お問い合わせこちらをクリック  

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015) Windows10とのデュアルブート

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)

『MacでWindows10とのデュアルブートにしたい』とのご希望で、岩手県のお客様からお預かりしました。
ご自分でいろいろやってみたそうですが、うまくデュアルブートにならないため弊社にご依頼いただきました。

MacBook Pro はハードディスクではなく専用のSSDを使用しているため、いつもやっているコピーは難しいので、万一を考えてTime machineを使って外部ドライブへシステムのバックアップを確保。
Bootcampを使用してWindows用の領域確保とフォーマットを行いますが、お客様自身で既に領域確保は行っていたので、その領域にWindows10をインストールします。

領域を指定してインストールを開始すると、正常に動作して見慣れたWindows10のインストール画面が表れました。
そのまま進めると、Windows10のインストールが完了して再起動。

Windowsのドライバを確認すると、全部のドライバがも正常に当たっていました。
各部の動作点検でも異常なく、正常にインストールされた様子。
Windows10のプロダクトキーを入力し、認証を確認してインストール完了です。

取りにいらっしゃったお客様も、MacとWindowsの切り替えの状況を見て感心されていました。



MacBook Pro (13-inch, Mid 2009) OSが起動しない

MacBook Pro (13-inch, Mid 2009)
2009年発売、13インチ液晶を搭載したCore 2 DuoのApple MacBook Pro。
当店の修理依頼数は、Windowsマシンのほうが圧倒的に多いのですが、最近は立て続けにMacの修理依頼が来るようになりました。

仙台市太白区にお住まいのお客様から、『MacのOSが立ち上がらなくなってしまった』ということでお持ち込みいただきました。
発売されてからしばらく経っているし、おそらくハードディスクの障害でしょうと説明したら、『どうせ交換するのなら、動作も早くなるSSDを使用してほしい!』とのことで、お預かり。

ハードディスクを取り出して検査をしてみたら、やはり読込み不良を起こしていました。
しかも、状態が悪すぎてデータが全く読み出せません。
幸い大事なデータは保存していなかったとのことで、ご自身でも再インストールは試した後だったようです。

早速SSDに換装し、OSをインストールしていきます。
SSDだと、やはりインストールが速いですね。OSのアップデートもすぐに終わってしまいました。

メモリは4GB×2の8GBに増設されていましたが、メモリテストを行ったところ、片方のメモリーがエラーを出していたので、交換。
普段は何ともないですが、エラーがある領域に踏み込みと、動作が不安定になってしまいますからね。

最後に内部の埃をエアーで飛ばして清掃し、組み上げて修理完了です。

外装もキレイですし、SSDに換装してあるのでまだまだ長く使って欲しいですね。



Apple iMac (20-inch 2008) OSが起動しない

Apple iMac (20-inch 2008)
2008年発売、Appleの液晶一体型デスクトップパソコン、iMacシリーズ。
液晶は20インチのものが搭載されており、CPUはCore 2 Duoを使用していました。
発売からもう9年ほど経過していますが、Macはあまり古さを感じさせないデザインですね。

『OSが起動しない』と、仙台市泉区にお住まいのお客様からご相談があり、お持ち込みいただきました。
『購入時付属のOSインストールディスクでもインストールに失敗してしまう』とのこと。
一体型で移動が大変ですが、年数的にもハードディスクの異常が考えられるのでお預かりが必要です。

早速分解して、検査を行います。
液晶表面のガラスを外し、液晶画面も外さないといけないので、Windowsマシンと比べるとメンテナンス性は悪いです。

ハードディスクを検査してみたところ、やはり読込み不良を起こしていました。
読込みが出来ているうちに、ユーザーデータだけ取り出してしまします。
コピーにかなりの時間が掛りましたが、データはほぼ大丈夫なようですね。

新しいハードディスクに交換し、OSを再インストール。
OSのアップデート行い、一緒にお持ちいただいていたOffice for Macもインストール。
最後に取り出していたデータをコピーし、修理完了です。

かなり大事に使われていたパソコンのようでしたので、データ含め無事復旧出来て安心しました。



iMac (21.5-inch, Mid 2011)  OSが起動しない

iMac (21.5-inch, Mid 2011)
2011年発売、Appleの21.5インチ液晶一体型デスクトップパソコン iMac。
発売から年数が経過していますが、アルミボディで全く古さを感じさせないデザインです。

