【 電話診断無料のパソコン修理専門店【仙台のパソコン修理専門店】 】

パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊 お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

富士通 FH56/ED スリープから立ち上がらなくなった

FUJITSU FH56/ED
2011年発売、第二世代のCore i5 CPUに8GBメモリを搭載した、富士通 液晶一体型デスクトップパソコン。
テレビの録画もできるようですので、ご家庭で使うには便利なパソコンです。

『スリープから立ち上がらなくなった』と、仙台のお隣 多賀城市のお客様からお持込みいただきました。
受付で確認すると、Windowsが起動できなくなっている様子でした。

お預かりして調べると、ハードディスクは2TBの大容量で、使用時間が3万時間に達しようとしていました。
テレビの録画データもあるそうで、使用容量もかなり多く、コピーにかなりの時間がかかりました。
幸いなことに、不良セクタ等はなし。

コピーした新品のハードディスクを接続すると、問題なく起動できました。
スリープからの復帰も異常なく、元のハードディスクに戻すとやはり起動しないので、問題はハードディスク。
他の部分のテストも異常ありませんでしたが、内部の埃がかなりひどく、エアコンプレッサーを使って念入りに清掃しました。
CPUの放熱グリスも完全に乾いていたので、塗り直し。

組み立ててエージングテストを行い、修理完了となりました。



DELL OPTIPLEX Gxi Windows95起動しない

『Windows95のパソコンが起動しなくなったが、修理してもらえるか?』と、仙台市青葉区の某大学の方からお問い合わせがありました。
WindowsXPのパソコンはまだ修理のご依頼がありますが、Windows95のパソコンは最近見ることはありません。
お預かりして確認させていただくとご説明すると、大きなDELLのデスクトップパソコンをお持ち込みいただきました。
型番から、もう20年以上前のパソコン。
このパソコンがまだ現役で動いていたかと思うと、感慨深いものがあります。

計測器を接続してデータを取り込むため、パソコンに専用のインタフェースボードを備えており、他では代用できないそうです。
最近、このインタフェースを認識しなくなり、ドライバを当てようとしたらWindowsが起動しなくなったとのこと。
お客様としてはドライバを入れようとしたことが原因で、パソコン自身は大丈夫なのでは?と考えていらっしゃるようでした。
ネットも繋がらず、CD-ROMドライブも壊れているため、フロッピーディスクだけが頼りの状態だそうです。

お預かりして調べると、Windows95が起動しそうになったところで、ファイルが無いメッセージが出て固まる状態でした。
初代Windows95がインストールされており、ハードディスクは3.5インチのIDE 2GBで、このOSでの認識できる最大容量。
SMARTに対応していないので今時のソフトでは状態がわかりませんでしたが、クローン作成用の機械では不良セクタがかなりあり、途中で異音もし出しました。

コピーは行えましたが、クローンを作ったハードディスクはテスト用で最小容量の30GBのもの。
これで起動しようとすると、全くハードディスクを読みに行ってくれず…
初代Windows95はパーティションサイズが2GB以下でも、物理的なハードディスクの容量が2GBを越えていると起動できないことを思い出しました。
試行錯誤を繰り返し、特殊な機械でハードディスクの容量ごまかして、30GBのものを2GBと認識させることに成功し、起動できるハードディスクを作れました。
これにクローンのパーティションをコピーして、やっとテストを開始。

Windows95のシステムファイルが、かなりの数欠損しているようで全く起動できません。
やむなくWindows95をクリーンインストールすると、起動するようになりました。
新品のIDEハードディスクを、テスト用ドライブと同じ処理をし、動作するようになったWindows95をコピー。

ここで問題なのが、ドライバ。
最近のパソコンであればネット上で探すことができますが、さすがに20年以上前のパソコンのドライバはなかなか見つかりません。
動作に必要な最低限のドライバを入手して動くようになりましたが、肝心のインターフェースのドライバが見つかりませんでした。
メーカーサイトでもさすがにWindows95の対応は終わっていて、お客様から直接メーカーに問い合わせ・入手していただきました。

