【 電話診断無料の仙台のパソコン修理専門店 】

パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊 お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

Let’s noteの修理



当店はマザーボード修復やレッツノートの修理が得意です。
ここに記載していない機種・内容でも修理対応可能です。
お気軽にお問合せください。
022-771-2090



■液晶画面の割れ

レッツノートはモバイル用途での使用が多いため、ご依頼いただく内容も液晶パネル破損が多いです。

頑丈と言われるレッツノートですが、天板側から強い衝撃が加わったり、モノを挟んで液晶を閉じてしまったりすると、他のパソコンと同じように液晶パネルが破損してしまいます。
パネルが割れて黒くなっているなど、見た目ですぐにわかるものだけでなく、縦・横に線が入ってしまったり、表示が乱れる・一部が表示されないなどの場合も液晶パネルの交換が必要です。

また、破損が明らかであればパネルの交換が必要と判断できますが、表示がまったく出ない・乱れる、バックライトが点灯しないなどの症状の場合、液晶パネル側ではなくマザーボードや接続しているケーブルが原因となっていることもあります。
このような場合はお預かりさせていただければ、実際に内部を確認して原因を特定してからお見積りいたします。
お見積りの結果、修理されない場合でも診断料・見積り手数料はいただいておりません。

液晶パネル交換の場合、ハードディスク・SSDには関係のない修理ですので、保存されているデータや設定は元のままで修理可能です。

ちなみに、大学生協や販売元オリジナルモデル等、同じシリーズでも解像度等の仕様が異なることがあります。
例えば、CF-LX3は14インチ(1600×900)が一般的ですが、キャンパスモデルはタッチパネル付きの13.3インチ(1366×768)だったり、CF-SX1・SX2で筐体サイズは同じなのに12.1インチと11.6インチが存在したりしています。

【修理実績】
CF-SZシリーズ 液晶パネル交換 
CF-SXシリーズ 液晶パネル交換 
CF-S9、S10シリーズ 液晶パネル交換 
CF-LX、Wシリーズ 液晶パネル交換
 
【修理期間】2~3日



■CPUファン

・本体が熱くなる
・排気口からの風量が弱くなった
・カラカラ、ガラガラ、カサカサ等の異音が聞こえる

このような症状は、CPUクーリングファンの交換が必要です。

ノートパソコンは小さい筐体の中に部品が詰まっているため、レッツノートに限らず放熱が弱くホコリも溜まりやすいです。
できれば定期的に内部清掃したいところですが、使用に支障がないとなかなか気が回りません。

放熱用のヒートシンクとCPUの間にグリスや放熱シートが挟まっており、より効率良く放熱できるように設計されているのですが、数年使うとグリス・放熱シートが乾いて硬化してしまいます。
以前よりもキーボードやパームレストが熱くなるようになったとか、内部から異音が聞こえるようになった場合、内部清掃やファン交換が必要なサインです。

レッツノートは、ファンに異物が挟まってしまったり、ファン自体が故障して回転が止まってしまっても「ファンエラー」を表示しません。
ファンが回転しないとか、ホコリが詰まって放熱できないなどの時は、CPUが高温になり、保護のために電源が落ちて(熱暴走)しまいます。
使用中に勝手に電源が切れてしまうようになった場合は、すぐに修理をご依頼ください。

CPUクーリングファンはヒートシンクごとの交換になりますので、放熱グリス・放熱シートも合わせて交換しています。

【修理実績】
CF-AXシリーズ CPUファン交換
CF-SXシリーズ CPUファン交換
CF-S9、S10シリーズ CPUファン交換
CF-W、F、Tシリーズ CPUファン交換
 
【修理期間】2~3日



■キーボード

キーボードに関する修理依頼で多いのは、

・キーボードに飲み物をこぼしてしまった
・部品が外れてしまった
・キーが入力出来ない
・勝手に入力される  …などです。

『自分でキートップを外して掃除しようとしたら壊してしまった』というご依頼もありました。
大切に使われている方も多いので、『使用に支障ないけど、キーの摩耗やテカリが気になるので新しいキーボードに交換したい』というご依頼も。

『キートップが外れた』という修理依頼の場合でも、よく見てみるとパンタグラフを固定するキーボード側のツメが破損・変形していたり、シリコンゴムが破損していることが多いです。
修正ができない場合はキーボード全体の交換になります。

飲み物をこぼしてしまった場合、キーボードの内部にまで入り込んでしまうので、乾かして済むことはほとんどありません。
最初は良くても、後々固着してしまったり、キー入力できない、同じキーが連打されるなどの症状が出てしまいます。

飲み物などをこぼしたとき、キーボードは交換すれば良いですが、内部に浸水して基盤が腐食してしまうと厄介です。
そんなときの対処法で、「逆さにする」とか「風通しの良い場所で…」など見聞きしますが、内部に入り込んだものはそう簡単に乾かず、数日の間に腐食が進みます。
躊躇せず、一刻も早く修理業者に持ち込んだほうが賢明です。

ちなみにレッツノートは、キーボードからマザーボードへの浸水を防ぐシーリングやドレンホールがあるため、マザーボードまで腐食しているケースは多くはありませんが、
液体の量や浸水した箇所によってはこれらが役に立たないこともありますので、「一刻も早く…」は同じです。

キートップが外れただけで、破損や修正不能な変形がなければ、再取り付けで済みます。
また、キートップ・パンタグラフのみの破損で、同型の在庫があれば、単体での交換も可能です。

【修理実績】
レッツノート キーボード交換

【修理期間】2~3日



■電源スイッチ

電源スイッチは、レッツノートでは定番の故障です。
電源スイッチノブ(操作する白い部品)やスライドスイッチが破損して『電源が入らなくなった』というご依頼もありましたが、
ほとんどは『電源が入りづらい』『何度もスライドしないと入らない』というご依頼です。

マザーボードに取り付けられているスライドスイッチの接触不良ですが、スイッチ単体だけでの交換が可能です。
新品の純正部品に交換するので、数年は再発しません。

メーカーや他の修理店のように、電源スイッチの不良でマザーボードを交換することはありません。
また、スイッチを交換せずに取付位置を修正したり、洗浄しただけで修理完了とする業者さんもいるようですが、短期間で再発することが多いのでオススメしません。

