【 電話診断無料のパソコン修理専門店【仙台のパソコン修理専門店】 】

お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

ドスパラ Dignnos Magnate SG E03 電源が入らない

ドスパラ Dignnos Magnate SG E03
2013年発売、ミドルタワー型デスクトップパソコン。
第四世代のCore i7に、グラフィックボードもGTX660を搭載していますので、3Dゲームも快適に動作可能ですね。

『5ヶ月くらい使ってなかったパソコンが、電源が入らなくなった』と電話でご相談があり、近くにお住まいの方だったのでお持ち込みいただきました。
電源が全く入らず、電源スイッチを押してもランプの点灯もなく、全く反応がありません。

電源ユニットが壊れているのかも…と説明し、お預かり。

確認のためサイドカバーを外したところ、軽めの埃がびっしりと入り込んでいました。
CPUやグラフィックボード、ケース、電源のファンまでホコリが詰まっている状態。

メインボードからコネクタを取り外し、電源ユニット単体で電圧が正常かテストしてみたところ、完全に壊れていることが判明。
定格以上の負荷が掛かって壊れてしまうというケースもありますが、今回の原因はおそらく埃でしょう。

新しい電源ユニットに交換する前に、可能な限り分解してエアコンプレッサーでホコリを飛ばします。
放熱の妨げになったままでは、他のパーツの寿命も縮めてしまいますからね。
ヒートシンクの隙間まで、全ての埃を除去し、電源ユニットを交換。

電源が入り、一通りの動作点検を行っても快調に動いてくれていますので、エージングして修理完了です。



富士通 PH520/1A  Windows操作できなくなった

富士通 PH520/1A
2010年発売、AMDのAthronⅡモバイル用CPUを搭載した、コンパクトなノートパソコン。

多賀城市の方から、お持込みいただきました。
昨年までの無料アップデートで、Windows7から10にアップグレードして使用していたそうですが、『最近になってデスクトップのスタートボタンを押しても反応しなくなり、操作できなくなった』そうです。
受付で確認すると、お客様のご説明どおりの症状。
元々Windows7や8だったPCをWindows10にアップグレードしたパソコンは、正常に動いていたものでも突然不具合が出ることがあります。
Windows10にしてからは動作も遅く使いにくかったそうで、お客様としてもWindows7に戻したいとのこと。

まずハードディスクを点検しましたが、特にエラーはなく、バックアップコピーも問題なく行えました。
お客様のデータをバックアップしてから、テスト用のハードディスクでWindows7へのリカバリを実行。
動作確認を行っても異常はありませんので、やはりOS上の不具合が出ていたようです。

Windows7の発売から年数経っているので、リリースされたWindowsアップデートはかなりの数があります。
丸1日以上かけて、最新の状態までアップデート。
動作確認を行って、元のハードディスクに丸ごとコピーし、ユーザーデータを移行して修理完了です。



東芝 T45/VG Windowsが起動しない

TOSHIBA T45/VG
2016年発売、15.6インチ液晶搭載の東芝 ノートパソコン。
昨年発売されたばかりの新しい機種です。
CPUはCeleronでメモリは4GBと、エントリー向けの構成。OSはもちろんWindows10がインストールされています。

『Windowsが起動しなくなった』ということで、お持ち込みでのご相談がありました。
『昨日まで使えていたのに、使おうと思って電源スイッチをいれたら延々待ってもWindowsが起動してこなくなった』とのことです。

可能性としてはゼロではないですが、発売から2年も経っていないのでハードディスクの異常は考えにくい…
これまでのパターンで考えると、Windows10のアップデートが怪しいです。

とりあえず分解を行い、ハードディスク自体に異常がないことを確かめたところ、やはり使用時間も少なく、不良セクタも見つかりません。至って健康な状態です。

OSの問題と考え、システムの修復を行います。
修復完了後、Windowsは起動しました。
が、やはりWindowsのアップデートが入っていたらしく、再起動したら更新プログラムのインストールが始まりました。
Windows10 のFall Creaters Updateですね。大型のアップデートです。

しかし、アップデートは失敗を繰り返している状態。
このせいでシステムに不具合が生じ、Windowsが起動しなくなったのでしょう。

そのまま待ってもしかたないので、手動で更新プログラムをインストールしてアップデート完了。
今回は初期化することなく、修理完了となりました。



東芝 R734/K キーボード交換

TOSHIBA R734/K
2013年発売、13.3インチ液晶の東芝 ノートパソコン。
Rシリーズはビジネス向けモバイル用パソコンの位置付けで、ボディにマグネシウムを使用しているので軽くて頑丈です。

東京都にお住まいのお客様から、ご相談がありました。
『キーボードのキートップが外れてしまって、入力が出来ないキーがある』とのこと。
出張で仙台に来ているそうで、実際に状態を確認するべくお持ち込みいただきました。

