お問い合わせこちらをクリック  

富士通 FH56/JD 起動しなくなった サポート詐欺

富士通 FH56/JD
2012年発売、21.5インチ液晶搭載の一体型デスクトップパソコン。
CPUは第3世代のCore i7のハイスペックなWindows8マシンです。

『WIndowsが起動しなくなった』ということで、仙台市のお隣 富谷市のお客様からお持ち込みいただきました。
状況をお聞きすると、『パソコン使用中、画面中央にマイクロソフトのサポートに電話するようにウインドウが表示されたため、電話して指示通り操作すると遠隔で操作された』そうです。さらにお金を要求されたため、おかしいと思い電話を切ったところ、その後Windowsが起動しなくなったとのこと。

これは、偽のマイクロソフトサポートへの電話させる典型的なサポート詐欺です。
電話すると、日本人ではない人が日本語で対応し、遠隔操作するソフトをインストールするよう誘導。
悪いウイルスに感染しているということにして、駆除するための費用の支払いを要求するというものです。
最近テレビでも何度か取り上げられていますので、聞かれたことのある方もいらっしゃると思います。
同じような内容で、これまでかなりの数を対応していますが、遠隔操作のために起動しなくなったものは初めてです。

お預かりして確認すると、やはりWindowsが起動しません。
ハードディスクを確認すると、使用時間が1万時間を越えているものの、読み込み不良等は検出されず。
クローン作成は異常なく終了しましたが、コピーしたハードディスクで確認してもWindowsが起動せず、修復も試みましたがうまくいきませんでした。
ハードディスクの問題ではなく、Windowsのシステム壊れているようです。
ユーザーデータをロックして使えなくするランサムウェア(身代金要求型ウイルス)ではないので、ユーザデータは問題なく読み込めました。

パソコンの動作を確認するため、テスト用のハードディスクにリカバリを実施。
リカバリ自体は異常なく終了し、起動しない以外は特に異常無いようです。

お客様へ状況を説明し、システムが壊れておりリカバリが必要なことと、ハードディスクの使用時間が長いため、ハードディスクの交換をお勧めしました。
『今後もしばらくは使いたい』ということで、ハードディスクの交換もご了承いただき、新しいハードディスクでリカバリとWindowsアップデート。
リカバリ後はWindows8になるため、8.1までアップデートを行います。
通常のWindowsアップデートと8.1へのアップデートを行うと、丸1日はかかりますね。
時間はかかりましたが、無事アップデート作業を終了し、保存しておいたユーザーデータをコピー。
全体の動作確認をして修理完了です。
Exif_JPEG_PICTURE


富士通 NH77/CD 電源が入らない

FUJITSU NH77/CD
2011年に発売された、17.3インチ液晶搭載のノートパソコン。
液晶パネルの解像度も1920×1080のフルHDで、テレビが視聴可能なモデルとして販売されていました。
CPUは二世代目のCore i7が使用されています。

『電源が入らなくなってしまった』と電話でお問い合わせがあり、お持ち込みいただきました。
電話ではおっしゃっていなかったのですが、仙台市青葉区にお住まいのリピーターさん。
実は、このパソコンは二回目の修理。
前回は電源ジャックのハンダが割れてしまっていて電源が入らないといった状態で、断線箇所をはんだで修正して修理完了としていました。

あれから3年程経過していますが、今回も電源ジャック周辺をグリグリすると電源が入る場合もあるということなので、また断線している可能性があります。

早速分解し、確認。
今回はセンターピン側のハンダが割れてしまっており、接触不良を起こしていたみたい。
ボトムケース側のDCジャック押さえが折れていたので、力が加わることで動いて割れちゃったのでしょう。

断線箇所を修復し、電源ジャックが動かないようにエポキシ樹脂で固定。
充分な乾燥・固着を待ってエージングテストし、修理完了となりました。
dav



東芝 F40/85C 起動しない

TOSHIBA F40/85C
2007年発売の15.4インチ液晶搭載の東芝 ノートパソコン。
地デジチューナーが搭載されているので、当時はテレビも見れるパソコンと言うことを売りにしていました。OSはWindows Vistaです。
OSのサポートも終了してしまいましたが、もう10年も前のパソコンになるんですね。

