【 電話診断無料のパソコン修理専門店【仙台のパソコン修理専門店】 】

お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

BTOディスクトップ 使用中に固まる 起動しない

BTOディスクトップ
第4世代のCPU core i7、メモリ8GB、グラフィックボードを搭載したBTOのデスクトップパソコン。

仙台市のお隣、利府町のお客様から『使用中に固まったり、起動しようとして固まることがある』と、お持込みいただきました。
主にゲームで使用しているそうで、『前面のUSBポートが認識しない事がある』との症状もお聞きしました。

まず、お預かりしたパソコンのハードディスクを外して調べると、使用時間もさほどではなく読み込み不良ないようです。
バックアップコピーは正常に終了したので、そのハードディスクを使用して動作の確認。

通常に動かしただけでは固まる症状が現れませんが、時々画面上に黒いノイズのようなものが現れ、グラフィックボードに軽い振動を与えると、画面が一瞬消えました。
テスト用のグラフィックボードに交換するとこの症状は現れませんので、表示異常はグラフィックボードが原因です。

また、メモリテスト中にマザーボードを軽くたたくとエラーが発生しました。
メモリの接点を丹念にクリーニング。マザーボード側も同様に洗浄するとエラーは出なくなりました。
USBポートはテストしても異常が確認できず、メモリと同じく接触不良の可能性も考えられます。

グラフィックボードはゲームを行うことを考えて、搭載されているものと同じシリーズの現行のボードを選択。
数年経っているので、性能アップになりました。

負荷テスト等を行い、他の部分には異常なさそうなので、グラフィックボード交換と内部クリーニングで修理完了となりました。



lenovo E130 3358-CTO 電源が入らない

lenovo E130 3358-CTO
2012年発売、11.6インチ液晶搭載のlenovo ノートパソコン。
光学ドライブか搭載されていない分、軽くて持ち運びに便利ですね。OSはWindows8がインストールされていました。

『電源が入らず、ランプも何も点灯せず反応が無い』ということで、塩釜市にお住まいのお客様よりお持ち込みいただきました。
もう一台別に同じ機種を持っているみたいで、『アダプタやバッテリーを交換しても、全然電源が入らない』とのこと。
マザーボードに何らかの障害が発生している可能性がありますね。

分解を行い、確認していきます。
このシリーズは、分解時にキーボードをずらして外すのが特徴的ですね。無理に外すと壊してしまいます。
キーボードを外し、トップケースも外すとマザーボードが見えます。

マザーボード、見た目では特に異常はないようですが…
ショートしている箇所も特に見つからず、時間をかけて調べましたが、これ以上原因の究明が出来ないため中古のマザーボードを手配し、交換を行いました。
交換ついでにファンやヒートシンク、内部の清掃とCPUの熱伝導グリスも劣化しているので交換。

ハードディスクも正常で、マザーボード交換後は快調に動いてくれました。



DELL InspironN5110 電源が入らない

DELL InspironN5110
2011年発売、15.6インチ液晶搭載のDELL Inspironシリーズ。
CPUはCore i7が搭載されており、本体カラーはメタリック感のあるブルー、ピーコックブルーというらしいです。

『電源が入らなくなった』ということで、多賀城市にお住まいのお客様からメールにてお問い合わせをいただき、実際にお持ち込みいただきました。
過去の例から、電源回路の問題かも… と説明し、お預かりしました。

分解して電源回路を確認すると、やはりどこかでショートしている様子。
目視でよくよく見ていくと、ショートの原因はUSBコネクタにありました。
左側のUSBコネクタが内部で破損しており、金属部分が電源回路とショート。

USBコネクタは交換が必要ですが、電源DCジャックと同じサブ基盤上にありますので、サブ基盤ごと部品を入手し、交換。
これで電源が入るようになりました。

発売から年数が経っているので、念のためハードディスの検査を行ったところ、不良セクタが発生していました。
使用時間が30,000時間を超えており、かなりヘビーに使っていたみたいですね。
新しいハードディスクにデータを全て移し替え、交換を行います。
マザーボードを外さないとハードディスクの交換が出来ない機種なので、かなりイジワルな構造ですね…

