お問い合わせこちらをクリック  

DELL OptiPlex 790 画面に何も映らない

DELL OptiPlex 790
2012年発売、ミドルタワー型デスクトップパソコン。
CPUはSandyBridge世代のCore i5、メモリは4GB搭載されており、OSはWindows7です。

仙台市泉区にある会社の方から修理の依頼がありました。
いつもご利用いただいているリピーターさんですね。
『電源は入るが、ディスプレイに何も表示されない』といった症状。ハードディスクにもアクセスしている様子はありません。

分解すると、いつもの如くCPUのヒートシンクが隙間が無いぐらいホコリが目詰まりしていた。
使用環境にも寄りますが、稼働時間も長いので仕方ないところです。
グラフィックボードが搭載されていたので、真っ先に疑いましたが、グラフィックボードは正常。
過去には接点の接触不良だったケースもありましたが、今回の原因はメモリ自体でした。

CPUやグラフィックボードはもちろん、ハードディスクも高温になりますが、意外にメモリも結構熱くなります。
埃で排熱がうまくいかず、壊れてしまったのかもしれません。

念のため、メモリスロットやグラフィックボードが接続されているPCIeスロットを洗浄し、メモリは新品に交換。
発売から6年も経っているのでハードディスクの検査も行いましたが、特に問題ありませんでした。

電源ON/OFFを繰り返しましたが、その後は正常に起動。
しばらくエージングを行って、修理完了となりました。



NEC PC-LS550BS2KS 左クリックが反応しない

NEC PC-LS550BS2KS 左クリックが反応しない
2010年発売、15.6インチ液晶のNEC ノートパソコン。
OSはWindows7で、CPUはCore i5を搭載しています。
Windows7がインストールされているパソコン、今では貴重ですね。元々Windows7のパソコンであっても、大半が10にアップグレードされています。

大崎市にお住まいのお客様から電話でご連絡、お持ち込みいただきました。
『タッチパッドの左クリックが使えない』ということで、パソコンを購入した販売店に相談に行ったところ、「メーカーに送って修理する必要があるが、2016年でサポートが終了している製品なので対応できない」と言われたそうです。
そこでインターネットでお調べになり、当店を見つけられたそうです。
『マウスを接続すれば問題なく使えるが、持ち運んだときのことを考えると、やはり使えないのは困る』ということでした。

右クリックは正常なので、左クリックのスイッチが怪しいですね。
分解して確認してみます。

タクトスイッチはマザーボードにはんだ付けされているタイプでしたが、テスターを使って動作を調べてみても、スイッチ自体に問題は無いようでした。
周囲の回路を確認したところ、わずかですが腐食している個所が見つかりました。
パターンを辿ると、ちょうど左クリックの回路。腐食のせいで断線しているようです。

断線箇所を修復すると、問題なく動作するようになりました。
マザーボードの交換が必要なくて良かったです。



Let’s note CF-W7DWPAJS 電源が入りにくい

Panasonic Let’s note CF-W7DWPAJS
おなじみのパナソニック レッツノート、CF-W7です。
Core 2 DuoのCPUで、発売当初はWindows Vistaでしたが、Windows7にアップグレードしていらっしゃいました。

塩釜市のお客様より、『電源が入りにくくなった』とお持ちいただきました。
レッツノートは電源のスライドスイッチが接触不良を起こし、何度もスライドしないと電源が入らない症状がよく起こります。
さらに、『起動しても動きが遅く、画面にいろいろなウインドウが表示されて使いにくい』とのこと。
受付時、スイッチを何度もスライドさせて電源は入ったのですが、起動して少し待つと、次から次にいろいろなソフトが起動してきて、画面がいっぱいになりました。
電源スイッチの交換と、悪質なソフトを削除する作業でお預かり。