このスイッチは、ある日突然接触不良を起こして電源が入らなくなる ということはないので、『使用中に電源が切れる』『急に電源が入らなくなった』という場合は、スイッチではなく他に原因があります。

そして…
不良の多いこのスライドスイッチ。すべて確認したわけではありませんが、残念なことに古い機種から最近の機種まで、同じスイッチが使われているようです。
S9・S10シリーズで多いイメージがありますが、AXシリーズやSXシリーズでも発生しています。

【修理実績】
CF-SX、NXシリーズ 電源スイッチ交換 
CS-S9、S10シリーズ 電源スイッチ交換 
CF-AX、B、T、W、Yシリーズ 電源スイッチ交換
 
【修理期間】2~3日



■無線LAN

電源スイッチと同じくスライドスイッチが使用されていますが、電源スイッチのようにバネで跳ね返るものではなく、ON・OFFの切り替えです。

・無線LANがONにできない
・何度もスライドしなければONにできない
・勝手にOFFになる
・インターネット接続が途切れる
とご依頼いただくケースが多いです。

無線LANスイッチがOFFになっていると、タスクバーの無線ネットワークアイコンに「×」が表示されますが、
スイッチがONになっているのに「×」の時は、無線LANモジュールが認識されていない可能性もあります。
原因がスイッチかモジュールかは、実際にマザーボード上でスイッチ回路の動作を確認しないと判断できません。

特にCF-S9・S10、N9・N10等ですが、スイッチだけでなく無線LANモジュールの不良も多発しています。

無線LANモジュール不良の症状は、

・無線ネットワークアイコンが「×」
・無線ネットワークアイコンが「!」
・インターネット接続が途切れる
・受信感度が変動する  …などです。

モジュールのコネクタ接触不良も多いので、状態が安定しないこともあります。
特に受信感度の変動は、親機が近いと不具合として現れないので、気付きにくいです。

【修理実績】
レッツノート 無線LAN 修理

【修理期間】2~3日



■ハードディスク

ハードディスクは消耗品です。
壊れる年数や使える時間が決まっているわけではなく、10年経っていても異常がないというものもありますが、いずれは壊れるものと思ってください。
普段使っていて動作がおかしいと思ったら、まずバックアップを取ることが重要です。

ハードディスクの故障と言っても、いろいろな症状が出ます。

・Windowsロゴで停止する
・自動修復やスタートアップ修復が失敗する
・再起動を繰り返す
・起動に時間がかかる
・以前と比べて動作が遅くなった
・フォルダが開けない
・使用中にフリーズする
・いつもと違う音がする
・「Reboot and Select proper Boot device」と表示される

起動しなくなっても中にはデータが残っていることが多いので、慌ててあれこれ試さないほうが賢明です。

ハードディスクが原因で起動しない・自動修復を繰り返すなどの症状になることが多いですが、OSがWindows10の場合は、どちらかというとOSのシステム不具合が原因になっているケースのほうが多いです。
数年使ったパソコンであれば、ハードディスクが劣化して不良セクタが発生したことが原因と考えられます。

ハードディスクを交換しなければならないときでも、損傷が軽微であればデータや設定も残したまま、元の環境で起動できます。
OSシステムの損傷が激しくて修復できず、リカバリしなければならない場合でも、保存してあるデータは抜き出せることがほとんどです。

ウィルススキャンやデフラグなどはハードディスクに負荷をかけてしまうことになり、特に不良セクタがある場合は状態を悪化させてしまう恐れがありますので、お勧めできません。

ちなみに、Windowsロゴで停止したり再起動を繰り返すというのは、Windowsのシステムファイルに不具合があるということであり、文書や写真などのユーザーデータは読み込んでいません。
ソフトウェア上の問題だけであればリカバリ(初期化)することで正常に起動しますが、そのまま実行すると保存しているデータや設定が消えてしまいます。
不良セクタが発生している状態でリカバリすると、ハードディスクの状態を悪化させ、リカバリ自体が成功したとしてもすぐに不具合を起こしたり、失敗することもあります。

『ハードディスクのアクセスランプは点滅するが、画面の表示が出ない』『電源が入らない』場合は、ハードディスク以外の故障である可能性が高いです。

【修理実績】
CF-SXシリーズ ハードディスク交換 
CF-LX、R、Wシリーズ ハードディスク交換

【修理期間】2~3日



■SSDに換装

SSDは、同じPCとは思えないくらい断然速くなり、ハードディスクのように駆動する部分がないので静かです。
ハードディスクは衝撃には弱いですが、SSDは衝撃に強いので、万が一落としてもデータが壊れることはほとんどありません。
消費電力も低くなるので、モバイル用のPCならバッテリが長持ちします。

・故障はしていないけど、HDDの容量が足りなくなってきたし、ついでに速くしたい
・モバイル用に使うので、振動や衝撃が気になる
・他のパソコンより動作が遅い
・環境を変えずに容量を増やしたい

このような理由から、SSD換装をご依頼いただきます。

他の修理でお預かりしたときに、ついでにSSD換装もご希望…ということも多いです。
起動している状態であれば、ハードディスクからSSDへデータやソフト・設定もそのまま移行してお使いいただけます。
元のHDDはその時点までのバックアップにもなりますので、トラブルに備えて保管しておくと安心です。

【修理実績】
レットノート SSD交換

【修理期間】2~3日



■マザーボード補修

レッツノートは、マザーボードの故障は比較的少ないほうです。
電源が入らなくなっても、すぐにマザーボード交換が必要と考える必要はありません。

<マザーボードの修理例>
・正常な電源アダプタを接続しても電源が入らない。バッテリ充電ランプも点灯しない。
 →マザーボード電源回路の異常、ショートしたチップ部品の交換で復旧。

・HDDアクセスランプ点滅するが表示が出ない。薄らとしか表示しない。
 →マザーボードの表示回路、バックライト回路の修復。

・Panasonicのロゴ表示が出て、すぐ電源が落ちた
 →マザーボード水濡れ腐食。広範囲ではなかったので部品を取り外して洗浄・修復でOK。


マザーボードに異常があると判断した場合、メーカーや他店ではマザーボード交換となりますが、当店ではマザーボード交換の前に基板修理できないかを試します。
当店でマザーボードを交換するのは、いろいろ試しても補修が困難と判断した場合のみ、最終手段です。

