【 電話診断無料の仙台のパソコン修理専門店 】

パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊 お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

富士通 AH47/K Windowsが立ち上がらない

2013年発売、富士通の15.6インチ液晶ノートパソコン。

CPUは第4世代のCore i7。いまでも現役で十分使用できます。

『Windowsが立ち上がらない』ということで、仙台市宮城野区のお客様からお持ち込みいただきました。

Windows8.1で使用されていたそうですが、『青い画面に英語の文字が表示されて、起動しなくなった』そうです。

起動しない以外に、液晶に何箇所か黒い水玉のような部分ができて、表示されない部分がありました。

パソコンをカバンに入れて持ち運びしているうちに、圧迫されて破損してしまった様子。

修復はできないので、液晶パネルの交換も必要です。

お預かりして確認すると、Windowsのシステムに異常があるものの、ハードディスクに物理的なエラーはなく、何通りかのWindowsの修復を行ったところ、正常に起動するようになりました。

液晶パネルも交換し、修理完了となりました。


富士通 AH53/R 液晶画面割れ

2014年発売、富士通の15.6インチ液晶ノートパソコン。

第4世代 Core i7を搭載しており、まだまだ現役で使用できるパソコンです。

『液晶が割れてしまった』と、富谷市にお住まいの方からお持ち込みでの修理依頼がありました。

液晶パネルの左から中央に向かってヒビが入ってます。


転倒した先にこのパソコンがあったそうで、体重が加わって割れてしまったみたい。

液晶パネルの交換が必要です。

いつも通りべゼルを外して交換したいところですが、この機種はべゼルを固定しているビスが意地悪な位置にあるので、トップケースを外さなければいけません。


他の機種より手間はかかりましたが、在庫の液晶パネルを使用し、修理完了。

キャンペーン対象機種なので、安価に修理可能です。


富士通 AH53/A3 液晶画面割れ

2017年発売、富士通の15.6インチ液晶ノートパソコン。

タッチパネルではないフルHD液晶で、CPUはCore i7-6700HQを搭載しています。

メモリ8GBでブルーレイドライブも搭載していますので、ハードディスクではなくSSDだったらものすごく快適動作ですね。


『液晶が割れた』と、仙台市若林区のお客様からお持ち込みいただきました。

薄く線が出るだけで、画面に何も表示されず使用できません。

フルHDの液晶パネルですが、適合する在庫がありましたので、早速交換。

液晶パネル以外には問題なさそうでしたが、スペックの割には動作が緩慢で気になるレベル。

バックグラウンドで動いているユーティリティがたくさんあり、立ち上がるとこれらが一斉に動作し始めるのが原因でした。

現在は使用していないプリンタということでしたので、整理しておきました。

エージングテストを行って、修理完了です。


富士通 AH42/R 液晶割れ

2014年発売、富士通の15.6インチ液晶ノートパソコン。

このAH42/RはWindows8.1ですが、Windows7のNEC製ノートパソコンと2台一緒にお持ち込みいただきました。

新しい環境で使用するため、富士通のパソコンを中古で購入したそうですが、2年ほど前に液晶画面を割ってしまったとのこと。

それをそのままにして、古いほうのWindows7パソコンを使用されていたそうです。

Windows7のパソコンはキーボード不良で、どちらを直すか悩んでいらっしゃいましたが…

Windows7のサポート終了時期と、富士通のパソコンが液晶の特価修理キャンペーンの対象機種であることもあり、AH42/Rの液晶交換となりました。

液晶パネル交換と合わせて、NECパソコンからデータの移行も行い、修理完了。

これでやっと、Windows8.1がメインPCとなりました。



富士通 AH45/J 電源が入らない

2012年発売、富士通の15.6インチ液晶ノートパソコン。

CPUはCore i3のWindows8マシンです。

『電源が入らない』ということで、仙台市内にお住まいにお住まいの客様からお持ち込みでの修理依頼がありました。

ACアダプタを挿しても、ランプは何も点灯せず。

もちろんACアダプタのは異常なく、パソコン内部の問題です。

このような状態になってしまったのは、富士通のバッテリー制御アップデートツールという表示に従い操作し、BIOSをアップデートしたところ途中でフリーズしたとのこと。

いくら待っても起動しないので、電源を強制的に落としたら、そこから全く電源が入らなくなってしまったそうです。

タイミング悪く電源回路の部品がショートしたとかではなく、BIOSデータの障害が原因ですね。

まずはBIOSが保存されているROMにアクセスするため、マザーボードを取り外します。




BIOSが格納されているROMは3つありますが、問題のあるROMを特定し、内部データの修復を行うと電源が入るようになりました。

バッテリー制御アップデートツールはWindowsアップデートで配信されます。

画面に大きく表示されるので、そのまま適用して同じように失敗した方からの相談が、最近多いですね。


富士通 NF/E70N Windowsが起動しない

『Windowsが起動しない』と、名取市にお住まいのお客様からお持ち込みでの修理依頼がありました。

2009年10月発売、Windows7が出たばかりのころの機種です。

NF/E70のカスタムメイドモデルで、Windows10にアップグレードされていました。

発売からもうすぐ10年ですが、使用感も少なく、とてもキレイ。


サインインの画面の後、画面が真っ暗なまま何も表示されない状態。

いくら待ってても真っ暗なまま…。

仕事しようと電源を入れたらWindowsの更新画面になり、再起動したらこのようになったそうです。

