【 電話診断無料のパソコン修理専門店【仙台のパソコン修理専門店】 】

お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

東芝 D731/T7DWD Windows自動修復

TOSHIBA D731/T7DWD
東芝のテレビも見れるディスプレイ一体型デスクトップパソコン。
CPUはCore i5、メモリ8GBに2TBのハードディスクを搭載しており、通常の使い方なら快適な仕様です。

仙台市太白区のお客様から『Windowsの修復が走って起動しなくなった』とお持ち込みいただきました。
ハードディスクにエラーが起こっているか、システムの一部が障害を受けている可能性が高いとご説明して、お預かり。

分解してハードディスクを取り出し調べると、特に障害はなくコピーも正常に行えました。
コピーしたハードディスクを使用して、いろいろなシステム修復を試したところWindows7が起動しました。
これで何とかなると思いましたが、起動してもキーボードもマウスも全く反応しません。
どうもUSB接続に障害が起こっているようで、ソフト的な対策を講じましたが、どうしてもキーボードとマウスを認識できません。

症状からしてUSBのハードを疑いたくなる状況でしたが、 確認のためテスト用のハードディスクを使用してリカバリしてみると、何事もなかったようにキーボードとマウスは正常に動作しました。
再度元の状態の修復を試みましたが、システムの障害が大きいようで、どうしても修復できず。

ハード的には問題ないもののリカバリが必要、とご連絡して、作業続行。
Windows7の場合、リカバリ後に300以上のアップデートがありますので、ショートカット策を行っても丸1日かかります。
アップデートを終えて全体の動作を再確認し、修理完了。
今回は部品の交換はありませんでしたので、修理料金は作業料だけ済みました。



DELL XPS8500 インターネットエクスプローラを停止します

DELL XPS8500
第3世代のCore i7 CPUを搭載した、ミドルタワーデスクトップパソコン。
購入時にカスタマイズもできますが、メモリ増設なども容易です。
今回もメモリは12GBになっていました。

松島町のお客様から、『起動して動作はするが、インターネットを見ようとすると「インターネットエクスプローラを停止します」というエラーメッセージが出て止まり、Webを見れない』とお持ち込みいただきました。
Yahooのトップページ以外は見れない状態。

ハードディスクを取り出して確認すると、エラーセクタが出ていました。
エラー部分をスキップしてコピーを試みると、無事にコピー完了。

コピーしたハードディスクを入れて動作を確認すると、インターネットエクスプローラの動作は持ち込まれた時と同じ。
ハードディスクのエラー部分がWindowsのシステムに影響していたようなので、いくつかのシステム修復を行ったところ、インターネットエクスプローラの動作が正常になりました。
やや動作が遅く感じていたのもハードディスクのせいだったようで、新しいハードディスクではきびきび動作するようになりました。
エージングテストを行って修理完了です。



HP ENVY17-j100 ヒンジ破損 開閉できない

HP ENVY17-j100
第4世代のCore i7 CPUに、8GBメモリを搭載した17インチ液晶のハイエンドノートパソコン。

『ヒンジ部分が壊れて液晶の開閉がうまくできない』ということで、弊社のブログを見た京都の方から宅配便でご依頼いただきました。
到着したパソコンを確認すると、左側のヒンジ固定部分が壊れており、開こうとするたびシャーシ部分が持ちあがってしまう状態。
注意しながらでないと開くことができません。

分解すると、左側のヒンジを固定しているビスの受け側がボトムケースに付いているはずですが、ナットの回りが砕けてしまい、固定されていませんでした。
ナットをエポキシ樹脂で固めて補修します。
補修して固まるのを待ち、ビスがしっかり固定できるか確認しますが、完全硬化に24時間かかります
やり直しになると、作業が1日余計にかかりますので、何度も確認しながら慎重な作業です。
右側のヒンジ部は破損していませんでしたが、左側の破損のためにかなり負荷がかかっていたと思われますので、やはり同じように補強しました。

また、ヒンジの動作が固すぎると固定部分に負荷がかかりますので、今回も液晶側まで分解してヒンジの固さ調整を行いました。
液晶の開閉テストを繰り返し、動作確認を行って修理完了。
スムーズに開閉できるようになりましたので、安心してお使いいただけます。



Lenovo ThinkCentre M73Z ブルースクリーンが出る

Lenovo ThinkCentre M73Z
2015年に発売された、液晶一体型デスクトップパソコン。
パッと見パソコンではなく、液晶モニタに見えるデザインが特徴的ですね。
通常の液晶一体型は、スタンドで角度調整が出来るだけですが、この機種は高さも調整可能です。

『ブルースクリーンが出る』ということで、富谷市にお住まいのお客様からお持ち込みでのご相談がありました。
Windows起動中に出るのではなく、デスクトップが表示された数秒後にブルースクリーンが出て、パソコンが再起動してしまうという症状。
このような状態だとハードディスク障害などの機械的なトラブルというより、システム的な問題である可能性が高いですね。

