【 電話診断無料のパソコン修理専門店【仙台のパソコン修理専門店】 】

お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

東芝 T351/57CR 電源が入らない

TOSHIBA T351/57CR
2011年発売、15.6インチ液晶搭載の東芝 dynabook。
CPUはSandybridge世代のCore i5を搭載し、メモリも4GB搭載しています。

宮城県の栗原市にある会社の方からメールにてお問い合わせがあり、宅配便でお送りいただきました。

『使用中に突然電源が落ち、それからはランプも何も点灯しない状態で電源スイッチを押しても電源が入らなくなってしまった』ということでした。
とにかくデータが一番心配のようで、『大事なデータがたくさん入っているので、とにかくバックアップをしてほしい』とのこと。

まずは一番重要なデータを確認するため、ハードディスクの検査を行います。
検査の結果、不良セクタが見つかりましたが、データは無事読込みが出来ました。まずは一安心ですね。

状況から、電源が入らないのはマザーボードの問題ですね。付属していたACアダプタも問題ありません。
分解を行い、電源回路を検査していきます。

何度も分解している機種なので、特に迷うことはないですね。

19Vの電源回路でショート反応がありましたので、回路を修復。
ショート反応が消え、正常に電源が入るようになりました。

ハードディスクも新品のものに取り換え、データも全て移し替えましたので、壊れる前と同じ環境でパソコンをお使いいただけますね。



HP 15-d055TU Windowsが起動しない

HP 15-d055TU
2014年に発売された、15.6インチ液晶搭載のHP ノートパソコン。
CPUはCeleronで、エントリー・オフィスモデルとして販売されていたものです。Microsoft Office付きで相当安く買えたのではないでしょうか。

『Windowsが起動しなくなった』ということで、仙台市青葉区にある会社の方からお持ち込みいただきました。
『電源を入れるとOSは起動しようとするが、読込み中のマークがずっとクルクル回っていて、しばらくすると修復画面に入ってしまい、修復を行っても完了できない状態』らしいです。

OSはWindows8.1のまま、Windos10にはアップグレードせずに使っていたとのことなので、まだまだ多いWindows10絡みの問題ではなさそうですね。
状況から、ハードディスクに障害が発生している可能性が高いです。
早速取り外して、検査を行います。

この機種はビス1~2本でハードディスクを外せるような構造ではなく、トップケースを外さないとハードディスクの姿が見えません。
最近こういった構造のパソコンが増えてきていますね。

ハードディスクを取り外し、データのコピーを試みますが…
状態が思っていたよりも酷く、なかなかコピーが進みません。

一晩かけてコピーを進め、なんとか終了。

コピーしたデータのシステムファイルを修復し、元通りの環境で起動させることに成功。
ハードディスクの交換だけで、他には特に異常なし。

エントリー向けのパソコンなので、『壊れたら買い換えればい』と言う人も多いですが、データや再設定の手間を考えると直した方がいい場合もありますね。




DELL XPS13 9350 電源が入らない

DELL XPS13 9350
2015年発売、13.3インチ液晶搭載のDELL XPSシリーズのノートパソコン。
このシリーズは、とにかくべゼルの狭さに驚きますね。筐体もアルミ削り出しのシルバーカラーでカッコイイです。

愛知県にお住まいのお客様からメールでお問い合わせがあり、宅配便でお送りいただき修理になりました。
過去にも同様のケースがあったので、「電源回路の問題かも…」と、事前に説明。

到着後、開封して症状を確認。
『電源は数秒だけ入り、すぐに落ちてしまう』という症状でした。その間画面には何も映りません。

このような症状だと、必ずというわけではないですが… 電源回路ではなくBIOSに問題が発生している可能性が高いです。

ボトムケースを開けるのは比較的簡単な機種ですね。内部の半分程をバッテリーが占めています。
マザーボード上にハンダ付けされているEEPROMを取り外し、解析。修正した後、再実装。

