お問い合わせこちらをクリック  

富士通 AH56/E Windowsが起動しない

FUJITSU AH56/E
2011年発売、15.6インチ液晶搭載の富士通 ノートパソコン。
CPUはSandyBridge世代のCore i5ですね。SandyBridge世代のパソコンのリリースから6年程経過していますが、まだまだ買い替えの必要性は感じさせず、壊れても修理したいという方が大多数です。
Windows7のサポート終了の2020年になってやっと買い替えを考える、または10にアップグレードしているのでそのまま使い続けたいという方ですね。

『Windowsが起動しなくなって困っている』とのことで、仙台市内の会社の方からご相談があり、お持ち込みいただきました。
『ちょうど月末に壊れてしまい、請求書の作成等の事務処理ができないので急いで直してほしい』とのことで、特急修理オプションを使用し作業を進めることに…。

症状と使用年数から考えても、ハードディスクが怪しいですね。
6年も経つと不良セクタが発生して、不調になっているものが多いです。

調べてみたところ、やはり不良セクタが多数発生していました。
しかしそれほど深刻ではなく、ユーザーデータは問題なさそう。
新しいハードディスクにコピーし、Windowsのシステムを修復。
正常に起動するようになったところで、ユーザーデータを移行し、修理完了となりました。



富士通 AH50/A3 液晶パネル交換

Fujitsu AH50/A3
2016年11月発売、富士通の15.6インチ液晶搭載 ノートパソコン。
CPUは第6世代のCore i7、メモリ4GB、1TBハードディスクのWindows10です。

『液晶パネルが割れた』と、宮城県北部 加美郡のお客様からお持込みいただきました。
受付で確認すると、何かぶつけたようで液晶パネル全体に亀裂が入り、画面が見えません。

標準的な15.6インチの液晶パネルが使用されていますので、在庫のパネルで対応できればすぐに修理ができることをご説明し、他に異常がなければそのまま修理を進めるということでご了解いただきました。

先にハードディスクのテストを実施したところ、異常なし。
他のハードウェアテストでも特に異常なく、液晶パネルの交換だけで済みそうです。

富士通のパソコンの場合、標準的な型番のパネルでも富士通専用品が使われていることもあるので、表示が出るまで安心できません。
分解して、在庫の液晶パネルと交換して電源を入れてみると、無事【Fujitsu】のロゴが表れました。一安心です。

エージングテストを一晩行い、翌日まで異常がないことを確認して、修理完了。

お預かりしてから丸1日で修理完了し、お客様へ連絡したところすぐにご来店。
メーカー修理よりはるかに安く、そしてすぐに修理できたので、大変満足されていらっしゃいました。



富士通 FH530/1AT Windowsが起動しない

FUJITS FH530/1AT
2010年発売、20インチ液晶搭載の富士通 液晶一体型デスクトップパソコン。
OSはWindows7で、CPUはCeleronが搭載されていました。テレビ視聴可能なエントリーモデルですね。

『Windowsが起動しない』ということで、仙台市内にある会社の方から修理の依頼がありました。
『このパソコンで会計処理をしており、先月分のデータ入力を急いでいるので、とにかく早く直してほしい』とのこと。
特急修理オプションを使用し、最優先で作業することになりました。
おそらくハードディスクに障害が発生していると思われますが、仕事関係のデータが全てこのパソコンに凝縮されているとのことなので、データが取り出せるか心配ですね。

ハードディスクを調べてみると、やはり障害が発生していました。
通常の方法ではハードディスクを認識できず、データを取り出すことは出来ませんでした。
そのことをお客様に相談すると、『パソコンは使えなくてもいいので、なんとかデータだけ復旧できないか?』とのことだったので、予算について相談し、データ復旧作業に掛ることになりました。

データ復旧専用PC-3000の出番!
ハードディスクを診断してみると、かなりの数の不良セクタが見つかりました。
先頭と中盤、後半と不良セクタが集中していました。先頭だけなら、影響があるのはOSだけでデータは無事ということが多く、後ろの領域からコピーすれば対象のデータは取り出せることが多いのですが…

不良セクタが多すぎるので、不良箇所にぶつかったらスキップして次を読込むように設定。
朝までかかってデータのコピーが完了していました。

ユーザーデータはそのままの階層で残っており、お客様が欲しかった会計データも全て無事でした。
不良セクタのあまりの多さに一時はどうなるかと思いましたが、無事復旧出来て、お客様も喜んでいらっしゃいました。



