【 電話診断無料のパソコン修理専門店【仙台のパソコン修理専門店】 】

お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

BTO タワー型パソコン 電源を入れてもすぐに切れて立ち上がらない

BTOタワー型パソコン
非常に大きなシャーシに、ファンが沢山ついています。
スペックがすごく、CPUはCore i7-3930K、8つのメモリスロットは8GBメモリで全て埋まって全部で64GB搭載。更にグラフィックボードも2枚SLI接続されていました。
これだけの仕様ですので、動作すればかなり処理能力の高いパソコンのはずです。

仙台市青葉区のお客様から、『電源を入れてもすぐに切れて立ち上がらない』とお持込みいただきました。
スイッチを押すと電源は入りますが、数秒でが落ちON/OFFを繰り返してしまう状態。

例によって中は埃がいっぱいなので、まずは清掃。
接点の不良等で起動できないこともあるので、接点をクリーニングして、最低限のメモリで試しましたが症状は変わらず。
グラフィックボードや電源をテスト用のものにしても、症状が改善されませんでした。

どうやらマザーボードの問題のようですが…
いろいろ確認しながら、最終的にはBIOS異常を疑って修正を試みましたが、修復には至りませんでした。

マザーボードの交換が必要ですが、このCPUに対応している同スペックのマザーボードは、海外からでないと入手できないようです。
お客様に状況を説明すると、新しいPCを組み直すか、修理するかでだいぶ悩まれました。
最終的には、新たに組み直すよりも、現在の正常なメモリやCPUを活かすほうが価格がかなり安くなるため、修理を選択されました。

マザーボードを海外へ手配し、数日後に到着。
交換すると、無事に電源が入り起動しました。OSを入れ直す前にメモリのテスト。
64GBのメモリをテストするのにはかなりの時間がかかりますが、このうちデュアルチャネルの1セット16GBでエラーが出ることが分かり、64GBはあきらめて48GBで使用することになりました。

Windows7をインストールすると、あっという間にインストール終了。
続けてWindowsアップデートを実施すると、普通は1日以上かかるアップデートが数時間で終了しました。
やはり、処理がかなり早いパソコンです。

お客様へ連絡すると、翌日には取りにいらっしゃいました。
無事動くようになったパソコンを見て、大変喜んでいる様子でした。



NEC PC-GL245UFDS Windowsが起動しなくなった

NEC PC-GL245UFDS
カスタマイズモデルのノートパソコン。
2011年頃の製品で、CPUは第二世代のCore i5、フルHDの液晶パネルを搭載していました。

仙台市宮城野区のお客様から、『Windowsが起動しなくなった』とお持込みいただきました。
受付で確認すると、Windowsの起動画面の後に自動修復のメッセージが出たまま進まず。
『元々Windows7だったが、自動的にWindows10になってしまい使いにくかったので、Windows7をクリーンインストールしてほしい。ハードディスクが悪かったら即交換でいいので、作業を早く進めてほしい』とのご希望。
仕事で使っておりインタネットエクスプローラのみしか使わないので、他のアプリケーションは不要とのことです。
状況から、ハードディスクのエラーの可能性が高いと説明し、お預かりしました。

お預かり後に調べると、ハードドディスクに多くのエラーがあり、コピーしようにもなかなか進みません。
データも不要とのことだったので、新しいハードディスクに交換して、Windows7をクリーンインストール。
全体の動作を確認すると、ハードディスク以外にはエラーはありませんでした。
Windowsアップデートを行い、1日半で修理完了となりました。



DELL Vostro 3560 電源が入らない 2台

DELL Vostro 3560
2012年発売、DELLのビジネス向けノートパソコン。
個人向けだと光沢液晶なのに対し、ビジネス向けは非光沢がほとんど。
ビジネス向け製品を個人でも買えるので、非光沢液晶にこだわった方が購入されたケースもあったようです。

