【 電話診断無料の仙台のパソコン修理専門店 】

パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊 お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

Lenovo G50-30 液晶画面割れ

Celeron CPUを搭載した、15.6インチノートパソコン。

ネットブック用のCPUなので省電力なのは良いのですが、やはりOSを起動させると動作に緩慢さを感じます。

購入時のハードディスクのままではなく、SSDに換装して使うのがお勧めです。

岩手県のお客様から『液晶が割れた』とご連絡があり、宅配便でお送りいただきました。

到着後に確認すると、液晶の右側が割れていました。


表示は見える状態だったので、交換する前に動作テストを行い、他に異常がないことを確認。

中古の液晶パネルでも構わないとのことでしたので、在庫のものと交換し、修理完了となりました。


現在、『液晶パネル交換 特価キャンペーン』を行っています。
9,800円対象機種
15,800円対象機種


Lenovo Ideapad 320-15AST 液晶画面割れ

『液晶パネルにヒビが入ってしまった』とのことで、富谷市にお住まいのお客様からお持ち込みいただきました。

右上を起点に、画面全体に亀裂が走っている状態。

完全に割れてますね。

何が表示されているのかさっぱりわかりません。

液晶パネルの交換を行います。

かなりの力が加わったのか、べゼルのツメが外れて浮いていたり、液晶パネル自体が大きくひしゃげていたりといった状況。


それでも、ケースへのダメージはなさそうです。

液晶パネルを在庫のものに交換し、表示OK。

使われていた液晶パネルの解像度が1366×768だったので、キャンペーン適用でいつもより安価に修理することが出来ました。


Lenovo ThinkPad Edge E525 – Type 1200 Windowsが起動しない

『Windowsが起動しない』と、仙台市にお住まいのお客様から

お持ち込みいただきました。

Windowsが起動せず、スタートアップの修復を繰り返してしまう症状。

お客様ご自身でもネットで復旧方法を検索し、

いろいろ試してみたがどうしても起動せず、

手に負えなくなったとのことでした。

システムの復元やセーフモードでの起動、いずれもダメだったようです。

検査をしてみると、ハードディスクに障害が見つかりました。


ハードディスクに障害がある場合、システムの修復や復元、

リカバリ等の作業はハードディスクに負荷をかけてしまうため、

最悪の場合、データが全く読み出せなくなります。

『大事な写真が保存されている』とのことで、

データが心配だったのですが、幸いにもハードディスクの障害は

深刻ではなく、ほぼすべてのデータを取り出すことがでいました。

バックアップバッテリーが劣化し、時計がズレて


起動時エラーメセージを出していたため、ついでに交換。

ハードディスクを新品に交換し、システムを修復して正常起動。

データも使用環境も丸ごと残して、修理完了となりました。


Lenovo B590 20206 電源が入らない

仙台市のお客様から『電源が入らない』とお持ち込みいただきました。

使用中に突然電源が切れてしまい、何のランプも点かないとのこと。

この機種、同様の症状での修理実績がたくさんありますが、

状況と過去の例から、電源回路に問題がある可能性が高いと

説明してお預かりしました。

分解してメインボードを調べると、やはり電源回路がショート。


不良部品を見つけて交換しましたが、

念のために同回路の同じ部品も10個ほど交換。


そうしないと、1個交換して電源入れた瞬間に他の箇所が… 

ということも過去にありました。

組み上げて、電源が入りWindowsの起動も各動作も正常であることを

確認し、修理完了となりました。


Lenovo YOGA Book Bitlockerのセキュリティ表示

お預かりした機種は、Lenovo YOGA Book YB1-X91F Type ZA15。

『最初はWindowsアップデートができない状態だったが、今はBitlockerのセキュリティ表示になっている。自分で設定した記憶もないし、思い当たるパスワードを入力してもエラーになる。』とお持ち込みいただきました。

自分で設定した記憶はないのに何故か設定されてしまう…という問題、度々ご相談いただいています。

そして、リカバリ領域も使用できなくなることがほとんど。

他に方法がないので、クリーンインストールを実施。


タブレットタイプのパソコンなので、ドライバがインストールされるまでマウスを接続しないと何の操作もできません。

当たっていないデバイスドライバをインストールし、認証されていることを確認。


一通りの動作点検を行って、修理完了となりました。


Lenovo G50-70 20351 起動しない

Lenovo G50-70 20351
2014年発売、15.6インチ液晶のLenovoノートパソコン。
構成はいろいろだったようですが、お預かりしたものは第4世代のCore i3、Windows8.1を搭載していました。

名取市のお客様から『Windowsが起動しない』とお持ち込みいただきました。
電源は入りますが【lenovo】ロゴは表示されず、よく見ると液晶上部から薄い横線が下に向かってゆっくり移動していき、その繰り返しでした。
一見液晶パネルの不具合のようにも見えますが、状況から「マザーボードのトラブルの可能性が高い」とご説明して、お預かり。

Windowsのシステムが入っているハードディスクにアクセスするより前の問題なので、いつも通りにメモリ接触不良等を確認しましたが、いずれも異常なし。
各部の電源電圧も確認し、疑いの眼差しはBIOSへ。

メインボードに実装されているEEPROMを取り外し、16進数のBIOSプログラムを解析。
正しいデータに書き換えて、メインボードに実装し直して電源を入れると、液晶画面に「ブートデバイスが無い」メッセージが表示されました。
ハードディスクを取り付けていないので当然のメッセージですが、これが表示されるということはBIOSが正常に動作した証。