【修理実績】
CF-S9、S10 マザーボード修復
CF-SXシリーズ マザーボード修復

【修理期間】3日~1週間



■BIOS修復

マザーボードと同様、レッツノートのBIOS異常は少ないですが、ゼロではありません。

症状としては、

・電源ランプは点灯するが画面表示は何も出ない
・ロゴ表示が出ない

などですが、メモリに異常があっても同様になるので、しっかりと切り分けが必要です。

BIOSプログラムは、マザーボードに実装されている8ピンのフラットパッケージIC(SOP8)のEEPROMに格納されています。
S9、S10シリーズは取り外しやすい位置にありますが、SXシリーズは作業しにくいですし、当然リスクもありますので、
真っ先にBIOSを疑うことはなく、メモリ等に異常がないかなど確認し、「残る可能性はBIOS」となってから取り掛かります。

マザーボードから取り外し → 16進数データの読み込み → データの解析・修正 → 修正データをEEPROMに書き込み → マザーボードに再実装 という流れです。
BIOSパスワード解除のご依頼もありますが、流れは同じです。

稀にBIOSのEEPROM自体の不良ということもありますが、読み込み・書き込みのときの動きで判断できます。

電源を入れた後、HDDへのアクセスがあるのであれば、BIOSではなく液晶表示の故障です。

【修理実績】
レッツノート BIOS修正

【修理期間】3~5日



■ヒンジ交換・外装

購入価格が高いためか、大切に扱っていらっしゃる方が多いレッツノートですが、やはり持ち歩いて使用していると少しずつ傷んできますね。

画面を閉じてもパームレストと液晶ベゼルの間に隙間ができてしまい、ヒンジ部分をしっかりと押さえないと閉まらないものがあります。
左右ヒンジの劣化によるもので、結構発生していますが、気にしていない人も多いようです。

気になる場合は、ヒンジを交換することで解消できます。
ヒンジ交換と簡単に書いていますが、実際には液晶パネル側もマザーボード側もバラバラにする必要がありますので、時間のかかる作業です。

『天板に傷が多くなったので交換したい』『オークションで購入したが、予想以上に傷んでいるので…』というご依頼で、天板などの外装を交換したことがあります。
天板を新品にするとその周辺も気になってきて、液晶ベゼルもパームレストも… となり、再利用不可の小パーツも含めると結構な数です。

よく見かけるシルバーだけでなく、ブラックモデルもありますが、どちらの色も入手可能です。

【修理実績】
レッツノート ヒンジ・外装交換

【修理期間】5~10日



■その他、レッツノートの修理事例

修理しないでデータだけ取出し
CF-S10CWHDS USBメモリを認識しない 
CF-S9KYFSDR タッチパッド交換



富士通 液晶パネル交換

富士通 AH53/R 液晶画面割れ

 

2014年発売、富士通の15.6インチ液晶ノートパソコン。

第4世代 Core i7を搭載しており、まだまだ現役で使用できるパソコンです。

『液晶が割れてしまった』と、富谷市にお住まいの方からお持ち込みでの修理依頼がありました。

液晶パネルの左から中央に向かってヒビが入ってます。


転倒した先にこのパソコンがあったそうで、体重が加わって割れてしまったみたい。

液晶パネルの交換が必要です。

いつも通りべゼルを外して交換したいところですが、この機種はべゼルを固定しているビスが意地悪な位置にあるので、トップケースを外さなければいけません。


他の機種より手間はかかりましたが、在庫の液晶パネルを使用し、修理完了となりました。

 

 


富士通 AH53/A3 液晶画面割れ

 

2017年発売、富士通の15.6インチ液晶ノートパソコン。

タッチパネルではないフルHD液晶で、CPUはCore i7-6700HQを搭載しています。

メモリ8GBでブルーレイドライブも搭載していますので、ハードディスクではなくSSDだったらものすごく快適動作ですね。

『液晶が割れた』と、仙台市若林区のお客様からお持ち込みいただきました。

薄く線が出るだけで、画面に何も表示されず使用できません。

フルHDの液晶パネルですが、適合する在庫がありましたので、早速交換。

液晶パネル以外には問題なさそうでしたが、スペックの割には動作が緩慢で気になるレベル。

バックグラウンドで動いているユーティリティがたくさんあり、立ち上がるとこれらが一斉に動作し始めるのが原因でした。

現在は使用していないプリンタということでしたので、整理しておきました。

エージングテストを行って、修理完了です。


 

 


富士通 AH42/R 液晶割れ

 

2014年発売、富士通の15.6インチ液晶ノートパソコン。

このAH42/RはWindows8.1ですが、Windows7のNEC製ノートパソコンと2台一緒にお持ち込みいただきました。

新しい環境で使用するため、富士通のパソコンを中古で購入したそうですが、2年ほど前に液晶画面を割ってしまったとのこと。

それをそのままにして、古いほうのWindows7パソコンを使用されていたそうです。

Windows7のパソコンはキーボード不良で、どちらを直すか悩んでいらっしゃいましたが…

Windows7のサポート終了時期と、富士通のパソコンが液晶の特価修理キャンペーンの対象機種であることもあり、AH42/Rの液晶交換となりました。

液晶パネル交換と合わせて、NECパソコンからデータの移行も行い、修理完了。

これでやっと、Windows8.1がメインPCとなりました。


 

 



富士通 S/G50 液晶画面破損

 

Windows7出始めの頃のモデルですね。

『液晶が割れた』と、弊社のご近所にお住まいの方からお持ち込みいただきました。

液晶パネルの右側1/3が見えない状態。


よくご依頼いただく15.6インチよりも一回り小さい14インチ液晶ですが、

『安く済むなら中古でも構わない』とのことだったので、

在庫の同じ型番のものと交換。

正常に表示されることを確認し、しばらくエージングしていると…

アドウェアが画面中央に表示されました。

ささっと削除し、隠れているものやウイルスがいないか点検。

一通りの動作点検を行って、修理完了となりました。

 

 


