【 電話診断無料の仙台のパソコン修理専門店 】

パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊 お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

Apple Mac mini (Mid 2011) OSが起動しない

富谷市にお住まいのお客様から『OSが起動しない』と、お持ち込みでの修理依頼がありました。

電源を入れると起動音が鳴り、読込中を示すプログレスバーも表示されますが、いつまで待ってもOSが起動しません。

ハードディスクに障害が発生している可能性があります。

小さな筐体の中に各部品がきっちりと詰め込まれているため、ハードディスクを取り外すのも取り付けるのも苦労します。


調べてみると、やはり不良セクタが発生していました。

発売から年数が経っていますので、壊れてもおかしくないですね。

どうせハードディスクの交換が必要なら…ということで、より高速なSSDに換装することに。

OSを再インストールし、快適に動作することを確認して修理完了となりました。


Apple MacBook Pro (13-inch, Late 2011) 起動に時間が掛かる

『電源を入れてからデスクトップが表示されるまで、時間が掛ってしまう』ということで、仙台市にお住まいのお客様からお持ち込みで修理相談がありました。

実際に確認してみると、プログレスバーが表示されているのですが、その進行が遅く、なかなかデスクトップ画面が表示されません。


2011年のモデルなのでハードディスクに障害が発生している可能性を考えて調べてみましたが、ハードディスクはいたって健康な状態でした。

何か不具合があるということではなく、パソコンの性能に対してOSが重いという感じ。

推奨されるままアップグレードを繰り返して起きてしまった問題のようです。

標準のOSに初期化したところ、起動に時間が掛かることは無くなりましたが、『せっかくなのでもっと速くしたい』とのご要望で、SSDに換装することになりました。


WindowsでもMacでも、SSDにすると明らかに速くなるので、作業していても気持ちが良いですね。


Apple MacBook Air (13-inch, Early 2015)  水をこぼして充電出来ない 起動しない

仙台市のお隣、利府町のお客様から

お持ち込みいただきました。


お子様が水をこぼして、

充電出来なくなったとのこと。


バッテリの残量分は使用できた

そうですが、ACアダプタを付けても

充電できず、起動不可…。


他の修理店に持っていき

見積ってもらったところ、

ロジックボード含めて

ほとんどの部品を交換するため、

10万円以上かかると言われたそうです。


水をこぼした直後であれば

まだ良いのですが、

数日経過していると

腐食が進んでいることも考えられます。


とりあえずお預かりし、

ボトムカバーを開けてロジックボードを

確認すると、


確かに何箇所も水がかかった形跡があり、

腐食している部分もありました。


水のかかった箇所を薬品で洗浄し、

組み立て。


ACアダプタを繋ぎ、

期待を込めて電源を入れると、

特有の起動音の後、リンゴマークが表れました。



バッテリとSSDを組み込んで、

充電・OSの起動を確認。

幸いなことに他には不具合なく、

分解・洗浄のみで修理完了となりました。



Apple Macbook Air A1370 (11-inch, Mid 2011) 立ち上がらない

『OSをアップデート中にエラーメッセージが出て、

その後OSが立ち上がらなくなった』と仙台市内の方からお持ち込みいただきました。

お預かりして確認すると、内部のSSDがエラーを起こしていました。

ユーザーデータは復旧可能だったので、すぐさまバックアップ。

元のSSDは128GBですが、空き容量が少なくなっていたことも

気にされていらっしゃいましたので、240GBの専用SSDに交換しました。

新しいSSDにOSをインストールし、ユーザデータをコピーして修理完了です。




Apple iMac 27inch Mid2010 起動途中で止まる

Apple iMac 27inch Mid2010
2010年にAppleから発売された、液晶一体型のデスクトップパソコン。
27インチの液晶を搭載していますので、筐体もかなり大きいです。
頻繁に持ち運ぶようなものでもないですが、重量もかなりあります。
CPUはCore i5で、グラフィックボードはRadeon HD5750を搭載、ハードディスクは1TBのものが使用されていました。

