お問い合わせこちらをクリック  

Lenovo G570 4334 電源が入らない

Lenovo G570 4334
2012年に発売された15.6インチ型ノートパソコンです。
同じG570でも、CPUやメモリ、HDDの容量などの微妙に仕様が異なるモデルが複数存在しています。

今回のご依頼主様は石川県の方でした。
『使用中に突然電源が切れ、何度電源スイッチを押しても電源が入らなくなった。噂に聞いた、バッテリを一晩抜いて放電を試しても、全く電源が入らない』とのことで、宅配便にてご依頼いただきました。

まずは外観から確認してみましたが、電源ジャック等の破損・接触不良でもなさそうです。
残る可能性としては、過去に同じ機種でも似たような機種でも修理経験のあるマザーボード上の電源回路の異常。
早速、分解します。

電源ジャック部分で確認する限りショートはしていなかったのですが、マザーボードを取り出してみると、やはり電源回路上でショートしている
ことがわかりました。
いつもながら「どこかのチップ部品」が悪さをしているのですが、毎回場所が異なるため特定するのが大変です。
原因と思われるチップ部品を交換し、ショートの反応が消滅していることを確認。これで電源が入るはずです。

組み上げて電源スイッチをON!
もちろん電源が入り、Windowsも立ち上がってきました。
HDD内部のデータや環境もそのままで、修理完了となりました。
IMG_20151026_145649



富士通 AH520/2A 電源入るが起動しない

FUJITSU AH520/2A
2010年発売のAthlon II M340搭載、富士通ノートパソコンです。
当社ではおなじみの、パソコンで形を見ただけで症状がわかってしまうくらい修理実績のあるパソコンです。

仙台市泉区のお客様からのお持ち込みだったのですが、入り口を入っていらっしゃった時にチラッとこの機種の特徴的な形が目に入りました。
症状をお聞きすると、やはりいつものとおり『電源は入るけど画面に何も表示されない』とのこと。

症状から、グラフィックチップの接触不良が原因として濃厚ですが、状況と再発の危険性をご説明し今回はリボール(取り外してハンダ修復)の修理ではなく、一時的に復旧させてデータを取り出すことでご依頼をいただきました。
パソコンは新しく買い換えを検討されるそうです。

まずはハードディスクの検査から行います。
次に本体を分解しながら、メモリの接点洗浄・CPUの接点洗浄・BIOSロムのリセットを行い、症状が復旧するかの確認をしましたが、どれもダメでした。やはり、GPUのハンダクラックが原因です。
とりあえず起動できるように復旧させ、メインボードを本体に仮組みしてスイッチオン!!無事にBIOS画面に入れました。
ハードディスクにもエラーがなかったので、本体に戻し各部動作テスト。
本来ならエージングテストを行うところですが、基板への負荷をこれ以上かけないようにする為、今回は見送りました。

このシリーズは、発売から5~7年ほど経っています。今回のように、『パソコンは買い換える予定だけどデータがほしい!!』というときは、再ハンダの修理の時よりも再発のリスクは高くなりますが、今回のように一時的に復旧させる方法もございます。
【パソコンを修理しないでハードディスクのデータ取り出し】の方法もありますが、入っていたソフトや各種設定、各データの保存場所などもWindowsが起動できれば確認が容易ですので、是非ご相談ください。
Camera 2015-10-18 at 10.42



NEC LaVie Note Standard NS100/A2W 液晶パネル破損

LaVie Note Standard NS100/A2W
NECの今年発売されたばかりのスタンダードノートパソコンです。
CPUはCeleron Dual-Core 3205U、メモリ4GB、ハードディスク500GBでOSはWindows 8.1です。

岩手県盛岡市の方から、宅配便でお送りいただきました。
『液晶パネルを割ってしまったので修理をしてほしい』とのこと。

お送りいただく前、お電話で概算料金をお話ししてご了承をいただいていたので、早速作業に取りかかります。
最近、NECの新しいパソコンに多いのですが、今までと同じサイズの液晶パネルでもコネクタ形状のみ小型化されているタイプが使われています。
このパソコンも小型コネクタの液晶パネルでしたが、パソコンお直し隊はちゃんと在庫を確保しております。
交換後、無事にNECロゴが表示されたのを確認し、後はひたすらテストとエージングです。
翌日まで表示異常も発生せず、動作テストも良好でしたので修理完了です。

