【 電話診断無料のパソコン修理専門店【仙台のパソコン修理専門店】 】

お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

東芝 PX/410DL 突然止まって電源が切れた

TOSHIBA PX/410DL
Windows XPのかなり古めのノートパソコン。メモリが256MBという、2005年発売のモデルです。

『はがきを印刷しようとして使用している時に、突然止まって電源が切れた』とのこと。
その後立ち上げようと電源を入れても、英語のメッセージだけ表示され、Windowsが立ち上がらなくなったそうです。
急いでいるので何とかしてほしいと、仙台市青葉区のリピーターのお客様からお持込みいただきました。

お聞きすると、他の新しいパソコンにも同じはがき印刷のソフトが入っているものがあるそうですが、肝心のデータはこのXPのパソコンにしかないそうです。
すぐに印刷しなくてはならないため、このパソコンを一時的にでも修理するか、データを取り出してほしいとのご希望。
このパソコンはデータさえ取り出せれば不要とのことだったので、もう一台のパソコンに移すことで承りました。

時代的にも、使われているのはIDEタイプのハードディスク。
他のPCに接続すると、認識はしますが中身は見えず。
不良セクタが発生したわけではないようですが、パーティション情報が破損している様子。

そのままではデータを読み取ることができないため、念のためバックアップを兼ねてハードディスクのクローンを作り、データ復旧用の機械にかけてデータの取り出しにチャレンジ。

一晩かかりましたが、ほとんどのユーザデータが取り出せました。
最も必要なはがき印刷ソフトのデータも確認できました。

もう一台のパソコンではがき印刷ソフトを立ち上げ、データの取り込みを行うと、数百件の顧客データが見えるようになりました。

お客様は『全部打ち直しが必要かと思ったので、とても助かった!』と安心された様子。
このデータだけでなく、かなりの量の音楽データ等、ほとんどのデータが無事取り出せたので、お喜びいただけました。



NEC PC-HF350AAW 電源が入らない

NEC PC-HF350AAW
2015年発売、NECの15.6インチ液晶一体型デスクトップパソコン。
CPUはCore i3で、一般的なノートパソコンと同サイズの液晶を搭載。タッチ操作対応でバッテリも内蔵していますので、家の中だけで移動して使うような方に需要がありそうです。

『電源が入らない』とのことで、富谷市にお住まいのお客様からの修理依頼がありました。
どうやらお子さんがジュースをこぼしてしまったらしく、『しばらくは使えてたけど、今は全く電源が入らなくなってしまった』そうです。
前のパソコンから引き継いだ大事なデータも入っているらしく、かなりお困りな様子でした。

液体なのでどこまで侵入しているか想像がつきません…
分解して確認。

メモリの蓋を開けたら、マザーボードに腐食の跡が見えました。
さらにカバーを外してみると、腐植が進んだせいかコンデンサが取れて転がっている状態。

状態はかなり悪いですね。
腐食個所を洗浄し、同規格のコンデンサも取付けましたが、残念ながら電源は入らず。
多層基板なので、内部まで腐食が進んでいるのでしょう。
こうなるとマザーボードの交換が必要ですね。

ハードディスクは表面に少しだけ液体が付着していただけだったため、データが無事だったことが不幸中の幸い。
データの取り出し作業だけを行い、返却いたしました。



東芝 TX/64H2 起動しない

TOSHIBA TX/64H2
2009年発売、東芝 dynabook。
CPUはCore 2 DuoのWindows Vistaパソコンです。

『起動しない』ということで、多賀城市のお客様からお持込みいただきました。
さらに、キートップも2個外れていました。
確認すると、起動途中で英語のエラーメッセージが出て止まりました。
状況から、ハードディスク不良の可能性が高いとお話ししていると、『実は修理して使いたいのではなく、中のデータさえ取り出せれば…』とのお話。
ハードディスク自身は認識しているので、可能性は低くないことを話して、お預かりしました。

分解してハードディスクを調べると、年数が経っていることもあり、かなりの数のエラーセクタ。
ヘッドも劣化していることが考えられるので、まずはバックアップを取ろうとHDD全体を丸ごとコピーしました。

コピーハードディスクでユーザデータを確認すると、写真・動画などのファイルが多数ありました。
お客様へデータのサイズを報告したところ、データコピー用のハードディスクをお持込みいただけました。

外付けハードディスクはUSB3.0対応でしたので、当日にデータコピーが終了し、閉店前にお渡しすることができました。
しばらく放置していたパソコンから、大事なデータが取り出せ安心されていらっしゃいました。



Let’s note CF-W8GWLAJP Windows7へアップグレード

Panasonic CF-W8GWLAJP
2009年発売、12.1インチ液晶のパナソニック レッツノート。
Windows Vista世代ではめずらしく、標準で80GBのSSDが搭載されているという、パナソニックストアのWeb販売モデルです。
CPUはCore 2 Duo、メモリは2GBでした。