北海道苫小牧市の法人のお客様から『電源が入らない』ということで2台まとめて送付いただきました。
『ACアダプタの出力電圧は正常だが、本体に接続すると電圧が出なくなるので、電源回路がショートしているようです』とのコメントがついていましたので、ある程度詳しい方ですね。
最初は11月くらいにお問い合わせいただいていたのですが、最近になって『同じ機種でもう1台壊れた』そうです。

この機種は、度々同じ症状の修理をご依頼いただいており、状況から電源回路のショートが疑われます。
分解して調べると、やはり…。
慎重に不良部品を探すと、2個並んでいるチップ部品の片方が怪しさ満点!
取り外して部品自体でのショートと、電源回路でのショート解消を確認しました。
ついでに、隣の部品も同じ回路で同じ規格なので、念のため一緒に交換。

仮組みして電源を入れると、【DELL】のロゴが表示されました。
ハードディスクを外してお送りいただいたので、CDブートで動作確認。

もう一台も分解して調べると、1台目と全く同じ部品がショートしていました。
2台目も同じ作業ですね。テキパキと進められました。

2台まとめて修理ご依頼の割引適用、返送送料・代金引換手数料も無料で返送いたしました。



Let’s note CF-S10CYBDR 無線LANが途切れる

Panasonic CF-S10CYBDR
2011年発売、12.1インチ液晶搭載のパナソニック レッツノート。
CPUはSandyBridge世代のCore i5を搭載しています。
発売から7年程になりますが、この世代のCore i5であれば、現行のものと比べても大きく引けは取りませんね。
人気の高いシリーズです。

『無線LANが途切れてしまう』ということで、仙台市太白区にお住まいのお客様から電話でご相談いただき、お持ち込みいただきました。
無線LANには接続できますが、少し経つと画面右下のアンテナマークが”×”に変わり、接続が途切れてしまいます。
これまで何度もご依頼いただいている症状です。

過去の経験から、無線LANのモジュールが怪しいですね。
受付時に、スライドスイッチを何度もスライドしないと電源が入らない症状も確認したので、電源スイッチも交換が必要です。

分解の際にはビスの種類と、キーボードを張り付けている両面テープに注意が必要です。強引に外そうとすると変形してしまいます。

無線LANモジュールと電源スイッチを、在庫の新品に交換。
埃も溜まっていたので、ファンとヒートシンクも清掃を行いました。
組み立てて、電源が一回で入ることと、無線LANが途切れないことを確認し、修理完了となりました。



富士通 SH75/M 液晶表示異常

富士通 SH75/M
2014年発売、13.3インチ液晶の富士通 ノートパソコン。
OSはWindows8.1で、CPUはHaswell世代のCore i5が搭載されています。
モバイル向けのパソコンですが、画面の解像度がWQHD(2560×1440)なのが特徴です。

名取市にお住いのお客様から、『液晶の表示がおかしい』とお持ち込みいただきました。
電源を入れると、液晶全面がカラフルに滲んでいました。
自然におかしくなった表示ではなく、破損してるんですね。
ディスプレイを閉じた状態で、誤って踏んでしまったそう。
バックパネルは割れていませんでしたが、液晶パネルに力が加わって壊れてしまったのでしょう。
この機種はかなり薄い液晶パネルを使用していますからね…。

液晶パネルの交換作業を行います。
まずはべゼルを外しますが、薄いうえに液晶パネルと両面テープで接着されているので、破損の無いよう注意しながらの作業です。

取り寄せた液晶パネルを取り付け、動作を確認。
正常に表示されることを確認、各部動作点検して修理完了です。
やはり解像度が高いと、画面を広く使えていいですね。



富士通 CE70J7 起動しない

FUJITSU CE70J7
OSがWindowsXPのデスクトップパソコン。
CPUはPentium4で、メモリは512M。
今のパソコンに比べると何とも寂しいスペックですが、XP全盛の時代では普通。使用には全く問題ありません。
今でもネットワークに接続せずに、当時のソフトを使用するのでしたら十分快適に使用できます。

