【 電話診断無料のパソコン修理専門店【仙台のパソコン修理専門店】 】

お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

Let’s note CF-W7DWPAJS 電源が入りにくい

Panasonic Let’s note CF-W7DWPAJS
おなじみのパナソニック レッツノート、CF-W7です。
Core 2 DuoのCPUで、発売当初はWindows Vistaでしたが、Windows7にアップグレードしていらっしゃいました。

塩釜市のお客様より、『電源が入りにくくなった』とお持ちいただきました。
レッツノートは電源のスライドスイッチが接触不良を起こし、何度もスライドしないと電源が入らない症状がよく起こります。
さらに、『起動しても動きが遅く、画面にいろいろなウインドウが表示されて使いにくい』とのこと。
受付時、スイッチを何度もスライドさせて電源は入ったのですが、起動して少し待つと、次から次にいろいろなソフトが起動してきて、画面がいっぱいになりました。
電源スイッチの交換と、悪質なソフトを削除する作業でお預かり。

まずスイッチの交換を行います。
純正新品の部品を在庫しているのですが、スイッチ交換は大変な機種です。
全体を分解しなければなりませんが、この機種はキーボードが両面テープで貼り付けてあり、DVDドライブ周りの取り付けが特殊。分解が難しい機種の一つです。
メインボードを取り出してしまえば、いわゆる表面実装された状態なので、ハンダパターンを破損しないように注意して交換するだけ。
交換後、組み上げて電源を入れるとスライド一発で電源が入るようになりました。

動作が遅いのはハードディスクのエラーを疑っていましたが、調べるとエラーはありませんでした。
入っているソフトを確認すると、一目で悪質なソフトと分かるものが約10個見つかりました。
通常のアンインストールでは消せず、勝手に復活するものもあるので、専用の削除ツールを使用して根幹から消去。

さらに、ウイルス対策ソフトが2つインストールされていました。
どちらも期限切れで、対策としては不十分です。
お客様の了解を得て両方削除し、マイクロソフトの無料ソフト(MSE)をインストールしました。
動作が遅いことが気になっていましたが、これらの作業で見違えるほどの速さ!

エージングを兼ねてWindowsアップデートを行い、全体の動作を確認して修理完了となりました。



Let’s note CF-AX2SD1TC 液晶パネルが割れた

Panasonic Let’s note CF-AX2SD1TC
2013年発売、11.6インチ液晶搭載のパナソニック レッツノート。
液晶ディスプレイがぐるっと回転し、タブレットモードになるモデルです。
CPUはCore i5が搭載されていました。ストレージは128GBのSSD。

『液晶パネルが割れてしまった』ということで、仙台市青葉区にお住まいのお客様からお持ち込みいただきました。
タッチ操作対応モデルなので、液晶パネルの上にタッチパネルがあります。
タッチパネルのほうは割れておらず、中の液晶パネルだけが割れている状態でした。タッチパネルも割ってしまうとかなり高額な修理になってしまいますからね。不幸中の幸いです。

フロントべゼルのタッチパネルに、液晶パネルが両面テープで接着されているため、分解時にはかなり注意が必要です。
接着箇所を温めながら、慎重に引きはがして行きます。

新しい液晶パネルを取り付け、両面テープを使用して埃が入らないよう気をつけながら再度接着を行います。

電源を入れると、画面がキレイに映るようになりました。分解前にも確認しておきましたが、組立て後のタッチ操作も問題なし。
他に異常が無いことを確認し修理完了となりました。



Let’s note CF-W8GWLAJP Windows7へアップグレード

Panasonic CF-W8GWLAJP
2009年発売、12.1インチ液晶のパナソニック レッツノート。
Windows Vista世代ではめずらしく、標準で80GBのSSDが搭載されているという、パナソニックストアのWeb販売モデルです。
CPUはCore 2 Duo、メモリは2GBでした。