富士通 AH42/X 液晶表示異常


2016年発売、15.6インチ液晶の富士通 ノートパソコン。

CPUはCeleronを搭載していますので、エントリー向けのモデルになりますね。OSはWindows10がインストールされていました。

仙台市太白区にお住まいのお客様から、メールでお問い合わせいただき、すぐにお持込みいただきました。

『液晶の表示が上下に二分割されてしまう』という症状。

パソコンを落としてしまったらしく、それから液晶の表示がおかしくなったらしいです。

落下のせいで、液晶パネルに障害が発生している可能性が高いですね。

通常はべゼルを外し、液晶パネルがすぐに交換できるのですが、この機種はヒンジのカバーが邪魔でべゼルが外せません。

ボトムケースを外し、ヒンジカバーも外す必要があります。

ヒンジカバーさえ外してしまえば、通常の液晶交換と一緒です。

液晶パネルを在庫のものに交換し、正常表示を確認。

落下ということだったので、衝撃で他の部分に異常がないか心配でしたが、特に不具合はないようでした。

念のため、しばしエージングテストを行い、修理完了となりました。


 

 


富士通 AH42/K 液晶画面割れ


2013年発売、15.6インチ液晶の富士通 ノートパソコン。

CPUはIvyBridge世代のPentiumが搭載されているので、エントリー向けのモデルでしょう。

『液晶が割れてしまった』と宮城県北部 大崎市古川にお住まいのお客様からご相談いただき、お持込みいただきました。

液晶の左上角から割れているような状態。

どうやらパソコンを落としてしまったらしいです。

光学ドライブから異音もしていたので、一通り検査の必要がありますね。

ハードディスクを取り出して検査すると、障害が発生していました。

と言っても軽微なものだったので、データも環境も全て、新しいハードディスクへコピー可能です。

液晶パネルと光学ドライブ、ハードディスクを新品に交換し作業は完了…

のはずだったのですが、Windowwsを起動してみると悪質なソフトウェアがいっぱい。

起動した瞬間に何やらスキャンが始まり、中断しようとすると怪しい日本語で引きとめられました(^^)

かなりの数のアドウェアが入っていましたが、初期化することなく駆除完了。

各部動作点検を行い、今度こそ修理完了となりました。


 

 


富士通 AH40/E 液晶表示異常

 

2011年発売、15.6インチ液晶を搭載した富士通のノートパソコン。

CPUはAMD製のE-450が搭載されています。

OSはWindows7から、無償アップグレードで10がインストールされていました。

『液晶表示がおかしい』ということで、仙台市泉区にお住まいのお客様からお持ち込みでの修理依頼がありました。

電源を入れた直後は正常に表示されますが、すぐに画面全体の2/3以上が黒く覆われてしまって、表示がほとんど見えない状態。

かろうじて見えている部分に 以前の…という文字が表示されていますが、Windowsは起動していない様です。

とにかく液晶パネルの交換が必要ですね。

べゼルにひび割れがあったので、力が加わってしまったのでしょうか。

液晶パネルの型番を確認し、在庫している新しいパネルに交換すると、表示は正常になりました。

さっきの「以前の」という文字は、Windowsの更新に失敗して、前のバージョンに復元していたんですね。

もう一度データをダウンロードし、更新。

Windows10の場合、更新で失敗して起動しなくなるケースがありますが、今回は問題なかったので安心しました。


 

 


富士通 A553/HX 液晶画面破損


2014年発売、富士通の法人向けノートパソコン。

『液晶パネルが割れた』ということで、岩手県のリピーターさんからお送りいただきました。

確認すると、液晶の左側が縦に割れて見えなくなっていました。

見えない部分がさほど大きくないので、何が映っているかは見える状態ではありますが、仕事に使うと考えると不便。

液晶パネルは交換が必要ですが、他に不具合がないか確認すると、ハードディスクにエラーが出ていることが分かりました。

ハードディスクのエラーは自動的に良くなることはなく、症状が進むとデータが読み出せなくなったり、OSが起動できなくなったりします。

お客様のハードディスクもコピーは行えましたが、エラーの数がとても多く、液晶パネルと一緒に交換をお勧めしました。

ハードディスクの交換もご了承いただき、液晶パネルと一緒に交換作業を開始。

在庫の液晶パネルと交換し、ハードディスクも新品に。

不良セクタがたくさんあったものの、Windowsは正常に起動しました。

設定やユーザーデータの大半は大丈夫そうで、エージングテストを行い、異常が無いことを確認して修理完了。

宅配便で発送いたしました。


 

 


富士通 AH47/U 液晶画面割れ


2015年に発売された、15.6インチ液晶搭載 富士通のLifebokシリーズ。

CPUはSkylale 世代のCore i7で、かなり高性能なモデルですね。

『液晶パネルが割れてしまった』ということで、仙台市内の学生さんからメールでお問い合わせいただき、お持ち込みでの修理となりました。

自転車で移動中、かごからパソコンが落ちてしまったそうです。

液晶の真ん中付近はまだ見えなくもないですが、学校で毎日使うそうなので、出来るだけ早く直してあげたいですね。

電源は入っていなかったそうですが、衝撃でハードディスクに異常が出ていないかも心配です。

べゼルを外して、液晶パネルを交換していきます。

富士通なので、部品の相性問題が出なければいいのですが…

使用されていた液晶の型番から見るに、在庫の液晶パネルで対応できそう。

新しいものに交換後、電源を投入。正常に表示されることを確認しました。

ハードディスクも検査しましたが、特に異常ななさそうです。その他のテストも良好。

新品の液晶パネルとはいえ、不具合が無いか確認のためにエージングテストを行い、表示に問題がないことを確認して修理完了となりました。


 

 


