【 電話診断無料のパソコン修理専門店【仙台のパソコン修理専門店】 】

お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

東芝 T351/57CR 電源が入らない

TOSHIBA T351/57CR
Core i5 CPUを搭載した、東芝の標準的なノートパソコン。

塩釜市のお客様から『電源が入らない』とお持込みいただきました。
受付で確認すると、ACアダプタを接続してもバッテリの充電ランプすら点きません。

この機種は、電源回路の部品がショートして電源が入らなくなる症状で修理をご依頼いただくことが多い機種。
その可能性が高いことを説明し、お預かりしました。

マザーボードを取り出して確認すると、やはり19.5Vの電源回路がショートしていました。
闇雲に部品を交換するのではなく、原因となっている部品を特定して交換しますが、同じ回路に同じ部品が多数使われていることから、不良でない部品も合わせて交換しています。
今回も同様に作業し、仮組みで電源を入れると【dynabook】の表示がディスプレイに表れました。

他に異常がないか点検すると、ハードディスクにエラーセクタを確認。
Windowsの起動はしますが、Windows Liveのソフトがエラーで起動できないという表示が出ていました。

今後もしばらく使用するのでハードディスクも交換するとのことで、新しいHDDに環境をそのまま移行し、Windows Liveのソフトを入れ直しました。
エージングテストを行い、異常が出ない事を確認。
最後にリカバリディスクを作成して、修理完了となりました。



東芝 PX/410DL 突然止まって電源が切れた

TOSHIBA PX/410DL
Windows XPのかなり古めのノートパソコン。メモリが256MBという、2005年発売のモデルです。

『はがきを印刷しようとして使用している時に、突然止まって電源が切れた』とのこと。
その後立ち上げようと電源を入れても、英語のメッセージだけ表示され、Windowsが立ち上がらなくなったそうです。
急いでいるので何とかしてほしいと、仙台市青葉区のリピーターのお客様からお持込みいただきました。

お聞きすると、他の新しいパソコンにも同じはがき印刷のソフトが入っているものがあるそうですが、肝心のデータはこのXPのパソコンにしかないそうです。
すぐに印刷しなくてはならないため、このパソコンを一時的にでも修理するか、データを取り出してほしいとのご希望。
このパソコンはデータさえ取り出せれば不要とのことだったので、もう一台のパソコンに移すことで承りました。

時代的にも、使われているのはIDEタイプのハードディスク。
他のPCに接続すると、認識はしますが中身は見えず。
不良セクタが発生したわけではないようですが、パーティション情報が破損している様子。

そのままではデータを読み取ることができないため、念のためバックアップを兼ねてハードディスクのクローンを作り、データ復旧用の機械にかけてデータの取り出しにチャレンジ。

一晩かかりましたが、ほとんどのユーザデータが取り出せました。
最も必要なはがき印刷ソフトのデータも確認できました。

もう一台のパソコンではがき印刷ソフトを立ち上げ、データの取り込みを行うと、数百件の顧客データが見えるようになりました。

お客様は『全部打ち直しが必要かと思ったので、とても助かった!』と安心された様子。
このデータだけでなく、かなりの量の音楽データ等、ほとんどのデータが無事取り出せたので、お喜びいただけました。



東芝 T552/58FR Widnowsが起動しない

TOSHIBA T552/58FR
2012年発売、15.6インチ液晶の東芝 ノートパソコン。
OSはWindows7で、IvyBeridge世代のCore i7を搭載しています。

『Windowsが起動しない』ということで、鳥取県にお住まいのお客様から宅配便でお送りいただきました。
電源を入れると「起動ディスクが無い」という英語のメッセージが出てきて、そこから先に進みません。
可能性としては、ハードディスクの障害が一番高いですね。

ハードディスクを取り出して確認してみると、他の機器でも全く認識してくれない状態でした。
お客様に状況をお伝えすると、『データは定期的に外付けのハードディスクにバックアップを取ってあるから必要ない。どうせ交換するのであれば、ハードディスクじゃなくSSDに換装してほしい』とのこと。
「バックアップを取っていない」とか「しばらく前にバックアップを行ったが、ここ最近のものがない」という方が多いため、データが不要といのは結構めずらしいケースです。

SSDに換装し、リカバリを実行。
やはりSSDということもあって動作も速く、200個以上あるWindowsアップデートもそれほど時間かからずに終わりました。

修理完了後は破損の無いよう厳重に梱包し、宅配便でお送りいたしました。



東芝 EX/37MR 液晶パネルが割れた

TOSHIBA EX/37MR
2014年発売、東芝製の薄型ベーシックノートパソコン。
CPUはCeleronが使われている、Windows8.1のPCです。
エントリー向けの感じですが、ドライブはブルーレイ対応のもの。
ネットサーフィンやメール、office等で使用するのであれば、これでも充分ですね。