『Windows7へアップグレードしてほしい』とのことで、仙台市若林区にお住まいのお客様からご依頼。
過去に何度もお世話になっているリピーターさんですね。
SSDだけど不要なソフトがたくさん入ってて動作が遅かったとのことで、Windows7のクリーンインストールをご希望でした。

SSDは80GBしかないため、使用容量がパンパンで空きがほとんどありませんでした。
購入当初は問題ないかもしれませんが、年数が経つとWindowsの更新データ等が溜まってくるため、80GBでは足りませんね。

SSDを240GBのものへ換装し、Windows7のインストール。
ライセンス認証を行い、Windows7用のドライバをインストールしていきます。
ドライバとユーティリティでかなりの数があるため、作業時間の大半を費やしてしまいました。

元々付いていたSSDから、ユーザーデータを取り出してデスクトップに貼り付けておきました。
一緒にお持ちいただいたOfficeもインストール、ライセンス認証を行い作業完了です。

Vista世代のパソコンですが、Core 2 DuoとSSDなので快適に動いてくれますね。



Let’s note CF-S10CYBDR 無線LANが途切れる

Panasonic CF-S10CYBDR
2011年発売、12.1インチ液晶搭載のパナソニック レッツノート。
CPUはSandyBridge世代のCore i5を搭載しています。
発売から7年程になりますが、この世代のCore i5であれば、現行のものと比べても大きく引けは取りませんね。
人気の高いシリーズです。

『無線LANが途切れてしまう』ということで、仙台市太白区にお住まいのお客様から電話でご相談いただき、お持ち込みいただきました。
無線LANには接続できますが、少し経つと画面右下のアンテナマークが”×”に変わり、接続が途切れてしまいます。
これまで何度もご依頼いただいている症状です。

過去の経験から、無線LANのモジュールが怪しいですね。
受付時に、スライドスイッチを何度もスライドしないと電源が入らない症状も確認したので、電源スイッチも交換が必要です。

分解の際にはビスの種類と、キーボードを張り付けている両面テープに注意が必要です。強引に外そうとすると変形してしまいます。

無線LANモジュールと電源スイッチを、在庫の新品に交換。
埃も溜まっていたので、ファンとヒートシンクも清掃を行いました。
組み立てて、電源が一回で入ることと、無線LANが途切れないことを確認し、修理完了となりました。



Let’s note CF-AX2LEABR ファンの異音

Panasonic Let’s note CF-AX2LEABR
2012年発売、11.6インチ液晶のPanasonic レッツノート CF-AX2。
回転式ディスプレイでのタッチパネルを搭載しているモデルです。
CPUはIvy Bridge世代のi5が搭載されており、ストレージはもちろんmSATAのSSD。

『ファンから異音がしている』と電話でご相談いただき、お持ち込みでの修理となりました。
仙台市内の某大学にお勤めの方です。
電源を入れるとガラガラと嫌な音が…
回転する部品はファンしかないので、ファンの異常であることは間違いないでしょう。
お急ぎとのことで特急修理オプションを使用。事前にご来店日時をご連絡いただいていたので、在庫の部品も確保しておきました。

ボトムケースを取り外すと、マザーボードや内部バッテリー・サブ基盤等ほとんどのものに直接アクセスできます。
以前の機種に比べると、分解が格段に楽ですね。
ただ、ファンの交換となると、マザーボードを外さなくてはいけないので少し苦労します。

フラットケーブル等の配線に気をつけながらマザーボードを外し、ファンを新しいものに交換。
もちろん熱伝導グリスも塗り直し。年数が経つとカラカラに乾いているのものがほとんどですからね。

逆の手順で間違いのないよう組み立て、ファンが正常に動作していることを確認して修理完了です。

レッツノートは、ファンのトラブルでもよく修理ご依頼いただきます。
今回のCF-AX2はもちろん、CF-S9・S10・SX1・SX2などのファンもメーカー純正の新品を常時在庫していますので、異音や排熱が気になったら、お気軽にご相談ください。



