【 電話診断無料のパソコン修理専門店【仙台のパソコン修理専門店】 】

お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

東芝 AX/54EP 電源は入るが画面が真っ暗

TOSHIBA AX/54EP
2008年発売、15.4インチ液晶搭載の東芝 ノートパソコン。
OSはWindows Vistaで、CPUはCeleron。発売からもうすぐ10年が経とうとしている機種ですね。

『電源は入るけど、画面が真っ暗で起動しない』ということで、富谷市にお住まいのお客様よりお持ち込みでの修理相談がありました。
詳しく状況を聞いてみると、こうなる前は使用中にフリーズしたり、起動中に電源が落ちてしまうこともあったそうです。
『騙しだまし使っていたが、ついに起動しなくなってしまった』とのこと。

この機種は、マザーボード上の部品の劣化でこのような症状になることが多いです。

分解を行い、部品交換を行います。
生産終了からしばらく経っているものの、全く同じ型番のものが今でも入手可能です。が、流通している部品の製造時期も同じ頃と思われるため、新品と謳われていても劣化している可能性が高いので、代替部品に交換を行います。
それに伴い、若干の回路変更も。

部品交換後は正常に起動し、ハードディスク等も異常が無かったため、この部品交換だけで修理完了となりました。

『古いパソコンでVistaだし、買い替えも考えていたけど年賀状シーズンに入ってしまうので、今買い換えると大変だ』ということで、修理を希望されたそうです。



東芝 T451/58EW 電源が入らない

TOSHIBA T451/58EW
2012年発売、15.6インチ液晶搭載の東芝 ノートパソコン。
CPUはCore i7でメモリは8GBと高性能なモデルです。3Dゲームでもしないかぎり困ることは無いでしょう。
OSはWindows7がインストールされていました。

『電源が入らなくなった』ということで、秋田県にお住まいのお客様からお持ち込みいただきました。
度々仙台には来ているみたいで、パソコンが壊れたためネットで調べたら当店のブログがヒットし、全く同じ症状だということでお持ち込みされたそうです。

電源がまったく入りません。
ACアダプタを接続しても、バッテリー充電中のランプすら点灯せず、まったくの沈黙状態です。
いつもの、マザーボードの電源回路の障害でしょう。

調べた結果、やはり電源回路上でショート反応がありました。
闇雲に交換するのではなく、まずは問題の部品を特定し、交換。
過去の例から、他の疑わしい部品もついでに交換しました。

組み立てて電源を入れるとdynabookの表示が現れ、Windowsも正常に起動しました。
その他には特に異常なく、もちろんデータも設定もそのままで修理完了です。



Apple MacBook Pro Late 2011 起動しない

Apple MacBook Pro Late 2011
Core i7のCPUに16GBのメモリを搭載したMacBook Pro。
2011モデルとはいえ、まだまだ現役で使用できる十分なスペックを持っています。

『起動しない』ということで、福井県のお客様から宅配便でのご依頼。
修理と同時に、ハードディスクをSSDに換装したいとのご希望です。

電源は入りますが、Mac独特の【ジャーン】の音も出ず、画面に何も表示されません。
この機種はグラフィック回路部分に問題があり、Appleで無料修理対象になった機種なのですが、既に修理受付は終了しています。
確認すると、やはりこのグラフィック部分に問題があるようで、さらに内蔵のハードディスクもエラー起こしており、起動しない原因はグラフィック回路だけではなさそうです。

グラフィックチップを一時的に修復し、動作テストできる状態にしました。
起動音が出るようになったものの、ハードディスクを入れてもOSは起動せず。
テスト用のHDDで再セットアップを試みると、無事起動し動作の確認ができました。

今回はお客様がTime Machineでバックアップを取った外付けHDDを一緒に送ってくださったため、本体が正常になれば復元で使用可能になります。
グラフィックチップの再ハンダを行い、全体を組み上げて新しいSSDを搭載して、Time Machineから復元。
元の環境で立ち上がるようになりました。

エージングテストで問題ないことを確認して、修理完了。
Core i7にSSDで、起動も速くとても快適になりました。
それにしてもTime Machine、素晴らしい機能ですね。



DELL Inspiron 11 3162 電源は入るがすぐに切れる

DELL Inspiron 11 3162
2016年発売、持ち運びに最適なサイズの11インチモバイルノートパソコン。
ファンレス構造で、ストレージはオンボードのeMMC。タブレットがノートパソコンになったような感じです。

『水をかけてしまい、電源は入るがすぐに切れ、少しするとまた電源が入る状態が繰り返されて、Windowsが起動しない』と、仙台市青葉区のお客様からお持込みいただきました。
どこまで浸水しているのか、腐食の状態によっては修理できない可能性もありますが、ひとまずお預かりして確認することに…。

ケースを開けて中を確認すると、電源を接続するジャックの付いたサブボードに水の跡があり、ボードの素子と接続されているフラットケーブルのコネクタ接点に錆のようなものが見えました。