ハードディスクを検査してみても異常は見つかりません。

タイミング的に更新プログラムの不具合でしょう。

いくつかのパターンでシステムを修復してみたところ、Windowsの起動が確認できました。


今回は環境もデータもそのままで起動できましたが、『仕事のデータもあるので、トラブルに備えてバックアップを取っておきたい』とのことで、

極小のUSBメモリ(16GB)を背面のUSBコネクタに付けっぱなしにし、ユーザーデータを自動的にバックアップするよう設定してお返しいたしました。


富士通 NB9/90R 電源ジャックの接触が悪く電源が落ちる

長野県の方から『Windows XPの古いパソコンは修理可能か』とお問い合わせがありました。

お聞きすると、電源ジャック部分の接触が悪いようで、電源がつながったり切れたりするとのこと。

宅配便で送っていただきました。

分解して確認すると、電源ジャックはマザーボードに直接ハンダ付けされていました。


ジャック自体は破損しておらず、基盤の裏でハンダにヒビが入っていました。

これでは接触不良になるのは当たり前ですね。

基板のパターンにも破損は無いので、古く劣化したハンダを取り除いて、再ハンダ。

回路的に繋がるので通電するのは当たり前ですが、その他に不具合はないかテストを行い、

電源ジャック部をパテで補強して負荷がかからないようにし、組み立て。


年数が経過していますが、バッテリの充電も問題なく、修理完了。

宅配便でお客様の元へ返送いたしました。


富士通 AH42/A3 ウィルスに感染した

『ウィルスに感染してしまい、パソコンの挙動がおかしい』ということで、富谷市にお住まいのお客様からお持ち込みでご相談がありました。

症状は、Windowsが起動したりしなかったり、したとしても起動に時間がかかったり、アプリケーション起動時に毎回メッセージが表示されるようになってしまうそうです。

電源スイッチを押して、【FUJITSU】ロゴが出るまで、かなり時間が掛りました。

ウィルスだけではこんなに遅くはならないので、他の機械的トラブルが考えられますね。

そして、Windowsを起動したときにデスクトップに怪しいアイコン。

よく見るアドウェアと呼ばれるやつですね。有償のサポートやソフトに誘導する悪質なものです。


起動が遅い原因は、意外なところにあり、キーボードのHomeキーが張り付いて、押されっぱなしの状態になっていました。

洗浄して元に戻すと、起動も動作も全く正常に戻りました。


アドウェアも全て消して、修理完了。

当店にお持ちいただく前、別の業者さんに出張修理でアドウェアの削除を頼んだそうですが、今まで問題なかったWindowsの起動も遅くなってしまったとのこと。

直ってないし、状態が悪くなってると文句を言っても「出張訪問して、作業は行ったので」と、お金を取られてしまったそうです。

ひどい業者さんもいるんですね…。


富士通 SH55/W 画面に何も映らない

『画面に何も表示されなくなった』と、富谷市にお住まいのお客様からお持ち込みでの修理依頼がありました。

電源を入れてもファンが回るだけで、画面は全くの無反応。FUJITSUのロゴすら出ません。

状況を詳しく聞いてみると、『画面に出た表示どおりにBIOSのアップデートをしたらフリーズしたので、仕方なく強制終了したら起動しなくなってしまった』とのこと。

明らかにBIOSアップデート失敗ですね。

BIOSが格納されているEEPROMは、マザーボードに実装されています。

ボトムケースを外せば見えるので、アクセスは容易です。


はんだで表面実装されているICを取り外し、別の機器に接続して16進数データを読み込み。

BIOSプログラムの部分のデータだけエディタで書き換えて、EEPROMのデータを一旦消去し、書き込みます。

再度マザーボードに実装し、電源を入れると【FUJITSU】のロゴが表示され、起動しました。

BIOSアップデート失敗の直前までは普通に使っていたものなので、BIOS以外には異常なく、修理完了。

マザーボード交換の必要がなく修理出来たので、『安く済んでよかった』とお客様も喜んでいらっしゃいました。



富士通 AH77/E Windowsが起動しない

『Windowsが起動しなくなった』と、仙台市内にお住まいのお客様からお持ち込みでの修理依頼がありました。

『最近どうも動作が遅いなー』と思ってデフラグを実行してみたらフリーズし、いくら待っても動かないので強制終了したら起動しなくなったとのこと。

2012年発売のモデルなので、ハードディスクが壊れてしまった可能性あり。

ハードディスクを取り外して調べてみたら、やはりエラーが発生していました。

パソコンはハードディスクを交換し、OSを再インストール。

一緒にお持ち込みいただいたOffice2010のライセンス認証を済ませることで、買った時の状態まで復帰しました。


が、ハードディスクの状態が想像以上に悪く、PCに接続しても認識できず。

大事なデータが入っているとのことだったので、データの復旧作業を行うことに…。

データ復旧専用の機械に接続し、ユーザーデータの救出を試行。

かなり時間が掛かり、取り出せたデータの中にも破損ファイルがありましたが、多くの画像データを復旧できました。

劣化しているハードディスクで負荷の掛るデフラグを行うと、今回の様にとどめを刺してしまうことがあるので、注意が必要です。



1 / 1012345...最後 »

 

アクセス・営業日

アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。
駐車場も完備です。

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10~19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090

ご来店用アクセスマップはこちら>>


↑ PAGE TOP