あまり汎用性のない高解像度モデルや小型液晶などは在庫のないものもありますが、Let’s note用の液晶パネルや15~16インチの液晶パネルは常に在庫しております。
同じ型番パソコンでも使われている液晶パネルが違うこともありますので、一旦お預かりすることにはなりますが、在庫のものが使用できれば修理期間もグッと短くなります。
NEC NS100




東芝 DynaBook SS N12 画面表示が出なくなった

TOSHIBA DynaBook SS N12
2009年発売の12.1インチ液晶搭載、東芝コンパクトノートパソコンです。
CPUはCore2 Duo SU9400 搭載で、OSはWindows 7。モバイル用途で使ってらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

仙台市泉区のお客様からのご依頼で、『画面が暗くなって何も見えなくなってしまった』とのこと。
ご自身でWindows10にアップグレードされたようで、外部モニターではきれいに表示されていますが本体の液晶は真っ暗です。
ケーブルの接触不良か、パネルそのものの不具合の可能性をお伝えしてお預かり。

早速、液晶のベゼル部分を分解して行きます。
液晶パネルが現れた状態で一旦起動させ、コネクタや基板部分に振動を与えてみます。
すると、基板の一部分を触っている間だけ画面が表示されますので、やはり液晶パネルの不具合です。
お客様に状態を連絡し、お見積り金額にご了承をいただきました。
海外からの取り寄せで日数はかかりましたが、無事に交換作業も終わり、念入りにエージングテストを行って完了です。

なかなか珍しい型番の液晶が使われており、見つけるのが一苦労でしたが、なんとか見つかってよかったです。
大事なデータが入っているそうで、お客様にもお喜びいただけました。
DynaBook



富士通 AH77/H  Windows10にしたら起動しなくなった

FUJITSU AH77/H
2012年発売の富士通 15.6インチ液晶のノートパソコン。
CPU Core-i7 2670QM搭載、メモリ8GB、ハードディスク750GBで OSはWindows 7です。

仙台市若林区のお客様からお電話でご相談をいただきました。
『Windows10にアップグレードしたら、再起動の時から起動しなくなった』とのこと。

よくお問い合わせをいただく内容ですが、ハードディスクの不具合の可能性も考えられるので、一旦お預かりして検査させていただくこととなりました。
後日宅急便で到着し、早速ハードディスクの検査から。

ハードディスクの検査機ではエラーは検出されず、SMART情報も良好です。
そうなるとWindows10をインストール中にデータ不具合が起こり、起動に必要なファイルが破損している状態と思われます。
システム修復ディスクやWindows10のインストールディスクからの修復を試みますが、一向に起動する気配がありません。
リカバリ領域からの起動もロックされていて、立ち上がってきません。
こうなると、リカバリディスクを使って購入状態に戻すしか手立てがありません。
お客様とご相談の上、保存データのコピーとメールソフト(thunderbird)のデータを戻す方法で、Windows7で復旧させることをご了承をいただきました。

リカバリ用のデータを手配して、お客様のハードディスクにて初期化作業を行います。
お預かりしていたOfficeをインストールして、Windowsアップデートを実行後にthunderbirdをインストール。
コピーしておいたお客様のデータをデスクトップにコピーし、その中からメールのデータを本来の場所にコピーしました。
無事にメールデータが復元され、送受信も問題なく行えていますのでテストをして完了です。

厳重に梱包していただければ、どんな箱でお送りいただいても結構なのですが、梱包に自信が無いときは各運送会社様でパソコン用の梱包箱を販売していますので、ご活用ください。
特にヤマト運輸さんの箱はかなり頑丈なフィルムでサンドイッチされ、安定感があります。
Camera 2015-10-18 at 14.20



SOTEC PX9514P NO SIGNALと表示される

SOTEC PX9514P
今となってはめずらしい、SOTECのミドルタワー型デスクトップパソコンです。
2007年の冬に発売されたモデルらしいですから、今から8年も前のパソコンになっちゃうんですね。
OSはWindows Vista。当時はXPかVistaか、セレクタブルな機種が多かったですね。

今回の症状は『液晶ディスプレイにNO SIGNALと表示されて、パソコンが起動しない』です。
調子がいいときは画面表示が出るが、すぐにフリーズしてしまって、どうしようもないとのこと。

グラフィクボードが付いている機種なので、可能性として考えられるのがグラフィックボードの異常ですかね。
あとは年数が経過している機種ですから、内部にホコリがたまり、接触不良を起こしている可能性もあります。

