【 電話診断無料のパソコン修理専門店【仙台のパソコン修理専門店】 】

お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

東芝 T351/57CW 電源が入らない

TOSHIBA T351/57CW
第二世代のCore i5 CPUを搭載した、東芝のノートパソコン。
2011年製のものですが、ネットを見たりメールなどで使用するのであれば、これで十分です。

仙台市青葉区のお客様から、『電源が入らず、バッテリの充電ランプも点灯しなくなった』とお持込みいただきました。
受付で確認すると、バッテリのみでもACアダプタを繋いでも電源が入りません。
電源回路に問題がある可能性が高いと説明し、お預かり。

このシリーズ、これまでも何十台と同じ内容の修理をしています。
今回も予想通り、マザーボードの電源回路がショートしていました。
毎回同じ個所ではないのが厄介ですが、不良部品さえ特定・交換すれば、電源が入るようになります。
同じ回路に複数個使われているので、過去に交換実績のある箇所もついでに交換しておきました。

電源回路以外には異常なく、ハードディスクやメモリなども正常。
Windowsも正常に起動したので、修復後のエージングテストを兼ねて、一晩テストを行いました。

一通りの動作確認とWindowsアップデートを行い、リカバリディスクを作成して修理完了です。



富士通 FH56/DD 起動しなくなった

FUJITSU FH56/DD
第二世代のcore i5 CPUを搭載した、テレビ機能付きの一体型デスクトップパソコン。

元々はWindows7の機種ですが、無料アップデートでWindows10にして使用していたそうです。
『急に起動しなくなった』ということで、お持ち込みいただきました。

受付で確認すると、起動しようとはしていますが自動的に修復画面になります。
ネットで調べていろいろ試されたそうですが、どうしても起動しなかったとのこと。
重要なデータが保存してあるらしく、それもなんとか取り出したいとのご希望。
状況から、ハードディスク不良の可能性が高いことを説明し、お預かりしました。

まずハードディスクを確認すると、読み込み不良を起こしているセクタがかなりありました。
ハードディスクの容量が2TBあり、さらにエラーが多数あるためコピーがなかなか進まず、結局丸2日かかりました。

コピーしたハードディスクを入れてWindowsの修復を数回試みましたが、最終的に修復はできず、元の環境で立ち上げることができませんでした。
お客様が心配されていたデータは取り出せましたので、リカバリを行うことに…。

ハードディスクを新しいものへ換装してリカバリを進め、Windowsアップデート、無料のセキュリティソフトをインストールし、ユーザデータとご希望のメールデータを移行をして、修理完了です。



アプライド BTOデスクトップパソコン 画面に何も映らない

アプライドから発売されているミドルタワーデスクトップパソコン。
BTOなので、自分で構成をカスタマイズ可能です。第四世代のCore i5が搭載されていました。

『電源は入るけど、ビープ音が鳴り画面に何も映らない』とメールでご相談いただき、お近くにお住まいだったのでお持ち込みいただきました。
実際に確認してみると、電源が入りファンも回っている状態ですが、ビープ音が繰り返し鳴るだけで起動しません。

ビープ音だけだと正確に原因がわからないため、お預かりして分解を行い、確認。

サイドカバーを外すと埃が目立ちます。
もしかしたら接触不良を起こしている部品があるのかも…

真っ先に、一番怪しいメモリを外してみたところ、メモリスロット内にもびっしりと埃が…
原因はこれで間違いなさそうですが、メモリをテスト用のPCに取り付けたらエラーが出ましたので、ホコリだけでなくメモリ自体も壊れている様子。
スロットのピン洗浄と、メモリの交換を行います。

これでビープ音が消え、Windowsが問題なく起動するようになりました。
CPUの熱伝導グリスも劣化していたため、ファンとヒートシンクの清掃ついでに塗り直しておきました。



DELL XPS 15 9560 キーボードに液体こぼした

DELL XPS 15 9560
第7世代i7CPUに16Gメモリ、512GBのSSD、4K Ultra HD高解像度タッチディスプレイを搭載した、DELLのモバイルノートパソコン。

仙台市若林区のお客様から、『液体をかけてしまった』とお持込みいただきました。
受付で確認すると、キーボードにかかった液が粘着剤になってしまって、押したら戻ってこないキーがありました。
Windowsは正常に起動しますが、キーボードの交換は必須。
お客様は中国の方で、キーボード配列は英文。Windowsは中国語バージョンでした。

液体の影響がどこまで及んでいるかが心配ですので、分解て確認。
マザーボードまで侵水した場合は、最悪の場合、腐食を起こして修復不能になることもありますが、今回は浸水の形跡はあるものの、腐食までは起きておらず、洗浄だけで対処できそうです。

最近のパソコンでは、キーボードとパームレストが一体になっているものもありますが、マザーボードを外して確認すると、ビス留めされているタイプでキーボードだけを外すことができました。
数件の取引業者に確認しましたが、この機種のしかも英語キーボードだと国内では手に入らず、アメリカから取り寄せることになりました。