実際には、キートップが外れているだけではなくて、キーボード側のラバーも無くなっていました。
これではキートップだけ変えても入力出来ないので、キーボードごと交換する必要があります。

このシリーズのキーボード交換は、結構大変です。
キーボードが強力な両面テープで接着されているということと、キーボードのフラットケーブルがすぐ下ではなく、マザーボードの反対側(ボトムケース側)に接続されているためです。

ボトムケース側から分解し、まずはフラットケーブルを外します。
バックライト付きのキーボードなので、バックライトのケーブルも忘れずに。

今度はドライヤーで熱を加えながら、キーボードを外します。
新しいキーボードを取付ますが、フラットケーブルの取り回しの関係上、マザーボードを一旦外す必要がありますね。

マザーボードを外し、フラットケーブルの位置を確認して接続。
長さがぎりぎりなので、無理に力を加えてはいけません。

最後に両面テープでしっかりと固定し、キーボード交換完了。
通常よりも時間の掛かるキーボード交換でしたが、特急修理での対応でした。



NEC PC-GL255RHAU Windowsが起動しない

NEC PC-GL255RHAU
2012年発売、15.6インチ液晶のNEC ノートパソコン。
CPUはCore i5、メモリは4GBを搭載しています。メモリは購入に8GBも選択できたみたいですね。

塩釜市の会社の方から、お持ち込みでの相談がありました。
『Windowsが突然立ち上がらなくなってしまった』とのこと。
途中まで起動しますが、真っ暗になってマウスのカーソルだけが表示されている状態。

起動時の様子から、Windows10がインストールされているようです。
昨年の無償期間中にアップグレードしたのでしょう。

ハードディスクの検査を行いましたが、不良セクタは見つかりませんでした。
となると、考えられるのはWindowsのシステムの問題ですね。
システムの修復を試みたところ、Windowsは正常に起動するようになりました。
アップデートが入っていたので、更新に失敗して起動しなくなったのかもしれません。

お客様曰く、『訳がわからないまま、Windows10にアップグレードされてしまった』とのことでした。
そんな方、多いですね。
仕事で使うデータやソフトが入っていたそうで、『リカバリせずに済んで、本当に助かった!』とお喜びいただきました。



東芝 T351/57CR 動作が遅い

TOSHIBA T351/57CR
2011年発売、15.6インチ液晶の東芝 ノートパソコン。
CPUはCore i5を搭載しており、メモリも4GB載っていますので十分な性能ですね。
OSはWindows7がインストールされています。

『Windowsは起動するが、最近何をするにしても動作が遅くなってきた』ということで、多賀城市にお住まいのお客様から修理依頼がありました。
メールにしてもインターネットを見るにしても動作が遅く、使いものにならないそう。

メーカーに見積り依頼を出していたそうなのですが、やはり高額な見積りになり、修理せずに返してもらったそうです。
【ハードディスクに障害が発生しているので交換が必要】との診断。

ハードディスクを検査してみると、メーカーの診断通り不良セクタが発生していました。
不良セクタが発生しているから全部ダメってわけではないので、丸ごと新しいハードディスクへコピー。
新しいハードディスクを取り付けて起動させ、Windowsのシステムを修復して正常に起動・動作することを確認。
リカバリの必要もなく、元の環境のままお使いいただけます。

一通りの動作点検を行い、しばしエージングテストを行い、修理完了です。



NEC PC-VN770ES6R Windowsが起動しない

NEC PC-VN770ES6R
2011年発売、20インチ液晶のNEC 一体型デスクトップパソコン。
CPUは第二世代のCore i5、地デジとBSチューナーも搭載している機種です。

岩沼市のお客様から『Windowsが起動しない』とお持込みいただきました。
受付で確認すると、NECのロゴが表示されるだけでWindowsが起動する様子はなし。
パソコンが起動しないとテレビも見ることができない機種で、Windowsが起動しないと何の役にも立ちません。

ハードディスクが認識されていない様子で、もしハードディスクに物理的な損傷があるとすれば、データの取り出しは高額になることをお話しすると、『データは取れなくても構わない』とのこと。

ハードディスクを取り出して検査しましたが、PCでもコピー機でもデータ復旧用の器械でも認識せず。
テスト用のハードディスクを取り付けて、リカバリディスクを使用して初期化。
Windows7が立ち上がったところで動作点検し、他には特に異常ないことを確認しました。

テスト用ドライブから新しいハードディスクにコピーして、お持ちいただいたofficeとウィルスバスターをインストール。
電源ボタンがグラグラして外れそうになっていたのも修正して、修理完了です。



東芝 T552/58GB ファンエラーが出る

TOSHIBA T552/58GB
2012年発売、15.6インチ液晶搭載の東芝 ノートパソコン。
CPUはIvyBridge世代のCore i7が搭載されていました。
OSはWindows8から、昨年の無償アップグレード期間中に10をインストールして使用していたみたいです。

