【 電話診断無料のパソコン修理専門店【仙台のパソコン修理専門店】 】

お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

Lenovo G50-70 20351 起動しない

Lenovo G50-70 20351
2014年発売、15.6インチ液晶のLenovoノートパソコン。
構成はいろいろだったようですが、お預かりしたものは第4世代のCore i3、Windows8.1を搭載していました。

名取市のお客様から『Windowsが起動しない』とお持ち込みいただきました。
電源は入りますが【lenovo】ロゴは表示されず、よく見ると液晶上部から薄い横線が下に向かってゆっくり移動していき、その繰り返しでした。
一見液晶パネルの不具合のようにも見えますが、状況から「マザーボードのトラブルの可能性が高い」とご説明して、お預かり。

Windowsのシステムが入っているハードディスクにアクセスするより前の問題なので、いつも通りにメモリ接触不良等を確認しましたが、いずれも異常なし。
各部の電源電圧も確認し、疑いの眼差しはBIOSへ。

メインボードに実装されているEEPROMを取り外し、16進数のBIOSプログラムを解析。
正しいデータに書き換えて、メインボードに実装し直して電源を入れると、液晶画面に「ブートデバイスが無い」メッセージが表示されました。
ハードディスクを取り付けていないので当然のメッセージですが、これが表示されるということはBIOSが正常に動作した証。

ハードディスクを取り付けて組み上げると、正常にWindowsが起動しました。

他には特に異常なく、エージングテストを行って修理完了となりました。



Lenovo B590 20206 電源が入らない

Lenovo B590 20206
2013年発売、レノボのベーシックノートパソコン。

『電源が入らなくなった』と、岩手県のお客様から宅配便でお送りいただきました。
電源が入らないPCの修理は数多く承っていますが、この機種もよくご依頼いただきます。

まず、ACアダプタの電圧を確認しましたが、電圧は正常。
分解して、電源スイッチ回路に電圧が来ていないことと、さらに電源スイッチの動作も確認。
メインボードを取り外し、電源の20Vラインを調べるとショートしていました。
いつもは不良部品を特定するのにやや時間が掛かりますが、今回は黒く焦げているチップ部品がありました。
焦げているということは熱を持った証拠なので、これが怪しい!

ハンダごてで部品を取り外すと、やはり部品自体でショートしており、代わりにメインボードの20V回路のショートはなくなりました。
焦げていたパターンも修正し、新品の部品を取り付け。
同じ回路に入っている同じ部品も信頼できないので、この機種で過去に交換したことのある数箇所を、念のため交換。

ACアダプタを繋いで電源を入れると、【Lenovo】のロゴが表示されました。
他には問題なく、エージングテストを行って、修理完了。

代金引換の宅配便で、お客様の元へ発送いたしました。



Lenovo B590 20208 充電できない

Lenovo B590 20208
2013年発売、15.6インチ液晶のLenovo ノートパソコン。
CPUはIvyBridge世代のCore i5を搭載しており、メモリも4G載っているので標準的な構成ですね。OSはWindows7がインストールされていました。

昨日に続いて充電できないシリーズですが…
『充電が出来なくなった』ということで、富谷市にお住まいのお客様からお持ち込みでの修理依頼がありました。
突然壊れて使えなくなるのも困りますが、充電できないと、使えなくなるまでカウントダウンされているようでちょっとドキドキします。

パソコンを机から落してしまったそうで、ちょうどDCジャック付近のボトムケースにヒビが入っており、DCジャック内部の樹脂が取れていました。
ACアダプタを接続したままの落下だったようです。

ACアダプタ側は無事ですが、DCジャックの交換が必要ですね。
分解し、部品の形状を確認して新しいものに交換。
一般的なパソコンと分解方法は同じなので、特に悩むところはありませんでした。

光学ドライブが、ディスクの読み込みに非常に時間がかかったり、読み込めなかったりと動作が怪しかったので、お客様に連絡して新しいものに交換。
エージングテストを行い、修理完了となりました。



Lenovo ThinkPad Edge E530 3259-AF8 電源が入らなくなった

Lenovo ThinkPad Edge E530 3259-AF8
2012年発売、レノボのベーシックノートパソコン。
CPUはCeleronが搭載されたWindows7です。

仙台市若林区の会社の方から、『電源が入らなくなった』とお持ち込みいただきました。

このシリーズのパソコンは、同様の症状で頻繁に修理を行っています。
「電源回路の問題の可能性が高い」と説明すると、過去ブログをご覧になってお持ちいただいたそうでそうで、同じだろうと思ったとのこと。

