入ってしまって…』ということでお電話いただき、当店と同じ泉区にお住まいのお客様なので、お持ち込みでの修理となりました。

どうやらお子さんがパソコンの上に乗っかってしまったみたい。
右下を起点に全体的に割れが広がっており、ほとんど何も見えない状態でした。

液晶パネルの交換が必要ですね。
慎重にべゼルを外し、液晶パネルの型番を確認。

同じ型番の液晶パネルが、在庫にありましたので、早速取り付けて動作テスト。
液晶は正常に表示され、他の動作にも異常はないようです。1年も経ってないパソコンなので、当たり前にも思いますが… 液晶パネルが割れるほどの衝撃が加わっているので、入念に点検しておきました。

『見積り金額によっては買い替えも考えていた』とおっしゃっていましたが、安価に修理出来たので喜んでいらっしゃいました。

dav





▼▼▼  お見積り・お問い合せはこちらから  ▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト
症状別
液晶割れ
キーボード交換
ハードディスク故障
バックライト交換
メモリ増設
HDDデータ復旧
データだけ取出し
マザーボード修理
パソコン修理全般
修理の流れ
始めての方へ
FAQ
発送先/発送方法
ご利用規約
利用規約
特定法表示
無料見積り
見積・問合せ方法
対応メーカー一覧
NEC
富士通
DELL
東芝
SONY
HP
APPLE
Acer・Asus
Lenovo・IBM
その他(家電量販店・日立・SOTEC・自作機など)
<仙台のパソコン修理専門店>

〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

通常営業:10~19時

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090



無料見積もりはこちら

土日祝日も営業中

土日祝日も営業中

パソコン修理ブログ
仙台店店長
ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。
泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
仙台パソコンお直し隊

大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)metro地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)
仙台店TEL

FAX

キャンペーン一覧

レンタルパソコン
学生割引キャンペーン
リピーター割キャンペーン
同時に2台修理に出したら10%OFFキャンペーン
リカバリディスク無料作成キャンペーン
返却時の送料無料キャンペーン
返却時の代引き手数料無料

今月の定休日


     定休日はありません。
     土日祝日も営業中(10~19時)です!

     お急ぎの方はお電話ください。
     022-771-2090

     来店予約の連絡も不要です。


故障の症状別



メーカー別の事例


パソコン修理について



東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号