『Windows7へアップグレードしてほしい』とのことで、仙台市若林区にお住まいのお客様からご依頼。
過去に何度もお世話になっているリピーターさんですね。
SSDだけど不要なソフトがたくさん入ってて動作が遅かったとのことで、Windows7のクリーンインストールをご希望でした。

SSDは80GBしかないため、使用容量がパンパンで空きがほとんどありませんでした。
購入当初は問題ないかもしれませんが、年数が経つとWindowsの更新データ等が溜まってくるため、80GBでは足りませんね。

SSDを240GBのものへ換装し、Windows7のインストール。
ライセンス認証を行い、Windows7用のドライバをインストールしていきます。
ドライバとユーティリティでかなりの数があるため、作業時間の大半を費やしてしまいました。

元々付いていたSSDから、ユーザーデータを取り出してデスクトップに貼り付けておきました。
一緒にお持ちいただいたOfficeもインストール、ライセンス認証を行い作業完了です。

Vista世代のパソコンですが、Core 2 DuoとSSDなので快適に動いてくれますね。



東芝 T351/57CB 電源が入らない

TOSHIBA T351/57CB
2011年発売、15.6インチ液晶搭載の東芝 ノートパソコン。
OSは標準でWindows7がインストールされていましたが、無料アップグレード期間中にWindows10をインストールしたそうです。

栃木県のお客様から『電源が入らない』とメールでお問い合わせいただき、宅配便でお送りいただきました。
元々電源ジャックの接触が悪く、ACアダプタ差し込みの角度によっては通電しない状態だったらしいですが、バッテリーが残っている状態から突然電源が落ちたとのことなので、DCジャックだけの問題ではなさそうですね。

分解し確認したところ、やはり電源回路上でショート反応が…。
チップ部品を新品同規格のものに交換し、電源が入るようになりました。

DCジャックはやはり接触が悪かったので、在庫にあった部品と交換。
少々動かしても、途切れることなく充電されていますね。

ハードディスクを点検したところ、不良セクタが見つかりました。
起動は正常にしていましたが、お客様に相談したところ、今回一緒に交換することに。
データも設定も丸ごと新しいハードディスクにコピー可能なので、今まで通りの環境でお使いいただけます。

他も一通り点検し、修理完了後は代引きでお送りいたしました。



NEC PC-GL245UFDS Windowsが起動しなくなった

NEC PC-GL245UFDS
カスタマイズモデルのノートパソコン。
2011年頃の製品で、CPUは第二世代のCore i5、フルHDの液晶パネルを搭載していました。

仙台市宮城野区のお客様から、『Windowsが起動しなくなった』とお持込みいただきました。
受付で確認すると、Windowsの起動画面の後に自動修復のメッセージが出たまま進まず。
『元々Windows7だったが、自動的にWindows10になってしまい使いにくかったので、Windows7をクリーンインストールしてほしい。ハードディスクが悪かったら即交換でいいので、作業を早く進めてほしい』とのご希望。
仕事で使っておりインタネットエクスプローラのみしか使わないので、他のアプリケーションは不要とのことです。
状況から、ハードディスクのエラーの可能性が高いと説明し、お預かりしました。

お預かり後に調べると、ハードドディスクに多くのエラーがあり、コピーしようにもなかなか進みません。
データも不要とのことだったので、新しいハードディスクに交換して、Windows7をクリーンインストール。
全体の動作を確認すると、ハードディスク以外にはエラーはありませんでした。
Windowsアップデートを行い、1日半で修理完了となりました。



富士通 CE70J7 起動しない

FUJITSU CE70J7
OSがWindowsXPのデスクトップパソコン。
CPUはPentium4で、メモリは512M。
今のパソコンに比べると何とも寂しいスペックですが、XP全盛の時代では普通。使用には全く問題ありません。
今でもネットワークに接続せずに、当時のソフトを使用するのでしたら十分快適に使用できます。

『Windowsが起動しなくなった』ということで、仙台市青葉区のお客様からお持ち込みいただきました。
状況からして、ハードディスクがエラーを起こしている可能性が高そうです。

内蔵されているのは、3.5インチのIDEタイプのハードディスク。
保存されている情報を調べると、エラーを起こしているようです。
さらに使用時間には1の後に?マークが表示され、ディスクのエラーとともにハードディスクの保存情報もおかしくなっているようです。

テスト用のハードディスクにコピーを試みると、エラーをスキップしながら何とかコピーができました。
コピーしたハードディスクを取り付け、Windowsのシステムを修復すると、WindowsXPが無事起動しました。

IDEタイプのハードディスクは手に入りにくくなっていますが、在庫している同じサイズのIDEハードディスクにコピーし、修理完了です。



東芝 R732/36FB Windowsが起動しない

TOSHIBA R732/36FB
2012年発売、13.3インチ液晶搭載の東芝 ノートパソコン。
モバイル向けのノートパソコンですね。ボディにはマグネシウムを使用しており軽さと剛性を両立しています。
CPUはIvyBridge世代のCore i5を搭載。