ハードディスクを取り外して調べてみても、やはり異常なし。
セーフモードでは電源が落ちないことが判明いたしましたので、エラーコードを頼りに問題のプログラムを探します。

原因は、特定のドライバが原因でした。
最近入ったWindowsの更新プログラムと競合していたようです。
ドライバを修正し、最新版へアップデート。

これでもう通常起動でもブルースクリーンが出ることは無くなりました。
初期化の必要はなかったので、データや設定もそのままでお引き渡しいたしました。



東芝 T550/T4BB 動作が遅い

TOSHIBA T550/T4BB
2011年発売、15.6インチ液晶の東芝 ノートパソコン。
CPUはPentiumを搭載しているので、エントリー向けのモデルですね。
OSはWindows7がインストールされていましたが、無償アップグレード期間中に10になってしまったそうです。

多賀城にお住まいの方から『動作が遅い』ということでお持ち込みいただきましたが、デスクトップに怪しげな広告が表示されたり、テレビで録画したものが観れなくなったり、いろいろ不調なようでした。

ハードディスクを検査すると、やはり不良セクタがありました。
広告は、パソコンのエラーを検出したと嘘の表示をし、有償のソフトを買わせる詐欺ソフト。
動作が遅くなってたのは、この二つが原因ですね。
ハードディスクを新品に交換後、悪質なソフトは全て削除しました。

テレビが観れない件に関しては、今年初めのWindowsアップデートで発生している問題のようです。
テレビを視聴するアプリを起動しても、エラーメッセージが表示され観ることが出来ませんでしたが、アプリを最新版に更新したら問題なく視聴可能になりました。

キーボードも入力出来ないキーがあったので、新品に交換。
エージングテストを行って修理完了となりました。



富士通 AH53/C Windowsが起動しない

FUJITSU AH53/C
2011年発売、15.6インチ液晶の富士通 ノートパソコン。
CPUは一世代目のCore i3を搭載しており、OSはWindows7が標準でインストールされています。

『Windowsが起動しない』ということで、以前光学ドライブを交換したことのあるリピーターさんからのご依頼。仙台市内にお住まいなので、お持ち込みいただきました。

電源を入れると、富士通のロゴを表示した後、トラブル解決ナビが起動してWindowsは起動しないといった状態。
ハードディスクの故障を疑って検査してみても、異常は見つからず。
不思議に思い中のデータを確認してみると、CドライブやDドライブ、リカバリ領域といったパーティションは存在しているものの、肝心のデータが見つかりません。CドライブもDドライブも空っぽの状態。
ユーザーデータはもちろん、システムファイルも何一つありませんでした。
データの痕跡を復元すると、確かにWindowsのデータはあったようです…

トラブル解決ナビから、誤ってリカバリやデータの消去をクリックしてしまったのでしょうか。
原因は不明ですが、少し前のバックアップなら取ってあるとのことだったので、パソコンはリカバリを行い修理完了となりました。



FRONTIER FRGA9371/21CT 動作が遅い

FRONTIER FRGA9371/21CT
第一世代Core i7のCPUに、8GBメモリを搭載したフロンティア製のミドルタワーデスクトップパソコン。

仙台市内のお客様から『動作が遅い』とお持ち込みいただきました。DVDドライブも動かないそうです。
確認すると、起動はしますが時間がかかり、その後の動作もクリックしてから画面が開くまでにしばらくかかりました。
使用している年数や状況をお聞きした限り、ハードディスクが原因の可能性が高いとご説明。
『今後は3Dの動画編集等、かなり重たい作業を行いたいので、修理して原状回復するだけでなく、快適に使用できるように改造したい』とのこと。
『買い替えるほどではない費用で、なるべく効果のある改造』というご希望なので、修理箇所の確認と合わせてパワーアップのご提案をすることし、お預かり。

ハードディスクを確認すると、使用時間が2万時間に達し、エラーセクタも発生していました。
快適動作のために、ハードディスクではなくSSDを使用し、データ用にハードディスクを増設。
メモリは現在の8GB据え置き、グラフィックボードをGforce GTS250 から Gforce GTX1050に交換、壊れたDVDドライブはブルーレイドライブに換装… とご提案し、内容・金額ともご了承いただきました。

Windowsのシステムは正常でしたので、データも設定も変わることなくSSDに移行。
一通りの作業を終えテストすると、起動も早く、動作もスイスイ動くようになりました。

引取りにいらっしゃったお客様は、まず起動が速くなったのにびっくり!されて、動作も速くなったのを確認して満足されていました。



Let’s note CF-SX2ADHCS ファンがうるさい

PANASONIC Let’s note CF-SX2ADHCS
2013年発売、12.1インチ液晶のPanasonic レッツノート。
CPUはIvyBridge世代のCore i5が搭載されており、ストレージはハードディスクの法人向けモデルですね。
OSはWindows10にアップグレードされていました。

『使っているとファンの音が気になる』ということで、当店の修理ブログをご覧になった秋田にお住まいのお客様から、宅配便での修理依頼がありました。
『本体も高温になっている』ということなので、おそらく埃がたまっているのでしょう。
全体的なクリーニングのご依頼です。