富士通 NX95S/D Windowsが起動しない

FUJITSU NX95S/D
Core Duo CPUに17インチ WXGA+ (1440×900)ディスプレイを搭載したWindowsXPのノートパソコン。
地デジチューナーを搭載していますので、大画面でテレビも見ることができます。

受付でお聞きすると『Windowsが起動しない』とのこと。
電源が入り、Windows起動のメッセージが出ますが、その後画面が消えたままWindowsが起動しません。
ご自分でリカバリを実行したそうですが、やはり起動しなかったそうです。
なんとか修理して使用したいとのご希望でしたので、お預かりして見積りすることになりました。

このパソコンには、ハードディスクが2個搭載されています。OSの入っているシステム用ディスクと、データ用のディスクです。
ハードディスクにエラーはなく、コピーも正常に行えました。

メモリーテストを実施しましたが、エラーはなし。
ただ、メモリーテストを実施している時の画面が、通常の表示のほかに縦線のような模様が出ていました。

コピーしたハードディスクを使用してWindows起動を試みますが、やはり起動途中で画面表示が消えて立ち上がりません。

メモリテストで出ていた画面の縦線模様は、グラフィック回路に異常があるときに起きやすいものです。
このパソコンもグラフィック専用のチップが搭載されているので、熱によりこのチップの異常が起こり、表示の異常やWindows起動ができない原因となっている可能性が高そうです。

本体を分解して、マザーボード上のグラフィックチップのハンダ付けを修復。
仮組みしてWindowsの起動を試みると、正常に起動しました。
やはり、グラフィックチップのハンダ劣化が原因のようです。

何度も起動・終了テスト、エージングテストを繰り返し、正常に動作することを確認。
熱によりマザーボード側に歪みが生じている可能性もありますので、再発を完全に防ぐことは難しいですが、お客様にはご了承いただきました。



富士通 SH90/W Cドライブの容量が一杯

FUJITSU SH90/W
2015年発売の13.3インチ液晶搭載、富士通のLIFEBOOKシリーズ。
モバイルノートパソコンで非常にコンパクトですが、DVDドライブが搭載されているモデルです。
小型軽量化のためにDVDドライブ省かれたものが多いので、この点を重視される方も多いのではないでしょうか。

仙台市宮城野区のお客様から、『Cドライブが一杯になってしまい、なにも保存できなくなった』ということでお持ち込みいただきました。
コンピューターで見ると、空き容量がほぼなくなっていて真っ赤になっていました。

お客様ご自身で、心当たりのある不要なデータはすべて削除、アプリもアンインストールしてみたということですが、一向に容量が空かなかったらしいです。
ユーザーデータの容量を見てもそれほど大きくはなかったため、Cドライブを圧迫している原因は別のところにあるはず。

調べてみたところ、Windowsシステムファイルの一部のログファイルが常に作成され続けており、その大きさは190GB程にもなっていました。
もちろん不要なものなので、全て削除。Cドライブがガラガラになりましたね。

原因は、インストールされていたセキュリティソフトにある様子。
お客様に確認したところ、使用していないとのことでしたので、このセキュリティソフトのアンインストールを行い、修理完了となりました。

セキュリティソフトがらみの問題は、結構多いですね。



富士通 AH47/U 液晶画面割れ

FUJITSU AH47/U
2015年に発売された、15.6インチ液晶搭載 富士通のLifebokシリーズ。
CPUはSkylale 世代のCore i7で、かなり高性能なモデルですね。

『液晶パネルが割れてしまった』ということで、仙台市内の学生さんからメールでお問い合わせいただき、お持ち込みでの修理となりました。
自転車で移動中、かごからパソコンが落ちてしまったそうです。

液晶の真ん中付近はまだ見えなくもないですが、学校で毎日使うそうなので、出来るだけ早く直してあげたいですね。
電源は入っていなかったそうですが、衝撃でハードディスクに異常が出ていないかも心配です。

べゼルを外して、液晶パネルを交換していきます。
富士通なので、部品の相性問題が出なければいいのですが…

使用されていた液晶の型番から見るに、在庫の液晶パネルで対応できそうです。
新しいものに交換後、電源を投入。正常に表示されることを確認しました。

ハードディスクも検査しましたが、特に異常ななさそうです。その他のテストも良好。
新品の液晶パネルとはいえ、不具合が無いか確認のためにエージングテストを行い、表示に問題がないことを確認して修理完了となりました。




富士通 AH77/G 液晶まわり破損

Fujitsu AH77/G
2012年発売、富士通のハイエンドノートパソコンす。
第2世代のCore i7、8GBのメモリを搭載していますので、快適に使用できるパソコンのはずですが…