Let’s note CF-SX2JE4DS キーボード交換

Panasonic Let’s note CF-SX2JE4DS
2013年発売、12.1インチ液晶搭載のパナソニック レッツノート。
法人向けのモデルですね。
CPUはSandyBridge世代のCore i5が搭載されています。

大阪にお住まいのお客様から、お持ち込みでの修理依頼がありました。
キーボードのキーが外れてしまったそう。
仙台は毎週の様に出張で出来ていて、そのタイミングで修理可能ならとインターネットで調べてお持ち込みいただいたそうです。

『今日大阪に帰らなければいけないので、それまでになんとか修理してほしい』とのことなので、特急修理でお受けいたしました。
キートップが外れただけでなく、キーボード側のキートップを固定するツメが折れていましたので、キーボードごとの交換が必要ですね。

この機種のキーボードは常に在庫していますので、早速交換しちゃいます。
キーボードの固定にビスは一切使われておらず、強力な両面テープで接着されているので他のパソコンに比べると交換が大変です。

両面テープを張り付け、新しいキーボードを位置を確認しながら慎重に貼り付け。

これで交換は完了。
お客様に連絡したところ、店舗のすぐ近くで待機されていたそうで、すぐにご来店いただき、お引き渡しいたしました。



Let’s note CF-SZ6JFMQR パスワード解除

Panasonic Let’s note CF-SZ6JFMQR
2017年発売、12.1インチ液晶を搭載したパナソニック レッツノート。
モバイル用途のパソコンですが、光学ドライブが搭載されているのでCDやDVD等を良く使う方にとってはうれしいですね。
CPUはCaby Lake世代のi7が搭載されています。ストレージはm.2のSSDなので、動作もかなり早いです。

静岡県にある会社のかたから相談がありました。
『Windowsのログインパスワードを解除できるか?』とのご依頼です。

会社から支給されていたパソコンを、使用者がパスワードを掛けたまま突然退社、連絡もつかなくなってしまい、パソコンが使えない状態になってしまったそうです。
会社の大事なデータも入っているので、なんとかログインできるようにしてほしいとのことでした。

OSはWindows10ですね。
暗号化はなく、単純にWindowsパスワードが掛っているだけですね。

ボトムケースを外すとSSDが見えます。
SSDを外すとこまでは時間が掛りますが、作業自体はそれほどかかりません。

パスワードを解除後はデスクトップまでの表示を確認。
データも全てそのままで、単純にログインパスワードを解除しただけです。

ちなみに、ログインパスワードの解除は可能ですが、セキュリティの問題もありますので、その方法をお問い合わせいただいてもお答えできません。
悪しからず、ご了承くださいませ。


Let’s note CF-R2CW1AXR Windowsが起動しない

Panasonic Let’s note CF-R2CW1AXR
2004年に発売された、10.4インチ液晶搭載のパナソニック レッツノート。
OSはWindows XPで、CPUはPentiumを搭載。
10年以上前のパソコンですが、この軽さは驚きですね。マグネシウムボディなので、堅牢さと軽さを両立しています。

『Windowsが起動しなくなった』ということで、仙台市内泉区にお住まいのお客様から電話でご相談いただき、そのままお持ち込みいただきました。
起動中に、ブルースクリーンが出て電源が落ちてしまいます。
全く起動しないわけではなく、デスクトップまで表示され、しばらくしてから落ちたり、セーフモードだと起動するときもある… といった状態。
起動しているうちに、大事なデータはバックアップしたそうです。

状況から、ハードディスクが怪しいですね。
早速分解し、確認。

ハードディスクは、パームレストを外さないと交換できないようになっています。
レッツノートにしてはビスの数が少なく、分解方法がわかっていればそれほど苦労はしません。

ハードディスクを検査したところ、やはり不良セクタが出ていました。
交換が必要ですが、この機種は通常の5V駆動のものは使用できないため、少し手を加える必要があります。