組み上げて、正常に起動することを確認。DELLの表示も出て、Windowsも起動しました。
その他には特に異常ありませんでした。

高価な機種なので、マザーボードの交換が必要なく修理が出来て、お客様も喜んでいらっしゃいました。



東芝 T351/57CB 電源が入らない

TOSHIBA T351/57CB
2011年発売、15.6インチ液晶搭載の東芝ノートパソコン dynabook。
Core i5のCPUを搭載していますので、通常の使用では十分余裕があるパソコンです。

『電源が入らない』とメールでお問い合わせがあり、新潟県から宅配便でお送りいただきました。
データが重要ということで、『ハードディスクの取り扱いには注意してください』とのコメントが付いていました。

本体にACアダプタを接続しても、バッテリの充電ランプは点灯せず、電源ボタンを押しても反応がありません。
ACアダプタの出力電圧は正常。

電源が入らない原因調べるために分解しますが、データが重要ということもあるので、先にハードディスクを外して検査します。
SMART情報を確認しようと電源を入れると、かすかに通常と違う音がしました。
そして、エラーセクタがあると表示。
ハードディスクのコピーを行いましたが、エラーセクタの数が多く、かなりの時間がかかりました。

マザーボードを取り出して確認すると、DC19Vの電源ラインがショートしていました。これでは電源が入りません。
原因を探していくと、チップ部品でショートしていました。
このチップ部品を取り外すと、電源回路のショートはなくなり、部品自体ではショートしているので、間違いありません。
在庫の新しいチップ部品と交換して、マザーボード本体に組み込み。

仮組みしてACアダプタをつなぎ、電源スイッチを押すと電源が入り、BIOSの表示が表れました。

コピーしたハードディスクを取りつけると、Windows10が起動しました。
しかし、立ち上がったディスクトップ画面に何やらエラー表示。
「何かのプログラムのファイルが見つからない」という表示ですが、そのエラーを消すと次にまたエラーが出て、消しても消しても次々エラー表示が出てきました。
そしてスタートボタンを押しても反応がなく、どうやら正常に立ち上がったと思ったWindowsのシステムが破損している様子。
ここまでシステムが壊れていると修復は難しく、初期状態へのリカバリが必要になります。
テスト用のハードディスクを使用してリカバリを試みます。
リカバリ領域は正常でしたので、DtoDでのリカバリができました。
Windows7に戻りましたが、パソコン全体の動作が正常なことを確認し、お客様へ電源が入らなかった原因と、データは無事だったけどハードディスクの交換が必要なことをお伝えし、リカバリ状態での返却になることをご了承いただきました。

新しいハードディスクへ交換し、Windowsアップデートを最新の状態まで実行、ユーザーデータを移行して、修理完了となりました。



東芝 T652/W5VFB Windowsが起動しない

TOSHIBA T652/W5VFB
2012年発売、15.6インチ液晶搭載の東芝 ダイナブック。
CPUはSandybridge世代のCore i7ですね。メモリも8GBを搭載しているので、普段使用していて困ることはないでしょう。

富谷市にお住まいのお客様から、『Windowsが起動しなくなった』とのことでパソコンをお持ちいただきました。

電源を入れると、Windowsのブートマネージャーが起動して、そこから何も操作できない状態になってしまいました。
店頭でその症状を確認し、お預かり後再度電源を入れてみたら、Windowsのログインパスワード入力画面まで進みました。

直ってしまったのか?と思いながらパスワードを入力しようとしたら、キーボードが押されっぱなしで連続で文字が入力されていることが分かりました。
ブートマネージャに入ってしまうのもそのせいですね。

キーボードの交換が必要です。
使用されているキーボードはガンメタっぽい色合いだったのですが、同じ色の部品が入手できず、メーカーでも現在在庫がないとのことだったので、お客様と相談して黒のキーボードを手配することになりました。

キーボード到着後、交換して動作確認。
もちろんキーが押されっぱなしになる現象もなくなり、全てのキーが入力できることを確認し修理完了です。




NEC PC-LL750FS3W 電源が入らない

NEC PC-LL750FS3W
2011年発売の15.6インチ液晶搭載、NECのLaVie Lシリーズ。
CPUはCore i7を搭載しておりますので、性能的にも現行のパソコンに引けを取りません。