富士通 AH45/W 液晶パネルが割れた


2015年発売、富士通の15.6インチ液晶 ノートパソコン。

CPUは第5世代のCore i3を搭載したWindows10マシンです。

仙台市泉区のお客様からお持ち込みいただきました。

お子様がぶつかって液晶画面が割れたとのこと。

受付で確認したところ、電源を入れると液晶が光っていることはわかりますが、画面の1点を中心に放射状に割れが広がり、表示は全く見えません。

相性問題も考えられますが、在庫の液晶パネルが使えて他に問題なければ、さほど時間がかからず終了するとご説明して、お預かり。

いつものようにハードディスクを確認すると、SMARTエラーがあり、不良セクタがかなりの数ありました。

専用マシンでコピーを試みますが、エラーが多くなかなか進みません。数時間経ってから、進まず停止してしまいます。

コピーマシンは何種類かありますが、転送速度を遅くしたり反対側からコピーしたり試しましたが、やはりエラーが多すぎてコピーができず。

通常にアクセスしてもパーテーションが無い状態で、データを読み取ることができませんでした。

おそらく液晶が割れたときに衝撃を受けて、ハードディスクも一緒に故障したようです。

パソコンを復帰させるためには、液晶パネルに合わせてハードディスクも交換し、リカバリが必要。

お客様へ状況を説明したところ、幸い大事なデータは入っていないということで、上記作業の御了解を頂きました。

液晶パネルとハードディスクを交換し、リカバリを実施。

この機種のリカバリはDVDやBDではなく、USBメモリからのリカバリになります。

最近では、ディスクではなくUSBメモリでのリカバリ作成機種が増えてきています。

リカバリ終了後、WIndowsアップデートを実施。

お客様のご希望で、ウイルスチェックソフトはWindows10に標準搭載されているWindows Defenderを有効にしました。

他に異常がないことを確認して、修理完了です。
Exif_JPEG_PICTURE

 

 


富士通 LIFEBOOK PH74/C 液晶画面割れ


2011年発売の12.1インチ液晶搭載、富士通のモバイル向けノートパソコン。

コンパクトで見た目もシンプルなので、ビジネス用途で使っている人も多いはず。

CPUはCore i3を搭載したWindows7です。

『液晶が割れてしまった』ということでお持ち込みいただきました。仙台市宮城野区にある会社の方です。

画面右上付近に何かぶつけてしまたらしく、そこから縦に割れています。

全体が割れているわけではないので、パソコンとしては使用できないわけではないですが、やはり不便です。

『借りものなのできちんと修理してから返したい』とのことでした。

破損なので、液晶パネルを交換します。

べゼルを外すと液晶パネルの交換が出来ますが、べゼルが薄い割にツメが強力な箇所がありますので、破損には注意ですね。

新しい液晶パネルと交換し、べゼルを再度取付。

ヒンジ付近がなかなかパチッとはまらず、苦戦しましたが、新品液晶なのでもちろん液晶表示は正常。

念のため、しばらくエージングしながら振動テスト等を行いました。

その他には特に異常なく、液晶パネルの交換だけで修理完了。

ハードディスクも正常でしたので、データも設定も変更することなく、そのままです。
dav

 

 


富士通 FH52/W  液晶割れ


2015年に発売された液晶一体型デスクトップパソコン。

液晶の大きさは23インチです。CPUはCeleronなのでエントリー向け機種ですね。

『液晶パネルが割れてしまった』とのことでお持ち込みいただきました。仙台市青葉区にお住まいのお客様です。

購入してそれほど経たないうちに、掃除中誤って倒してしまい、液晶が割れちゃったみたい。

しばらく放置していて、直そうと思いメーカーに送ったら相当高い見積り金額を提示されたようで、インターネットで検索し当店にたどり着いたみたいです。

23インチ液晶ですので、15.6インチのものよりはやや高くはなりますが、それでもメーカーの半額程で修理出来るはず。

実際に分解して、液晶の部品番号を確認。

背面のカバーを外し、液晶のコネクタを外しマザーボードが載ってるフレームごと外すと液晶の交換が出来ます。

このあたりの作りは修理業者にやさしいですね。

使われていた液晶パネルは在庫にない型番でしたが、すぐに手配し、交換。

買った当時から全然使えていないからか、液晶が割れている以外は新品同様。動作も問題ありませんでした。

メーカーの提示額よりだいぶ安く修理出来たので、お客様も喜んでいらっしゃいました。
IMG_20170305_144045

 

 


富士通 AH45/M 液晶画面交換


2013年発売、15.6インチ液晶搭載の富士通スタンダードノートパソコン。

CPUはHaswell世代のCore i3を搭載しています。

『子供が落として液晶画面を割ってしまった』とのことで、今回お持込みいただいたのは仙台市内のリピーターさん。約2ヶ月前にも同じく液晶割れで修理しました。

『前回は思っていた以上に迅速に対応していただけたので…』とおっしゃっていました。

確かに、前回も在庫の液晶パネルで対応可能だったことと、お預かり時に見積り価格でご了承いただいていたので、スムーズに進んだ記憶があります。

今回も同様に、在庫の液晶パネルと交換。

パソコンが落下したことから、ハードディスク内のデータも心配していらっしゃいました。

慎重に検査し、エージングテストも行いましたが、特に異常は見受けられず。

今回は交換しないで大丈夫そうですが、「絶対に」とか「いつまで大丈夫」などという保証はありませんので、大切なデータは常にバックアップするように、お話ししておきました。

当店の社内用パソコンでも使用している無料のバックアップソフトなどもご紹介。

2度目のご依頼なので、リピ割適用でご返却致しました。
IMG_20161104_210141

 

 


富士通 AH45/M 液晶表示異常


2013年発売の15.6インチ液晶搭載、富士通のLIFEBOOK。

CPUはHaswell世代のCore i3です。

『電源を落としている状態でも、画面に黒い帯が入るようになてしまって…』と、ご相談いただきました。

家電量販店の5年延長保証も入っているそうなのですが、問い合わせたところ、この状態だと保証対象外で5~6万円程の修理代がかかると言われてしまったそうです。

液晶画面の表示異常は、ほとんどが液晶パネルに力が加わって起きるので、お客様の過失によるものと判断され、保証は受けられないのが一般的です。

『安く直るのであれば、修理して使いたい』とのこと。

お預かりいたしました。

早速分解して確認すると、使われていたのは一般的な15.6インチの液晶パネル。

過去の例からして、在庫のものが使えそうです。

在庫の新品液晶パネルに交換して、正常に表示されることを確認。

そのまま仮組みで各部動作テストを行いましたが、特に異常なし。

ハードディスクにも不良セクタ等は見つからなかったので、データも設定もそのままで、修理完了。

メーカー提示額の半額以下で修理でき、『こんなに早く安く治るなら、もっと早く持って来ればよかった~』とおっしゃっていました。
IMG_20160725_171815

 

 