ハードディスクを交換し、Windows XPをクリーンインストール。
ドライバも全てインストールし、修理完了となりました。



Let’s note CF-S9JF1DC ファンの異音

Panasonic Let’s note CF-S9JF1DC
2010年発売、12.1インチ液晶搭載のパナソニック レッツノート。
レッツノートシリーズは小型で軽量・堅牢性も高いため、学生やビジネスマンの方が好んで使う機種ですね。
薄いだけのパソコンだと持ち運ぶには強度的に不安なので、ちょっと厚めのS9・S10シリーズは未だに人気が高いようです。
修理のご依頼も多いので、よく使う部品は純正新品を常時在庫しています。

『ファンから異音がする』ということで、仙台市宮城野区にお住まいのお客様から修理の依頼がありました。
使っていると、本体もかなり熱くなるそうです。

大きな異音ではないのですが、苦しそうな音を出しながら、やっとファンが回っている状態。
ファンの交換が必要ですね。
早速、分解を行います。

分解難易度が高い機種ではありますが、相当な数を分解してきましたので、それほど大変には思わなくなりました。
キーボードは両面テープでくっついていますので、剥がすときに変形させないよう注意が必要です。

パームレストを外したところ、やはり埃が目立ちます。
ファンの交換と同時に、細部まで掃除も必要ですね。
CPU熱伝導グリスもカラカラに乾いていたので、塗り直し。

ファン交換後は、排気口から勢いよく風が出てくるようになり、問題なく放熱できているようです。
一晩エージングテストを行い、完了となりました。



Let’s note CF-S9JYFIDC 電源が入らない

Panasonic Let’s note CF-S9JYFIDC
2010年発売、12.1インチ液晶搭載のパナソニック レッツノート。
当店ではすっかりおなじみの機種ですね。
発売から7年ほど経ちましたが、ブログを見て修理に持ってきてくれるお客様がまだまだ多いです。

『電源が入らない』ということで、岩沼市にお住まいのお客様からお持ち込みでの修理依頼がありました。
全く入らないわけではなく、電源スイッチを何度もスライドさせると一瞬だけ液晶のバックライトが点灯したり、Panasonicのロゴが出てすぐ電源が落ちたり…と、不可解な症状。

これまでの経験で、このシリーズは壊れ方がほぼ決まっているので、違和感を感じながら分解を開始。
分解途中でもネジが腐食していたりと、怪しい点がありました。

マザーボードを確認すると、原因は一目瞭然。
液体が侵入した跡があり、マザーボードが腐食している箇所がありました。

広範囲に及んでいましたが、それほど重症ではなさそうなので、洗浄して起動しないか試みます。
すると電源が入り、Windowsの起動も確認できました。
が、やはり電源スイッチも接触不良を起こしているようで、何度もスライドしないと電源が入らないことがあったため、在庫の新品に交換。

液体侵入なので慎重に動作テストを行い、問題が無いことを確認して修理完了となりました。



1 / 1212345...最後 »

アーカイブ

▼▼▼
お見積り・お問い合せはこちらから
▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト

アクセス

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10〜19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090


お得なキャンペーン
レンタルパソコン
アップグレード
修理依頼書ダウンロード
初期化しちゃう?ちょっと待って

無料見積もりはこちら

特急修理

土日祝日も営業中

修理依頼書ダウンロード

メールはこちら

パソコン修理ブログ

ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。 泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

アクセスマップ

FAX

 キャンペーン一覧

レンタルパソコン

学生割引

リピーター割

同時に2台修理

リカバリディスク無料作成

返却時の送料無料

代引き手数料無料

買取対応

Windows VistaまたはXPからWindwos7へアップグレード

Windwos7 中古パソコン販売

 修理オプション一覧

Windwos7 中古パソコン販売

 今月の定休日

定休日はありません
土日祝日も営業中(10~19時)!
お急ぎの方はお電話ください。
022-771-2090
来店予約の連絡も不要です。

東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号

↑ PAGE TOP