『起動しなくなった』ということでお持ち込みいただきました。仙台市泉区にお住まいのお客様です。
電源を入れるとすぐに電源が切れ、その繰り返しになってしまいます。
バッテリのみだと正常に起動するので、マザーボード上の部品の劣化かもしれない…と伝え、お預かり修理することに。

この時期の機種、今回お預かりしたものに限らずこのような症状が多いですね。
過去に何10台も修理しているので、悪い部品はわかっているのですが、先入観はいけないので念のため確認。
やはり考えていた部品が原因ですが、同じ部品は当時で生産終了となっており、市場に残っていても劣化したものしか来ません。
なので、代替部品で周辺回路の定数も若干変更して対応。

修理後はACアダプタを繋いでも正常に起動し、電源が落ちることは無くなりました。
また、『修理出来るのであればOSをWindows7にアップグレードしてほしい』とのことだったので、クリーンインストールを行ってドライバをインストール。
CPUはCore 2 Duoなので、動作的にもVistaよりは格段に軽くなりましたね。
dav



Let’s note CF-SX4 画面に何も映らない

PANASONIC CF-SX4J16TC
2015年に発売された、12.1インチ液晶搭載のPanasonic レッツノート CF-SX4シリーズ。
今回お預かりしたのはキャンパスモデルで、搭載されているCPUは5世代目のCore i7ですが、同時期に市販されていた個人向けモデルと違うのはメモリ4GB、SSDではなくてHDD750GBを搭載している点。

『液晶に何も表示されなくなった』ということで、長野にお住まいのお客様からご連絡をいただき、宅配便で到着しました。
外部出力だと表示されるので、液晶パネルか液晶ケーブルの問題だと予想。
お話を聞くと、お客様がご自身でファンの掃除をしようと分解し、その後組み上げたら映らなくなったということなので、液晶パネルまたはケーブルに問題が発生するのは考えにくいですね。
分解で触る部分ではないので、よっぽど運が悪いとか乱暴に扱うとかしなければ壊れないはず…。

マザーボードの液晶表示回路を確認しますが、他のSXシリーズと変わらない分解方法で、比較的簡単ですね。
種類の違うビスが使われているので、分解するときにメモするのですが、既にメチャクチャな位置に取り付けられていました。
これ、『自分で分解した』という場合はよくある話ですが、信じられないことにパソコン修理業者さんでも結構多いんですよね。

マザーボードの表示回路をあたっていくと、怪しい反応が…
チップ部品を交換し、電源を入れてみると正常に表示されました。

表示回路だけの問題だったので、データも設定もそのままで修理完了となりました。
dav



NEC PC-LL750ES6B 電源が入らない

NEC PC-LL750ES6B
2011年発売の15.6インチ液晶搭載ノートパソコン。
Core i7のハイスペックマシンです。LL750/E、LL750/Fはよくご依頼いただく機種ですね。

今回は仙台ではなく遠方から。
大阪府のお客様から宅配便でご依頼いただきました。
『使用中に突然電源が落ち、入れ直しても全く電源が入らなくなった』そうです。
NECのサポートに電話し、指示を受けてバッテリーを外して試したけどダメで、大阪のご近所のパソコン修理店にも何軒か持ち込んだそうですが、直せるところが無かったとのこと。
諦めかけたところで、弊社のホームページを見つけていただいたようです。

パソコンを確認すると、確かに電源が入らず、バッテリの充電ランプもつきません。
ACアダプタの電圧は正常ですので、やはり本体側の問題。

この機種によくある電源回路の部品ショートが考えられますが、電源ジャックではショート反応はないので、確認するには分解が必要です。
19V回路をたどり、いくつかのチップヒューズを点検。
1か所だけヒューズが切れており、その先の19V回路でショートしていました。
不良部品を特定して交換、切れたチップヒューズも交換して、電源回路に他の異常が無いことを確認。
仮組みしてアダプタを挿すとランプが点灯し、正常に電源が入るようになりました。

ハードディスクを取り付けてWindowsを起動、全体の動作点検。
エージングを行って、翌日まで異常ないことを確認し、リカバリディスクを作成して修理完了です。
Exif_JPEG_PICTURE