仙台市泉区にお住まいのお客様から電話でご相談があり、その日のうちにお持ち込みいただきました。
『電源を入れると起動音の後、読込中のクルクルから一向に進まず、OSが起動しない』といった症状です。

おそらくハードディスクの読込不良ですが、仕事で使っているパソコンで、大事なデータがたくさん保存されているらしいので、データの復旧が出来るか心配されていらっしゃいました。

お預かりし、液晶の表面をカバーしているガラスを取り外し、液晶パネルを起こすとハードディスクにアクセス可能です。

この機種は1TBのハードディスクが使用されていました。
調べたところ、やはり読込不良を起こしていました。不良セクタが大量に発生している様子。

真っ先にデータのコピーを試みましたが、やはり障害が発生しているハードディスクなので、思うようにデータのコピーが進みません。
一晩かけて、やっとデータのコピーが完了しました。

コピーしたハードディスクを本体に取り付けて、OSの修復を試みます。
システムの修復を行ったところ、何事もなかったかのように、OSが今までの環境で起動してきました。
心配されていたデータも大丈夫そうで、安心しました。

『大事なデータはバックアップした方がいいですよ~』とお話し、修理完了となりました。



Apple MacBook Pro 15inch Late2011 電源が入らない

Apple MacBook Pro 15inch Late2011
2011年発売の15.4インチ液晶搭載、AppleのMacBook Pro。
CPUはIntelのCore i7で、GPUにはAMDのRadeonシリーズが搭載されています。

『電源が入らなくなった』ということで、神奈川県にお住まいのお客様から宅配便で修理の依頼がありました。
使用中に突然電源が切れ、そのまま入らなくなってしまたそうです。
この機種は画面表示が乱れる・画面に何も映らない等の問題でリコールの対象製品でしたので、過去(昨年?)にAppleでロジックボードを交換しているようでした。

電源コード側のランプは点灯しているので、ロジックボードの電源回路の異常かも…
ボトムケース側から分解していきます。

今回のMacbook Proはご自身でHDDからSSDへ換装されていました。ここまでは比較的簡単なので、SSDへ換装されてる方は多いですね。
様々な形状のケーブルが接続されているので、断線に注意しながらロジックボードを取り外し。

電源回路上でショート反応がありましたので、不良部品を突き止めて修復を行ったところ、電源が入るようになりました。
その部品の単純な不良なのか、他に問題があるのかはっきりしないため、しばらく負荷をかけてエージングテスト。
安定して動作しているので、部品自体の不良だろうと判断し、修理完了となりました。

この頃のMacBook Proはデザインもメンテナンス性もいいため、まだまだ大事に使いたいとおっしゃっていました。
dav



MacBook Pro(13-inch, Early 2011) A1278 MC700J/A SSDに換装

MacBook Pro(13-inch, Early 2011) A1278 MC700J/A
2011年発売のMacbook Pro 13インチ。
アルミニウム製Unibodyで、CPUは第2世代のCore i5、メモリ4GB、HDD 320GBという構成です。
この頃のMacbook pro 15インチモデルは、グラフィックの不具合が多発し、無償修理が行われていましたが、今ではその期間も終了したようです。
今回は13インチモデルで、グラフィックの不具合は聞きませんが、バッテリが膨張してしまう問題が多いようです。結構多いようですが、こちらは保証期間外であれば有償修理だそうです。

仙台市のお隣、多賀城市の方からお持込みいただきました。
『以前と比べて動作が遅くなったような気がするので調べてほしい』とのこと。
多賀城市役所のバナー広告で当店を知ったそうです。
年数的に、OSが不安定になっているとか、空き容量が少なくなっていれば動作が遅くなる…等 説明していたところ、『初期化したけど遅い気がする』と。
詳しく調べることにして、お預かり。

一通り点検を行いましたが、ハードディスクやメモリも異常なく、読み書き速度も正常。
内部が高温になるとクロックを落とすので、排気やファンの回転数も調べましたが、異常なし。
触っていても特に遅い感じはしなかったので、状況を連絡しました。
『会社のパソコンはもっと快適に動くけどなぁ…』とおっしゃったので、その快適なパソコンの型番を聞いたところ、SSD搭載モデルでした。
SSDの速さに比べて、こちらはHDDなので遅く感じていただけのようです。

