【 電話診断無料のパソコン修理専門店【仙台のパソコン修理専門店】 】

パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊 お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

Let’s note CF-AX2SEGJR 内蔵バッテリ交換 電源が入りにくい

PANASONIC CF-AX2SEGJR
2013年発売、11.6インチ液晶搭載のパナソニック レッツノート。
CPUはIvyBridge世代のCore i5を搭載しており、メモリは4GB。OSはWindows8.1から10にアップグレードされていました。
交換可能な外部バッテリに加え、分解しなければ交換できないバッテリも内蔵されています。

『電源スイッチを、何度もスライドさせないと電源が入らない』と、仙台市内のお客様からお持ち込みいただきました。
レッツノートシリーズによくある、電源スイッチの接触不良ですね。

電源スイッチは、常時新品の純正部品を在庫していますので、早速交換。
その他の症状として、『最近、本体が前より熱くなる気がする。内蔵されているバッテリーも、出来れば交換してほしい。』とのことだったので、ファンを調べてみると回転が弱々しく、高負荷時に異音が発生する事もありました。
ファン・内蔵バッテリも純正新品に交換し、熱伝導グリスとシートも劣化していたので合わせて交換。
筐体内部に溜まっていた埃も取り除きました。

ファンの回転もスムーズになり、負荷テストも問題なくクリアし、修理完了となりました。



Let’s note CF-SX2JEQDR 電源が入らない

Panasonic Let’s note CF-SX2JEQDR
2012年発売、12.1インチ液晶搭載のパナソニック レッツノート。
本体カラーがブラックの個人向けモデルですね。
CPUはIvyBridge世代のCore i5で、メモリが4GB搭載されています。OSはWindows7がインストールされていました。

『電源が入らない』と、メールでお問い合わせいただき、福島県にお住まいのお客さまだったので宅配便でお送りいただきました。
電源が入らないとお聞きしていましたが、電源スイッチを何度もスライドさせると電源が入ることがありました。
電源さえ入ってしまえば正常に動作しますので、電源スライドスイッチが接触不良を起こしているのでしょう。
レッツノートシリーズではメジャーなトラブルですね。

いつも通り分解を行い、電源スイッチを在庫の新品部品に交換。
当然ですが、交換後はスライド一回で電源が入るようになりました。

この電源スイッチを交換するにはメインボードを取り出す必要がありますので、分解したついでに簡単に筐体内部を清掃し、修理完了。
動作点検とエージングテストを行って、代金引換で返送しました。



Let’s note CF-S10EYADR 熱くなる 無線LAN途切れる

Panasonic Let’s note CF-S10EYADR
2010年発売、第2世代のCore i5 CPUを搭載したパナソニック レッツノート。
12.1インチ液晶で、小型の筺体にDVDドライブを搭載しています。
軽く、持ち運びにも便利なため、今でも多くの方が使用しているパソコンです。

宮城県北部 大崎市の方から『無線LANが途切れる。熱くなる。』とお持ち込みいただきました。
どちらもCF-S10シリーズでよくあるケースですね。

熱くなることに関しては、ファン自体の劣化で風量が不足しているか、ホコリが蓄積して排熱を妨げているといったところ。
分解して確認すると、ファンが薄らと汚れているものの、放熱フィンにはさほど詰まっていませんでした。
負荷時も回転が遅いので、ファンの交換が必要です。
ファンはCPUの放熱板と一体の構造になっており、メインボードを取り外さないと外すことができません。
CPUに塗布されたグリスが硬化していたので、新しいグリスを付け、在庫の新品ファンと交換。

無線LANについては、ON/OFFスイッチが接触不良を起こしていたり、無線LANモジュールの接触不良のこともありますが、今回は無線LANモジュール自体が原因でした。

ちょっと長めにエージングテストし、各部動作点検して修理完了となりました。


Let’s note CF-AX2ADCCS ファンの異音・動作が遅い

Panasonic CF-AX2ADCCS
第3世代のcore i5にSSDとタッチパネルを搭載、液晶が反転してタブレットのように操作できる パナソニック レッツノート。
外側に取り外し可能なバッテリと、カバー内にもバッテリが搭載されています。

仙台市青葉区のお客様から、『ファンの異音がすると同時に動作が遅い』とお持ち込みいただきました。
熱を持って高回転になってからうるさくなるのではなく、電源を入れたと同時に異音が発生。
ファン交換が必要な可能性が高いと説明して、お預かりしました。