仙台市内にお住まいのリピーターさんからの修理ご依頼。以前もMacと、Windowsマシンも修理いたしました。
今回は、OS起動途中のプログレスバーが半分ほどのところで止まってしまい、いくら待っても起動しません。

状況から、ハードディスクの障害が考えられます。
マグネットで固定されているガラスパネルを、吸盤を使って取り外し、液晶を持ち上げてハードディスクを取り出します。
検査したところ、やはりエラーが出ていたので新しいハードディスクに交換。
データやアプリケーション、設定等はそのまま残すことができました。

スロットイン式の光学ドライブにディスクが入らないことに気づき、分解してみたところ、ガイドがレールから外れてしまって動かなくなっていました。
ドライブの交換は必要なく、修正した後は問題なく動作しています。

内側の埃も気になったので、エアーコンプレッサーで掃除して、修理完了となりました。



Apple Macbook Air A1465 mid2012 ビープ音が鳴り起動しない

Apple Macbook Air A1465 mid2012
2012年発売、Apple Macbook Air。
やはりこのシリーズは薄くてカッコイイですね。
大きさは11インチなので、持ち運びにも便利です。
CPUはCore i5でメモリは4GB搭載されていました。両方ともロジックボードに実装されており、換装は出来ないので、購入時は慎重に判断しなければなりません。

『電源は入るが、ビープ音が3回鳴って起動しない』と、仙台市内にお住まいの方からメールにてご相談いただき、お持込みいただきました。
実際に確認してみると、電源を入れてもビープ音は鳴らず、ファンだけが回っている状態でした。
『昨日までビープ音が鳴っていたのですが…』とおっしゃっていたので、症状が変化しているようです。

ボトムカバーを外すと、ロジックボードやSSD・バッテリが見えますが、特に見た目では問題なさそうでした。
さらにロジックボードを取り外して裏側を確認したら、メモリの横に腐食箇所がありました。
その箇所以外は特に液掛りの形跡はなく、お客様も『何かをこぼした記憶は無い』とのこと。
不思議な感じですが、結露でもしてしまったのでしょうか。

チップ部品をロジックボードから外し、薬品で洗浄。
幸いなことに、洗浄後は正常に起動することを確認しました。
負荷テストを行い、長時間エージングしても問題は無かったので、これで修理完了となりました。



iMac Summer 2001 メモリ不足になる

iMac Summer 2001
初代iMac です。
今の液晶タイプのiMacと違い、CRTのモニター内にパソコンを組み込んだような構造になっています。
このiMacはいろいろな色がありますが、今回のご依頼の物はシンプルな白のタイプ。
もちろんOSもOSXではなく、OS9を搭載しています。

ご依頼内容は『PhotoShopを開こうとするとメモリ不足になる』というもの。
メモリ不足なのかと思って、中古のメモリを手に入れてご自分で交換したそうですが、動作が固まってうまく動かなかったとのこと。

お預かりして確認すると、OSの起動は正常でした。
分解してハードディスクを取り出し、検査してみても特に問題はない様子。
メモリのエラーもありませんでした。

問題となっているphotoshopを開くと、特に問題なく起動しました。
お客様へ確認すると、『大きなファイルを開くとエラーが出る』ということだったので、指定されたファイルを開いてみると確かにメモリ不足の表示。

OS9ではアプリケーションごとに使用メモリの設定を行えるのですが、この設定量が少ないとエラーが出ることがあります。
使用メモリの設定を変えることで、無事起動できるようになりました。

せっかくなのでお様がお持ちになったメモリを、接点をクリーニングして取り付け。
この機種のメモリ最大搭載量の1GBにしました。
メモリテストを行うと特にエラーは出ませんでしたが、接点が汚れていましたので、お客様が試した時は接触不良を起こしていた可能性があります。