お預かりして分解すると、予想通り電源回路でショートしていました。
壊れる箇所が決まっているわけではないので、毎回のことながら不良部品を探すのですが、今回は比較的早く発見。
チップ部品を交換し、ショートがなくなったことを確認して電源を入れると、【Lenovo】のロゴが表示されました。

全体を組み上げ、動作点検。
他には異常なく、翌日までエージングを行って異常がないことを確認し、修理完了となりました。

会社内に同じ機種が複数台あるそうなので、他でも同様になる可能性があります。
特急修理するとしても仕事は一時停止してしまうので、重要データはバックアップして万が一の事態に備えておいた方がいいですね。



Lenovo G510 20238 画面に何も表示されない

Lenovo G510 20238
レノボのベーシックノートパソコン。
購入時に仕様選択ができるモデルで、今回お預かりしたものは第4世代Core i3のCPUを搭載していました。

『電源を入れても画面に何も表示されない』と、塩釜市のお客様からお持込みいただきました。
『他の修理屋さんに持っていったら、「CPUが悪いようだから直らない。中古PCを買った方が良い。」と言われたけど、大事な仕事のデータが入っているので、何としても直したい』とのこと。

このシリーズはハードディスクのアクセスLEDがありません。
画面が映らないと動作しているかどうか良くわかりませんが、わずかに聞こえるHDDの動作音から起動している可能性を考え、外部モニタを接続するとWindowsのデスクトップが表示されました。
起動していないのではなく、画面の表示が出ないだけの様子。
起動した画面をご覧になり、かなり安心されたようでした。
データや環境ははこのままで修理できることをお話して、お預かり。

この症状、液晶パネルか接続ケーブルのどちらかに原因があることが多く、稀にメインボードの表示出力回路に異常があることもあります。
調べてみたところ、今回は液晶ケーブルの異常。部品は在庫にありました。

交換するにはメインボードも分解する必要がありますが、ケーブルを交換して電源を入れると【Lenovo】のロゴが表示されました。
ハードディスクにも不良セクタが発生していましたので、合わせて交換。
Windowsアップデートを実施して、修理完了となりました。



Lenovo B590 20206 ファンが回っていないようで熱くなる

Lenovo B590 20206
2013年発売、Celeron CPUを搭載したレノボのベーシックノートパソコン。

仙台市泉区のお客様から『ファンが回っていないようで熱くなる』とお持ち込みいただきました。
受付で確認すると、ファンが回っている音は微かに聞こえますが、排気の風が出ているようには感じませんでした。

お預かり後に分解して確認すると、ホコリがギッシリ詰まっていました。
そのままの状態で電源を入れてみると、ファンは正常に回っているものの、ホコリが邪魔をして風が外へ出ていない様子。
ファン・ヒートシンクを取り外して念入りに清掃し、合わせてCPUの熱伝導グリスも塗り直し。
組み立てて電源を入れると、排熱用のフィンから風が抜けるようになり、負荷を掛けてもファンの異音はありませんでした。

動作確認を行うと、OSがWindows10の64bitでしたが、メモリは2GB。
2GBでは立ち上げただけほとんどが使われてしまい、アプリケーションを立ち上げると不足してしまい、動作はかなり遅い状態。
お客様へ状況を説明したところ、『ファンの交換が必要と考えていたので、その予算でメモリを追加してほしい』とのこと。
4GBにすると、格段に早く動くようになりました。



Lenovo ThinkCentre M73Z ブルースクリーンが出る

Lenovo ThinkCentre M73Z
2015年に発売された、液晶一体型デスクトップパソコン。
パッと見パソコンではなく、液晶モニタに見えるデザインが特徴的ですね。
通常の液晶一体型は、スタンドで角度調整が出来るだけですが、この機種は高さも調整可能です。

『ブルースクリーンが出る』ということで、富谷市にお住まいのお客様からお持ち込みでのご相談がありました。
Windows起動中に出るのではなく、デスクトップが表示された数秒後にブルースクリーンが出て、パソコンが再起動してしまうという症状。
このような状態だとハードディスク障害などの機械的なトラブルというより、システム的な問題である可能性が高いですね。

ハードディスクを取り外して調べてみても、やはり異常なし。
セーフモードでは電源が落ちないことが判明いたしましたので、エラーコードを頼りに問題のプログラムを探します。

原因は、特定のドライバが原因でした。
最近入ったWindowsの更新プログラムと競合していたようです。
ドライバを修正し、最新版へアップデート。

これでもう通常起動でもブルースクリーンが出ることは無くなりました。
初期化の必要はなかったので、データや設定もそのままでお引き渡しいたしました。



Lenovo Ideapad 320-151AP キーボード入力できない

Lenovo Ideapad 320-151AP
CPUがCeleronでWindows10を標準搭載した、Lenovo ベーシックノートパソコン。

『起動するが、キーボード入力を全く受け付けなくなった』と、名取市のお客様からお持込みいただきました。
受付で確認すると、起動してログイン画面まで順調に進みましたが、パスワードの入力ができないためログインできず。