BUFFALO HD-PN1.0U3-SC コネクタが折れた

BUFFALO HD-PN1.0U3-SC
BUFFALOのポータブルUSBハードディスクのデータ復旧依頼がありました。
容量は1TBのものですね。

仙台市若林区にある会社の方から電話にてご相談いただき、当日にお持ち込みいただきました。

『コネクタが折れちゃった』ということで、実際に確認してみるとUSBコネクタのメス側が基盤から剥がれてしまっており、オス側と一緒に抜けていました。

壊れている個所はハードディスクではなく、ケース側の変換基盤。
通常のポータブルハードディスクであればデータは直ぐに取り出せるのですが、このシリーズはデータコピー時に自動的に暗号化されており、他のパソコンに繋いでもデータは全く読み出せません。
暗号化の情報を基盤側で持っているので、基盤を修復してデータを取り出すのが一番スマートです。
基盤を通さないでデータ復旧する方法もあるのですが、ファイル構造が壊れてしまったり、ファイル名が置き換わってしまったりとややこしいことになってしまいます。

コネクタのハンダパターンがなくなっているところもありましたが、データ復旧に必要なラインはパターンの先でも接続可能だったので、一時的に接続できるように加工。
少しでも動かすと接続部が取れてきてしまいますので、パソコンで認識できるのを確認し、動かさないように固定して、データを取り出しました。

データ量が400GB以上と多かったので、結構時間が掛ってしまいました。が、全てのデータを復元できました。

このタイプのコネクタは壊れやすいので、持ち運び時にはケーブルを取り外した方がいいですね。
dav



富士通 AH45/W 液晶パネルが割れた

FUJISTU AH45/W
2015年発売、富士通の15.6インチ液晶 ノートパソコン。
CPUは第5世代のCore i3を搭載したWindows10マシンです。

仙台市泉区のお客様からお持ち込みいただきました。
お子様がぶつかって液晶画面が割れたとのこと。
受付で確認したところ、電源を入れると液晶が光っていることはわかりますが、画面の1点を中心に放射状に割れが広がり、表示は全く見えません。
相性問題も考えられますが、在庫の液晶パネルが使えて他に問題なければ、さほど時間がかからず終了するとご説明して、お預かり。

いつものようにハードディスクを確認すると、SMARTエラーがあり、不良セクタがかなりの数ありました。
専用マシンでコピーを試みますが、エラーが多くなかなか進みません。数時間経ってから、進まず停止してしまいます。
コピーマシンは何種類かありますが、転送速度を遅くしたり反対側からコピーしたり試しましたが、やはりエラーが多すぎてコピーができず。
通常にアクセスしてもパーテーションが無い状態で、データを読み取ることができませんでした。
おそらく液晶が割れたときに衝撃を受けて、ハードディスクも一緒に故障したようです。

パソコンを復帰させるためには、液晶パネルに合わせてハードディスクも交換し、リカバリが必要。
お客様へ状況を説明したところ、幸い大事なデータは入っていないということで、上記作業の御了解を頂きました。

液晶パネルとハードディスクを交換し、リカバリを実施。
この機種のリカバリはDVDやBDではなく、USBメモリからのリカバリになります。
最近では、ディスクではなくUSBメモリでのリカバリ作成機種が増えてきています。

リカバリ終了後、WIndowsアップデートを実施。
お客様のご希望で、ウイルスチェックソフトはWindows10に標準搭載されているWindows Defenderを有効にしました。

他に異常がないことを確認して、修理完了です。
Exif_JPEG_PICTURE



富士通 NB50R Cドライブの空きがない

FUJITSU NB50R
2005年発売、今では珍しい15インチ液晶を搭載したノートパソコンです。
現在主流のワイド画面よりも、正方形に近い当時の液晶の方が見やすいという方は割と多いです。
数は少ないですが、現行でも正方形のディスプレイを販売しているメーカーもありますね。

仙台市青葉区にお住まいのお客様より、電話にてお問い合わせをいただき、お持ち込みいただきました。
『Cドライブの空き容量が無くなってしまった』というご相談。

IDE接続のハードディスクのため、総容量は80GBと最近のものと比べると少です。
CドライブとDドライブが半々ぐらいでパーティション分けされており、Dドライブの方は容量に余裕があります。

Dドライブは使用したことがないとのことだったので、Dドライブを削除し、空いた分をCドライブに割り当てることに。
パーティションを操作し、Cドライブに40GB程余裕が出来ました。

これでしばらくは大丈夫でしょう。
最近ファンの音も気になってるということで、分解してみると埃がギッシリ…
全て取り除き、熱伝導シートも劣化していたので交換致しました。