『windowsが起動しなくなってしまった』ということで、仙台市若林区にお住まいのお客様からお持ち込みいただきました。
過去に別のパソコンで当店に修理をご依頼いただいたことがあるリピーターさんです。

起動させてみると、Windowsのロゴは表示されますが、そこから先に進みません。
Windowsのシステムファイルが正常でない症状なんですが、多くの場合はハードディスクに障害が発生しています。
年数から考えても、不良セクタが発生している可能性が高いですね。

取り外して検査を行いますが、このパソコンはメモリのカバーを外さないとハードディスクのカバーも外れない構造になっています。
ハードディスクを検査したところ、やはり不良セクタが発生していました。
交換が必要ですが、損傷は軽微だったため、初期化することなく修理出来ます。

新しいハードディスクにデータを全て移し、システムを修復して元通りの環境で起動するようになりました。



DELL PowerEdge SC1430 Windowsが起動しない

DELL PowerEdge SC1430
2006年発売、ミドルタワーデスクトップパソコン。
Woodcrest世代のXeonを搭載したサーバーマシンですね。
OSはWindows Server 2003 がインストールされていました。

『Windowsが起動しない』とのことで、仙台市青葉区のお客様から電話でご相談いただき、すぐにお持ち込みいただきました。
他店ではサーバーマシンと言っただけで、修理できないと断られたそうです。

起動時にRAIDに関する英文のメッセージが出て、その先に進みません。
160GBのハードディスクが2台搭載されており、RAID0で構成されているようですのでハードディスクの障害が疑われます。

取り外し検査を行ったところ、ハードディスク2台とも不良セクタが多数発生していました。
発売から11年も経っているのでしょうがないですね。むしろ、よく今まで動いていたなという感じです。

RAIDボードが装着されており、そこからSATAケーブルがハードディスクに繋がっている構造。
新品のハードディスクに交換し、RAIDを再構築。
それからOSをインストールしていきますが、途中でフロッピーディスクを使用し、不足しているドライバをインストールしなければハードディスクを認識してくれません。
最近のOSみたいに親切ではないですね。

フロッピー使用後は滞りなくインストールが完了し、OSも立ち上がるようになりました。
当たっていないドライバをインストールし、修理完了です。


SONY SVL24149CJB 起動しない

SONY SVL24149CJB
2013年発売、SONYのテレビ一体型デスクトップパソコン。
CPUは第3世代のCore i7を搭載し、OSはWindows8.1。まだまだ現役で十分使用できる性能を持っています。

仙台市泉区のお客様から、『Windowsが起動しない』とお持込みいただきました。
受付で確認すると、Windowsのロゴが出るところまで進みますが、そのまま待っても立ち上がりませんでした。
『仕事で使用しているので急いでいる』とのことで、特急修理です。

症状からハードディスクを疑い、分解して確認するとエラーは起こしておらず、使用時間もさほど長くありませんでした。
バックアップと詳細診断を兼ねて、クローンを作成。

他に原因があるとすれば、メモリやWindowsのシステム自体が考えられます。
メモリは標準で8GBのはずですが、お仕事で画像や動画を多く取り扱われるそうで最大容量の16GB搭載されていました。
3時間ほどテストしたところで、メモリのエラーを確認。
メモリスロットの接点をクリーニングし、BIOS設定も見直してから再びテストするとエラーが発生しましたので、メモリ自体の不具合と判断しました。
8GBメモリが2枚で16GBになっているため、どちらがエラーを起こしているか確認したいのですが、お客様は『時間優先で進めてほしい』とのご希望でしたので、2枚とも交換することになりました。

新しいメモリもテストし、ハードディスクを取り付けるとWindowsが正常に起動。
『かなり多くのプログラムをインストールしてあり環境の構築が大変なので、前と同じ環境で立ち上がらないと大変な作業になる』とおっしゃっていましたので、Windowsのシステムに異常が無いことが分かり、安心しました。

全体の動作確認を行い、他の部分に問題が無いことを確認して修理完了となりました。
『Win


1 / 1612345...最後 »

アーカイブ

▼▼▼
お見積り・お問い合せはこちらから
▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト

アクセス

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10〜19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090


お得なキャンペーン
レンタルパソコン
アップグレード
修理依頼書ダウンロード
初期化しちゃう?ちょっと待って

無料見積もりはこちら

特急修理

土日祝日も営業中

修理依頼書ダウンロード

メールはこちら

パソコン修理ブログ

ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。 泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

アクセスマップ

FAX

 キャンペーン一覧

レンタルパソコン

学生割引

リピーター割

同時に2台修理

リカバリディスク無料作成

返却時の送料無料

代引き手数料無料

買取対応

Windows VistaまたはXPからWindwos7へアップグレード

Windwos7 中古パソコン販売

 修理オプション一覧

Windwos7 中古パソコン販売

 今月の定休日

定休日はありません
土日祝日も営業中(10~19時)!
お急ぎの方はお電話ください。
022-771-2090
来店予約の連絡も不要です。

東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号

↑ PAGE TOP