データも設定も元のまま、Windowsの起動を確認し、修理完了となりました。



ASUS T100HA-FU024T 充電ができなくなった

ASUS T100HA-FU024T
ASUSの2-in-1パソコンで、タブレットとしてもキーボード付きのノートPCとしても使用できるWindowsパソコン。

『充電ができなくなって使用できない』ということで、仙台市泉区のお客様からお持ち込みいただきました。

受付で確認すると、充電用のマイクロUSBコネクタ部分がグラグラしていました。
ACアダプタのケーブルを挿しても充電される気配なし。
マイクロUSBコネクタ部分がおかしそうですので、お預かりして調べることになりました。

このUSBコネクタはメインボードに直接ハンダ付けされており、確認するにはメインボードを取り外す必要があります。
コネクタの取付けを確認すると、電源・信号ピンのハンダが割れてグラついており、さらにはパターンも切れていました。
樹脂の部分も破損しているので、マイクロUSBコネクタを交換し、パターンを修復する必要あり。
全く同じタイプのコネクタは在庫していなかったので、どうにか取り付けられそうなものを若干加工し、細いパターンを顕微鏡を見ながらハンダ付け。
作業後に、コネクタの補強のためパテで固定しました。

ACアダプタを接続すると、充電を開始しました。
この機種は放電し切ってしまうと、ある程度充電してからでないと起動しません。しばらく充電してから起動を試すと、Windows10が立ち上がりました。

カバーをして動作確認を行い、修理完了となりました。



Let’s note CF-NX2CEABR 電源が入らない

Panasonic CF-NX2CEABR
2013年発売、12.1インチ液晶搭載のパナソニック レッツノート。
CPUはCore i5を搭載し、光学ドライブ非搭載の軽量モデルですね。

『電源が入らなくなった』ということで、角田市にお住まいのお客様からメールにてお問い合わせがあり、お持ち込みいただきました。
電源が入らずランプも何一つ点灯しないため、過去にもあったようにマザーボードの電源回路上でショートでもしているのかな…と考えてお預かりしました。

しかし、分解を進めていくうちに徐々に怪しい箇所が…
Nシリーズなので光学ドライブは搭載されていないのですが、他のシリーズ同様入る空間は存在しています。
そこのカバーを開けてみると、カバーを伝ってボトムケースに液体が流れた形跡あり。
白く変色していましたが、どうやらジュースか何かをこぼしてしまっていますね。

マザーボードを確認してみたら、やはり少量ですが電源のコントロールIC付近に掛かっており、洗浄およびチップ部品交換、回路の修復を行いましたが、既に多層基板の内部にまで腐食が進んでしまっていたのでどうにもならず…。
結局、中古のマザーボードに交換し、修理完了となりました。

腐食の進行スピードは思っているより相当速いので、何か液体をこぼしたらすぐにお持ち込みください。
『しばらく乾かして…』『電源をいれてみたら動いたから…』とよく聞きますが、後でどうしようもなくなりますよ。



東芝 R734/38KB USBが認識しない

TOSHIBA dynabook R734/38KB
2013年に発売された、13.3インチ液晶搭載の東芝 ダイナブック。
モバイル用のノートパソコンは他にもありますが、この機種はコンパクトで軽量なことに加えて光学ドライブも搭載していますので、CDやDVDを使用する方に人気のシリーズですね。

仙台市青葉区にお住まいの学生さんから、修理についての相談がありました。
『計3箇所ある内2箇所のUSBポートが、マウスやUSBメモリ等を挿しても認識しなかったり、稀に認識したりと不安定な状態』らしいです。
『残り1箇所は使えているが、いつ使えなくなるか分からないので、可能であれば全て修理したい』とのこと。

確かに、USBコネクタを挿した感触がスカスカですね。
破損しているので、USBポート自体を交換する必要があります。

この機種はマザーボードに直接はんだ付けされているものではなく、HDMIやイヤホンジャックと一緒にサブ基盤になっています。
左右二枚のサブ基板を交換する必要がありますが、共に新品の純正部品を手配。
取り付けて動作をテストを行うと、挿しこんだ感触もしっかりとし、認識もされていますのでOKですね。