富谷市の方からお持ち込みいただいたPCは、液晶パネルを支えているヒンジ部分が両方とも壊れており、本体と液晶が分離していました。
液晶のケーブルと無線LANのアンテナケーブル(2本のうちの1本だけ)だけでつながっている状態。
更にお客様自身で何とかしようとして、液晶前面のガラスを外したがどうにもならず、その外した部品は無くしてしまったそうで、液晶パネルとバックカバーはテープで固定されていました。
液晶パネルは割れておらず、壁に立てかけて使っていたが、現在は表示しなくなっているとのこと。
キーボードや周りを見ても埃と汚れがかなりあり、PCとして動作しているとはいえども、これを正常に戻すのは困難な感じが…

お預かりし、まず分解して液晶ケーブルを本体から切り離しました。
時間が掛かりながらも起動していましたが、ハードディスクを取り出し検査すると、SMARTで異常表示。使用時間も1万6千時間を超えており、エラーセクタの数も相当数ありました。
エラーセクターのスキップは多数ありましたが、どうにかクローン作製が成功。

外観はひどい状態でしたが、液晶の接続とヒンジ破損以外の異常はありませんでした。
液晶部分のカバーとフロントガラスのセットを探すと、中古で同じ色のものが在庫に見つかりました。

上部カバー全体とハードディスク交換の見積りを連絡すると、すぐ了承いただきました。
諦めていたパソコンが復活することを知り、お喜びいただけた様子。

組み上げて全体の確認を行い、修理完了となりました。Exif_JPEG_PICTURE





富士通 UH90/M 液晶の付け根が外れた ヒンジ破損

FUJITSU UH90/M
2013年発売、薄型でスタイリッッシュなノートパソコン。
CPUは第4世代のCore i5で、14型ワイドのWQHD(3200×1800)にタッチ機能も搭載しています。

東京の会社の方から、『液晶の付け根の片側部分が壊れカバーが盛り上がってきているいるが、修理できるか』との問い合わせがありました。
さらには、『ヒンジが破損しているのを注意しながら使っていたら、液晶に何も表示されなくなった』そうで、HDMIの出力に外部モニターをつなぐと表示されるので、パソコンは正常に動作していることは確認済みとのこと。
メーカーに問い合わせたら、【部品が無いため修理できない】との返答だったそうですが… 2013年の製品で部品がないとはどういうことなんでしょ?

このシリーズは薄く作られているために、液晶を支えるヒンジの固定部が壊れて修理した実績が、何度かあります。
同様なら修復可能ですが、液晶の表示不良はヒンジの破損から液晶ケーブルの破損や接触不良等が考えられますので、お預かりしてから検査して見積りすることになりました。

宅配便で到着後確認すると、右側のヒンジが壊れていました。カバーを開けて確認すると、修復した形跡がありました。
PCに貼ってあったシールから、他の修理店で補修したところが、再び外れてヒンジが浮き上がっているようです。
ヒンジの固定ネジの受け側が外れているため、パテで固める修理になりますが、他の業者が行った後の再修理になるため、慎重に作業を進めることになります。

液晶が映らない件は液晶ケーブルを疑っていましたが、破損しているヒンジ部と反対側の正常な側を通っているため、接触不良ではないようです。
液晶パネル側かマザーボード側かの切り分けが必要ですが、マザーボードの液晶表示回路をたどると、コネクタ近くに怪しいチップコイルを発見。
同じ部品で仮復旧を行って確認すると、無事液晶が映りました。

ヒンジの修復ですが、パソコンが薄いうえに一度補修した部分ですので、パテで固める作業も何度かに分け、時間をかけて行います。
今回はお客様へ時間がかかることをご説明していますので、じっくり作業を進めます。
3日ほどかけて、しっかりと固定できたことを確認して、組み上げ。

組み上げたヒンジ部分の開閉テストを繰り返し、他の部分のテストを行って修理完了です。
Exif_JPEG_PICTURE



富士通 NF/D25 Windows7へアップグレードしたい

FUJITSU NF/D25
2009年発売の15.4インチ液晶搭載、富士通のノートパソコン。
OSは先々月サポートが終了したばかりのWindows Vistaです。

『買い替えも考えているけど、もったいないからWindows7へアップグレードして、サポート終わるまでは使ってあげたい』とのことでご依頼いただきました。
最近はVistaから7へにアップグレードのご相談も多いです。Vistaが動くスペックであれば、7でも問題なく動く機種が多いですからね。

お客様ご自身でWindows7にアップグレードしようとしていたらしく、アップグレードキットとして富士通から購入したものをお持ちでしたので、そのまま使用することに。