ドライバは容量が大きく、CD-ROMに焼いてお持ちいただいたのですが、壊れたCD-ROMドライブの代わりにDVDドライブを取り付けて動作できるように直しておいたので、無事ドライバをインストールすることができました。

お預かりしてから少し時間がかかりましたが、Windows95パソコンが正常に使えるようになりました。



Let’s note CF-S10EYQDR 入力出来ないキーがある

Panasonic Let’s note CF-S10EYQDR
2011年発売、12.1インチ液晶のパナソニック レッツノート。
CPUはSandyBridge世代のCore i5を搭載しています。
元々のOSはWindows7でしたが、Windows10にアップグレードされていました。
本体カラーがブラックのモデルです。

『キーが入力出来ない』ということで、宮城県富谷市にお住まいのお客様からご連絡いただき、その日のうちにお持ち込みいただきました。
キーボードの多くのキーが入力出来ないそうです。
ログインパスワードを設定しており、パスワードに使用しているキーが入力出来ないためログインすることが出来ません。

キーボードの交換が必要ですね。
いつも通り、両面テープで接着されているキーボードを、ドライヤーで加熱しながら剥がします。
力ずくで剥がしてもいいのですが、マザーボード側のコネクタが壊れる可能性もあるので、慎重に行います。

キーボードを取り外すと、茶色い液体が乾いたような跡がありました。
最近のものではないようですが、なにか飲み物でもこぼしたのでしょうか。
構造上、マザーボードには掛らなかったようなので、液体跡を洗浄し、新品のキーボードを取り付けて動作確認し、修理完了となりました。



東芝 T551/T4EW 動作が遅い

TOSHIBA T551/T4EW
2012年発売m、東芝のベーシックノートパソコン。
TVチューナーにブルーレイドライブも搭載しています。

『無線LANに接続しようとすると、Windowsセキュリティのパスワードを聞かれるが、パスワードがわからないので接続できない。動作も遅い』という症状で、お持込みいただきました。
受付時に確認すると、時間がかかりましたがWindowsが正常に起動。
しかし、社内のテスト用無線LANには問題なく接続できました。

状況から、無線LAN接続時のパスワード要求はパソコンの問題ではなく、親機の設定かプロバイダー側で要求されている可能性が考えられます。
切り分けには他のパソコンで試してみるのが一番ですので、お預かりしている間に無料のレンタルパソコンをお貸しすることにしました。

お預かりして、動作が遅い件を調査。
最初はハードディスクの劣化を疑いましたが、エラーもなく使用時間もさほど多くありませんでした。
ただ、動作が遅いのは変わらず、何の操作をしても時間がかかります。
コピーハードディスクを使用しても状況は同じ。

調べると、プリンタのソフトが常駐してCPUの使用率が60~70%になっており、それでアプリケーションの動作を遅くしているようです。
大手メーカーのソフトですが、時々このような症状を起こすことがありますね。
このソフトの自動起動を止めると、CPUの使用率が数%程度まで減り、起動してからの動きが軽くなりました。
お客様へ確認して、このソフトを含め不要と思われるソフトが幾つかあったため、それらを整理しました

無線LAN接続に関しては、レンタルパソコンでも同じパスワードを要求されたとのこと。
光モデムではなく、お客様が後から接続したWiFiルーターをいろいろいじっているうちにパスワードを要求されるようになったらしいので、工場出荷状態に戻していただくようお願いしました。
しばらくするとお客様から連絡があり、レンタルパソコンでインターネットが見えるようになったそうです。

ネット接続の問題も解決したので、修理完了としてお返しいたしました。



NEC PC-NS350EAW 液晶割れ

NEC PC-NS350EAW
2016年発売、15.6インチ液晶のNEC ノートパソコン。
CPUはSkylake世代のCore i3を搭載、OSはWindows10 homeがインストールされています。
スペックからして、エントリー向けのモデルですね。

