【 電話診断無料のパソコン修理専門店【仙台のパソコン修理専門店】 】

お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

問い合わせフォーム→返信がない

当店HP・ブログをご覧いただき、誠にありがとございます。
『問い合わせフォームから問い合わせたが、返信がない』というご指摘が稀にございますが、当店では【24時間以内のスピード回答】と明記しているとおり、確実に24時間以内に返信しております。
こちらからの返信メールが迷惑メールフォルダに入ってしまったり、お問い合わせの際に入力したメールアドレスが間違っていることもございます。
再度お問い合わせいただく際は、電話番号とご都合の良い時間帯を明記していただければ、こちらからお電話することも可能です。

よろしくお願いいたします。



Let’s note CF-B10CDBDP 電源が入らない

PANASONIC Let’s note CF-B10CDBDP
2011年発売、15.6インチ液晶搭載のPANASONIC レッツノート。
レッツノートシリーズと言えばモバイルノートのイメージがありますが、この機種のように据え置きでも使いやすい画面の大きなものもあります。
今回お預かりしたものは、OSはWindows7から10にアップグレードされており、お客様ご自身でハードディスクからSSDに換装していました。

『電源が入らない』ということで、山形にお住まいのお客様からお持ち込みでの修理依頼がありました。
仙台には仕事で頻繁にいらっしゃるようです。
全く電源が入らないわけではないですが、スライドスイッチを何度もスライドさせないと電源が入りません。
電源スイッチの接触不良ですね。

レッツノートは昔からほぼ同じスイッチを使用しているので、どの機種でも使い込んでくると同じようなトラブルが起きます。
良くあることなので、電源スイッチは純正の新品を常時在庫。
早速、交換作業に入ります。

同時期に発売された機種と同じように、キーボードが両面テープで接着されていますが、他のものよりは簡単に外せます。それでもキーボード変形の恐れがあるので注意が必要ですが。

トップケースを外すと電源スイッチが確認できます。
マザーボードに実装されているのではんだゴテで取り外し、新しものと交換。

交換後はスライド一回で電源が入るようになりました。
剛性を売りにしているだけあって、年数が経っても力が加わるヒンジ周辺の破損等もなく、他メーカーとの違いを感じますね。



NEC PC-LS150ES1KS 無線LANが繋がらない

NEC PC-LS150ES1KS
2011年発売、15.6インチ液晶のNEC ノートパソコン。
CPUはCeleronなので、エントリー向けの機種ですね。
OSはWindows7ですが、64bit OSにも関わらずメモリは2GBしか積んでいません…

『無線LANが繋がらない』ということで、仙台市泉区にお住まいのお客様から電話でご相談いただき、お近くにお住まいの方だったのですぐにお持ち込みいただきました。
以前から無線LANで接続しているらしいのですが、他のパソコンやスマートフォンは問題なくインターネットに接続出来ているのに、このパソコンだけがつながらないそう。
システムの復元で繋がっていたころに戻せば、一時的には使えるようになるらしいのですが、すぐにまた繋がらなくなるそうです。
ネットを見たい時は必ずシステムの復元をしなくてはいけないそうなので、かなり不便ですね。
お客様も相当ストレスになっているようでした…

復元しても同様の症状になるので、根本的な問題の解決が必要ですね。
状況からハード的な不具合ではなさそうなので、デバイスマネージャを開いてみると、ネットワークコントローラに!マークがついてました。
無線LANのドライバが壊れていますね。

通常のドライバインストールでは直らなかったため、問題のプログラムを修正後、無線LANドライバを修復インストール。
これでドライバも当たり、無線LANも繋がるようになりました。
はっきりとした原因は不明ですが、同様な症状が最近多いですね。

メモリが少ないせいで動作が遅かったので、合わせて増設。
各部動作点検を行い、修理完了となりました。



NEC PC-LS550ES1KS キーボード連打されてログインできない

NEC PC-LS550ES1KS
第2世代のCore i5を搭載したNEC ノートパソコン。

『ログイン画面でパスワードを入力しようとすると、勝手に文字が連打されてログインできない』ということで、黒川郡大和町のお客様からお持ち込みいただきました。
受付で確認すると、ログイン画面で何か文字を一つ入れると、連続して同じ文字が入力されるようでした。
特定のキーだけではなく、どのキーでも同じ。
キーボード不良と考えられますが、珍しい症状ですのでシステム側に問題がある可能性もご説明して、お預かり。

一旦起動して落ち着くと、本体のキーボードでも連打は起こりません。
また、キーボードを本体から取り外し、外部キーボードで試すと、正常に入力できました。
接点を清掃してキーボードを戻しましたが、また症状が起こるのでキーボードが原因で確定です。