光学ドライブ固定のビスが、持ち運び時の振動の影響か無くなっていましたので、同じサイズのものを取り付けて固定しておきました。
かなりヘビーに使われているようですが、ハードディスクも正常なのでまだまだ使えますね。

dav


DELL Inspiron14 5447 起動しない

DELL Inspiron14 5447
2014年発売、DELLの14インチ液晶搭載ノートパソコン。
構成は選択できたようですが、お預かりした機種は第4世代のCore i7 CPUに、8GBのメモリを搭載。タッチパネル付きでした。

仙台市青葉区のお客さまから、『起動しなくなった』ということでお持込みいただきました。
お話をお聞きすると、最近他のパソコンを購入し、その時にリカバリデータの入ったUSBメモリが付いてきたので、このパソコンでも使えるのではないかと考えて、リカバリを実施したそうです。
通常は受け付けられないはずですが、ある程度進みデータのバックアップを取るメニューになったので、外付けのハードディスクを接続してユーザデータをコピーしたとのこと。
当然ですが、その後リカバリの動作は止まり、起動できず。
DELLではなく他のメーカーのものだったそうで、何はともあれデータが取れたのはラッキーですね。

症状から、ハードディスクに問題が発生している可能性が高く、さらにリカバリを実施しているためデータは無くなっていると思われるので、リカバリ前提でお預かりしました。

ハードディスクを確認すると、かなり重症で不良セクタも数千箇所に達しています。
更にリカバリ領域もなくなっており、DtoDのリカバリもできません。

新しいハードディスクで、リカバリメディアからWindows8.1へリカバリを実施。
Windowsアップデートを行い、ハード全体に異常が無いことを確認して修理完了です。

受け取りにいらっしゃったお客様は、無事起動するようになったことで安心された様子。
そして、御家族が使われている起動しないWindos7のノートパソコンもお持ちいただき『これも出来たら直したい』と、早速リピーターさんになっていただけました。



Let’s note CF-S9JYBDP 本体が熱くなる

Panasonic CF-S9JYBDP
2010年発売、12.1インチ液晶搭載のパナソニック レッツノート。
CPUは一世代目のCore i5が搭載されています。
レッツノートシリーズは、マザーボードにCPUが実装されていますので、CPUの交換は出来ないですね。

『最近、本体がかなり熱くなり、壊れてしまうんじゃないかと気になる』ということで、大崎市古川にお住まいのお客様からメールでお問い合わせがあり、お持ち込みいただきました。
「おそらくファンの問題でしょう」と説明し、お預かり。

回転はしているようですが、回転数が上がってくると異音がしてきました。
事前に大体の料金と純正新品の在庫があることを伝えてありますので、動作テストの後、早速ファンの交換に取り掛かります。

スピーカーから音が出ない症状もありましたので、分解ついでに確認すると、マザーボードの回路や配線は正常で、スピーカー自体が内部で断線していることが判明しました。
在庫のスピーカーに取り換え、音が出ることを確認。
ファンを新品に交換。熱伝導グリス・シートも劣化してカラカラに乾いているため、交換しました。

ファンの交換後は、排気口から出てくる風の勢いが全然違いますね。
レッツノートシリーズは、ある程度壊れてくる場所が決まっています。
ここ最近はCF-S9シリーズが立て続けにやってきますが、修理して長く使いたいという方がほとんどなので、年数が経過している機種でもまだまだ修理の依頼が多いです。



BUFFALO HD-CE500U2 認識しない

BUFFALO HD-CE500U2
2008年に発売された、BUFFALOの外付けハードディスク。
容量は500GBですね。NASではなく通常のUSBで接続するタイプです。

仙台市青葉区にお住まいのお客さまだったので、お持ち込みいただきました。
『デジカメで撮った写真をパソコンへ取り込み、ハードディスクに移動しようとしたらハードディスクが認識されず、中のデータも見れない状態になってしまった』そうです。
【フォーマットしてください】のメセージが出たらしいですが、『データが消えてはいけないと考え、そのまま電源を落としてすぐに持ち込んだ』とのこと。