名取市のお客様から『液晶パネルが割れてしまった』とお持ち込みいただきました。
受付で確認すると、液晶の右側から割れが広がり、何が表示されているか全く分からない状態。

このパソコンは標準的な15.6インチサイズの薄型液晶パネルが使われているので、在庫のもので相性問題などさえなければすぐに直せることをお客様へ説明すると、安心していらっしゃいました。

液晶パネル交換費用の概算にご了承をいただいたため、すぐに交換。
相性問題もなく、【dynabook】のロゴ表示が現れました。

ハードディスク・メモリ等、一通り点検を行いましたが、特に異常ありませんでした。
動作確認とエージングを兼ね、翌日までテストを行って、修理完了。

お客様へ修理完了の連絡をすると、当日の夕方には取りにいらっしゃいました。



東芝 TX/64H2 起動しない

TOSHIBA TX/64H2
2009年発売、東芝 dynabook。
CPUはCore 2 DuoのWindows Vistaパソコンです。

『起動しない』ということで、多賀城市のお客様からお持込みいただきました。
さらに、キートップも2個外れていました。
確認すると、起動途中で英語のエラーメッセージが出て止まりました。
状況から、ハードディスク不良の可能性が高いとお話ししていると、『実は修理して使いたいのではなく、中のデータさえ取り出せれば…』とのお話。
ハードディスク自身は認識しているので、可能性は低くないことを話して、お預かりしました。

分解してハードディスクを調べると、年数が経っていることもあり、かなりの数のエラーセクタ。
ヘッドも劣化していることが考えられるので、まずはバックアップを取ろうとHDD全体を丸ごとコピーしました。

コピーハードディスクでユーザデータを確認すると、写真・動画などのファイルが多数ありました。
お客様へデータのサイズを報告したところ、データコピー用のハードディスクをお持込みいただけました。

外付けハードディスクはUSB3.0対応でしたので、当日にデータコピーが終了し、閉店前にお渡しすることができました。
しばらく放置していたパソコンから、大事なデータが取り出せ安心されていらっしゃいました。



東芝 T351/57CB 電源が入らない

TOSHIBA T351/57CB
2011年発売、15.6インチ液晶搭載の東芝 ノートパソコン。
OSは標準でWindows7がインストールされていましたが、無料アップグレード期間中にWindows10をインストールしたそうです。

栃木県のお客様から『電源が入らない』とメールでお問い合わせいただき、宅配便でお送りいただきました。
元々電源ジャックの接触が悪く、ACアダプタ差し込みの角度によっては通電しない状態だったらしいですが、バッテリーが残っている状態から突然電源が落ちたとのことなので、DCジャックだけの問題ではなさそうですね。

分解し確認したところ、やはり電源回路上でショート反応が…。
チップ部品を新品同規格のものに交換し、電源が入るようになりました。

DCジャックはやはり接触が悪かったので、在庫にあった部品と交換。
少々動かしても、途切れることなく充電されていますね。

ハードディスクを点検したところ、不良セクタが見つかりました。
起動は正常にしていましたが、お客様に相談したところ、今回一緒に交換することに。
データも設定も丸ごと新しいハードディスクにコピー可能なので、今まで通りの環境でお使いいただけます。

他も一通り点検し、修理完了後は代引きでお送りいたしました。



東芝 KIRA V63/27M 液晶割れ

TOSHIBA KIRA V63/27M
2014年発売、13.3インチ液晶搭載の東芝 ノートパソコン。
SSDを搭載し、持ち運びに最適なウルトラブックですね。マグネシウムボディなので、軽量で剛性も高いです。

『液晶パネルが割れてしまった』ということで、仙台市太白区にお住まいのお客様からお持ち込みいただきました。
事前にホームページからお問い合わせもいただいていましたので、メールでおおよその金額は伝えてありました。

割れ方から見ると、キーボードの上に何かものを置いたまま閉めてしまったのではないでしょうか。
右下から割れが広がっており、左半分も縦線が入り全く見えない状態でした。

割れたものはどうしようもないので、液晶パネルの交換が必要ですね。
同時期に発売された別のモデルはタッチパネルや2560×1440の高解像度タイプもありますが、お預かりしたモデルはタッチなし1366×768でした。

この機種の液晶パネル交換は難易度が高めです。
通常の液晶交換同様にべゼルを取り外すところからですが、べゼルが薄いのと強力な両面テープが使用されているので、破損に注意しなければなりません。
液晶下部のディスプレイケーブルや、無線LANのアンテナを隠しているカバーも忘れずに外します。