ハードディスクを取り付けて組み上げると、正常にWindowsが起動しました。

他には特に異常なく、エージングテストを行って修理完了となりました。



Lenovo B590 20206 電源が入らない

Lenovo B590 20206
2013年発売、レノボのベーシックノートパソコン。

『電源が入らなくなった』と、岩手県のお客様から宅配便でお送りいただきました。
電源が入らないPCの修理は数多く承っていますが、この機種もよくご依頼いただきます。

まず、ACアダプタの電圧を確認しましたが、電圧は正常。
分解して、電源スイッチ回路に電圧が来ていないことと、さらに電源スイッチの動作も確認。
メインボードを取り外し、電源の20Vラインを調べるとショートしていました。
いつもは不良部品を特定するのにやや時間が掛かりますが、今回は黒く焦げているチップ部品がありました。
焦げているということは熱を持った証拠なので、これが怪しい!

ハンダごてで部品を取り外すと、やはり部品自体でショートしており、代わりにメインボードの20V回路のショートはなくなりました。
焦げていたパターンも修正し、新品の部品を取り付け。
同じ回路に入っている同じ部品も信頼できないので、この機種で過去に交換したことのある数箇所を、念のため交換。

ACアダプタを繋いで電源を入れると、【Lenovo】のロゴが表示されました。
他には問題なく、エージングテストを行って、修理完了。

代金引換の宅配便で、お客様の元へ発送いたしました。



Lenovo B590 20208 充電できない

Lenovo B590 20208
2013年発売、15.6インチ液晶のLenovo ノートパソコン。
CPUはIvyBridge世代のCore i5を搭載しており、メモリも4G載っているので標準的な構成ですね。OSはWindows7がインストールされていました。

昨日に続いて充電できないシリーズですが…
『充電が出来なくなった』ということで、富谷市にお住まいのお客様からお持ち込みでの修理依頼がありました。
突然壊れて使えなくなるのも困りますが、充電できないと、使えなくなるまでカウントダウンされているようでちょっとドキドキします。

パソコンを机から落してしまったそうで、ちょうどDCジャック付近のボトムケースにヒビが入っており、DCジャック内部の樹脂が取れていました。
ACアダプタを接続したままの落下だったようです。

ACアダプタ側は無事ですが、DCジャックの交換が必要ですね。
分解し、部品の形状を確認して新しいものに交換。
一般的なパソコンと分解方法は同じなので、特に悩むところはありませんでした。

光学ドライブが、ディスクの読み込みに非常に時間がかかったり、読み込めなかったりと動作が怪しかったので、お客様に連絡して新しいものに交換。
エージングテストを行い、修理完了となりました。



Lenovo G510 20238 画面に何も表示されない

Lenovo G510 20238
レノボのベーシックノートパソコン。
購入時に仕様選択ができるモデルで、今回お預かりしたものは第4世代Core i3のCPUを搭載していました。

『電源を入れても画面に何も表示されない』と、塩釜市のお客様からお持込みいただきました。
『他の修理屋さんに持っていったら、「CPUが悪いようだから直らない。中古PCを買った方が良い。」と言われたけど、大事な仕事のデータが入っているので、何としても直したい』とのこと。

このシリーズはハードディスクのアクセスLEDがありません。
画面が映らないと動作しているかどうか良くわかりませんが、わずかに聞こえるHDDの動作音から起動している可能性を考え、外部モニタを接続するとWindowsのデスクトップが表示されました。
起動していないのではなく、画面の表示が出ないだけの様子。
起動した画面をご覧になり、かなり安心されたようでした。
データや環境ははこのままで修理できることをお話して、お預かり。

この症状、液晶パネルか接続ケーブルのどちらかに原因があることが多く、稀にメインボードの表示出力回路に異常があることもあります。
調べてみたところ、今回は液晶ケーブルの異常。部品は在庫にありました。

交換するにはメインボードも分解する必要がありますが、ケーブルを交換して電源を入れると【Lenovo】のロゴが表示されました。
ハードディスクにも不良セクタが発生していましたので、合わせて交換。
Windowsアップデートを実施して、修理完了となりました。



Lenovo B590 20206 ファンが回っていないようで熱くなる

Lenovo B590 20206
2013年発売、Celeron CPUを搭載したレノボのベーシックノートパソコン。

仙台市泉区のお客様から『ファンが回っていないようで熱くなる』とお持ち込みいただきました。
受付で確認すると、ファンが回っている音は微かに聞こえますが、排気の風が出ているようには感じませんでした。

お預かり後に分解して確認すると、ホコリがギッシリ詰まっていました。
そのままの状態で電源を入れてみると、ファンは正常に回っているものの、ホコリが邪魔をして風が外へ出ていない様子。
ファン・ヒートシンクを取り外して念入りに清掃し、合わせてCPUの熱伝導グリスも塗り直し。
組み立てて電源を入れると、排熱用のフィンから風が抜けるようになり、負荷を掛けてもファンの異音はありませんでした。

動作確認を行うと、OSがWindows10の64bitでしたが、メモリは2GB。
2GBでは立ち上げただけほとんどが使われてしまい、アプリケーションを立ち上げると不足してしまい、動作はかなり遅い状態。
お客様へ状況を説明したところ、『ファンの交換が必要と考えていたので、その予算でメモリを追加してほしい』とのこと。
4GBにすると、格段に早く動くようになりました。



1 / 41234

 

アクセス・営業日

アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。
駐車場も完備です。

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10~19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090

ご来店用アクセスマップはこちら>>


↑ PAGE TOP