【 電話診断無料の仙台のパソコン修理専門店 】

パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊 お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

Apple Mac mini (Mid 2011) OSが起動しない

富谷市にお住まいのお客様から『OSが起動しない』と、お持ち込みでの修理依頼がありました。

電源を入れると起動音が鳴り、読込中を示すプログレスバーも表示されますが、いつまで待ってもOSが起動しません。

ハードディスクに障害が発生している可能性があります。

小さな筐体の中に各部品がきっちりと詰め込まれているため、ハードディスクを取り外すのも取り付けるのも苦労します。


調べてみると、やはり不良セクタが発生していました。

発売から年数が経っていますので、壊れてもおかしくないですね。

どうせハードディスクの交換が必要なら…ということで、より高速なSSDに換装することに。

OSを再インストールし、快適に動作することを確認して修理完了となりました。


DELL Inspiron3470 Cドライブを広げたい

仙台市青葉区にお住まいのお客様から、2018年6月購入のまだ新しいDELL製 デスクトップパソコンをお持ち込みいただきました。

『Cドライブがいっぱいで、アプリケーションがインストール出来ない』とのこと。

Cドライブの空きは10GBほど。対してDドライブは930GBも空いていたので、

ご自身でパーテーションを変更しようと、いろいろと触っているうちにおかしくなったそうです。

お預かりしたときは、ディスクの管理が開けない、Cドライブは表示してもその下のフォルダは表示されない… など、あらゆる操作に制限がありました。

搭載されていたのは、Cドライブ用にM.2のSSD 128GBと、Dドライブの1TB ハードディスク。


お客様は1ドライブだとおっしゃっていましたが、出荷時から同じ構成でした。

SSDの速さに慣れて『今より遅くなるのは耐えられない』とのことでしたので、Cドライブを広げるには大きいサイズのSSDに変えるしかありません。

ご説明して、240GBのM.2 SSDに交換。

データも設定も環境そのまま移行し、換装後のCドライブ空きは100GB以上になりました。

ソフト関係はCドライブで、データはDドライブに… と説明しましたが、アプリケーション上でそのまま保存しようとするとCドライブに入る設定なので、使い方に慣れるには時間がかかりそうです。