また、内蔵のバッテリが消耗し、電源を落とすと日付と時計がリセットされていましたので、部品を手配して交換。
内部に埃がたまっていましたので、内部を清掃。

各部動作点検を行い、修理完了です。



MacBook Pro A1502 Early2015 Retina ビールをこぼした

MacBook Pro A1502 Early2015 Retina
2015年に発売されたMacbook Proシリーズ。
液晶は13インチのRetinaディスプレイが搭載されています。CPUはCore i5でメモリは8GBですね。

『ビールをこぼしてしまった』ということで、仙台市太白区にお住まいのお客様からメールでお問い合わせいただき、実際にお持ち込みいただきました。
ディスプレイを閉じた状態で背面から掛けてしまったので、内部に液体が入ったかもしれないとのこと。
キーボードの入力が怪しく、パスワードを入力してもログインできない状態でした。
水濡れは時間が勝負なので、とにかくすぐにお預かりし、ボトムケースを外して確認することに。

やはり背面から放射状に液体が飛び散った跡がありました。
それも結構広範囲です。

ロジックボード両面やキーボードのコネクタ、トラックパッドボード、バッテリー基盤まで腐食が始まっていました。
外れる部品は全て取り外し、腐食個所を薬品で洗浄。

想像以上に広範囲だったので、作業完了まで時間が掛ってしまいました。
洗浄後は通常通りログイン出来て、問題なく動作していましたので修理完了となりました。



MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015) Windows10とのデュアルブート

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)

『MacでWindows10とのデュアルブートにしたい』とのご希望で、岩手県のお客様からお預かりしました。
ご自分でいろいろやってみたそうですが、うまくデュアルブートにならないため弊社にご依頼いただきました。

MacBook Pro はハードディスクではなく専用のSSDを使用しているため、いつもやっているコピーは難しいので、万一を考えてTime machineを使って外部ドライブへシステムのバックアップを確保。
Bootcampを使用してWindows用の領域確保とフォーマットを行いますが、お客様自身で既に領域確保は行っていたので、その領域にWindows10をインストールします。

領域を指定してインストールを開始すると、正常に動作して見慣れたWindows10のインストール画面が表れました。
そのまま進めると、Windows10のインストールが完了して再起動。

Windowsのドライバを確認すると、全部のドライバがも正常に当たっていました。
各部の動作点検でも異常なく、正常にインストールされた様子。
Windows10のプロダクトキーを入力し、認証を確認してインストール完了です。

取りにいらっしゃったお客様も、MacとWindowsの切り替えの状況を見て感心されていました。



Apple MacBook Pro 15inch Late2011 電源が入らない

Apple MacBook Pro 15inch Late2011
2011年発売の15.4インチ液晶搭載、AppleのMacBook Pro。
CPUはIntelのCore i7で、GPUにはAMDのRadeonシリーズが搭載されています。

『電源が入らなくなった』ということで、神奈川県にお住まいのお客様から宅配便で修理の依頼がありました。
使用中に突然電源が切れ、そのまま入らなくなってしまたそうです。
この機種は画面表示が乱れる・画面に何も映らない等の問題でリコールの対象製品でしたので、過去(昨年?)にAppleでロジックボードを交換しているようでした。

電源コード側のランプは点灯しているので、ロジックボードの電源回路の異常かも…
ボトムケース側から分解していきます。

今回のMacbook Proはご自身でHDDからSSDへ換装されていました。ここまでは比較的簡単なので、SSDへ換装されてる方は多いですね。
様々な形状のケーブルが接続されているので、断線に注意しながらロジックボードを取り外し。

電源回路上でショート反応がありましたので、不良部品を突き止めて修復を行ったところ、電源が入るようになりました。
その部品の単純な不良なのか、他に問題があるのかはっきりしないため、しばらく負荷をかけてエージングテスト。
安定して動作しているので、部品自体の不良だろうと判断し、修理完了となりました。

この頃のMacBook Proはデザインもメンテナンス性もいいため、まだまだ大事に使いたいとおっしゃっていました。
dav



1 / 212

 

アクセス・営業日

アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。
駐車場も完備です。

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10~19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090

ご来店用アクセスマップはこちら>>


↑ PAGE TOP