『液晶が割れてしまった』と、仙台市宮城野区にお住まいのお客様よりメールでご相談いただき、お持込みいただきました。
目を放しているうちに子供がいたずらして割ってしまったそうです…
『出来る限り早く修理したい』ということで、特急修理オプションをご指定いただきました。

この機種に使われている液晶パネルは在庫しています。
受付時におおよその金額をお伝えしていたので、すぐに交換。

べゼルのツメは結構強力なので、力を入れすぎてツメを折らないよう注意。折れてしまうと、組み立てた時にべゼルが固定出来ず浮いちゃいますからね。
ネジ隠し下のビスも忘れずに外します。

割れている液晶パネルを取り外し、新しい液晶を取り付け。
正常に表示することを確認して、一通り動作点検。新しいこともあって、特に不具合は見つかりませんでした。
べゼルを取り付けて、修理完了。

閉店時間間際にお預かりしましたが、翌日の午前中にはお引き渡し出来ました。



Lenovo X1 Carbon 3rd Gen 充電できない

Lenovo X1 Carbon 3rd Gen
2015年に発売された、14インチ液晶のLenovo ノートパソコン。
一般的なモバイル用のノートパソコンは11~13インチですが、少しだけ大きい14インチの液晶を使用しているのがめずらしいですね。
14インチの割に、軽くて軽量なのが特徴。
持ち運んで使いたいけど出来るだけ大きい液晶がいい…という人にオススメです。
CPUはCOre i5、512GBのSSDが搭載されていました。
メモリもCPUと同じくマザーボードに実装で8GB。交換・増設することは不可能です。

『充電が出来ない』ということで、群馬県にお住まいのお客様よりメールでご相談いただき、宅配便でお送りいただきました。
DCジャック内部の樹脂が砕けて欠損しており、端子の部分も変形していました。

DCジャックの交換が必要ですね。
この機種の場合はマザーボードにはんだで実装されており、形状もかなり特殊なため交換は困難です。

他の修理屋さんではマザーボードの交換が必要だと言われ、もう一台買えるぐらいの金額を提示されたとのこと。
修理は即中止して引き上げ、インターネットで弊社を見つけたそうです。

通常のDCジャックより交換難易度はかなり高いですが、交換は可能。
壊れているDCジャックを基盤から取り外し、新しいDCジャックを取り付けました。
当然ですが、正常に通電・充電されるようになりました。

世代によりコネクタの形状は違いますが、同じような故障でお困りの方は一度ご相談ください。



NEC PC-VN370FS6R CD・DVDが読めない

NEC PC-VN370FS6R
2011年発売、NECの20インチ液晶一体型デスクトップパソコン。
OSはWindows7で、CPUはCeleronを搭載しています。
エントリークラスのモデルですが、通常の作業では全く困らないと思います。

『CD・DVDが読めない』ということで、お持ち込みいただきました。
以前に何度もご依頼いただいているリピーターさんですね。
店頭で確認したら、『全てのCD・DVDが読めないというわけではなく、ものによっては読み込めない』といった状態。
例えば50枚セットのDVD-R等ですね。
使用頻度が高いそうなので、いずれにしても光学ドライブの劣化でしょうから交換が必要です。

バックカバーを外すと、ハードディスクやマザーボード・光学ドライブが見えます。
光学ドライブをマウンタから取り外し、新しいものに交換。
べゼルはそのまま移植します。

埃が少し気になったので、ファンやヒートシンクの部分を重点的にエアーで飛ばし、組み立てて光学ドライブの読み書きが出来ることを確認。
念のため、ハードディスク等も点検しましたが特に異常なく、光学ドライブの交換だけで修理完了となりました。

リピーターさんなので、少しだけお安くさせていただきました(^^)