『Windowsが起動しなくなった』ということで、仙台市青葉区のお客様からお持ち込みいただきました。
状況からして、ハードディスクがエラーを起こしている可能性が高そうです。

内蔵されているのは、3.5インチのIDEタイプのハードディスク。
保存されている情報を調べると、エラーを起こしているようです。
さらに使用時間には1の後に?マークが表示され、ディスクのエラーとともにハードディスクの保存情報もおかしくなっているようです。

テスト用のハードディスクにコピーを試みると、エラーをスキップしながら何とかコピーができました。
コピーしたハードディスクを取り付け、Windowsのシステムを修復すると、WindowsXPが無事起動しました。

IDEタイプのハードディスクは手に入りにくくなっていますが、在庫している同じサイズのIDEハードディスクにコピーし、修理完了です。



東芝 R732/36FB Windowsが起動しない

TOSHIBA R732/36FB
2012年発売、13.3インチ液晶搭載の東芝 ノートパソコン。
モバイル向けのノートパソコンですね。ボディにはマグネシウムを使用しており軽さと剛性を両立しています。
CPUはIvyBridge世代のCore i5を搭載。

『windowsが起動しなくなってしまった』ということで、仙台市若林区にお住まいのお客様からお持ち込みいただきました。
過去に別のパソコンで当店に修理をご依頼いただいたことがあるリピーターさんです。

起動させてみると、Windowsのロゴは表示されますが、そこから先に進みません。
Windowsのシステムファイルが正常でない症状なんですが、多くの場合はハードディスクに障害が発生しています。
年数から考えても、不良セクタが発生している可能性が高いですね。

取り外して検査を行いますが、このパソコンはメモリのカバーを外さないとハードディスクのカバーも外れない構造になっています。
ハードディスクを検査したところ、やはり不良セクタが発生していました。
交換が必要ですが、損傷は軽微だったため、初期化することなく修理出来ます。

新しいハードディスクにデータを全て移し、システムを修復して元通りの環境で起動するようになりました。



DELL PowerEdge SC1430 Windowsが起動しない

DELL PowerEdge SC1430
2006年発売、ミドルタワーデスクトップパソコン。
Woodcrest世代のXeonを搭載したサーバーマシンですね。
OSはWindows Server 2003 がインストールされていました。

『Windowsが起動しない』とのことで、仙台市青葉区のお客様から電話でご相談いただき、すぐにお持ち込みいただきました。
他店ではサーバーマシンと言っただけで、修理できないと断られたそうです。

起動時にRAIDに関する英文のメッセージが出て、その先に進みません。
160GBのハードディスクが2台搭載されており、RAID0で構成されているようですのでハードディスクの障害が疑われます。

取り外し検査を行ったところ、ハードディスク2台とも不良セクタが多数発生していました。
発売から11年も経っているのでしょうがないですね。むしろ、よく今まで動いていたなという感じです。

RAIDボードが装着されており、そこからSATAケーブルがハードディスクに繋がっている構造。
新品のハードディスクに交換し、RAIDを再構築。
それからOSをインストールしていきますが、途中でフロッピーディスクを使用し、不足しているドライバをインストールしなければハードディスクを認識してくれません。
最近のOSみたいに親切ではないですね。

フロッピー使用後は滞りなくインストールが完了し、OSも立ち上がるようになりました。
当たっていないドライバをインストールし、修理完了です。


HP ENVY 17-j100/CT 起動時エラーメッセージ

HP ENVY 17-j100/CT
17インチ液晶に第4世代のCore i7 CPU、16GBメモリと1TBハードディスクを2台搭載しているハイスペックなHPのノートパソコン。