富士通 AH53/R 液晶パネル破損


2014年5月発売の富士通15.6インチ液晶搭載のノートパソコンです。

CPUにCore i7 4702MQを搭載して、OSはWindows 8.1です。

宮城県の北部栗原市の方からのお持ち込み修理依頼で、『液晶を割ってしまった』とのこと。

仕事で使用されておりお急ぎとのことで、特急修理でのご依頼でした。

お持ちいただいたのが夕方でしたので、最短で翌日のお渡しにご了承いただいてお預かりしました。

早速、ハードディスクを検査にかけながら液晶パネル部分を分解していきます。

上下4箇所のメクラ蓋をとってビスを外すと、後はベゼルの外周をぐるりとヘラを差し込んでツメを外していきます。

液晶パネルを確認すると、在庫の物と互換性がある型番だったのでそのまま交換。

仮組みで電源を入れ、BIOSが正常に表示されることを確認してベゼルを元通りに戻します。

後は翌日朝までエージングテストです。

翌朝、ループ再生したDVDがちゃんと再生されている事を確認し、各部動作チェックを行って修理完了。

午前中の内にお客様に完了連絡を済ませ、午後一番で受け取りにいらっしゃいました。

在庫の部品が使用できれば、最短当日(朝受付の夕方渡し)での液晶パネル交換修理も可能です。

混雑具合や部品の在庫状況によっては若干お時間がかかる場合もございますが、受付の際にご確認ください。
Camera 2015-10-29 at 13.12

 

 