綺麗だし買い替えるにはもったいないということで、HDDからSSDに換装することになりました。
早速SSDに交換し、再インストール。
やはり、比べ物にならないくらい動作が早く、快適になりました。
しばしエージングテストを行い、修理完了。

引取りにいらっしゃった時に起動させたら、『会社のより速い気がする』とおっしゃっていました。
IMG_2259



Apple MacBook Pro 15inch Retina A1398 Early2013 OSが起動しない SSD交換

Apple MacBook Pro 15inch Retina A1398 Early2013 ME665J/A
2013年に発売された15インチ液晶搭載、MacBook Pro。
CPUもCore i7でメモリも8GB、ストレージにはSSDの512GB、GPUにNVIDIAのGT650Mを搭載と、かなり豪華。
Retinaディスプレイで、表示も非常に精彩でキレイですね。

『電源を入れるとApple特有のジャーン!という起動音は聞こえるけど、画面には?マークが表示されるだけで、OSが一向に立ち上がってこない』ということで、仙台市青葉区にお住まいのお客さまより、修理の依頼がありました。

起動してもOSを読みにいかない状態なので、SSDに障害が発生している可能性がありますね。
ターゲットディスクモードで起動しても、SSDがまったく見えないので確実でしょう。

SSDを交換してOSをインストールしなければいけないのですが、使用されているSSDがApple専用の特殊なもので、通常の2.5インチのものやm.2、mSATA接続は使用できません。
専用品も入手できそうですが、かなり高額になります。今回は、mSATA接続のSSDを、変換基盤を使用して取り付けることに。

入手した変換基板が、元のSSDに比べて0.15mmくらい厚く、取り付けに苦労しました。
インターネットリカバリを実行し、OSをインストール。このあたりはWindowsと違って便利です。

SSDとMac OSの組み合わせだと、起動も早くかなり快適です。
他の動作に異常がないことを確認し、修理完了となりました。
hdr



Apple imac A1311 21.5inch 画面に何も映らない

Apple imac A1311 21.5inch
2009年に発売されたAppleの液晶一体型デスクトップパソコン。
Core 2 Duo世代のiMacですね。27インチのモデルもありますが、21.5インチでもべゼルが黒いためか十分大きく感じます。

仙台市太白区にお住まいのお客様からの依頼。
『電源を入れても起動音だけがなり、画面に何も映らない』といった症状です。バックライトが光ってる様子もなく、全くの無反応。
液晶パネル、ロジックボード、グラフィクボードのいずれかに障害が発生している可能性があります。

お客様ご自身でデータだけでも取り出そうと、ターゲットディスクモードを実行しようとしたが、キーボードも何も全く反応がなかったらしいので、液晶パネルではなさそうです。

表面のガラスを取り外し、分解を進めます。
iMacは配線が複雑なため、Windowsマシンより相当苦労しますね。

グラフィックボードを取り外し検査を行ったところ、グラフィックボードが壊れてしまっているみたい。
埃がすごかったので、熱による影響もあるのではないでしょうか。

状況を伝えたら、『もう一台Macがあるので、データだけ抜いてください』とのことでした。
ハードディスクは正常だったので、お持ち込みいただいたポータブルHDDへデータをコピーして、修理完了です。
dav




Apple imac A1311 Late2009 電源が入らない 電源ユニット修復

Apple imac A1311 Late2009
2009年にAppleから発売された液晶一体型デスクトップパソコン、iMacシリーズ。
液晶は21.5インチです。シルバーのアルミボディ、液晶前面がガラスで覆われており、堅牢性が高そうですね。

『電源が入らなくなってしまった』ということで、大崎市にお住まいのお客様からお持ち込みでの修理依頼がありました。
修理依頼数としてはWindowsマシンの方が多いですが、Macの修理依頼もあります。
iMacシリーズで電源が入らないのは、ロジックボードや電源ユニットの障害が多いですね。