全く電源が入らないのであれば、ケース内のUSB変換基板の不具合も考えられますが、状況から内蔵されているハードディスク自体の問題でしょう。

分解し、確認を行います。
ケースはツメで固定されていますので、シールの下の隠されたツメも忘れずに外してあげるとハードディスが見えてきます。

ケース基盤から取り外し、ハードディスクを検査。
多くの不良セクタがあるようなので、データ復旧専用の機械を使用し、復旧を試みます。

不良セクタが思っていたより多く、一晩ほど掛ってしまいました。
デジカメで撮った写真やエクセルの文章データが入っているそうなので、取り出したデータからそれらの形に再構築を行います。

壊れて開けないデータもありましたが、ほとんど取れたのではないでしょうか。
お持ち込みいただいた、新品の外付けハードディスクにデータをコピーして、作業完了です。

『また壊れるといけないから、もう一台ハードディスクを買っていく』と言い残して、お帰りになりました。
賢明ですね。大事なデータなら、バックアップのバックアップがあっても良いくらいです。



東芝 D731/T7DWD 動作が遅い

TOSHIBA D731/T7DWD
2011年発売、23インチ液晶を搭載した一体型デスクトップパソコン。
CPUは第2世代のCore i5です。

『動作が遅い』ということで、富谷市のお客様からお持込みいただきました。
受付で確認すると、正常に起動しますが、その後の動作が遅くて何をするにも待ち時間が発生する状態でした。
確認中にアドウェアと思われるソフトも勝手に起動しましたので、不要ソフトのせいかハードディスクの不良も考えられるとご説明して、お預かり。

ハードディスクを取り外して確認しましたが、不良セクタはなくコピーも正常にできました。
コピーしたハードディスクで動作を確認していると、次々に英語表示のアドウェアソフトが起動。
順番に削除していくと、削除するたびに動作が軽くなっていくのがわかります。

手作業で削除した後、専用ツールで確認すると、さらに多くの怪しいソフトが発見されたので、まとめて削除。
レジストリもキレイになったところで再起動すると、だいぶ軽くなりました。
が、起動直後はまだ重い感じ。
タスクの状況を見てみると、ウイルスバスターがCPUやディスクの動作のかなりの部分を占めていました。
今までに動作が遅いということで持ち込まれたパソコンも、このソフトが原因のことが何度かありましたので、試しにウイルスバスターを停止すると、かなり軽快な動きになりました。

お客様によると、『ウイルスバスターはパソコンを購入したときに勧められて購入しただけで、ライセンスが少し残っているけど消去しても構わない』とのこと。
削除した代わりにマイクロソフトのSecurity Essentialをインストールして、最終動作確認を行い修理完了です。

受け取りにいらっしゃったお客様は、店頭で動作確認しただけで動きが軽快になったことがすぐにわかり、大変喜んでお持ち帰りいただきました。



1 / 3123

アーカイブ

▼▼▼
お見積り・お問い合せはこちらから
▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト

アクセス

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10〜19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090


お得なキャンペーン
レンタルパソコン
アップグレード
修理依頼書ダウンロード
初期化しちゃう?ちょっと待って

無料見積もりはこちら

特急修理

土日祝日も営業中

修理依頼書ダウンロード

メールはこちら

パソコン修理ブログ

ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。 泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

アクセスマップ

FAX

 キャンペーン一覧

レンタルパソコン

学生割引

リピーター割

同時に2台修理

リカバリディスク無料作成

返却時の送料無料

代引き手数料無料

買取対応

Windows VistaまたはXPからWindwos7へアップグレード

Windwos7 中古パソコン販売

 修理オプション一覧

Windwos7 中古パソコン販売

 今月の定休日

定休日はありません
土日祝日も営業中(10~19時)!
お急ぎの方はお電話ください。
022-771-2090
来店予約の連絡も不要です。

東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号

↑ PAGE TOP