動作が遅いのは、熱によってCPUの動作が抑えられている可能性も…。
下側のカバーを分解すると、ファンが見えます。
手で軽く回そうとしてもファンの軸が渋くなっており、グリスアップしても時間の問題でしょうから、やはりファンの交換が必要。

この機種のファンは常時在庫していますので、すぐに交換できます。
ファンの交換はメインボードを取り外さなければなりませんが、以来台数が多いので慣れたものです。
CPUの放熱グリスが硬化して、なかなか外れまないのも、いつものこと。慎重に取り外して、固くなったグリスを取り除き、新しいグリスを塗ってから組み込み。
仮組みで電源を入れ、正常に起動しファンが回ることを確認しました。

全体を組み上げて動作確認をすると、正常に動作して遅い様子はありません。
やはりファン不良が原因で、熱の影響で動作が遅くなっていたようです。

エージングテストを行って、修理完了となりました。



Let’s note CF-SX3YEQBR すぐにフリーズする

Panasonic CF-SX3YEQBR
2013年発売、黒ボディのPanasonic レッツノート。
第4世代のCore i5 CPUで、DVDドライブも搭載しており、モバイルには持って来いのパソコンです。

大崎市のお客様から『起動するけど、すぐにフリーズする』とお持ち込みいただきました。
Windowsのシステムに不具合があることは間違いないのですが、単純にシステムだけの問題なのか、ハードディスクに障害が発生してシステムがおかしくなったのかを見極める必要があります。

ハードディスクを検査すると、不良セクタが多数。
よくあるケースですが、不良セクタのせいでWindowsシステムが破損したというところでしょう。

それでもクローンは作成できたので、そちらを取り付けてシステムの修復を試みましたが、どうやっても失敗しました。
テスト用のHDDでリカバリを行い、他に不具合はなく正常に動作することは確認できました。
『リカバリも止む無し』とご了承いただいていましたので、ハードディスクの交換とリカバリを進め、Windows8.1にアップデート。
動作点検を行い、リカバリディスクを作成して修理完了となりました。



Let’s note CF-SZ5BDSQP 液晶パネル割れ

Panasonic Let’s note CF-SZ5BDSQP
2016年発売、小型で高機能なパナソニック レッツノート。
12.1インチの液晶ながら、1920x1200の解像度の液晶が使用されています。
CPUは第6世代のCore i7、メモリが16GB、512GBのSSDにブルーレイディスクも搭載しており、モバイルノートとは思えない豪華仕様です。

仙台市内のお客様から、『液晶が割れてしまった』とお持ち込みいただきました。
液晶の左半分が割れて見えなくなっている状態。高機能なパソコンも、こうなるとどうしようもないですね。
レッツノートは仕事で使われている方が多いですが、今回も同様、『急いで修理してほしい』とのこと。

レッツノートの液晶はほとんどの機種用を在庫していますが、この機種は解像度が高いこともあって、他の機種より値段も少し高めです。
お預かりする時点で金額にご了承いただいていましたので、早速液晶パネルを交換。
表示が正常であることを確認し、他に異常がないかも点検。

性能的に当たり前ですが、サクサク動くので、触っていてストレスがないですね。
エージングトを行って、修理完了となりました。


Let’s note CF-S10AWGDS 液晶割れ

Panasonic Let’s note CF-S10AWGDS
2011年発売、12.1インチ液晶のPanasonic ノートパソコン。
モバイル用途でビジネスマンの方に人気のレッツノートシリーズですね。
今回持ち込まれたものはHDDからSSDに換装してありました。元々軽いのが更に軽くなり、動作も速くなるのでご自身で換装される方も多いです。

『液晶画面が割れてしまった』ということで、仙台市内にお住まいのお客様からお持ち込みいただきました。
右上に大きくヒビが入っており、画面の中央まで広がっています。
左側はかろうじて表示されていますが、何が表示されているか分からない状態。

液晶パネルの交換が必要ですね。
修理費用を少しでも抑えたいとのことだったので、中古の液晶パネルを使用することになりました。

いくら堅牢性が高いレッツノートであっても、べゼルを外す際はツメの位置を把握していないとケースが割れてしまう恐れがありますので、慎重に行います。
在庫にある液晶パネルを取り付け、正常表示を確認。

他の動作に異常が無いことを確認し、修理完了。
レッツノートは比較的故障が少ないですが、壊れたとしてもだいたい決まっているので、使う側も安心ですね。
部品を在庫していた分早く修理出来たので、お客様も喜んでいらっしゃいました。