『電源が入らなくなってしまった』ということで、山形にお住まいのお客様から宅配便でお送りいただいての修理となりました。
ある日突然、このような状態になってしまったそうです。
もう発売から6年ほど経ちますが、大事に使われているようで新品の様にピカピカでした。

『ACアダプタを新しく買って試したけど、結局電源は入らないままだった…』とのことなので、パソコン本体側に問題があることは確かです。
このシリーズの電源入らない症状は、もう飽きるほどやっています。
いつものとおり、一通りの確認を行った結果、やはりマザーボードの電源回路が怪しいので分解して確認。
この機種はビスの本数が多いので、分解は結構大変ですね。

調べてみると、やはり19Vの電源回路上でショート反応がありました。
目視で異常個所を探し出し、チップ部品交換。

使用頻度が高くないのか、パソコンの中もほとんど汚れてませんでした。
組み上げて正常に起動することを確認し修理完了となりました。



Let’s note CF-S10EWGDS 画面が真っ暗

Panasonic Let’s note CF-S10EWGDS 画面が真っ暗
2011年発売、12.1インチ液晶搭載の Panasonic レッツノートシリーズ。
法人・個人問わずこのシリーズは人気が高く、まだまだ修理してほしいと持ってくる方も多いです。

仙台市宮城野区にお住まいのお客様より、メールでお問い合わせがあり、翌日お持ち込みいただきました。
『電源は入りファンも回っているので動いている様子ではあるが、ハードディスクのアクセスランプ等も点灯せず、画面に何も表示されない』といった状態。

通常であれば、起動すると青の背景にPANASONCの文字が現れますが、それすらありませんでした。
『分解が簡単な機種だったら自分でも分解してみたいんだけど、さすがにレッツノートはちょっと…』とのこと。
分解が面倒なことを知らずに挑戦してしまって、取り返しがつかないという人も少なからずいらっしゃいますので、賢明ですね^^;
そして、このような症状はBIOSが絡んでいることが多いので、分解できたとしても簡単には解決できないことが多いです。

実際に分解して、確認。
メモリの接触不良でもないみたいなので、やはり疑うのはBIOS。
マザーボードに実装されているEEPROMを外し、BIOSデータの修復。
実装部品を取り外すと想定していないとは思いますが、CF-SX1等に比べれば外しやすい位置にあります。
ハンダでROMを外す際、パターンを切らないように細心の注意を払います。

修正後、再実装。
電源をいれてみたところ、無事【Panasonic】と表示され、BIOS設定画面にも入れました。

レッツノートのBIOSロック解除依頼は過去に何度もありますが、CF-S10でBIOSデータ破損とはめずらしいですね。




mouse computer デスクトップPC 起動しない

mouse computerのプロダクトシールの貼ってあるBTOのデスクトップパソコン。

『Windowsが起動しない』ということで、仙台市青葉区のお客様からお持込みいただきました。
受付で確認すると、起動しないはずが、正常にWindowsが起動しました。

電源が入ってもWindowsが起動しないパソコンで、原因のかなりの割合を占めているのがハードディスク不良。
運んできて起動したということは、何らかの接触不良の可能性も捨てきれませんが、ハードディスク含めて起動しない原因を調査するためにお預かり。

いつものようにハードディスクを外して確認すると、SMARTに異常はなくクローン作製のコピーでも異常なし。
メモリーテストを長時間かけてみても、こちらも異常でませんでした。

テスト用のハードディスクでエージング中に、マウスのUSBコネクタを別の部分に差したとたん、勝手にパソコンが再起動!
再起動を起こしたコネクタに何度か差し直してみましたが、その後異常は現れず…。

接触不良を疑い、マザーボードの端から軽く叩いて異常が出ないか確認していくと、メモリスロットを軽く叩くだけで、すぐに再起動を起こしました。
メモリを外して接点クリーニングを行いましたが、やはり再起動する症状は収まりません。
テスト用のメモリに交換すれば再起動の症状は発生せず、元に戻すとやはり再起動をし、もう1度確認したところで電源を入れ直してもBIOS画面が表示されなくなりました。
メモリ不良は間違いないようです。