OSはWindows XP、もう10年以上前のパソコンですが、『使いやすいので直せなくなるまでは直したい』とのことでした。これからも大事にしてほしいですね。
dav



HP Pavilion dv6-6105TU 液晶画面割れ

HP Pavilion dv6-6105TU
2011年に発売された、15.6インチ液晶搭載のHP Pavilionシリーズノートパソコン。
本体カラーはホワイトで、バックパネルの模様が象徴的な機種ですね。

『液晶パネルにヒビが入ってしまった』ということで、仙台市内にお住まいのお客様から修理依頼がありました。
液晶パネルの下部に何かをぶつけた?挟んだ?みたいで、中央より上の画面はなんとか見えている状態でした。

液晶パネルの交換が必要ですね。
べゼルを外すだけで交換は可能ですが、ところどころ両面テープで固定されている箇所があるため、無理に力を加え破損してしまわないよう注意が必要です。

汎用品の液晶パネルでは輝度の調節が出来ずに画面が暗いまま、等の不具合が発生してしまうので、専用部品を使用します。
液晶パネルは、今回のように専用品が使われていることが結構あって、相性によってはメーカーのロゴが表示されないとか、バックライトだけ点灯して何も映らないこともあります。

専用の液晶パネルを取付け、正常動作することを確認。
エージングテストを兼ねて、念入りに各部動作点検を行いましたが、他には特に異常は見当たりませんでした。
今回は液晶パネル交換のみで、修理完了となりました。
dav



DELL Inspiron 15Z 5523 ヒンジ破損

DELL Inspiron 15Z 5523
2012年に発売された、15.6インチ液晶搭載 DELLのinspironシリーズ。
CPUの違い等で構成は様々ありますが、今回持ち込まれたものはCore i5でした。

『右側のヒンジが折れてしまって、液晶を閉じることが出来ない』ということで、仙台のお隣 名取市の方からお持ち込みいただきました。
左側のヒンジだけで液晶を支えている状態なので、非常に不安定です。

分解して、修復が可能かどうか確認。
よくよくヒンジを見てみると、ヒンジ自体が折れているのではなく、ヒンジの液晶側の3本のビスがゆるみ、完全外れてしまっている状態でした。
部品の交換は必要なさそうなので、ネジを締め直し、ヒンジの可動部も固くなっていたので、両側ともグリスアップ。

ヒンジが固くなったことで負荷が掛ってしまったのか、トップケース側のビス受けも粉々に砕けていたので、エポキシ樹脂で修復を行いました。
強度を出すため3回に分けて上塗りし、乾燥を待って組み上げ。

各動作点検とエージングテストを行いましたが、他に不具合は見当たらず、ヒンジの修復のみ。
何度も液晶パネルの開閉テストを行い、問題がないことを確認し修理完了となりました。
dav



▼▼▼  お見積り・お問い合せはこちらから  ▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト
症状別
液晶割れ
キーボード交換
ハードディスク故障
バックライト交換
メモリ増設
HDDデータ復旧
データだけ取出し
マザーボード修理
パソコン修理全般
修理の流れ
始めての方へ
FAQ
発送先/発送方法
ご利用規約
利用規約
特定法表示
無料見積り
見積・問合せ方法
対応メーカー一覧
NEC
富士通
DELL
東芝
SONY
HP
APPLE
Acer・Asus
Lenovo・IBM
その他(家電量販店・日立・SOTEC・自作機など)
<仙台のパソコン修理専門店>

〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

通常営業:10~19時

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090



無料見積もりはこちら

土日祝日も営業中

土日祝日も営業中

パソコン修理ブログ
仙台店店長
ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。
泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
仙台パソコンお直し隊

大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)metro地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)
仙台店TEL

FAX

キャンペーン一覧

レンタルパソコン
学生割引キャンペーン
リピーター割キャンペーン
同時に2台修理に出したら10%OFFキャンペーン
リカバリディスク無料作成キャンペーン
返却時の送料無料キャンペーン
返却時の代引き手数料無料

今月の定休日


     定休日はありません。
     土日祝日も営業中(10~19時)です!

     お急ぎの方はお電話ください。
     022-771-2090

     来店予約の連絡も不要です。


故障の症状別



メーカー別の事例


パソコン修理について



東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号