航空便で手配しましたので、5日ほどで入荷。
手配したキーボードを取りつけてテストを行うと、分解前に動作していたタッチパッドが動作しなくなっていました。
ドライバを確認すると、それらしい部分に黄色いマークがついています。何かの拍子にドライバがうまく当たらなくなったようですが、中国語Windowsのため、どれがタッチパッドの表示かわからず、やや苦戦。
どうにかドライバが当たり、正常に動作するようになりました。

全体の動作確認行い、修理完了。
ご連絡すると、修理完了を心待ちにされていたようで、すぐに取りにいらっしゃいました。



NEC PC-LS150MSW 電源が入らない

NEC PC-LS150MSW
2013年発売、15.6インチ液晶搭載のNEC ノートパソコン。
CPUはCeleronなので、エントリークラスのモデルですね。
ゲームや動画編集をせず、文章作成やウェブブラウジングだけであれば全く問題ありません。
OSはWindows8.1がインストールされていました。

『電源が入らない』ということで、仙台市若林区にお住まいのお客様からご連絡いただき、お持ち込みでの修理となりました。
実際に状態を確認してみると、全く電源が入らないのではなく、電源ランプが点灯してファンが回るけど画面が出なかったり、ほんの一瞬だけ電源ランプが点灯してファンがわずかに動いたり、そもそも何の反応もなかったり…と、毎回症状が変わります。

マザーボードの電源回路の問題と考え、早速分解。

マザーボードを取り外し、目視で確認。
見た目では全くわからず、よくあるチップ部品の類ではないので、じっくりと調べて不良部品を特定。
ヒューズは過電流時に断線しますが、今回は負荷が掛かった時に保護してくれる半導体部品が壊れていました。
同じ型番の部品に交換し、組み立てて電源ON。

NECのロゴが現れ、Windowsが正常に起動しました。

いつもの故障パターンとは違っていたので、特定まで少し時間が掛ってしまいましたが、メインボードを交換することなく修理できて安心しました。



ドスパラ Dignnos Magnate SG E03 電源が入らない

ドスパラ Dignnos Magnate SG E03
2013年発売、ミドルタワー型デスクトップパソコン。
第四世代のCore i7に、グラフィックボードもGTX660を搭載していますので、3Dゲームも快適に動作可能ですね。

『5ヶ月くらい使ってなかったパソコンが、電源が入らなくなった』と電話でご相談があり、近くにお住まいの方だったのでお持ち込みいただきました。
電源が全く入らず、電源スイッチを押してもランプの点灯もなく、全く反応がありません。

電源ユニットが壊れているのかも…と説明し、お預かり。

確認のためサイドカバーを外したところ、軽めの埃がびっしりと入り込んでいました。
CPUやグラフィックボード、ケース、電源のファンまでホコリが詰まっている状態。

メインボードからコネクタを取り外し、電源ユニット単体で電圧が正常かテストしてみたところ、完全に壊れていることが判明。
定格以上の負荷が掛かって壊れてしまうというケースもありますが、今回の原因はおそらく埃でしょう。

新しい電源ユニットに交換する前に、可能な限り分解してエアコンプレッサーでホコリを飛ばします。
放熱の妨げになったままでは、他のパーツの寿命も縮めてしまいますからね。
ヒートシンクの隙間まで、全ての埃を除去し、電源ユニットを交換。

電源が入り、一通りの動作点検を行っても快調に動いてくれていますので、エージングして修理完了です。



富士通 PH520/1A  Windows操作できなくなった

富士通 PH520/1A
2010年発売、AMDのAthronⅡモバイル用CPUを搭載した、コンパクトなノートパソコン。

多賀城市の方から、お持込みいただきました。
昨年までの無料アップデートで、Windows7から10にアップグレードして使用していたそうですが、『最近になってデスクトップのスタートボタンを押しても反応しなくなり、操作できなくなった』そうです。
受付で確認すると、お客様のご説明どおりの症状。
元々Windows7や8だったPCをWindows10にアップグレードしたパソコンは、正常に動いていたものでも突然不具合が出ることがあります。
Windows10にしてからは動作も遅く使いにくかったそうで、お客様としてもWindows7に戻したいとのこと。

まずハードディスクを点検しましたが、特にエラーはなく、バックアップコピーも問題なく行えました。
お客様のデータをバックアップしてから、テスト用のハードディスクでWindows7へのリカバリを実行。
動作確認を行っても異常はありませんので、やはりOS上の不具合が出ていたようです。

Windows7の発売から年数経っているので、リリースされたWindowsアップデートはかなりの数があります。
丸1日以上かけて、最新の状態までアップデート。
動作確認を行って、元のハードディスクに丸ごとコピーし、ユーザーデータを移行して修理完了です。



東芝 T45/VG Windowsが起動しない

TOSHIBA T45/VG
2016年発売、15.6インチ液晶搭載の東芝 ノートパソコン。
昨年発売されたばかりの新しい機種です。
CPUはCeleronでメモリは4GBと、エントリー向けの構成。OSはもちろんWindows10がインストールされています。