まずスイッチの交換を行います。
純正新品の部品を在庫しているのですが、スイッチ交換は大変な機種です。
全体を分解しなければなりませんが、この機種はキーボードが両面テープで貼り付けてあり、DVDドライブ周りの取り付けが特殊。分解が難しい機種の一つです。
メインボードを取り出してしまえば、いわゆる表面実装された状態なので、ハンダパターンを破損しないように注意して交換するだけ。
交換後、組み上げて電源を入れるとスライド一発で電源が入るようになりました。

動作が遅いのはハードディスクのエラーを疑っていましたが、調べるとエラーはありませんでした。
入っているソフトを確認すると、一目で悪質なソフトと分かるものが約10個見つかりました。
通常のアンインストールでは消せず、勝手に復活するものもあるので、専用の削除ツールを使用して根幹から消去。

さらに、ウイルス対策ソフトが2つインストールされていました。
どちらも期限切れで、対策としては不十分です。
お客様の了解を得て両方削除し、マイクロソフトの無料ソフト(MSE)をインストールしました。
動作が遅いことが気になっていましたが、これらの作業で見違えるほどの速さ!

エージングを兼ねてWindowsアップデートを行い、全体の動作を確認して修理完了となりました。



NEC PC-LS350NSW-KS 液晶画面割れ

NEC PC-LS350NSW-KS
2013年発売、15.6インチ液晶搭載のNEC ノートパソコン。
OSはWindows8.1、CPUはCore i3を搭載されていました。
Windows10にアップグレードしていない方はめずらしいですね。大半の方は、『気が付いたらアップグレードされていた』というパターンなので…。

『液晶画面が割れてしまった』ということで、メールでお問い合わせいただき、富谷市にお住まいだったのでお持ち込みいただきました。
画面の右側にヒビが入っており、全体的にカラフルな横線が表示。
破損しているので液晶パネルの交換が必要ですね。

初めにべゼルを外しますが、かなり強力なツメで固定されていますので、べゼルやツメを壊してしまわないよう注意が必要ですね。
在庫している液晶パネルに交換したところ、正常に表示されるようになりました。

ハードディスクも不良セクタが発生していたため、新品に交換しました。
状態が悪化する前に発見出来て良かったです。そのままだと、最悪データが取れなくなる可能性もありますからね。
ハードディスク交換と言っても、軽微な損傷だったので設定もデータも元の環境のまま残すことができました。



富士通 AH53/J 起動しない

FUJITSU AH53/J
2011年発売、15.6インチ液晶の富士通 ノートパソコン。
CPUはCore i7のWindows8です。このスペックならまだまだ十分使用できます。

仙台市泉区のお客さまから、『Windowsが立ち上がらない』とお持込みいただきました。
電源を入れるとWindowsが起動しようするものの、自動修復の画面になってしまい立ち上がりませんでした。
Windowsのシステム異常だが、ハードディスクがエラーを起こしている可能性もあるとご説明して、お預かり。

ハードディスクを取り外して確認すると、ハードディスク自身にエラーはありませんでした。
コピーも異常なく出来たことから、Windowsのシステムが修復出来れば、正常に起動できそうな感じでしたが…

ユーザーデータは正常に読み取り退避することができました。
様々な手段でシステムの修復を試みましたが、どうしても起動せず。
Windowsシステム破損はかなり深刻な様子。
コピーハードディスクでリカバリ領域からリカバリを試みるも、エラーが起こり完了しませんでした。

リカバリディスクを使用してリカバリをすると、正常に終了してWindowsが起動し、他に異常がないことを確認できました。
ハードディスクに異常がないのに、Windowsシステムファイルとリカバリ領域の両方とも壊れているのは解せないですが…
元のHDDにリカバリディスクでインストールし、しばしエージング。
退避しておいたユーザーデータを移行して、修理完了となりました。