一通り動作点検を行いましたが、特に異常はなさそうなので、アップグレードアシスタントディスクから手順に従って、Windows7を上書きインストール。
クリーンインストールするより時間が掛ります。

しばらくするとインストールが終了したので、7対応のドライバをインストール。これもアシスタントディスクがやってくれます。

しかしここで問題が…
キットに付属していたCOAシールが、保存状態が悪かったのかプロダクトキーが読めなくなっていました。
再発行は出来ないので、別途ライセンスを手配。

ライセンス認証も無事通り、Windows7へのアップグレードは完了しました。
dav



富士通 FH56/JD 起動しなくなった サポート詐欺

富士通 FH56/JD
2012年発売、21.5インチ液晶搭載の一体型デスクトップパソコン。
CPUは第3世代のCore i7のハイスペックなWindows8マシンです。

『WIndowsが起動しなくなった』ということで、仙台市のお隣 富谷市のお客様からお持ち込みいただきました。
状況をお聞きすると、『パソコン使用中、画面中央にマイクロソフトのサポートに電話するようにウインドウが表示されたため、電話して指示通り操作すると遠隔で操作された』そうです。さらにお金を要求されたため、おかしいと思い電話を切ったところ、その後Windowsが起動しなくなったとのこと。

これは、偽のマイクロソフトサポートへの電話させる典型的なサポート詐欺です。
電話すると、日本人ではない人が日本語で対応し、遠隔操作するソフトをインストールするよう誘導。
悪いウイルスに感染しているということにして、駆除するための費用の支払いを要求するというものです。
最近テレビでも何度か取り上げられていますので、聞かれたことのある方もいらっしゃると思います。
同じような内容で、これまでかなりの数を対応していますが、遠隔操作のために起動しなくなったものは初めてです。

お預かりして確認すると、やはりWindowsが起動しません。
ハードディスクを確認すると、使用時間が1万時間を越えているものの、読み込み不良等は検出されず。
クローン作成は異常なく終了しましたが、コピーしたハードディスクで確認してもWindowsが起動せず、修復も試みましたがうまくいきませんでした。
ハードディスクの問題ではなく、Windowsのシステム壊れているようです。
ユーザーデータをロックして使えなくするランサムウェア(身代金要求型ウイルス)ではないので、ユーザデータは問題なく読み込めました。

パソコンの動作を確認するため、テスト用のハードディスクにリカバリを実施。
リカバリ自体は異常なく終了し、起動しない以外は特に異常無いようです。

お客様へ状況を説明し、システムが壊れておりリカバリが必要なことと、ハードディスクの使用時間が長いため、ハードディスクの交換をお勧めしました。
『今後もしばらくは使いたい』ということで、ハードディスクの交換もご了承いただき、新しいハードディスクでリカバリとWindowsアップデート。
リカバリ後はWindows8になるため、8.1までアップデートを行います。
通常のWindowsアップデートと8.1へのアップデートを行うと、丸1日はかかりますね。
時間はかかりましたが、無事アップデート作業を終了し、保存しておいたユーザーデータをコピー。
全体の動作確認をして修理完了です。
Exif_JPEG_PICTURE


▼▼▼  お見積り・お問い合せはこちらから  ▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト
症状別
液晶割れ
キーボード交換
ハードディスク故障
バックライト交換
メモリ増設
HDDデータ復旧
データだけ取出し
マザーボード修理
パソコン修理全般
修理の流れ
始めての方へ
FAQ
発送先/発送方法
ご利用規約
利用規約
特定法表示
無料見積り
見積・問合せ方法
対応メーカー一覧
NEC
富士通
DELL
東芝
SONY
HP
APPLE
Acer・Asus
Lenovo・IBM
その他(家電量販店・日立・SOTEC・自作機など)
<仙台のパソコン修理専門店>

〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

通常営業:10~19時

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090



無料見積もりはこちら

土日祝日も営業中

土日祝日も営業中

パソコン修理ブログ
仙台店店長
ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。
泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
仙台パソコンお直し隊

大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)metro地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)
仙台店TEL

FAX

キャンペーン一覧

レンタルパソコン
学生割引キャンペーン
リピーター割キャンペーン
同時に2台修理に出したら10%OFFキャンペーン
リカバリディスク無料作成キャンペーン
返却時の送料無料キャンペーン
返却時の代引き手数料無料

今月の定休日


     定休日はありません。
     土日祝日も営業中(10~19時)です!

     お急ぎの方はお電話ください。
     022-771-2090

     来店予約の連絡も不要です。


故障の症状別



メーカー別の事例


パソコン修理について



東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号