お預かりしたパソコンは白色でキーボードも白ですが、取引している業者数社を探しても白色の在庫が無いようで、手配できるのは黒になってしまうようです。
お客様へご説明すると、色は気にしないとのお返事でしたので、黒を手配しました。

届いたキーボードを取りつけると、元の白よりキリっとした感じになりました。
動作も問題なく、リカバリディスクを作成して修理完了です。



Lenovo Ideapad 320-151AP キーボード入力できない

Lenovo Ideapad 320-151AP
CPUがCeleronでWindows10を標準搭載した、Lenovo ベーシックノートパソコン。

『起動するが、キーボード入力を全く受け付けなくなった』と、名取市のお客様からお持込みいただきました。
受付で確認すると、起動してログイン画面まで順調に進みましたが、パスワードの入力ができないためログインできず。

このパソコンは本体内にバッテリが内蔵されており、底蓋を外さないと取りはずしができません。
ハードディスクを取り外すのも同様、底蓋を外す必要があります。

内部点検のため分解すると、マザーボードの端にビスが1本転がっていました。
バッテリはビス4本で固定されるようになっていますが、止まっているのは2本のみ。
どうやらバッテリの固定ビスが外れ、転がっていたようです。
もう1本転がっていないか念入りに探しましたが、見当たりません。

キーボードのコネクタが正常に接続されているのを確認して組戻し、Windowsを起動させて動作確認すると、今度は正常にキー入力できました。
何度も確認しましたが、キーボード自体は問題ないようで、転がっていたビスがどこかに接触して動作不良を起こしていた可能性が考えられます。

Windows10のアップデートが溜まっていたので、テストを兼ねて1晩かけてアップデートを行い、異常ないことを確認して修理完了です。
お客様に確認すると、当然底蓋など開けたことがないそうですので、製造時からの問題だった可能性が高そうです。



NEC PC-GL207T4GR 起動しない

NEC PC-GL207T4GR
カスタマイズモデルのノートパソコン。
CPUは第2世代のCore i5、メモリ8GBを搭載しており、LL750シリーズと見た目そっくりです。
Windows7で使用されていたそうですが、Windows8のライセンスを購入してアップグレードしようとしたらうまくいかず、起動しなくなってしまったと、仙台市のお隣の多賀城市の方からお持込みいただきました。
どうも単純にWindows8に使用としたのではなく、Windows10も絡んだアップデートだったということで、ご本人も状況がよくわからなくなったそうです。
ご希望はWindows7へのリカバリとのことで、お預かり。

ハードディスクやメモリなどに問題がないことを確認。
単純にリカバリすればいいと考えていましたが、リカバリ領域があるのに失敗の連続。
仕方なく、Windows7のクリーンインストールを進めると、今度は順調です。
クリーンインストールの場合は、当たっていないドライバを探すのがひと仕事ですが、今回は5種類のドライバを当てて全てのデバイスが正常に動作しました。

ドライバが当たると液晶画面の解像度がぐっと上がり、フルHDで表示されました。解像度の高いモデルを選んでいらっしゃったようです。
各部の動作も正常。
Windowsのアップデートを1日かけて終わらせ、修理完了です。



自作デスクトップパソコン 起動しない

自作のミドルタワーデスクトップパソコン。
CPUはAMDのPhenom IIが搭載されており、OSはSSDに、データはハードディスクに保存できる構成です。

大崎市にお住まいのお客様から、お持込みいただきました。
お客様ご自身で組まれたものではなく、知人から譲り受けたものだそうです。
一度も中の掃除をしたことが無かったので、サイドカバーを開けて清掃を行ったそうなのですが、CPUの熱伝導グリスを塗り直そうとCPUクーラーを外した際、ヒートシンクにCPUがくっついてきてピンを曲げてしまったそうです。
グリスが劣化して、CPUとヒートシンクが固着しているものが多いですからね。

CPUを取り外してみると、変形しているピンがいくつもありました。
その状態で無理やりソケットにはめたからか、CPUソケットの方も一部穴が潰れている箇所も。

CPUのピンをおらないよう、慎重にまっすぐに修正し、ソケット側もピンが入るように修正を行いました。
CPUを挿しこみロックし、熱伝導グリスも塗り直してCPUクーラーを取り付け。
電源を入れると画面が表示され、Windowsも正常に起動しました。

始めはCPUとマザーボード交換が必要と想定していましたが修正で直り、お客様も安価で修理出来たので喜んでいらっしゃいました。



ASUS T100TAF-BING-DK046B Windowsが起動しなくなった

ASUS T100TAF-BING-DK046B
ATOMプロセッサーに2GBのメモリを搭載したASUS社製の2in1タイプパソコン。
本体はタブレットそのもので、キーボードと合体すると小型のノートパソコンになるものです。