ファンの劣化も予想されますので、新品部品に交換していきます。
トップケースを外すとファンが見えますので、簡単な掃除だけはここまでの分解で出来ますが、ファンを交換するとなるとマザーボードを外さなければなりません。
フラットケーブルの配線が複雑で、存在に気付かず無理やり外そうとすると壊しちゃうので注意が必要。

やはりCPU熱伝導グリスもカラカラに乾燥していました。
グリスを塗り直してファンを交換、ボトムケースにある埃も全てエアーコンプレッサーで飛ばします。

組み立てて負荷テストを行いましたが、排熱の風量が全然違いますね。
交換前は埃とファンの劣化で弱々しい風が出てくるだけでした…

エージングして冷却能力に問題が無いことを確認し、代引きで返送いたしました。



FRONTIER FRUX1471/QSP 起動しない

FRONTIER FRUX1471/QSP
少し前に流行ったネットブック。
ATOMのCPU、320GBのハードディスクを搭載。Windows7 home premiumが標準でインストールされています。
ほとんどのネットブックには光学ドライブがついていませんが、このパソコンには薄型のDVDのマルチドライブが搭載されていました。

仙台市青葉区のリピーターのお客様から、『Windowsが起動しなくなった』とお持込みいただきました。
確認すると、BIOSの表示はしますがWindowsの起動画面は表れません。
ハードディスク不良の可能性が高いことをご説明して、お預かり。

ハードディスクを外して調べると、認識はしていますがSMART情報は見えません。
パーティションは見えますが、中身は全くアクセスできず。
やはりハードディスクの異常ですが、どうにか元の状態に復元できないか、最悪データだけでも取り出せないか… 専用機でコピーにチャレンジ。

数時間掛かり、かなりのエラーは起きていましたが、コピーが終了しました。
コピーしたハードディスクを取り付け、Windowsのシステムを修復すると、Windows7が起動しました。
お客様のデータも無事のようです。

動作確認をすると、USBの認識に問題がありました。
ほとんどのUSB機器が正常に使えません。
ドライバ更新で解決できましたが、今度は無線LANの障害もあり、全体的に安定していません。
試しにテスト用HDDでリカバリを行うと、これらが正常に動作するようになりました。

リカバリを行ったため、Windowsのアップデートと全体の動作確認を行い、修理完了です。



Let’s note CF-B10CDBDP 電源が入らない

PANASONIC Let’s note CF-B10CDBDP
2011年発売、15.6インチ液晶搭載のPANASONIC レッツノート。
レッツノートシリーズと言えばモバイルノートのイメージがありますが、この機種のように据え置きでも使いやすい画面の大きなものもあります。
今回お預かりしたものは、OSはWindows7から10にアップグレードされており、お客様ご自身でハードディスクからSSDに換装していました。

『電源が入らない』ということで、山形にお住まいのお客様からお持ち込みでの修理依頼がありました。
仙台には仕事で頻繁にいらっしゃるようです。
全く電源が入らないわけではないですが、スライドスイッチを何度もスライドさせないと電源が入りません。
電源スイッチの接触不良ですね。

レッツノートは昔からほぼ同じスイッチを使用しているので、どの機種でも使い込んでくると同じようなトラブルが起きます。
良くあることなので、電源スイッチは純正の新品を常時在庫。
早速、交換作業に入ります。

同時期に発売された機種と同じように、キーボードが両面テープで接着されていますが、他のものよりは簡単に外せます。それでもキーボード変形の恐れがあるので注意が必要ですが。

トップケースを外すと電源スイッチが確認できます。
マザーボードに実装されているのではんだゴテで取り外し、新しものと交換。

交換後はスライド一回で電源が入るようになりました。
剛性を売りにしているだけあって、年数が経っても力が加わるヒンジ周辺の破損等もなく、他メーカーとの違いを感じますね。



1 / 41234

アーカイブ

▼▼▼
お見積り・お問い合せはこちらから
▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト

アクセス

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10〜19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090


お得なキャンペーン
レンタルパソコン
アップグレード
修理依頼書ダウンロード
初期化しちゃう?ちょっと待って

無料見積もりはこちら

特急修理

来店予約

土日祝日も営業中

修理依頼書ダウンロード

メールはこちら

パソコン修理ブログ

ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。 泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

アクセスマップ

FAX

 キャンペーン一覧

レンタルパソコン

学生割引

リピーター割

同時に2台修理

リカバリディスク無料作成

返却時の送料無料

代引き手数料無料

買取対応

Windows VistaまたはXPからWindwos7へアップグレード

Windwos7 中古パソコン販売

 修理オプション一覧

Windwos7 中古パソコン販売

 今月の定休日

定休日はありません
土日祝日も営業中(10~19時)!
お急ぎの方はお電話ください。
022-771-2090
来店予約の連絡も不要です。

東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号

↑ PAGE TOP