Apple MacBook pro A1286

2011年製のApple MacBook pro。
岩手県のお客様から、『縞模様になって起動しない』とお問い合わせの後に宅配便でお送りいただきました。

確認すると、一瞬正常に起動しますがすぐに画面全体に縞模様が表示されて、操作できなくなりました。
この機種はグラフィックチップの問題があり、Appleでリコール対象になった機種ですが、既に修理受付は終了しています。
お客様もご自分で調べて、お問い合わせのときにこの問題ではないかとおっしゃっていました。

確認のため、一旦ロジックボードを取り外して一時的に修復し、改善できるか確認しました。
起動させると、先ほどまでの症状が消え、正常に画面が表示されるようになりましたので、やはりグラフィックチップの問題で間違いなし。

グラフィックチップを外して再ハンダする作業を行い、全体の動作確認とエージング。
多少の負荷をかけても表示が乱れることはなく、安定して動作するようになりました。

ロジックボード側に歪みが発生している場合は、再ハンダしても再発してしまう可能性も考えられますが、中古のボードに交換しても同じ設計であれば不安は消えません。
それなら、新品から使ってきた自分のPCを修復したほうが良いと思います。

NEC PC-LS150MSB 異音がする

NEC PC-LS150MSB
2013年発売、15.6インチ液晶のNEC ノートパソコン。
OSはWindows8で、CPUはIvyBridge世代のCeleronが搭載されていました。
Windows8から8.1へアップグレードされており、さらに無償アップグレード期間中に10にしていたようです。

多賀城市にお住まいのお客様から、お持ち込みでの修理依頼がありました。
リピーターの方で、前回は液晶パネルが割れていたのを交換いたしました。
今回は本体内からの異音。
電源を入れると、ジャリジャリ…という音がし始めて、パソコンが起動してしばらくすると、ガラガラと激しい音に変化しました。
間違いなく、ファンからの異音ですね。

ボトムカバーを開けると、ファンとヒートシンクが見えます。
やはり埃が目立ちますね。
ファンの交換とヒートシンクの掃除。
CPU熱伝導グリスも劣化してカラカラに乾いてしまっていましたので、塗り直しました。

その後、負荷をかけてエージングテスト。
ファンもスムーズに回っているようで、問題は無いですね。
他には特に異常なく、修理完了です。

リピーター割引がありますので、修理代金が少しお安くなりました。

東芝 T351/57CR 電源が入らない

TOSHIBA T351/57CR
Core i5 CPUを搭載した、東芝の標準的なノートパソコン。

塩釜市のお客様から『電源が入らない』とお持込みいただきました。
受付で確認すると、ACアダプタを接続してもバッテリの充電ランプすら点きません。

この機種は、電源回路の部品がショートして電源が入らなくなる症状で修理をご依頼いただくことが多い機種。
その可能性が高いことを説明し、お預かりしました。

マザーボードを取り出して確認すると、やはり19.5Vの電源回路がショートしていました。
闇雲に部品を交換するのではなく、原因となっている部品を特定して交換しますが、同じ回路に同じ部品が多数使われていることから、不良でない部品も合わせて交換しています。
今回も同様に作業し、仮組みで電源を入れると【dynabook】の表示がディスプレイに表れました。

他に異常がないか点検すると、ハードディスクにエラーセクタを確認。
Windowsの起動はしますが、Windows Liveのソフトがエラーで起動できないという表示が出ていました。

今後もしばらく使用するのでハードディスクも交換するとのことで、新しいHDDに環境をそのまま移行し、Windows Liveのソフトを入れ直しました。
エージングテストを行い、異常が出ない事を確認。
最後にリカバリディスクを作成して、修理完了となりました。



東芝 PX/410DL 突然止まって電源が切れた

TOSHIBA PX/410DL
Windows XPのかなり古めのノートパソコン。メモリが256MBという、2005年発売のモデルです。

『はがきを印刷しようとして使用している時に、突然止まって電源が切れた』とのこと。
その後立ち上げようと電源を入れても、英語のメッセージだけ表示され、Windowsが立ち上がらなくなったそうです。
急いでいるので何とかしてほしいと、仙台市青葉区のリピーターのお客様からお持込みいただきました。