幸いにも腐食はしていなかったので、水の跡と錆部分をきれいに洗浄。
仮組みでACアダプタを接続すると、無事電源が入り勝手に切れる症状はなくなりました。

しかし、Windowwsは正常に起動せず。
メインボードに組み込まれたeMMCタイプのストレージなので、取り外していろいろ試す… ということができません。
そのまま何度かWindowsシステムの修復を試み、電源を入れなおすと無事Windows10が起動しました。

水をこぼした影響と思われますが、キーボードを押したときに違和感があるキーが2個所。入力は正常に行えます。
今回は費用を考えて、キーボードの交換は見合わせることになりました。

全体のテストを行い、異常がないことを確認して修理完了です。

会社で使用しているパソコンで、大事なデータが入っていたらしく、正常に使えるようになり安心されていらっしゃいました。



DELL Inspiron N5110 電源が入らなくなった

DELL Inspiron N5110
第二世代のcorei7 CPUで、Windows7を搭載したDELLのノートパソコン。

仙台市青葉区の医療機関のお客様から、『電源が入らなくなった』とお持込みいただきました。
仕事で使われているため、特急修理オプションでのご依頼。
N5110で電源が入らない場合、マザーボードの電源回路でショートしているケースが多く、その可能性が高いと説明してお預かりしました。

テスト用のACアダプタでも電源が入らないことを確認し、早速分解。
電源の回路を追いかけていくと、ショートしている様子はありません。
電源スイッチの回路がおかしいわけでもなく、外せるもの・交換できる部品を一通り試して、やはりBIOSの異常と判断。
怪しそうなBIOSを修正すると、正常に電源が入るようになりました。

この機種、ハードディスクが簡単に取り出せる構造ではなく、メインボードにビス止めされています。
分解ついでに点検したところ、使用時間が11,000時間を超えていました。
近々買い替える予定はないらしく、ハードディスクの交換もご依頼いただきました。

丸ごとコピーした新品のハードディスクを取り付け、正常にWindowsが起動することを確認。
他には特に異常なく、受付の翌日午前中に修理完了となりました。



HP HPE-560JP 電源入るが起動しない

HP HPE-560JP
AMD phenomⅡを搭載した、HPデスクトップパソコン。
『Windowsが起動しなくなった』ということで、仙台市泉区のお客様からお持ち込みいただきました。

受付で確認すると、電源は入りますが画面にはメーカのロゴも全く何も表示されません。
内部をカバー越しに覗くと、かなりの埃が見えました。
デスクトップパソコンはファンの風量も大きいことから、長年使用していると内部に埃が積もって故障することがあります。
埃を飛ばして、各接点の掃除をすると復活するものが結構ありますので、今回のパソコンも「掃除程度で直れば良いですが…」とお話して、お預かり。

カバーをあけると、内部にびっしり埃が積もっていました。
これを掃除しないと内部を触ることもできませんので、まず埃を飛ばして、接点の清掃を行いました。

試しに電源を入れてみましたが、症状は変わらず依然として画面表示出ず。
メモリ・CPU・電源等を交換し、BIOSも検査しましたが、起動する気配がありません。
どうもマザーボード自体を交換しなければならない様子。

お客様に状況を連絡し、マザーボード交換でご了承いただきました。
ハードディスク使用時間が13,000時間を超えていましたので、合わせて交換を行うことに。

部品が到着し、マザーボードを交換すると画面表示が出ました。
更にハードディスクを接続すると、Windowsが無事起動。

各部点検すると、ブルーレイドライブの書き込みが行えませんでしたが、外付けドライブもお持ちとのことでしたので、交換せずにそのまま。
他の部分には問題はなく、修理完了となりました。



NEC PC-VN370CS1KS 電源が入らない

NEC PC-VN370CS1KS
2010年発売、20インチ液晶搭載のNEC 液晶一体型デスクトップパソコン。
CPUがCeleronなのでエントリークラスのモデルですが、地デジに対応したテレビ機能が搭載されています。

仙台市太白区にお住まいのお客様から、『電源が入らない』ということでお持ち込みいただきました。
大きいので持ち運びも一苦労ですね。

確認してみると、ランプも一切点灯せず電源がまったく入りません。
他店に持ち込み診断してもらったら、「マザーボード交換が必要」と判断され、見積り額も高額になってしまったため中止して引取り。
ネットで当店を見つけて、お持ち込みいただきました。

マザーボード交換だと高額になってしまいますが、電源が入らない症状なので電源回路の修復で直る可能性がありますので、早速分解して検査。

背面のカバーを外すとマザーボードが見えます。
電源ジャックや電源スイッチの異常ではなさそうなので、マザーボード上の電源回路を調べます。

回路上のチップヒューズが断線しているのはわかりましたが、問題の不良部品は目視でわからなかったので、秘技(?)を使って特定。
新品の同規格のチップ部品に交換し、チップヒューズも交換。
組み上げて電源スイッチを押すと、正常に電源が入りました!