液晶パネルを新品に交換し、両面テープでしっかりと固定。
正常に表示されることを確認し、その他の動作点検も行って、修理完了です。



東芝 R732/36FB Windowsが起動しない

TOSHIBA R732/36FB
2012年発売、13.3インチ液晶搭載の東芝 ノートパソコン。
モバイル向けのノートパソコンですね。ボディにはマグネシウムを使用しており軽さと剛性を両立しています。
CPUはIvyBridge世代のCore i5を搭載。

『windowsが起動しなくなってしまった』ということで、仙台市若林区にお住まいのお客様からお持ち込みいただきました。
過去に別のパソコンで当店に修理をご依頼いただいたことがあるリピーターさんです。

起動させてみると、Windowsのロゴは表示されますが、そこから先に進みません。
Windowsのシステムファイルが正常でない症状なんですが、多くの場合はハードディスクに障害が発生しています。
年数から考えても、不良セクタが発生している可能性が高いですね。

取り外して検査を行いますが、このパソコンはメモリのカバーを外さないとハードディスクのカバーも外れない構造になっています。
ハードディスクを検査したところ、やはり不良セクタが発生していました。
交換が必要ですが、損傷は軽微だったため、初期化することなく修理出来ます。

新しいハードディスクにデータを全て移し、システムを修復して元通りの環境で起動するようになりました。



東芝 T351/57CB 電源が入らない

TOSHIBA T351/57CB
2011年発売、15.6インチ液晶搭載の東芝ノートパソコン dynabook。
CPUはSandyBridge世代のCore i5です。
OSは元々Windows7がインストールされていましたが、無償アップグレード期間中にWindows10をインストールして使われているそうです。

佐賀県のお客様から、『電源が入らなくなった』ということでメールにてお問い合わせいただき、宅配便でお送りいただきました。
この症状でこの機種だと電源回路の問題であることがほとんどですね。
ただ、動作していたときはACアダプタの挿し込み口に触れると通電しないことがあったそうなので、それも合わせて確認していきます。

マザーボードの電源回路を調べた結果、やはりショート反応がありました。
不良部品を特定し、交換。
電源が入るようになりましたが、念のため交換実績のある他部品も交換しました。
しかし、DCジャックの接触が悪く、挿し込み具合によってはバッテリーが充電されず、知らないうちに電源が落ちてしまていることも…。

電源ジャックの交換が必要ですね。
ちょうど在庫に中古部品があったので、取り付けて再度動作テスト。

電源が落ちずに安定して動作していることを確認し、修理完了となりました。


東芝 T451/34EWD 電源が入らない

TOSHIBA T451/34EWD
2012年発売、15.6インチ液晶の東芝 スタンダードノートパソコン。
CPUはCore i3のWindows7マシン。

『電源入らない』とお問い合わせがあり、福島県須賀川市の方からお送りいただきました。
このシリーズは、電源が入らない症状で頻繁にご依頼いただいています。

電源回路のチップ部品が原因のことが多いですが、毎回必ず同じ個所の部品ではないので、その度調べる必要があります。
しかも、目視ではわからないことも多く、しょっちゅう修理している機種と言っても時間が掛かります。

分解したところで調べると、やはり電源回路がショートしていました。
マザーボードを取り外し、原因と思われるチップ部品を取り外すとショートがなくなりました。

同規格の新しい部品を取り付け、仮組みで電源を入れると【dynabook】のロゴが表示されました。

ハードディスクは特に問題なく、バックアップも正常に行えました。
念のためコピーしたハードディスクを取り付け、全体の動作確認。
電源が入らなかった以外は、異常は見当たりません。

一晩エージングを行い、翌日再度動作確認し、リカバリディスクを作成して修理完了となりました。



1 / 2612345...最後 »

アーカイブ

▼▼▼
お見積り・お問い合せはこちらから
▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト

アクセス

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10〜19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090


お得なキャンペーン
レンタルパソコン
アップグレード
修理依頼書ダウンロード
初期化しちゃう?ちょっと待って

無料見積もりはこちら

特急修理

土日祝日も営業中

修理依頼書ダウンロード

メールはこちら

パソコン修理ブログ

ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。 泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

アクセスマップ

FAX

 キャンペーン一覧

レンタルパソコン

学生割引

リピーター割

同時に2台修理

リカバリディスク無料作成

返却時の送料無料

代引き手数料無料

買取対応

Windows VistaまたはXPからWindwos7へアップグレード

Windwos7 中古パソコン販売

 修理オプション一覧

Windwos7 中古パソコン販売

 今月の定休日

定休日はありません
土日祝日も営業中(10~19時)!
お急ぎの方はお電話ください。
022-771-2090
来店予約の連絡も不要です。

東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号

↑ PAGE TOP