富士通 AH47/J 買って半年で液晶破損


Windows8のパソコンで、Core-i7搭載。ハイスペックノートパソコンです。

仙台駅前に千台の駐車場~ってCMで有名な、某家電量販店のオリジナルモデルです。

購入して半年もたたないうちに液晶を割ってしまい、購入したお店に持ち込んだら買ったときほどの値段の修理料金を提示されたそうです。

あきらめてしばらくは使っていなかったのですが、ある日当店のHPを見つけられて、メールにてお問い合わせいただきました。

そこからさらに数ヶ月。仙台に仕事でいらっしゃる用事ができたとのことでお持込みいただきました。

メールでも概算の料金はご提示していましたが、改めて概算料金の確認をさせていただき、予算内の修理OKをいただきました。

液晶パネルの型番を見ると、在庫液晶と互換性がありましたので、早速交換して動作テストを行います。

そのほかの不具合は確認できなかったので、WindowsUpDateを実施して完了です。

料金も購入されたお店で提示された金額の1/3ほどで修理できました。

メーカーや家電量販店さんに修理金額を問い合わせて、高くてあきらめた方が多いようです。

意外と安く修理できるものも多いので、ぜひお問い合わせください!
2014-08-08 17.53.03



ASUS T100HA 起動できない・充電できない・電源が入らない

脱着式のキーボードで、タブレットとしても利用可能な10.1型液晶のモバイルノートPC。

Windows10が搭載されています。

『起動が出来ない』ということで、石巻市にお住まいのお客様からお持ち込みでの修理依頼がありました。

お話を聞くと、microUSBコネクタが壊れて充電できなくなったようです。

抜き差しで力が加わってしまうので、内部のハンダが割れているケースが多いですが、今回はUSBコネクタの中のベロも折れており、ケーブルをつないでもグラグラ。

コネクタ自体の破損がなければ、分解してハンダ修復のみで済みますが、今回はコネクタの交換も必要です。


MicroUSBの外観は同じでも、基盤に取り付けられているケース側の形状に複数種類あり、在庫のコネクタから合うものを選択して交換。

さらに強度を上げるため、周囲をエポキシ樹脂で固定しました。

問題なく充電・起動できることを確認し、修理完了となりました。



DELL Inspiron 11 3180 液晶割れ

2018年発売、11.6インチ液晶のコンパクトなノートパソコン。

AMD仕様でコスパ重視、小型軽量のセカンドノート的な位置付けのものですが、インターネット閲覧やメール、Officeなどで使う分には十分動作します。

この機種、ほとんどのパソコンに搭載されている「ファン」がない構造。


なので、当然ながら吸気口・排気口がありません。

ハードディスクを搭載すると発熱も重さもありますが、HDDでもSSDでもなく、より消費電力の少ないeMMCを搭載。

eMMCがオンボードで換装できないことを理解して、割り切って使うなら問題ありません。


『液晶画面が割れた』と、多賀城市のお客様からお持ち込みいただきました。

まだ新しいパソコンですが、液晶パネルが割れて何も見えなくなっていましたので、交換が必要。

残念ながら同型の液晶パネルは在庫がなく、取り寄せとなりました。


他に不具合はなかったので、液晶パネル交換のみで修理完了。

しばしエージングを行って、修理完了となりました。


DELL Inspiron 15 5567 液晶が割れて起動もしなくなった

2016年発売、15.6インチ液晶のDELL ノートパソコン。

CPUは第7世代のCore i5で、修理でお預かりする中では比較的新しいものです。

『液晶の端が割れて、その後本体の電源を入れてもすぐに電源が落ちるようになった』と、お持ち込みいただきました。

液晶の端が割れているのは外観ですぐわかりましたが、電源を入れても何も表示されず、電源がすぐに落ちてしまう状態。

液晶パネルが割れただけであれば、表示しなくても電源が切れることはなく、外部モニタを接続すれば使えるはずなのですが…

お預かりして調べると、パソコンの自己診断で液晶パネル異常と判断して、電源を落としている様子。


液晶パネルを交換すると電源が落ちることはなく、正常に起動しました。

ハードディスクに不良セクタもあったため、一緒に交換。

元の環境で正常に使えるようになり、修理完了となりました。


Lenovo G50-30 液晶画面割れ

Celeron CPUを搭載した、15.6インチノートパソコン。

ネットブック用のCPUなので省電力なのは良いのですが、やはりOSを起動させると動作に緩慢さを感じます。

購入時のハードディスクのままではなく、SSDに換装して使うのがお勧めです。

岩手県のお客様から『液晶が割れた』とご連絡があり、宅配便でお送りいただきました。

到着後に確認すると、液晶の右側が割れていました。


表示は見える状態だったので、交換する前に動作テストを行い、他に異常がないことを確認。

中古の液晶パネルでも構わないとのことでしたので、在庫のものと交換し、修理完了となりました。


現在、『液晶パネル交換 特価キャンペーン』を行っています。
9,800円対象機種
15,800円対象機種


Lenovo Ideapad 320-15AST 液晶画面割れ

『液晶パネルにヒビが入ってしまった』とのことで、富谷市にお住まいのお客様からお持ち込みいただきました。

右上を起点に、画面全体に亀裂が走っている状態。

完全に割れてますね。

何が表示されているのかさっぱりわかりません。

液晶パネルの交換を行います。

かなりの力が加わったのか、べゼルのツメが外れて浮いていたり、液晶パネル自体が大きくひしゃげていたりといった状況。


それでも、ケースへのダメージはなさそうです。

液晶パネルを在庫のものに交換し、表示OK。

使われていた液晶パネルの解像度が1366×768だったので、キャンペーン適用でいつもより安価に修理することが出来ました。


Let’s note ヒンジ・外装の交換

Let’s note CF-SX3YEABR 液晶がしっかり閉じない


2013年発売、Panasonic レッツノート。

第4世代のCore i5 CPUに、Windows 8 Proを搭載しています。

本体が軽く小さいうえにDVDドライブも搭載していますので、持ち歩いて外出先で使用するのにはもってこいのパソコンです。

『液晶を閉じてもしっかり閉じず、開き気味になる』ということで、千葉県のお客様から宅配便でお送りいただきました。

合わせて、内部の清掃とアップデートのご依頼。

Windows8のままアップデートされていないそうで、8.1へのアップデート作業です。

しっかり閉じずに開き気味… というのは、ヒンジの動きが悪くなっているせいです。

ヒンジ交換作業は、本体を分解して一旦液晶画面側と分離し、さらに液晶のカバーも外して行うため、大掛かりな作業になります。

清掃作業のためにマザーボードやファンを外すことになりますので、ほとんどバラバラですね。

比較的きれいにお使いでしたが、ファンのまわりや隅の方には、やはり埃がが詰まっていました。

ホコリを全部飛ばし、ファンの清掃とCPUの熱伝導グリスも塗り直しました。

ヒンジを交換し、組み上げ。

全体を組まないとヒンジを変えた効果を確認できませんが、完全に組み立てた状態で液晶を閉じてみると、修理前はすき間がある状態だったものが、ピタッと閉じるようになりました。

Windows8.1へのアップグレード作業は半日ほどかかり、更に他の更新プログラムを含めるとほぼ1日かかりました。

最後に各動作確認を行って、修理完了となりました。



 

 

Panasonic CF-SX2ADHCS ディスプレイが完全に閉じない


2013年発売の12.1インチ液晶搭載、レッツノート。

コンパクトで軽量、そして堅牢性も高くバッテリ持ちもいいということで、このシリーズは外出先でパソコンを使用することが多い人に人気です。

山形県にお住まいのお客様から、お持ち込みでの修理ご依頼。

『特に重大な故障ではないが、ディスプレイをパタッと閉じた時、ぴったりと完全に閉まらず、隙間が空いてしまい気になる…』とのことでした。

確かに、ディスプレイを普通に閉じても5mm程の隙間が空いており、ヒンジの付け根をグッと押しこむとしっかり閉じました。

おそらくヒンジの動きが悪くなっているのではないかとご説明。

きちんと閉じないと、持ち運びの途中何かが挟まってしまったら液晶が割れてしまう恐れもあります。

お預かりし、分解してヒンジを確認。

何度も分解している機種なので、特に困ることはないですね。

ヒンジの可動部をグリスアップしてみましたが、状態は変わりませんでした。

左右のヒンジは在庫もあるので、交換してみることに…。

交換するということは、もちろんディスプレイ側も分解しないといけません。

新しいヒンジに交換して開閉テストを行うと、ぴったりと一発で閉じるようになりました。

ヒンジ付近に液体が侵入した形跡があったので、それが原因でヒンジの動きが渋くなっていたのだろうと思います。

他には特に不具合なく、修理完了となりました。
dav


Let’s note CF-NX2JDHYS 外装交換


Nシリーズなので光学ドライブが無く、軽さを重視したモデルになってます。

最近はソフトのインストールもインターネットダウンロードが主で、CD/DVDメディアを入れてデータのやり取りすることが目っぽう減りましたからね。

ウルトラブックなど、特に小さいサイズのパソコンでは搭載されていない機種も多々あります。

さて、今回は故障ではないのですが…

『毎日使用していて、外装に傷が目立ってきたので交換できないか?』とのご相談です。

他の修理屋さんに聞いてみたら、「新品の部品が手に入らない」と言われたらしく、当店のブログをお読みいただいてご来店されました。

使用に伴う細かな傷が全体的についてますが、バックパネル(天板)・パームレスト・ボトムケースには目立った傷があり、外装一式の交換をご希望。

ひび割れや破損などはないので、大きな衝撃はなく大事に使われていたみたいですね。

早速、メーカーから純正の外装一式、それに伴う細々とした部品も一緒に手配し作業開始。

レッツノートの部品は、想像されるよりも細かく分かれてますので、部品を手配するのも組み上げるのも結構時間が掛かりました。

分解ついでに内部の清掃を行い、外側も内側もピカピカにして作業完了。

これからも大事に使ってくださいね~
IMG_20150715_104143

 

 

Panasonic CF-S9KWEJPS 外装交換


2010年に発売されたPanasonicのLet’s note。

このシリーズは根強いファンが多いです。ファンの皆さん、一度使ったらずっとLet’s noteシリーズだけを使い続ける勢いです。

今回のお客様もそのうちのお一人。仙台市内の方です。

ただ今回はパソコンの修理ではなく、外装の交換。

12.1インチ液晶とコンパクトなモデルなので、外出先での使用も多いはず。

大切に使っていてもキズはどうしてもついてしまう…

『最近キズが目立ってきて、これからもまだまだ使うつもりなので上半分の外装を交換してほしい』とのご依頼です。

この機種の上半分の外装は大きく3つに分かれています。

LCDリア・フロントカバーとアンテナカバー。

部品単体での入手が可能なので、早速手配し分解していきます。

液晶がものすご~く薄くて、さらにLCDフロントカバー、いわゆるべゼルの部分に両面テープで接着されていますので、取り外しにかなり気を使います。

上記の大まかな部品以外にも、細々とした再利用不可能部品がありますので同時に交換。

けっこう時間が掛ってしまいましたが、無事交換が完了しました。

お引き渡し時に『まるで新品の様。この機種に愛着があるのでまたキズがついたらお願いします!』とお喜びいただきました!

