【 電話診断無料のパソコン修理専門店【仙台のパソコン修理専門店】 】

パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊 お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

ASUS X554L すぐに電源が落ちる

仙台市内のお客様から『すぐに電源が落ちる』とお持ち込みいただきました。

店頭では電源が落ちる症状を確認できませんでしたが…

お預かりしてちょっと負荷を掛けると、CPU温度がすぐに上昇し電源が落ちました。

分解すると、埃がいっぱい。

掃除してCPUの熱伝導グリスも塗り直し。


接点のクリーニング等を行い、組み立てて同様にテストを行うと、電源が落ちることはなくなりました。

念のため、さらに1日エージングし、修理完了となりました。


ASUS X55U-SX110HS 本体が熱くなる

ASUS X55U-SX110HS
2014年発売、15.6インチ液晶のASUS ノートパソコン。
CPUはAMD製のもので、OSはWindows8.1がインストールされています。エントリークラスのモデルですね。

『使っていると本体が熱くなる』ということで、仙台市にお住まいのお得意様からご相談がありました。
文章作成がメインで、特に重い作業をしているわけではないのにファンが高回転になってしまうようです。

おそらく、内部の埃が原因でしょう。
一部の機種は、ボトムケース側からファンとヒートシンクの間に簡単にアクセスできるスリットがありますが、この機種は簡単に掃除できるような構造にはなっていないため、分解して取り除きます。

トップケースを外してみると、ファンに埃がたまっているのがわかります。
マザーボードを取り外し、ヒートシンクを外して掃除。

CPU放熱用の熱伝導グリスも劣化していたので塗り直し、ケース内の埃も取り除いて組み立て。

電源を入れると、動作音が大分静かになりました。
エージングテストや、負荷を掛けてみても最初ほど熱くなることはなくなりました。
夏になり、気温の上昇とともにこういったご相談も多くなりますね。



ASUS T100HA 充電出来なくなった USBグラグラ

ASUS T100HA
ノートパソコンにもタブレットにもなる2in1タイプのパソコン。

青森の方から宅配便でお送りただきました。
『ACアダプタを差しても充電出来なくなった』とのこと。

このパソコンの充電はスマホ同様、マイクロUSB端子で行います。
純正の充電ケーブルはしっかりした作りですが、スマホ用の物より重量があるので端子に負荷がかかりやすい感じです。
USBケーブルを挿しっぱなしで使うことはないでしょうから、抜き差しの回数が多ければ、必然的にコネクタへの負担も多くなります。

T100HAのUSBコネクタ修理は何度も行っていますが、今回もUSB端子のハンダにクラックが入っており、パターンも一部損傷を受けていました。
幸いなことにコネクタ自体は緩みはないので、交換は不要と判断。
ハンダとパターンの修復を行えば復旧できそうだったので、慎重に修復を行いました。
パターンとはんだを修復し、仮組みして充電できるかACアダプタを接続すると、無事充電が始まりました。

ハンダ付けのみでは再発する可能性もあるため、端子の金属ケースをエポキシ樹脂で補強。
組み上げて、充電と動作の確認を行い、修理完了となりました。



ASUS T100HA-WHITE 起動できなくなった

ASUS T100HA-WHITE
ATOM CPUを搭載した2in1タイプのノートパソコン。
通常はノートパソコンとして使用できますが、キーボードを切り離すと完全なタブレットになります。

仙台市青葉区のお客様から『Windows10が起動できなくなった』とお持ち込みいただきました。
確認すると、ブルーの画面で全く起動できず、起動ドライブがBitlockerでロックされているというメッセージ。
お客様は『ロックをかけた事はないので回復コードはわからない』とのこと。

以前にも同じ様な状態のパソコンを修理しましたが、やはりBitlockerでロックされた状態になっていました。
おそらくリカバリか、Windowsのクリーンインストールになるご説明をして、お預かりしました。
幸い、重要なデータは何も入っていないそうで、動くようになれば良いそうです。

このパソコンは、メインボードにメモリやハードディスクに変わる記憶装置が直付けされているため、バックアップを取れず直接本体への作業になります。
修復を試みましたが、やはり回復コードが無いと修復も受け付けません。
初期化を試みますが、これも拒否されました。

そうなると、Windows10のクリーンインストールしかないようです。
1つあるUSBポートに、外付けDVDドライブを繋いでインストールを試みます。
インストール作業は画面が縦向きに表示になり、タッチパッドの操作が90度曲がって難しい状態でしたが、何とかWindows10がインストールできました。
ディスプレイのドライバを探してインストールしたところで、やっと横向き画面になり作業がやりやすくなりました。