Let’s note CF-AX2MEMBP ファンから異音がする

Panasonic Let’s note CF-AX2MEMBP
軽量・頑丈な作りで定評のある、レッツノートです。
第3世代のCore i7 CPUに、メモリ8GB、SSDでタッチパネル。
2012年発売の製品ですが、まだ現役で使われている方も多いのではないでしょうか。
クーリングファンの異常で頻繁にご依頼いただく機種ですが、やはり今回も…

『起動するとファンから異音がする』ということで、仙台市太白区のお客様からお持ち込みいただきました。
起動してすぐ、本体の後方からカラカラというファンの音がしていました。
ゴミが挟まったという感じではなかったので、おそらくファンの交換が必要とご説明して、お預かり。

分解すると、ファンと放熱フィンに埃がたまっていました。
埃を飛ばし、ファンを指で回すと少し引っかかる感じ。
本来ならもっと軽やかに回るものなので、やはり交換が必要です。

ファンはボトムカバーを開ければ見えますが、交換する場合はメインボードを取り外して反対側のビスを外す必要があります。
この機種のファンは常時在庫していますので、すぐに交換可能。

新品ファンのヒートシンクに、新しいCPUグリスとGPU用の熱伝導パッドを付け、組み立て。
電源を入れてみると、元のファンとは風の勢いが全く違います。

各部動作点検とエージングテストを行い、修理完了となりました。



Let’s note CF-SX2ADHCS ファンがうるさい

PANASONIC Let’s note CF-SX2ADHCS
2013年発売、12.1インチ液晶のPanasonic レッツノート。
CPUはIvyBridge世代のCore i5が搭載されており、ストレージはハードディスクの法人向けモデルですね。
OSはWindows10にアップグレードされていました。

『使っているとファンの音が気になる』ということで、当店の修理ブログをご覧になった秋田にお住まいのお客様から、宅配便での修理依頼がありました。
『本体も高温になっている』ということなので、おそらく埃がたまっているのでしょう。
全体的なクリーニングのご依頼です。

ファンの劣化も予想されますので、新品部品に交換していきます。
トップケースを外すとファンが見えますので、簡単な掃除だけはここまでの分解で出来ますが、ファンを交換するとなるとマザーボードを外さなければなりません。
フラットケーブルの配線が複雑で、存在に気付かず無理やり外そうとすると壊しちゃうので注意が必要。

やはりCPU熱伝導グリスもカラカラに乾燥していました。
グリスを塗り直してファンを交換、ボトムケースにある埃も全てエアーコンプレッサーで飛ばします。

組み立てて負荷テストを行いましたが、排熱の風量が全然違いますね。
交換前は埃とファンの劣化で弱々しい風が出てくるだけでした…

エージングして冷却能力に問題が無いことを確認し、代引きで返送いたしました。



Let’s note CF-B10CDBDP 電源が入らない

PANASONIC Let’s note CF-B10CDBDP
2011年発売、15.6インチ液晶搭載のPANASONIC レッツノート。
レッツノートシリーズと言えばモバイルノートのイメージがありますが、この機種のように据え置きでも使いやすい画面の大きなものもあります。
今回お預かりしたものは、OSはWindows7から10にアップグレードされており、お客様ご自身でハードディスクからSSDに換装していました。

『電源が入らない』ということで、山形にお住まいのお客様からお持ち込みでの修理依頼がありました。
仙台には仕事で頻繁にいらっしゃるようです。
全く電源が入らないわけではないですが、スライドスイッチを何度もスライドさせないと電源が入りません。
電源スイッチの接触不良ですね。

レッツノートは昔からほぼ同じスイッチを使用しているので、どの機種でも使い込んでくると同じようなトラブルが起きます。
良くあることなので、電源スイッチは純正の新品を常時在庫。
早速、交換作業に入ります。

同時期に発売された機種と同じように、キーボードが両面テープで接着されていますが、他のものよりは簡単に外せます。それでもキーボード変形の恐れがあるので注意が必要ですが。

トップケースを外すと電源スイッチが確認できます。
マザーボードに実装されているのではんだゴテで取り外し、新しものと交換。

交換後はスライド一回で電源が入るようになりました。
剛性を売りにしているだけあって、年数が経っても力が加わるヒンジ周辺の破損等もなく、他メーカーとの違いを感じますね。



1 / 1312345...最後 »

 

アクセス・営業日

アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。
駐車場も完備です。

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10~19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090

ご来店用アクセスマップはこちら>>


↑ PAGE TOP