『起動後「DLLが見つからないためプログラムが起動できない」というエラーメッセージが出る』と、仙台市若林区のお客様からお持込みいただきました。
受付で確認すると、電源オンで冷却ファンのあたりからかすかに異音がしましたが、Windowsは正常に起動。
そのまま待っていると、お客様のおっしゃっておいるエラーメッセージが表示されました。

お預かりして確認すると、エラーメッセージはウイルスソフトに関連したDLLが見つからないというもので、そのソフトは起動していない状態。
ファイルが壊れたり、システムがおかしくなる原因はハードディスクにエラーが発生した場合が多いのですが、今回はハードディスクにエラーはなく、詳細な検査でも問題は見つかりませんでした。

メモリの検査をすると、エラーが発生。
調べると、8GB×2枚のメモリのうち、1枚がすぐにエラーを起こしており、同じ規格のメモリに変えるとエラーは発生しなくなりました。
試しに見つからないと言われるDLLをコピーしてみたところ、最初のエラーは出なくなりましたが、今度は別のエラーが出て、やはりウイルスソフトは起動せず。
そのウイルスソフトを削除しようとしても、アンインストールもできません。

さらに調べると、ネットワーク接続が有線・無線共に繋がりません。
ハードウェアのトラブルではなく、Windowsシステムがおかしくなっているようで、他にもいろいろ怪しい動作がありました。

テスト用のハードディスクでリカバリを行うと、ネットワークにも正常に接続でき、他の動作も問題ないことが確認できました。
おそらく、メモリーがエラーを起こしていたためにWindowsシステムの一部を壊し、挙動がおかしくなったという感じでしょう。

ファンからの異音は、溜まっていた埃を清掃することで正常に戻りました。
メモリ交換とリカバリを実施し、最新迄のWindowsアップデートを行い、お客様のユーザーデータを戻して修理完了です。



富士通 FMV-C8230 ログインパスワードを忘れた

FUJITSU FMV-C8230
2006年発売、14.1インチ液晶搭載の富士通 ノートパソコン。
法人向けのモデルで、購入時に構成をカスタマイズ可能です。
Windows XPのProかHomeか、CPUはCore 2 Duo かCeleronか選択可能だったようです。

『パスワードを忘れてしまった』とのことで、富谷市にお住まいのお客様からメールでご相談、お持ち込みいただきました。
『何年も使っていなかったが、最近になり必要なデータが出てきた』そうで、起動したはいいものの、パスワードが思い出せなかったそうです。
古いパソコンで、何年も使っていなければ仕方ないかも…。
たまにですが、正常なパスワードなのにログインできなくなる不具合というのもあります。

確認してみると、Administratorがパスワードでロックされていました。
リカバリせずにパスワード解除可能なので、もちろんデータは残ります。ただパスワードを消すだけです。

パスワードの解除後は、念のため各部の動作テストを行いました。
10年以上経過していますが、ハードディスクの使用時間はかなり少ないです。ほとんど眠っていたんでしょうね。

動作には特に問題は無いことを確認し、修理完了です。



1 / 41234

アーカイブ

▼▼▼
お見積り・お問い合せはこちらから
▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト

アクセス

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10〜19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090


お得なキャンペーン
レンタルパソコン
アップグレード
修理依頼書ダウンロード
初期化しちゃう?ちょっと待って

無料見積もりはこちら

特急修理

土日祝日も営業中

修理依頼書ダウンロード

メールはこちら

パソコン修理ブログ

ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。 泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

アクセスマップ

FAX

 キャンペーン一覧

レンタルパソコン

学生割引

リピーター割

同時に2台修理

リカバリディスク無料作成

返却時の送料無料

代引き手数料無料

買取対応

Windows VistaまたはXPからWindwos7へアップグレード

Windwos7 中古パソコン販売

 修理オプション一覧

Windwos7 中古パソコン販売

 今月の定休日

定休日はありません
土日祝日も営業中(10~19時)!
お急ぎの方はお電話ください。
022-771-2090
来店予約の連絡も不要です。

東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号

↑ PAGE TOP