東芝 T451/45EW 広告が表示される

『画面の右下に広告が表示される』と、仙台市内にお住まいのお客様からお持ち込みでの修理依頼がありました。

パソコンを起動してデスクトップが表示されると、右下にウィルスの警告や、セキュリティソフトの購入を促す広告が次から次へと表示されます。


ウィルスの脅威を示す?謎の世界地図やら… 様々なパターンがあります。


全て詐欺まがいの広告ですね。

悪質なソフトがたくさんインストールしているみたいなので、一つ一つ確実に削除を行います。

全てのプログラムからのアンインストールだけで消えてくれるものもありましたが、

今回の場合は一覧に表示されていないものだったり、

アンインストールしようとしてもエラーで消せなかったりと、

一筋縄ではいかないものが多かったです。

ブラウザのトップページも改ざんされていたので、余計なアドオンや検索プロバイダは削除し、お客様ご希望のトップページに変更を行いました。


Let’s note 修理しないでデータだけ取り出し

Let’s note CF-SX1GDHYS 起動しない データのみ取り出し


2012年発売、Core i5を搭載。

『仕事のデータが入っているので取り出してほしい』と、富谷市の方からお持ち込みいただきました。

2年ほど前に液晶画面を割ってしまい、他の修理屋さんで液晶パネルを交換されたそうですが、すぐに2日後にWindowsが起動しなくなったとのこと。

同じところに修理を依頼したら「ハードディスクにも損傷があるのでデータ取り出すなら10万円」とのことであきらめていたそうです。

会社のパソコンで、今は新しく支給されたパソコンを使っているので修理は不要とのこと。

お預かりして調べてみると、ハードディスクに不良セクタがありWindowsが起動しない状態。

それでもユーザーデータの取り出しには何ら支障なく、50GB程度だったので64GBのUSBメモリに格納してお渡ししました。


Let’s note CF-SXシリーズ ハードディスク交換

Let’s note CF-SX3YEQBR すぐにフリーズする


2013年発売、黒ボディのPanasonic レッツノート。

第4世代のCore i5 CPUで、DVDドライブも搭載しており、モバイルには持って来いのパソコンです。

大崎市のお客様から『起動するけど、すぐにフリーズする』とお持ち込みいただきました。

Windowsのシステムに不具合があることは間違いないのですが、単純にシステムだけの問題なのか、ハードディスクに障害が発生してシステムがおかしくなったのかを見極める必要があります。

ハードディスクを検査すると、不良セクタが多数。

よくあるケースですが、不良セクタのせいでWindowsシステムが破損したというところでしょう。

それでもクローンは作成できたので、そちらを取り付けてシステムの修復を試みましたが、どうやっても失敗しました。

テスト用のHDDでリカバリを行い、他に不具合はなく正常に動作することは確認できました。

『リカバリも止む無し』とご了承いただいていましたので、ハードディスクの交換とリカバリを進め、Windows8.1にアップデート。

動作点検を行い、リカバリディスクを作成して修理完了となりました。





Panasonic Let’s note CF-SX3 起動しない


パナソニックのWEB限定モデルのレッツノートです。

修理として預かる中では、比較的新しいモデルですね。

CPUはCore i7 4600U搭載で、OSはWindows8ですが、Windows7のダウングレードが選択できたようです。

仙台市内の企業様からのメールでお問い合わせいただき、後日宅配便でお送りいただきました。

『起動しなくなってしまった』とのこと。

早速起動させてみますが、画面が真っ暗なまま一向に起動してきません。

ハードディスクの検査すると、全く認識できない状態です。

本体の方もメモリテストを実行しますが、途中で電源が落ちてしまいます。

おそらく使用中に電源断を繰り返し、ハードディスクに損傷を与えてしまったようです。

電源が落ちるタイミングは電源投入直後だったり、1時間後だったりと不規則な症状です。

メインボードを詳しく見ていきましたが、CPUなどの異常発熱などもなく、ボードそのものの交換が必要なようです。

今回はメインボード交換とハードディスク交換、そしてWindowsの再セットアップにてお見積り。

ご了承をいただき、早速メインボードの手配を行います。

およそ3日で部品が到着し、交換後に新品ハードディスクを取り付けてWindowsをリカバリ。

念入りにエージングテストを行って、途中で電源が落ちたりしないことが確認できましたので修理完了です。

おそらくCPU周りの不具合と思われますが、レッツノートの場合はCPUが基盤に実装(オンボード)されていて、交換ができません。

ボード交換になると高額になると思われがちですが、機種によっては中古部品等も手配できますので、ぜひお問い合わせください。
Panasonic CF-SX


Let’s note CF-LX・R・Wシリーズ ハードディスク交換

Let’s note CF-LX3SEABR Windowsが起動しない


『起動しない』と、仙台市内にお住まいのお客様よりお持ち込みいただきました。


『最近動作が遅かったので、Windowsの復元作業を試してみたら、自動修復を繰り返して起動しなくなってしまった』そうです。

動作が遅かったということなので、ハードディスクに障害が発生している可能性が高いですね。

ハードディスクを取り外し、検査を行ったところ… やはり不良セクタがありました。

新しいハードディスクにリカバリデータを移し、初期化を実行。

Windows7にリカバリします。

一通り点検して、最後にひたすら時間の掛かるWindowsアップデートを行い、修理完了。


心配していたユーザーデータの方は問題なく取り出せたので、お客様も喜んでいらっしゃいました。

 

 