このパソコンは本体内にバッテリが内蔵されており、底蓋を外さないと取りはずしができません。
ハードディスクを取り外すのも同様、底蓋を外す必要があります。

内部点検のため分解すると、マザーボードの端にビスが1本転がっていました。
バッテリはビス4本で固定されるようになっていますが、止まっているのは2本のみ。
どうやらバッテリの固定ビスが外れ、転がっていたようです。
もう1本転がっていないか念入りに探しましたが、見当たりません。

キーボードのコネクタが正常に接続されているのを確認して組戻し、Windowsを起動させて動作確認すると、今度は正常にキー入力できました。
何度も確認しましたが、キーボード自体は問題ないようで、転がっていたビスがどこかに接触して動作不良を起こしていた可能性が考えられます。

Windows10のアップデートが溜まっていたので、テストを兼ねて1晩かけてアップデートを行い、異常ないことを確認して修理完了です。
お客様に確認すると、当然底蓋など開けたことがないそうですので、製造時からの問題だった可能性が高そうです。



Lenovo G570-4334 有線LANで接続できない

Lenovo G570-4334
第2世代のcore i5を搭載したLenovoのノートパソコン。
Windows7のパソコンですが、安定しておりまだまだ現役で使用できるパソコンです。

『有線でLANが接続できない』と、仙台市若林区のお客様からお持ち込みいただきました。
受付で確認するとLANのデバイスドライバが当たっておらず、他にもドライバが当たっていない不明なデバイスがありました。

お預かりして調べると、ハードディスクにはエラーもなく使用時間もさほどではありません。
メモリテストや他の確認を行っても異常なく、ソフト上だけの問題のよう。

この機種用の有線LANドライバをインストールしてみると、以前のものが残っていたようで、修正するか上書きするか聞いてきました。
修正してインストールすると正常に当たり、有線LANの接続ができるようになりました。

もう一つ当たっていなかったドライバは、インテルのチップセット関連のもの。
ドライバを探してインストール。
今回の症状の原因ははっきりしませんが、Windowsアップデートに関連する問題が幾つか起こっているため、それらが関係した可能性も考えられます。
動作の確認とWindowsアップデートを実施して問題ないことを確認し、修理完了となりました。



Lenovo Ideapad 300-15IBR Windowsが起動せず白い英文字

Lenovo Ideapad 300-15IBR
2016年発売のLenovo ノートパソコン。
Windows10がインストールされているモデルです。

『ウインドウズが起動せず、白い英文字で何かが表示されている』と、仙台市のお隣 富谷市のお客様からお持ち込みいただきました。
受付で確認すると、「起動するメディアが無い」という意味の表示でした。
ハードディスクを読みに行かないようです。

この機種、ハードディスクが容易に取り出せません。バッテリを外すのも一苦労です。
問題のハードディスクですが、接続するとモータは回っているようですが、認識はしてくれません。
専用機でコピーを試みても、エラーを起こして進まず。
完全にハードディスクが壊れたようで、残念ながら保存データも取り出すことができませんでした。

新品のハードディスクを取り付け、Windows10の再インストール。
動作テストをして他に異常がないことを確認し、アップデートを実施。
Officeは、インストール後にマイクロソフトアカウントでログインしないと最終的な認証が完了しませんので、受け取りにいらっしゃった時にID・パスワードを入力していただき、認証完了しました。
お預かりから2日でお返しする事ができ、『早く直って良かった』と笑顔で言葉をかけていただきました。



1 / 1212345...最後 »

アーカイブ

▼▼▼
お見積り・お問い合せはこちらから
▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト

アクセス

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10〜19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090


お得なキャンペーン
レンタルパソコン
アップグレード
修理依頼書ダウンロード
初期化しちゃう?ちょっと待って

無料見積もりはこちら

特急修理

来店予約

土日祝日も営業中

修理依頼書ダウンロード

メールはこちら

パソコン修理ブログ

ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。 泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

アクセスマップ

FAX

 キャンペーン一覧

レンタルパソコン

学生割引

リピーター割

同時に2台修理

リカバリディスク無料作成

返却時の送料無料

代引き手数料無料

買取対応

Windows VistaまたはXPからWindwos7へアップグレード

Windwos7 中古パソコン販売

 修理オプション一覧

Windwos7 中古パソコン販売

 今月の定休日

定休日はありません
土日祝日も営業中(10~19時)!
お急ぎの方はお電話ください。
022-771-2090
来店予約の連絡も不要です。

東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号

↑ PAGE TOP