『Windowsが起動しなくなった』ということで、外国人の女性の方が持ち込まれました。
日本語があまりできないようで、冷や汗ものでしたが、中学校の英語の先生でオーストラリアから来ているそうです。
元々英語版のWindows8が入っていたそうですが、起動しようとするとファイルが見つからないメッセージが出てしまい、それ以上操作ができませんでした。
Windowsシステムに異常がある場合、自動修復が働くことが多いですが、今回はそれも出ず。
エラーメッセージは当然英語表記でしたが、【起動メディアから起動して修復しなさい】というもの。
言われるとおり試してみましたが修復できず、リカバリ領域も無いということでできません。

こうなるとOSを一からクリーンインストールするしかありませんが、このパソコンは記憶装置がメインボードと一体になっており、データは起動しないと読み出せないのでバックアップは不可。
お客様へご連絡し、データは無くなるがOSを入れることの御了解をいただきました(英語での説明に四苦八苦ですがなんとか伝わりました)。

マイクロソフトのサイトから、英語版のWindows8.1をダウンロードしてインストール。
ASUSのサイトからドライバをダウンロードして適用すると、全部のデバイスが正常に動作するようになりました。

各動作点検を行い、修理完了。
お客様へ連絡するとすぐに取りにいらっしゃり、『英語で対応してもらえて助かった。パソコンで何かあったらまた持ってくる』と喜んでいました。
またいつかお会いできる日までどのくらいかわかりませんが、きっとこちらの英語が上達するより、お客様の日本語が上達する可能性のほうがはるかに高いと思います(^^)



DELL OPTIPLEX 780 windowsが起動しない

DELL OPTIPLEX 780
2009年発売のスリムタワーデスクトップパソコン。
Windows7が出始めた頃のモデルですね。
ビジネス向けのパソコンなので、Vistaからの切り替えのタイミングで複数台まとめて入れ替えた企業も多いのではないでしょうか。

仙台市の会社にお勤めのお客様から、『Windowsが起動しない』とご連絡いただき、すぐにお持込みいただきました。
Windows10へアップグレードして使っていたようですが、Windowsの起動中にブルースクリーンとエラーメッセージが表示されるようになり、システムの復元も修復も出来なかったそうです。

発売から10年弱経過していることもあり、ハードディスクの障害かと考えていましたが、不良セクタもなく健康な状態でした。
OSの問題ですね。
レジストリが壊れている可能性がありましたので、レジストリを修正してみたら、自動修復になりWindowsが起動しました。
データも環境もそのまま残っています。

詳細な原因は不明ですが、Windowsのアップデート中だったみたいなので、更新に失敗していたのかもしれません。
最近、更新に起因するトラブルが多発していますね。


HP Elite 8300 起動しない

HP Elite 8300
デスクトップパソコンですが、本体サイズは通常のノートパソコンより小さく、ACアダプタで給電するタイプです。

仙台市青葉区の方から『起動しない』とお持込みいただきました。
受付で確認すると電源は入りますが画面に何も表示されません。

お預かり後にカバーを開けると、内部にかなりのほこりがありました。
メーカーロゴの表示も出ないことから、ハードディスクの内容を読み込む前の段階、BIOSプログラムが起動しない状態ということがわかります。
CPUやメモリ・メインボードの異常等、パソコンとして動作する条件を満たしていないか、BIOSが壊れているかのどちらかということになりますね。
メモリ自体に異常があることもありますが、接点の接触不良も多々。
今回はほこりを飛ばして、メモリの接点をクリーニングすることで正常に復帰しました。

Windowsが起動した状態で点検しましたが、ハードディスク他、特に異常は見受けられませんでした。
起動に関する問題を避けるため、Windows10の高速スタートアップのオプションを切り、エージングテストや断続的に何度も起動を確認して、修理完了となりました。



1 / 3123

アーカイブ

▼▼▼
お見積り・お問い合せはこちらから
▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト

アクセス

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10〜19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090


お得なキャンペーン
レンタルパソコン
アップグレード
修理依頼書ダウンロード
初期化しちゃう?ちょっと待って

無料見積もりはこちら

特急修理

来店予約

土日祝日も営業中

修理依頼書ダウンロード

メールはこちら

パソコン修理ブログ

ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。 泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

アクセスマップ

FAX

 キャンペーン一覧

レンタルパソコン

学生割引

リピーター割

同時に2台修理

リカバリディスク無料作成

返却時の送料無料

代引き手数料無料

買取対応

Windows VistaまたはXPからWindwos7へアップグレード

Windwos7 中古パソコン販売

 修理オプション一覧

Windwos7 中古パソコン販売

 今月の定休日

定休日はありません
土日祝日も営業中(10~19時)!
お急ぎの方はお電話ください。
022-771-2090
来店予約の連絡も不要です。

東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号

↑ PAGE TOP