お聞きすると、他の新しいパソコンにも同じはがき印刷のソフトが入っているものがあるそうですが、肝心のデータはこのXPのパソコンにしかないそうです。
すぐに印刷しなくてはならないため、このパソコンを一時的にでも修理するか、データを取り出してほしいとのご希望。
このパソコンはデータさえ取り出せれば不要とのことだったので、もう一台のパソコンに移すことで承りました。

時代的にも、使われているのはIDEタイプのハードディスク。
他のPCに接続すると、認識はしますが中身は見えず。
不良セクタが発生したわけではないようですが、パーティション情報が破損している様子。

そのままではデータを読み取ることができないため、念のためバックアップを兼ねてハードディスクのクローンを作り、データ復旧用の機械にかけてデータの取り出しにチャレンジ。

一晩かかりましたが、ほとんどのユーザデータが取り出せました。
最も必要なはがき印刷ソフトのデータも確認できました。

もう一台のパソコンではがき印刷ソフトを立ち上げ、データの取り込みを行うと、数百件の顧客データが見えるようになりました。

お客様は『全部打ち直しが必要かと思ったので、とても助かった!』と安心された様子。
このデータだけでなく、かなりの量の音楽データ等、ほとんどのデータが無事取り出せたので、お喜びいただけました。



acer E1-572-A54D acerのロゴから進まない

acer E1-572-A54D
2013年発売、15.6インチ液晶のacer ノートパソコン。
元のOSはWindows8.1でしたが、無償アップグレードでいつの間にか10になっていたそうです。
CPUはSandyBridge世代のCore i5で、メモリは8GB搭載されていました。

仙台市太白区にお住まいのお客様から、お持ち込みいただきました。
『電源を入れてもacerのロゴが表示されたっきり先に進まない。あきらめて放置しておくと、英文のメッセージが出ていることもあった』そうです。

確認のため電源を入れると、カッチンカッチンと嫌な音が…
ハードディスクからの異音ですね。状況からすると、データの復旧は難しそう。

幸いにも使用頻度が低いサブPCだそうで、『大事なデータはバックアップ済み』とのこと。
ハードディスクを交換し、OSをクリーンインストールすることになりました。

Windows8をインストールし、8.1へアップデート。
必要なドライバをインストールしていきます。

各部点検を行いましたが、ハードディスク以外は問題なかったため、Windowsの更新を全て適用し、しばしエージングを行って修理完了となりました。


1 / 16312345...最後 »
▼▼▼  お見積り・お問い合せはこちらから  ▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト
症状別
液晶割れ
キーボード交換
ハードディスク故障
バックライト交換
メモリ増設
HDDデータ復旧
データだけ取出し
マザーボード修理
パソコン修理全般
修理の流れ
始めての方へ
FAQ
発送先/発送方法
ご利用規約
利用規約
特定法表示
無料見積り
見積・問合せ方法
対応メーカー一覧
NEC
富士通
DELL
東芝
SONY
HP
APPLE
Acer・Asus
Lenovo・IBM
その他(家電量販店・日立・SOTEC・自作機など)
<仙台のパソコン修理専門店>

〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

通常営業:10~19時

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090



無料見積もりはこちら

土日祝日も営業中

土日祝日も営業中

パソコン修理ブログ
仙台店店長
ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。
泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
仙台パソコンお直し隊

大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)metro地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)
仙台店TEL

FAX

キャンペーン一覧

レンタルパソコン
学生割引キャンペーン
リピーター割キャンペーン
同時に2台修理に出したら10%OFFキャンペーン
リカバリディスク無料作成キャンペーン
返却時の送料無料キャンペーン
返却時の代引き手数料無料

今月の定休日


     定休日はありません。
     土日祝日も営業中(10~19時)です!

     お急ぎの方はお電話ください。
     022-771-2090

     来店予約の連絡も不要です。


故障の症状別



メーカー別の事例


パソコン修理について



東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号