『Windowsが起動し、デスクトップまでたどり着くとすぐファンに関するエラーメッセージが表示される』とのことで、お持ち込みいただきました。
仙台市宮城野区にお住まいのお客様です。

CPUファンに障害が発生している可能性が高いですね。
実際に確認してみると、ファン自体は回転していましたが非常に遅く、ブーンと異音も発生している状態でした。
負荷が掛かると排熱しきれず、電源が落ちてしまいました。

ファン交換が必要ですね。
壊れた原因はおそらく埃です。
ファンとヒートシンクに、びっしりとホコリが詰まっていました。

全てキレイに取り除き、CPU熱伝導グリスもカラカラに乾いており役割を果たしていないので塗り直し。
在庫している新品のファンに交換し、ファンエラーが出なくなったことを確認。

ハードディスクの検査を行ったところ、不良セクタを発見。
『Windows10にしてから動作が遅くなっていたけど、最近、さらに起動の遅さが気になる』ということもおっしゃっていたので、やはり不良セクタのせいでしょう。

ハードディスクを交換し、Windows8へリカバリ。
アップデートとエージングテストを行って、修理完了です。



Apple MacBook Pro Late 2011 起動しない

Apple MacBook Pro Late 2011
Core i7のCPUに16GBのメモリを搭載したMacBook Pro。
2011モデルとはいえ、まだまだ現役で使用できる十分なスペックを持っています。

『起動しない』ということで、福井県のお客様から宅配便でのご依頼。
修理と同時に、ハードディスクをSSDに換装したいとのご希望です。

電源は入りますが、Mac独特の【ジャーン】の音も出ず、画面に何も表示されません。
この機種はグラフィック回路部分に問題があり、Appleで無料修理対象になった機種なのですが、既に修理受付は終了しています。
確認すると、やはりこのグラフィック部分に問題があるようで、さらに内蔵のハードディスクもエラー起こしており、起動しない原因はグラフィック回路だけではなさそうです。

グラフィックチップを一時的に修復し、動作テストできる状態にしました。
起動音が出るようになったものの、ハードディスクを入れてもOSは起動せず。
テスト用のHDDで再セットアップを試みると、無事起動し動作の確認ができました。

今回はお客様がTime Machineでバックアップを取った外付けHDDを一緒に送ってくださったため、本体が正常になれば復元で使用可能になります。
グラフィックチップの再ハンダを行い、全体を組み上げて新しいSSDを搭載して、Time Machineから復元。
元の環境で立ち上がるようになりました。

エージングテストで問題ないことを確認して、修理完了。
Core i7にSSDで、起動も速くとても快適になりました。
それにしてもTime Machine、素晴らしい機能ですね。



HP Compaq Pro 4300 SF パスワードを入力しても起動しない

HP Compaq Pro 4300 SF
2012年発売のスリムタワーデスクトップパソコン。
CPUはCeleronが搭載されていました。メモリが4GB、ハードディスクが500GBと標準的な構成です。

名取市にお住まいのお客様より、お持ち込みでのご相談がりました。
アカウントログイン画面まではすんなり起動するのですが、ログインパスワードを入力しても一向にデスクトップが出てこない状態。
半日待ってもダメだったそうです。

ここまで進んでいるので接触不良等の類ではなく、Windowsのシステム不具合か、発売から年数も経っていますのでハードディスクの障害も考えられます。
取り外してハードディスクの検査を行います。

ハードディスクは電源ユニットの下に搭載されていました。
検査の結果、ハードディスクに不良セクタが見つかりました。しかし、不良の数は多く無いので、ユーザーデータは全て取り出せます。
新しいハードディスクに交換し、Windowsのシステムを修復したら元通りの環境で起動。

その他、各部点検を行いましたが、特に異常なし。
リカバリすることなく、データも設定も元のままで復旧させることができ、安心しました。



1 / 5012345...最後 »

アーカイブ

▼▼▼
お見積り・お問い合せはこちらから
▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト

アクセス

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10〜19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090


お得なキャンペーン
レンタルパソコン
アップグレード
修理依頼書ダウンロード
初期化しちゃう?ちょっと待って

無料見積もりはこちら

特急修理

土日祝日も営業中

修理依頼書ダウンロード

メールはこちら

パソコン修理ブログ

ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。 泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

アクセスマップ

FAX

 キャンペーン一覧

レンタルパソコン

学生割引

リピーター割

同時に2台修理

リカバリディスク無料作成

返却時の送料無料

代引き手数料無料

買取対応

Windows VistaまたはXPからWindwos7へアップグレード

Windwos7 中古パソコン販売

 修理オプション一覧

Windwos7 中古パソコン販売

 今月の定休日

定休日はありません
土日祝日も営業中(10~19時)!
お急ぎの方はお電話ください。
022-771-2090
来店予約の連絡も不要です。

東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号

↑ PAGE TOP