まずはグラフィックボードを外し、オンボードでの画面出力を試したところ、SOTECのロゴが出て、Windowsの起動も確認できました。
マザーボードとハードディスクは大丈夫ですね。

内部に結構なホコリがたまってましたので、丹念に取り除き、グラフィックボードの接点とマザーボードのソケット側を洗浄しました。
再度取り付て、スイッチオン!
SOTECのロゴが表示され、グラフィックボードを使用した映像出力も可能になりました。

分解ついでにヒートシンクやメモリの接点部分も洗浄。また同じような症状になったらイヤですからね。
エージングテストや負荷テストを行い、フリーズが出ないことを確認して修理完了となりました。
IMG_20151020_125850



東芝 T552/36GW キーが入力できない

TOSHIBA T552/36GW
2012年発売の15.6インチ型液晶搭載、東芝ダイナブックです。
CPUはCeleronですが、Ivy世代のものなので、通常使用では特にストレスを感じません。

販売台数が多かったのか、『電源が入らない』『ハードディスクの不良』『液晶パネル割れ』などでよく修理にやってくるシリーズですね。
液晶割れは別として、発売から3年ほどたっていますので早いものだと調子が悪くなってくる個体もあるでしょう。

『キーボードの入力が出来なくなってしまった』とのことで、仙台市内のお客様からご依頼をいただきました。

『突然一部のキーが入力できなくなり、何かこぼしたわけでもないのでシステム的な問題か?とリカバリしようとしたが、途中でキー入力を求められる場面があり、そこからどうしようもなくなってしまった』とのこと。

入力出来ないだけであれば、一時的にUSBキーボードを使用すればいいのですが…、今回の症状はキーが入力出来ないのではなく、どこかのキーが押されっぱなしになっているみたいです。
キーボードの不良で間違いは無いと思うのですが、他のメーカーでサブ基板が原因で「5」が入力されっぱなしになるという事例を経験していることもあり、とりあえず一度マザーボードからキーボードを取り外して確認。
やはり、どこかのキーが押されっぱなしの現象は無くなり、USBキーボードも動作し正常にリカバリを完了することができました。

あとは新しいキーボードを取付け。
全てのキーが動作し、押されっぱなしにはなっていないことを確認し、エージングテストを慎重に行い修理完了となりました。
IMG_20151021_235133




Panasonic Let’s note CF-S9JYF1DC 電源が落ちる

Panasonic CF-S9JYF1DC
おなじみのPanasonic レッツノートです。
CF-S9やS10世代の修理依頼が圧倒的に多いですね。発売から数年経ち、調子が悪くなってくる時期なんでしょう。

今回は盛岡の方からのご依頼で、『電源を入れて少しの間は使えるが、突然電源が落ちる症状が出る。その後再度電源を入れても、すぐに電源が落ちてしまって困っている』とのこと。
経緯を詳しくお聞きすると、以前も一度同じような症状が出て、近くの修理屋さんで内部の清掃を行ってもらったことがあるそうです。

分解してみると、やはりクーリングファンにホコリが詰まっていて、CPUとヒートシンク間の熱伝導グリスもカラカラに乾いてしまって役割を果たしていません。おそらく購入時からそのままの状態ですね。前回の修理屋さんの内部清掃時には、ヒートシンクを外さなかったんでしょうか??

まずはファンの掃除を行いましたが、やはり年数が経過して劣化しており、ファンの回転が弱まっていました。常時在庫している純正の新品部品に交換。もちろん熱伝導グリスもシルバーグリスに塗り直し、分解ついでに隅々の埃も取り除きました。

組立てて高負荷テストを行い、電源が落ちないことを確認して修理完了。

もう買い替えを考えていたとのことですが、軽量で頑丈な人気機種ですので、まだまだ使い続けて欲しいと思います。
IMG_20151018_120559



lenovo IdeaPad Z570 10242FJ 再起動を繰り返す

IdeaPad Z570 10242FJ
2011年発売のlenovoのノートパソコン。OSはWindows7です。
上位モデルにCore-i5搭載のモデルがありますが、こちらはCore-i3にダウンして価格を抑えたモデルです。

仙台市青葉区の方からのご依頼で、『起動はするが、フリーズして再起動を繰り返す』とのこと。
起動はできているのでメモリやCPUの不具合が考えられますが、ひとまず検査のためお預かり。