全てのドライバを適用し、全体の動作確認も正常。
最後にofficeをインストールして、作業完了です。



ASUS T100TAF-BING-DK046B Windowsが起動しなくなった

ASUS T100TAF-BING-DK046B
ATOMプロセッサーに2GBのメモリを搭載したASUS社製の2in1タイプパソコン。
本体はタブレットそのもので、キーボードと合体すると小型のノートパソコンになるものです。

『Windowsが起動しなくなった』ということで、外国人の女性の方が持ち込まれました。
日本語があまりできないようで、冷や汗ものでしたが、中学校の英語の先生でオーストラリアから来ているそうです。
元々英語版のWindows8が入っていたそうですが、起動しようとするとファイルが見つからないメッセージが出てしまい、それ以上操作ができませんでした。
Windowsシステムに異常がある場合、自動修復が働くことが多いですが、今回はそれも出ず。
エラーメッセージは当然英語表記でしたが、【起動メディアから起動して修復しなさい】というもの。
言われるとおり試してみましたが修復できず、リカバリ領域も無いということでできません。

こうなるとOSを一からクリーンインストールするしかありませんが、このパソコンは記憶装置がメインボードと一体になっており、データは起動しないと読み出せないのでバックアップは不可。
お客様へご連絡し、データは無くなるがOSを入れることの御了解をいただきました(英語での説明に四苦八苦ですがなんとか伝わりました)。

マイクロソフトのサイトから、英語版のWindows8.1をダウンロードしてインストール。
ASUSのサイトからドライバをダウンロードして適用すると、全部のデバイスが正常に動作するようになりました。

各動作点検を行い、修理完了。
お客様へ連絡するとすぐに取りにいらっしゃり、『英語で対応してもらえて助かった。パソコンで何かあったらまた持ってくる』と喜んでいました。
またいつかお会いできる日までどのくらいかわかりませんが、きっとこちらの英語が上達するより、お客様の日本語が上達する可能性のほうがはるかに高いと思います(^^)



acer AG5920-H76G/GL ブルースクリーンが出て起動しない

acer AG5920-H76G/GL
2012年発売のミドルタワー デスクトップパソコン。acerのゲーミングモデル、プレデターシリーズです。
フロントカバーのデザインが、その名の通りモンスター感を醸し出してます。
光学ドライブのカバーが両サイドに開くギミックが特徴的です。
CPUはIvyBridge世代のCore i7で、グラフィックボードはGTX670が搭載されていました。

『Windowsが起動しない』ということで、宮城県富谷市にお住まいのお客様からご相談・お持ち込みいただきました。
受付での確認では、起動途中でブルースクリーンが一瞬出て、勝手に再起動してしまいました。

状況から、ハードディスク故障の可能性ありと思いましたが、サイドカバーを開けてみるとSSDとハードディスクが取り付けられていました。
点検したところ、両方とも異常は無い様子。

Windowsのシステムを修復してみましたが、いずれの方法でもブルースクリーンが出てしまいました。
データは無事なようなので先にバックアップを取り、Windows7を入れ直すことに。

SSDにWindows7をクリーンインストールし、各ドライバをインストール。
Windowsアップデートが終わったところで、バックアップしておいたデータを戻して、修理完了となりました。



acer E1-572-A54D acerのロゴから進まない

acer E1-572-A54D
2013年発売、15.6インチ液晶のacer ノートパソコン。
元のOSはWindows8.1でしたが、無償アップグレードでいつの間にか10になっていたそうです。
CPUはSandyBridge世代のCore i5で、メモリは8GB搭載されていました。

仙台市太白区にお住まいのお客様から、お持ち込みいただきました。
『電源を入れてもacerのロゴが表示されたっきり先に進まない。あきらめて放置しておくと、英文のメッセージが出ていることもあった』そうです。

確認のため電源を入れると、カッチンカッチンと嫌な音が…
ハードディスクからの異音ですね。状況からすると、データの復旧は難しそう。

幸いにも使用頻度が低いサブPCだそうで、『大事なデータはバックアップ済み』とのこと。
ハードディスクを交換し、OSをクリーンインストールすることになりました。

Windows8をインストールし、8.1へアップデート。
必要なドライバをインストールしていきます。

各部点検を行いましたが、ハードディスク以外は問題なかったため、Windowsの更新を全て適用し、しばしエージングを行って修理完了となりました。


ASUS ZENBOOK UX21A 充電できない

ASUS ZENBOOK UX21A
2012年発売、11.6インチ液晶を搭載したASUSのウルトラブック。
デザインはシンプルでカッコイイですね。
CPUはIvyBridge世代のCore i7で、SSが搭載されているので動作も高速です。
電源ボタンを押してから、あっという間にデスクトップまで起動しちゃいます。