分解し、検査を行います。
Windowsマシンで一般的な背面のカバーを外すタイプではなく、液晶パネル側から外していかなければなりません。
表面のガラスはマグネットで固定されているので、割らないよう吸盤を使って外し、次に液晶を浮かせ、断線に注意しながらケーブルを抜くと、ようやく液晶が外れます。

ここまでくれば、電源ユニット・ロジックボードにアクセスできますね。

電源ユニットの電圧を確認すると、全く出力されていませんでした。
原因は電源ユニットで間違いないみたいですね。
ロジックボード側が正常であることを祈りつつ、電源ユニットの修復を行いました。

修復後、取付。再度配線に注意しながら組み立てます。
ガラスと液晶パネルの間にゴミが入らないよう、注意しながら作業します。

電源スイッチを押すとMacの起動音が鳴り、ログイン画面が表示されました。

Apple Storeでは部品が無いと断られたそうですが、データもそのままで修理出来ました。
IMG_20170226_140631 (1)




MacBook Pro A1398 バッテリー交換

MacBook Pro A1398
Early 2013のMacBook Pro 15インチモデル。Core i7の高性能な上に、Retinaディスプレイがいいですね。

『Mac book Pro のバッテリーの持ちが悪い』ということで、仙台市青葉区のお客様がお母様と娘さんとお二人で持ち込まれました。
年末にimac A1311をお預かりした際にもご相談いただいていたのですが、『普通に使用しても1時間ほどしかバッテリーが持たなくなった』とのこと。
娘さんが海外で使用されているそうで、仙台を離れる前に交換してほしいそうです。

使い方にもよりますが、通常ならバッテリーで数時間使えるはずですので、1時間ほどで切れてしまということはバッテリーの劣化が進んでいると思われます。
MacBook Proのバッテリーは内蔵型で、他のパソコンのように簡単には交換できない構造です。

お急ぎということで、早速バッテリーの手配。
2日で到着し、早速交換作業を行います。
ボトムケースの固定ネジを特殊ドライバーで外し、カバーを外すとバッテリーが見えます。
バッテリーは強力な両面テープで固定されているため、このテープをはがさないとバッテリーを取り外すことができません。
慎重に両面テープを剥がしてバッテリーを取り外しても、ケース側にべったりのりが残っており、これをきれいに剥がすのが一苦労。

全部取り除いたところで、新しいバッテリーを取り付けます。
元と同じように両面テープでしっかりと取り付け、ビスで固定。
カバーを取り付けて、交換完了です。

バッテリだけで電源を入れると、残量は25%表示でした。
リチウムイオン電池は約3割充電の状態で保管するのが好ましいそうですので、保管状態は良かったようです。
充電も正常。満充電になったところで、バッテリのみで全体の動作確認をし、修理完了。

予定していた日数より早く完了し、出発前に余裕を持ってお渡しできました。
Exif_JPEG_PICTURE




▼▼▼  お見積り・お問い合せはこちらから  ▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト
症状別
液晶割れ
キーボード交換
ハードディスク故障
バックライト交換
メモリ増設
HDDデータ復旧
データだけ取出し
マザーボード修理
パソコン修理全般
修理の流れ
始めての方へ
FAQ
発送先/発送方法
ご利用規約
利用規約
特定法表示
無料見積り
見積・問合せ方法
対応メーカー一覧
NEC
富士通
DELL
東芝
SONY
HP
APPLE
Acer・Asus
Lenovo・IBM
その他(家電量販店・日立・SOTEC・自作機など)
<仙台のパソコン修理専門店>

〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

通常営業:10~19時

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090



無料見積もりはこちら

土日祝日も営業中

土日祝日も営業中

パソコン修理ブログ
仙台店店長
ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。
泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
仙台パソコンお直し隊

大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)metro地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)
仙台店TEL

FAX

キャンペーン一覧

レンタルパソコン
学生割引キャンペーン
リピーター割キャンペーン
同時に2台修理に出したら10%OFFキャンペーン
リカバリディスク無料作成キャンペーン
返却時の送料無料キャンペーン
返却時の代引き手数料無料

今月の定休日


     定休日はありません。
     土日祝日も営業中(10~19時)です!

     お急ぎの方はお電話ください。
     022-771-2090

     来店予約の連絡も不要です。


故障の症状別



メーカー別の事例


パソコン修理について



東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号