新しいメモリを取りつけると問題なく起動し、軽くたたいても異常は発生しなくなりました。
エージングを兼ねてメモリテストを一晩行い、再度前日と同じテストを繰り返して問題ないことを確認し、修理完了となりました。




NEC PC-LS150JS1KSB 液晶画面割れ

NEC PC-LS150JS1KSB
2012年発売、15.6インチ液晶搭載のNEC ノートパソコン。
CPUはPentiumが搭載されていますので、エントリークラスのモデルでしょうか。
3Dゲームや動画のエンコード等を行わないのであれば、十分な性能ですね。

『液晶パネルが割れてしまった』ということで、電話にてご相談いただきました。
『すぐに直してほしいが、職場にいて持ち込むことが出来ない…』ということで、仙台市青葉区の会社の方だったので、引取りに伺いました。

液晶の右下から割れていました。
どうやらバックパネルの上から力が加わったみたいで、かろうじて上半分が見えているような状態。誤って踏んでしまったのかもしれません。

引取りに行った際に、液晶パネル交換と出張引取り料の金額を説明してきたので、早速液晶パネルを分解。
特殊な専用液晶でもないので、在庫のものが使えるでしょう。新しい液晶パネルを取付け、正常に映るかどうか確認します。

NECの文字が表示され、Windowsも起動してきました。
もちろん、ハードディスク内のデータは全て残ったままです。

ハードディスク・メモリ等の検査を行い、他の機能にも異常が無いことを確認して修理完了となりました。
実はご自宅が当店のご近所とのことで、完了後は引取りにご来店いただきました。


Lenovo B590 20208 ファンの異音 熱くなって落ちてしまう様

Lenovo B590 20208
第3世代のCore i5 CPUに4GBメモリを搭載した、15.6インチ液晶のLenovo製ノートパソコン。

『ファンの異音が出ていたが、音がしなくなったと思ったら、熱くなって電源が落ちてしまう様になった』ということで、仙台市宮城野区のお客様がお持込みいただきました。

受付で確認すると、確かに電源を入れても冷却ファンが回っていない様子。
お預かりして、お見積りをご連絡することになりました。

お預かりして分解すると、中に何かの液体が流れた跡がありました。
キーボード下にも跡がありますが、既に乾いており、キーボードの入力は問題ないようです。ハードディスクやDVDドライブも異常はありませんでした。
マザーボード上の黒い保護シートの上に液体が流れた形跡がありましたが、シートを剥がしてみるとマザーボード自体にはしみ込んでいないようです。

マザーボードを外してファンを確認すると、ファンにはまだ粘着性のある液体が残っており、手で回そうとしてもかなり重くなっていました。
ファンを分解してみると、モータのコイルや軸にも液体がかかって回らなくなっており、清掃ではなくファン自体を交換するしかないようです。

お客様へ状況を説明し、液跡の洗浄とファンの交換の見積り。以前に液体をこぼしたことを覚えていらっしゃいました。
キーボードに液体がかかった場合、現在は正常に入力できていても、しばらくしてからキー入力ができなくなることもあると説明して、ご了承をいただきました。

新品のファンを取り付け、メモリテスト他、各動作テストを行い、修理完了となりました。



1 / 41234

アーカイブ

▼▼▼
お見積り・お問い合せはこちらから
▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト

アクセス

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10〜19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090


お得なキャンペーン
レンタルパソコン
アップグレード
修理依頼書ダウンロード
初期化しちゃう?ちょっと待って

無料見積もりはこちら

特急修理

土日祝日も営業中

修理依頼書ダウンロード

メールはこちら

パソコン修理ブログ

ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。 泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

アクセスマップ

FAX

 キャンペーン一覧

レンタルパソコン

学生割引

リピーター割

同時に2台修理

リカバリディスク無料作成

返却時の送料無料

代引き手数料無料

買取対応

Windows VistaまたはXPからWindwos7へアップグレード

Windwos7 中古パソコン販売

 修理オプション一覧

Windwos7 中古パソコン販売

 今月の定休日

定休日はありません
土日祝日も営業中(10~19時)!
お急ぎの方はお電話ください。
022-771-2090
来店予約の連絡も不要です。

東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号

↑ PAGE TOP