Let’s note CF-R2CW1AXR Windowsが起動しない


2004年に発売された、10.4インチ液晶搭載のパナソニック レッツノート。

OSはWindows XPで、CPUはPentiumを搭載。

10年以上前のパソコンですが、この軽さは驚きですね。マグネシウムボディなので、堅牢さと軽さを両立しています。

『Windowsが起動しなくなった』ということで、仙台市内泉区にお住まいのお客様から電話でご相談いただき、そのままお持ち込みいただきました。

起動中に、ブルースクリーンが出て電源が落ちてしまいます。

全く起動しないわけではなく、デスクトップまで表示され、しばらくしてから落ちたり、セーフモードだと起動するときもある… といった状態。

起動しているうちに、大事なデータはバックアップしたそうです。

状況から、ハードディスクが怪しいですね。

早速分解し、確認。

ハードディスクは、パームレストを外さないと交換できないようになっています。

レッツノートにしてはビスの数が少なく、分解方法がわかっていればそれほど苦労はしません。

ハードディスクを検査したところ、やはり不良セクタが出ていました。

交換が必要ですが、この機種は通常の5V駆動のものは使用できないため、少し手を加える必要があります。

ハードディスクを交換し、Windows XPをクリーンインストール。

ドライバも全てインストールし、修理完了となりました。


 

 

Panasonic CF-W4GW9AXS 起動が遅い


人気のLet’s note!XP世代の機種ですね。

電源を入れてからデスクトップにたどり着くまで非常に時間が掛ります。

一度パソコンを離れて、コーヒーを淹れて一口飲むくらいの用事を済ませることが出来るくらい、遅い。

発売から年数が経っているモデルなのでハードディスクがだいぶ劣化してそう…

ということで、ハードディスクを取り出していきます。

最近のモデルだとバッテリーを外すとHDDにアクセスできるのですが、この機種はキーボードを外し、パームレストまで外さないとアクセスできません。

レッツノートの分解はネジの種類がたくさんあって結構大変です。

キーボードが両面テープで固定されていますので、変形しないように注意しながら取り外す必要があります。

HDDを検査した結果、やはりエラー多数。

新しいHDDに引っ越ししたところ、起動スピードはだいぶ改善されました。

パソコンの買い替えを考えているそうですが、レッツノートはサブマシンとしてまだまだガンバってもらうそうです。
IMG_20141123_143115

 

 

Panasonic CF-W7 Windowsが起動しない


パナソニックのモバイルノートパソコン、人気のあるLet’s note。

12.1インチ液晶、Windows Vista搭載CF-W7BWHNJPの修理依頼です。

とても剛性が高そうな形状で、ガンガン持ち歩けそうなパソコンです。

症状は、『Windowsが起動してこない。システムの修復に入るが結局修復できずループしてしまって、セーフモードで起動しても操作不能でどうしようもない』とのこと。

ハードディスク障害の可能性大! …と、受付のときは考えていました。

結論から言ってしまうとハードディスクは異常なし。

ウイルスもいませんでした。断言はできませんが、どうやら悪さをしていたのはウイルスセキュリティソフト。

たま~にですが、ウイルスセキュリティソフトとWindowsの相性が悪く、Windowsのアップデートでシステムに被害を及ぼしてしまうことがあります。

レジストリの編集や修復で直る場合が多いのですが、今回に限ってはいろいろ試しましたが力及ばず。

泣く泣くリカバリし、バックアップしておいたお客様のデータを移動させます。

この症状とは直接関係はしないのですが、メモリにも異常がありましたので新品のメモリと交換、動作テストし修理完了です!

こういった症状はWindows XPやVistaでよく聞きます。基本的にアップデートは自動的に行われてしまいますので、何の前触れもなく突然こうなってしまうことが多いです。