『Windowsが起動しなくなった』ということで、お持ち込みでのご相談がありました。
『昨日まで使えていたのに、使おうと思って電源スイッチをいれたら延々待ってもWindowsが起動してこなくなった』とのことです。

可能性としてはゼロではないですが、発売から2年も経っていないのでハードディスクの異常は考えにくい…
これまでのパターンで考えると、Windows10のアップデートが怪しいです。

とりあえず分解を行い、ハードディスク自体に異常がないことを確かめたところ、やはり使用時間も少なく、不良セクタも見つかりません。至って健康な状態です。

OSの問題と考え、システムの修復を行います。
修復完了後、Windowsは起動しました。
が、やはりWindowsのアップデートが入っていたらしく、再起動したら更新プログラムのインストールが始まりました。
Windows10 のFall Creaters Updateですね。大型のアップデートです。

しかし、アップデートは失敗を繰り返している状態。
このせいでシステムに不具合が生じ、Windowsが起動しなくなったのでしょう。

そのまま待ってもしかたないので、手動で更新プログラムをインストールしてアップデート完了。
今回は初期化することなく、修理完了となりました。



東芝 AX/54EP 電源は入るが画面が真っ暗

TOSHIBA AX/54EP
2008年発売、15.4インチ液晶搭載の東芝 ノートパソコン。
OSはWindows Vistaで、CPUはCeleron。発売からもうすぐ10年が経とうとしている機種ですね。

『電源は入るけど、画面が真っ暗で起動しない』ということで、富谷市にお住まいのお客様よりお持ち込みでの修理相談がありました。
詳しく状況を聞いてみると、こうなる前は使用中にフリーズしたり、起動中に電源が落ちてしまうこともあったそうです。
『騙しだまし使っていたが、ついに起動しなくなってしまった』とのこと。

この機種は、マザーボード上の部品の劣化でこのような症状になることが多いです。

分解を行い、部品交換を行います。
生産終了からしばらく経っているものの、全く同じ型番のものが今でも入手可能です。が、流通している部品の製造時期も同じ頃と思われるため、新品と謳われていても劣化している可能性が高いので、代替部品に交換を行います。
それに伴い、若干の回路変更も。

部品交換後は正常に起動し、ハードディスク等も異常が無かったため、この部品交換だけで修理完了となりました。

『古いパソコンでVistaだし、買い替えも考えていたけど年賀状シーズンに入ってしまうので、今買い換えると大変だ』ということで、修理を希望されたそうです。



東芝 R734/K キーボード交換

TOSHIBA R734/K
2013年発売、13.3インチ液晶の東芝 ノートパソコン。
Rシリーズはビジネス向けモバイル用パソコンの位置付けで、ボディにマグネシウムを使用しているので軽くて頑丈です。

東京都にお住まいのお客様から、ご相談がありました。
『キーボードのキートップが外れてしまって、入力が出来ないキーがある』とのこと。
出張で仙台に来ているそうで、実際に状態を確認するべくお持ち込みいただきました。

実際には、キートップが外れているだけではなくて、キーボード側のラバーも無くなっていました。
これではキートップだけ変えても入力出来ないので、キーボードごと交換する必要があります。

このシリーズのキーボード交換は、結構大変です。
キーボードが強力な両面テープで接着されているということと、キーボードのフラットケーブルがすぐ下ではなく、マザーボードの反対側(ボトムケース側)に接続されているためです。

ボトムケース側から分解し、まずはフラットケーブルを外します。
バックライト付きのキーボードなので、バックライトのケーブルも忘れずに。

今度はドライヤーで熱を加えながら、キーボードを外します。
新しいキーボードを取付ますが、フラットケーブルの取り回しの関係上、マザーボードを一旦外す必要がありますね。

マザーボードを外し、フラットケーブルの位置を確認して接続。
長さがぎりぎりなので、無理に力を加えてはいけません。

最後に両面テープでしっかりと固定し、キーボード交換完了。
通常よりも時間の掛かるキーボード交換でしたが、特急修理での対応でした。



1 / 3123

アーカイブ

▼▼▼
お見積り・お問い合せはこちらから
▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト

アクセス

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10〜19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090


お得なキャンペーン
レンタルパソコン
アップグレード
修理依頼書ダウンロード
初期化しちゃう?ちょっと待って

無料見積もりはこちら

特急修理

土日祝日も営業中

修理依頼書ダウンロード

メールはこちら

パソコン修理ブログ

ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。 泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

アクセスマップ

FAX

 キャンペーン一覧

レンタルパソコン

学生割引

リピーター割

同時に2台修理

リカバリディスク無料作成

返却時の送料無料

代引き手数料無料

買取対応

Windows VistaまたはXPからWindwos7へアップグレード

Windwos7 中古パソコン販売

 修理オプション一覧

Windwos7 中古パソコン販売

 今月の定休日

定休日はありません
土日祝日も営業中(10~19時)!
お急ぎの方はお電話ください。
022-771-2090
来店予約の連絡も不要です。

東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号

↑ PAGE TOP