いつも通りの流れでハードディスクの検査&コピー中に、本体はメモリテストでエージングを行います。
メモリのエラーかな~っと思いつつ見ていましたが、メモリに異常はなし。ハードディスクの方に大量のエラーが出ていました。
とりあえずコピーは作成できたので、本体に戻してWindowsの修復を行います。
再起動後に、無事デスクトップ画面まで進み、正常に起動することができました。

お預かりの際に写真のデータが大事だとお聞きしており、確認のため開く許可はいただいておりましたので、数枚確認しましたが大丈夫そうです。
負荷テストをかけつつ数時間エージングしましたが、フリーズや再起動も発生しませんでした。
お客様にハードディスク交換でのお見積りのご了承をいただき、コピーハードディスクのデータを新品に再コピーして修理完了です。

かなりの大量エラーだったのですが、デスクトップが表示できる状態になるのには驚きました。
写真のデータも大丈夫そうだったので、一安心しました。
lenovo Z570-1024



SONY VAIO SVE15136CJB 液晶破損

SONY SVE15136CJB
2013年発売のSONYスタンダードノートパソコンです。
CPU Core i5 3230M、メモリ4GB、ハードディスクは1TBでOSはWindows 8です。

仙台市内の学生さんからのご依頼で、『部屋の床に置いていて、誤って踏んでしまった!液晶が割れWindowsも起動しなくなってしまった』とのこと。

液晶パネルはちょうど左上の角から放射状に割れていて、店頭の外部ディスプレイにつないで確認しましたがハードディスクを認識していない状態です。
液晶パネル交換と、ハードディスクの交換&リカバリも必要だろうとお伝えしたところ、どうせハードディスクを交換するならSSDへ換装をしたいとのことで、急遽SSD化のご依頼をいただきました。
今時のレポートはすべてデジタルデータで提出するらしく、クラウド上にデータを保存するためパソコン自体の容量はそれほどいらないそうです。
リカバリディスクも作成されていたので、一緒にお預かりしました。

まずは液晶パネル交換から。こちらは慣れたもので、サクッと交換作業を終わらせてエージングテストを行います。
ハードディスクのほうは物理的に壊れてしまっており、データ読み取りの専用マシーンに接続しましたが、やはり読み込みできませんでした。
翌日、液晶のエージングテストで異常がありませんでしたので、SSDを組み込みお預かりしたリカバリーディスクで再セットアップを行います。
今回はOSとOfficeソフトが動作すればOKとのことなので、リーズナブルな120GBのものをチョイス。
WindowsアップデートとWindows8.1のアップデートを実施して修理完了です。

最近、頻繁にSSD化のご相談やご依頼が増えてきました。
クラウドや外付けのハードディスクが大容量化してきているので、パソコン本体の保存容量はそれほど必要でなくなってきているようですね。特にサブ機として持ち歩くモバイル用のノートパソコンなどは、衝撃にも強くアクセス速度が速いSSDがお勧めです。
機種によりますが、現在の動作環境のままSSDへ換装もできるものが多いので、まずはご相談ください。
Camera 2015-10-08 at 10.31 (1)



▼▼▼  お見積り・お問い合せはこちらから  ▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト
症状別
液晶割れ
キーボード交換
ハードディスク故障
バックライト交換
メモリ増設
HDDデータ復旧
データだけ取出し
マザーボード修理
パソコン修理全般
修理の流れ
始めての方へ
FAQ
発送先/発送方法
ご利用規約
利用規約
特定法表示
無料見積り
見積・問合せ方法
対応メーカー一覧
NEC
富士通
DELL
東芝
SONY
HP
APPLE
Acer・Asus
Lenovo・IBM
その他(家電量販店・日立・SOTEC・自作機など)
<仙台のパソコン修理専門店>

〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

通常営業:10~19時

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090



無料見積もりはこちら

土日祝日も営業中

土日祝日も営業中

パソコン修理ブログ
仙台店店長
ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。
泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
仙台パソコンお直し隊

大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)metro地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)
仙台店TEL

FAX

キャンペーン一覧

レンタルパソコン
学生割引キャンペーン
リピーター割キャンペーン
同時に2台修理に出したら10%OFFキャンペーン
リカバリディスク無料作成キャンペーン
返却時の送料無料キャンペーン
返却時の代引き手数料無料

今月の定休日


     定休日はありません。
     土日祝日も営業中(10~19時)です!

     お急ぎの方はお電話ください。
     022-771-2090

     来店予約の連絡も不要です。


故障の症状別



メーカー別の事例


パソコン修理について



東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号