Windowsも正常に起動しましたが、ハードディスクに不良セクタがあったので、ハードディスクも同時に交換を行いました。
元の状態をそのままコピーしたので、データも設定も元のままです。

bst



lenovo E420 1141-CTO 電源が入らない

lenovo E420 1141-CTO
2011年発売、lenvoの14インチ液晶搭載 ノートパソコン。
CPUは第2世代のCore i5。まだまだ現役で十分使えます。

『電源が入らなくなった』ということで、仙台市青葉区のお客様からお持込みいただきました。
受付で確認すると、ACアダプタを接続しても充電ランプもつかず、電源ボタンを押しても全く反応がありませんでした。

電源が入らなくなったパソコンは、メーカーを問わず、度々ご依頼いただきます。
ほとんどの場合は電源回路の部品がショートしていることが多く、お客様へ電源回路の原因の可能性が高いとご説明して、お預かりしました。

カバーを開けて、メインボードが見える状態で電源を再度入れますが、やはり電源は入りません。
電源回路のショートを疑い、メインボードを取り出して確認しましたが、特にショートしている箇所は見つからず、異常はなさそう…

再度、電源の入り口から順番に確認していくと、メインボードではなく電源ジャックのついているサブ基盤に異常を発見。
焼損しているFETがありました。
FETの先の回路でショートしていて焼損した可能性もあるので念入りに調べましたが、どうやらそうではなくFET自体の部品不良のようです。

ちょうど在庫に同じボードがありましたので、交換して仮組み。
電源が入り、lenovoのロゴが表示されました。

全体の動作確認と、エージングを兼ねたメモリテストを一晩行い、修理完了となりました。



東芝 BX/67TG 電源が入らない

TOSHIBA BX/67TG
2015年発売、17.3インチ液晶搭載の東芝 ダイナブック。
CPUはPentiumが搭載されておりますので、エントリー向けのモデルですね。
液晶パネルが17.3インチだと、ノートパソコンにしてはかなり大きく見えます。持ち運びを考えないのであれば、表示が見やすくていいですね。

『電源が入らない』ということで、栃木県にお住まいのお客様からご連絡があり、宅配便でお送りいただきました。
発売してから2年経っていないので、大分筐体はキレイですが… 
電源ランプも何も点灯せず、全く反応がありません。

ACアダプタに問題はなく、テスト用のアダプタでも安定化電源を使っても電源は入りませんので、やはり電源回路の障害。
分解してマザーボードを調べてみます。

この機種、ボトムケースを外さないとハードディスクすら見えませんが、それほど苦労する構造ではありません。
ケースを外すとマザーボードが見えますが、眺めても特に異常は見つからず。
19V回路でショートしている様子なので、マザーボードを取り出して詳しく検査。

しばし時間が掛かりましたが、これだというチップ部品を特定。
交換後は正常に電源が入るようになりました。

Windows10世代のパソコン、システム絡みの不具合はこれまでもたくさんありましたが、マザーボードの障害も徐々に修理にやってくるようになりましたね。



東芝 T55/76MB 画面が真っ暗

TOSHIBA dynabook T55/76MB
2014年発売、15.6インチ液晶搭載の東芝 ダイナブック。
CPUはCore i7でメモリが8GB搭載されていますので、フラッグシップモデルでしょうか。

福島県にお住まいのお客様から、メールでお問い合わせがありました。
『電源が入り、ファンとハードディスクの動作音はするが、画面に何も表示されず真っ暗なまま起動しない』とのこと。

過去の経験から、このような状態だとEEPROM内のUEFI/BIOSに障害が発生している可能性が高いです。

ボトムケースを外すと、ハードディスクやマザーボードが見えます。
マザーボードに実装されているEEOROMを取り外し、格納されている16進数データを読み取って、修復。
再度実装し、電源を投入。

無事にWindowsの起動も確認できました。
過去に何十台も同じ作業を行い、全国のパソコン修理業者さんからもご依頼いただいている機種なので自信はあるんですが…
ちょっとだけドキドキの瞬間です。

そして、分解時に気になったヒンジの破損を確認。
パームレストのビス受け側が壊れていて、液晶ディスプレイを開け閉めするとヒンジに押されてパームレストが浮いてくる状態でした。

破損箇所をエポキシ樹脂で再成型し、ヒンジ自体の固さも調整。
100%の強度はないですが、大分良くなったのではないでしょうか。

修理完了後は宅配便でお送りいたしました。



1 / 812345...最後 »

アーカイブ

▼▼▼
お見積り・お問い合せはこちらから
▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト

アクセス

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10〜19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090


お得なキャンペーン
レンタルパソコン
アップグレード
修理依頼書ダウンロード
初期化しちゃう?ちょっと待って

無料見積もりはこちら

特急修理

土日祝日も営業中

修理依頼書ダウンロード

メールはこちら

パソコン修理ブログ

ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。 泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

アクセスマップ

FAX

 キャンペーン一覧

レンタルパソコン

学生割引

リピーター割

同時に2台修理

リカバリディスク無料作成

返却時の送料無料

代引き手数料無料

買取対応

Windows VistaまたはXPからWindwos7へアップグレード

Windwos7 中古パソコン販売

 修理オプション一覧

Windwos7 中古パソコン販売

 今月の定休日

定休日はありません
土日祝日も営業中(10~19時)!
お急ぎの方はお電話ください。
022-771-2090
来店予約の連絡も不要です。

東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号

↑ PAGE TOP