『充電が出来なくなった』ということで、仙台市青葉区にお住まいのお客様からお持ち込みでの修理依頼がありました。
DCジャックの接触が悪いなーと思いつつ、充電される角度を探して騙しだまし使っていたそうですが、ついに全く充電出来なくなってしまったとのこと。

ZENBOOKシリーズは筐体が薄いせいで、電源ジャックも小型のものが使われています。
当然、強度も低くなってしまうので、DCジャックが破損してしまうケースは多いですね。
ジャックと共にACアダプタ側のプラグも小さいので、破損や内部断線も多いです。

分解して確認したところ、ジャック自体の破損はありませんでしたが、マザーボードに接続されているハンダが割れている状態でした。
強度を出すために、少しだけ多めにハンダを流し込みました。
ACアダプタを調べたところ、プラグから電圧が出ていなかったので交換。

ACアダプタの故障に気づかず、グリグリとDCジャックに力が加わって、壊れてしまったのでしょう。
ウルトラブックは持ち運びには便利ですが、さらに丁寧な扱いが必要ですね。



ASUS T100HA-FU024T 充電ができなくなった

ASUS T100HA-FU024T
ASUSの2-in-1パソコンで、タブレットとしてもキーボード付きのノートPCとしても使用できるWindowsパソコン。

『充電ができなくなって使用できない』ということで、仙台市泉区のお客様からお持ち込みいただきました。

受付で確認すると、充電用のマイクロUSBコネクタ部分がグラグラしていました。
ACアダプタのケーブルを挿しても充電される気配なし。
マイクロUSBコネクタ部分がおかしそうですので、お預かりして調べることになりました。

このUSBコネクタはメインボードに直接ハンダ付けされており、確認するにはメインボードを取り外す必要があります。
コネクタの取付けを確認すると、電源・信号ピンのハンダが割れてグラついており、さらにはパターンも切れていました。
樹脂の部分も破損しているので、マイクロUSBコネクタを交換し、パターンを修復する必要あり。
全く同じタイプのコネクタは在庫していなかったので、どうにか取り付けられそうなものを若干加工し、細いパターンを顕微鏡を見ながらハンダ付け。
作業後に、コネクタの補強のためパテで固定しました。

ACアダプタを接続すると、充電を開始しました。
この機種は放電し切ってしまうと、ある程度充電してからでないと起動しません。しばらく充電してから起動を試すと、Windows10が立ち上がりました。

カバーをして動作確認を行い、修理完了となりました。



ASUS K53U-SX152VS キートップ破損

ASUS K53U-SX152VS
2011年発売、15.6インチ液晶搭載のASUS ノートパソコン。
CPUはAMD製で、GPUもAMD製のRADEON HDシリーズが搭載されているため、グラフィック処理には強いですね。

仙台市太白区にお住まいのお客様から、『キートップが外れてしまったので、修理出来ないか?』とお持ち込みいただきました。

よくあるキートップが一つ二つ外れているぐらいかな?と想像していましたが、実際に見てみるとかなりの数のキートップが外れていました。
どうしてこのような状態になったのか、お話を聞いてみると…
目を離したすきにお子様がいたずらしっちゃったみたい。
『これでも戻せるところは戻したんです…』とのことでした。
ここまで戻すだけでもかなり大変だったでしょうね。

残りのキーも一緒にお持ち込みいただきましたが、キートップ下のパンタググラフが折れてしまっていたり、それを固定するキーボード側のツメが変形していたりと、これ以上の修復は無理そうでした。
キーボード丸ごと交換が必要ですね。

そのことをお話し、見積もりにもご了承いただきましたので、早速新品のキーボードに交換。
当然ですが、キーの動作も良好ですね。

ハードディスクにも不良セクタが発生していましたので、新しいハードディスクに交換し、データも全て移し替えて修理完了となりました。



1 / 812345...最後 »

 

アクセス・営業日

アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。
駐車場も完備です。

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10~19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090

ご来店用アクセスマップはこちら>>


↑ PAGE TOP