SONY SVT15119CJS BIOSが起動しない 同業者さんからのご依頼

SONY SVT15119CJS
2013年発売、SONYのウルトラブック。
第3世代のcore i7 CPUを搭載したハイスペックノートパソコンです。

神奈川の会社の方から『電源は入るが、BIOSが起動しない』と、宅配便で送付いただきました。
電話でお問い合わせいただいた時、かなり詳しい方と思いましたら、パソコンの修理も取り扱っている会社の方でした。

症状と初期診断から、やはりBIOS異常の可能性が濃厚。
EEPROMに格納されているBIOSデータを読み出し、修正を行ってメインボードに再実装。
仮組みして電源を入れると、画面に【VAIO】の文字が表れました。

組み上げて、ハードディスクを入れて動作確認を行おうとすると、ログインパスワードが設定されていました。
他業者さんのお客様のPCなので、テスト用ドライブにOSをインストールして動作確認。

BIOSデータが壊れた原因まではわからないので、念のため最新Ver.のBIOSまでアップデートを行いました。
完了の連絡をしたところ、『自社でBIOSの修正まではできないので依頼した。今思えば、過去にもBIOS異常と思われる修理品がたくさんあって、みんなメインボード不良と言ってきた…』とおっしゃっていました。



Apple iMac 27inch Mid2010 起動途中で止まる

Apple iMac 27inch Mid2010
2010年にAppleから発売された、液晶一体型のデスクトップパソコン。
27インチの液晶を搭載していますので、筐体もかなり大きいです。
頻繁に持ち運ぶようなものでもないですが、重量もかなりあります。
CPUはCore i5で、グラフィックボードはRadeon HD5750を搭載、ハードディスクは1TBのものが使用されていました。

仙台市内にお住まいのリピーターさんからの修理ご依頼。以前もMacと、Windowsマシンも修理いたしました。
今回は、OS起動途中のプログレスバーが半分ほどのところで止まってしまい、いくら待っても起動しません。

状況から、ハードディスクの障害が考えられます。
マグネットで固定されているガラスパネルを、吸盤を使って取り外し、液晶を持ち上げてハードディスクを取り出します。
検査したところ、やはりエラーが出ていたので新しいハードディスクに交換。
データやアプリケーション、設定等はそのまま残すことができました。

スロットイン式の光学ドライブにディスクが入らないことに気づき、分解してみたところ、ガイドがレールから外れてしまって動かなくなっていました。
ドライブの交換は必要なく、修正した後は問題なく動作しています。

内側の埃も気になったので、エアーコンプレッサーで掃除して、修理完了となりました。



東芝 T552/47GK 電源が入らない Windowsパスワード解除

TOSHIBA T552/47GK
2012年発売、15.6インチの東芝 ノートパソコン。
XPUは第3世代のCore i5プロセッサが搭載されており、OSはWindows8。

『何年か前に電源が入らなくなった』ため、そのままにしてあったそうです。
仕方ないことではありますが、『しばらく使用していなかったためパスワードも忘れてしまった』とのこと。
パスワードに関しては、電源が入り立ち上がるようになったらご相談することになりました。

このあたりの機種は、電源が入らなくなる症状でかなりの数の修理依頼をいただいています。
今回も、場所は違うものの19.5Vの回路でチップ部品がショートしていました。

ハードディスクにエラーはなく、Windowsも正常起動。
可能性のあるパスワードもいくつかご連絡いただきましたが、どのアカウントでもログインできませんでした。
保存データをバックアップしてリカバリするのは簡単ですが、無線LANやプリンタの再設定が必要になります。
相談の結果、今回はパスワードを解除を行う作業を行うことになりました。
アカウントが4つあったので時間がかかりましたが、全て解除して、修理完了となりました。



1 / 3123

 

アクセス・営業日

アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。
駐車場も完備です。

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10~19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090

ご来店用アクセスマップはこちら>>


↑ PAGE TOP