恐ろしいですね><

こういった症状でお困りでしたら一度ご相談くださいませ~



MouseComputer 0907MD-AD6300B-XP ファンの異音がする

『ファンの異音がする』ということで、名取市のお客様からWindows XPのデスクトップパソコンをお持ち込みいただきました。

電源を入れた途端、内部から猛烈な音が出ます。

今回の修理に合わせて、『大事なデータのバックアップを自動で取れるようにしたい』とのこと。

異音の原因は、グラフィックボードの冷却ファンでした。


特殊な形のファンですので、ファンのみ交換ではなくグラフィックボードごとの交換が必要です。

比較的安価なグラフィックボードを選んでも、XP時代のものに比べれば性能は格段に向上しています。

在庫のグラフィックボードを取り付け、XP用のドライバを入れると正常に表示されるようになりました。

データのバックアップも大事ですが、そもそも内蔵のハードディスクが劣化していましたので、ご相談の結果、合わせて交換することに。


バックアップ用の外付けハードディスクに自動バックアップの設定を行い、修理完了となりました。


富士通 NF/E70N Windowsが起動しない

『Windowsが起動しない』と、名取市にお住まいのお客様からお持ち込みでの修理依頼がありました。

2009年10月発売、Windows7が出たばかりのころの機種です。

NF/E70のカスタムメイドモデルで、Windows10にアップグレードされていました。

発売からもうすぐ10年ですが、使用感も少なく、とてもキレイ。


サインインの画面の後、画面が真っ暗なまま何も表示されない状態。

いくら待ってても真っ暗なまま…。

仕事しようと電源を入れたらWindowsの更新画面になり、再起動したらこのようになったそうです。

ハードディスクを検査してみても異常は見つかりません。

タイミング的に更新プログラムの不具合でしょう。

いくつかのパターンでシステムを修復してみたところ、Windowsの起動が確認できました。


今回は環境もデータもそのままで起動できましたが、『仕事のデータもあるので、トラブルに備えてバックアップを取っておきたい』とのことで、

極小のUSBメモリ(16GB)を背面のUSBコネクタに付けっぱなしにし、ユーザーデータを自動的にバックアップするよう設定してお返しいたしました。


NEC PC-MJ37LBZLCGST  Windowsが起動しない

仙台市のお客様から、仕事で使用しているスリムタイプのNECデスクトップパソコンをお持ち込みいただきました。

2016年くらいの製品でしょうか… Windows10を標準で搭載しています。

電源を入れると自動修復の画面になりますが、結局修復できずに止まってしまう状態。

しばらく前から調子がおかしかったので、ご自分でリカバリを行い、その後少しの間は使用できたそうなのですが…

アップデート後に起動しなくなったのであればWindowsのシステムファイルの問題も考えられますが、

リカバリしても再発していることから、ハードディスクのエラーが濃厚。

ハードディスクを取り出して調べると、かなりの不良セクタが発生していました。


HDD全体を丸ごとコピーし、新しいのHDDを取り付けて電源ON。

もちろん、そのままでは起動しませんでしたが、システムの修復を何度か行って正常に起動するようになりました。

業務用の特殊なソフトがインストールしてあるそうで、リカバリするとその設定が大変とのこと。


今回は元の環境で立ち上がりましたので、『手間なくそのまま使用できるから助かった』と喜んでいらっしゃいました。


SONY VPCSB2BGJ 動作が遅い

SONY VPCSB2BGJ

2011年発売、13.3インチ液晶のコンパクトなノートパソコン。

CPUはCore i3でメモリは2GB、OSはWindows7を搭載。

お預かりしたモデルは法人向けの型番で、コンパクトなだけあってモバイル向きです。

仙台市のお隣、利府町の会社の方から『動作が遅い』とお持ち込みいただきました。

起動は正常でも、ハードディスクにエラーがあると動作が遅くなってしまいます。

さらに、出荷時からWindows7の64bit OSですが、搭載されているのは2GBメモリ。

最低要件は満たしているのですが、2GBではすぐに100%使ってしまうので足りません。

ハードディスク交換とメモリの増設を行うことになりましたが、せっかくお預かりしたので、分解して内部清掃も。

この機種は分解が難しい機種ですが、マザーボードまで取り外して、内部の埃を取り除き、CPU放熱グリスも塗りなおしました。


お預かり時に比べると格段にスムーズな動作になったことを確認して、修理完了となりました。


1 / 2412345...最後 »

 

アクセス・営業日

アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。
駐車場も完備です。

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10~19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090

ご来店用アクセスマップはこちら>>


↑ PAGE TOP