分解作業が大変ですが、苦労した甲斐があったというものです。また是非お願い致します。
IMG_20140909_194602


Let’s note CF-S9・CF-S10シリーズ 液晶交換

Let’s note CF-S10AWGDS 液晶割れ


2011年発売、12.1インチ液晶のPanasonic ノートパソコン。

モバイル用途でビジネスマンの方に人気のレッツノートシリーズですね。

今回持ち込まれたものはHDDからSSDに換装してありました。元々軽いのが更に軽くなり、動作も速くなるのでご自身で換装される方も多いです。

『液晶画面が割れてしまった』ということで、仙台市内にお住まいのお客様からお持ち込みいただきました。

右上に大きくヒビが入っており、画面の中央まで広がっています。

左側はかろうじて表示されていますが、何が表示されているか分からない状態。

液晶パネルの交換が必要ですね。

修理費用を少しでも抑えたいとのことだったので、中古の液晶パネルを使用することになりました。

いくら堅牢性が高いレッツノートであっても、べゼルを外す際はツメの位置を把握していないとケースが割れてしまう恐れがありますので、慎重に行います。

在庫にある液晶パネルを取り付け、正常表示を確認。

他の動作に異常が無いことを確認し、修理完了。

レッツノートは比較的故障が少ないですが、壊れたとしてもだいたい決まっているので、使う側も安心ですね。

部品を在庫していた分早く修理出来たので、お客様も喜んでいらっしゃいました。




Let’s note CF-S10EWHDS 液晶画面が割れた


Panasonic CF-S10EWHDS

2011年発売、12.1インチ液晶搭載、当店ではおなじみのレッツノート。

最近では、以前ほど連発でご依頼いただくことはないですが、特急修理で度々ご依頼いただいています。

この機種は、CPU Core i5 2540M、メモリ4GBでいまでも十分現役で使えます。

今回は泉区にお住いのリピーターさんから、『液晶画面が割れた!安く済ませたいので、新品じゃなくて中古の液晶で良い』とのご依頼。

金額にもご了承いただいて、お預かりしました。

斜めに割れて右上側が見えない状態でしたが、そのままできる限りの動作テストを行い、液晶パネル以外には特に異常ないことを確認。

そして、在庫している中古の液晶パネルと交換。

ハードディスクの使用時間は約11,000時間、BIOSでの使用時間も同じくらいでしたので、購入してから交換したことはないようですが、不良セクタ等は見つからず、今のところ正常。

液晶パネルの動作テストを兼ねて、しばしエージングを行い、修理完了となりました。
IMG_20160918_212652



Panasonic Let’s note CF-S10EYBDR 液晶パネル割れ


Panasonic CF-S10EYBDR

おなじみPanasonicのレッツノートです。

これは本体の色がブラックのモデルで、大きさは同じですがシルバーに比べて引きしまって見えますね。

仙台市内のお客様から、『液晶画面が割れてしまって…』とメールでお問い合わせをいただいており、事前におおよその修理価格をご連絡しておりました。

『そのくらいで直るのなら…』ということで、実際にお持ち込みいただきました。

事前に新品の部品を使用か中古部品でもいいかとお尋ねしたところ、中古部品でもいいとのことでした。早速、交換作業に入ります。

液晶ディスプレイのべゼルと、液晶パネルの一部が両面テープで固定されていますので、分解時には注意が必要。

もう割れている液晶ですが、少し割れているだけなのであまり傷口を広げたくない気持ちになります。

どのみち交換するんですけどね。

液晶パネルを交換し、中古といえど落ちる汚れはキレイにクリーニング。

エージングを行い、正常に表示されていることを確認し修理完了です。

CF-S9、S10シリーズのの液晶パネルはいつも在庫しています。

基本的に液晶パネルは新品と交換するのですが、このシリーズは部品代がやや高額になることもあり、最近では中古も用意しています。
IMG_20151116_122946


Let’s note CF-SZシリーズ 液晶交換

Let’s note CF-SZ5B21VC 液晶パネル交換


Panasonicの小型軽量ノートパソコン。

『液晶の表示がおかしい』と、お持ち込みいただきました。

確認すると、液晶の左下で割れてしまっていました。

CF-Sシリーズ・SXシリーズより部品代が高めですが、

それでも新品のレッツノートに買い換えることを考えれば、

まだ安いです。

分解・交換の難易度は高くないですが、液晶が薄いので


取り扱いも慎重になります。

新しい液晶パネルを取り付け、正常に表示されることを確認。


他に異常が無いか点検し、修理完了となりました。




Let’s note CF-SZ5BDSQP 液晶パネル割れ


Panasonic Let’s note CF-SZ5BDSQP

2016年発売、小型で高機能なパナソニック レッツノート。

12.1インチの液晶ながら、1920x1200の解像度の液晶が使用されています。

CPUは第6世代のCore i7、メモリが16GB、512GBのSSDにブルーレイディスクも搭載しており、モバイルノートとは思えない豪華仕様です。

仙台市内のお客様から、『液晶が割れてしまった』とお持ち込みいただきました。

液晶の左半分が割れて見えなくなっている状態。高機能なパソコンも、こうなるとどうしようもないですね。

レッツノートは仕事で使われている方が多いですが、今回も同様、『急いで修理してほしい』とのこと。

レッツノートの液晶はほとんどの機種用を在庫していますが、この機種は解像度が高いこともあって、他の機種より値段も少し高めです。

お預かりする時点で金額にご了承いただいていましたので、早速液晶パネルを交換。

表示が正常であることを確認し、他に異常がないかも点検。

性能的に当たり前ですが、サクサク動くので、触っていてストレスがないですね。

エージングトを行って、修理完了となりました。


1 / 712345...最後 »

 

アクセス・営業日

アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。
駐車場も完備です。

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10~19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090

ご来店用アクセスマップはこちら>>


↑ PAGE TOP