【 電話診断無料の仙台のパソコン修理専門店 】

パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊 お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

USBメモリ 折れた・曲がった。認識しない データが開けないデータ復旧

修理期間は~日。

費用は10,000円~となります。

 

 

KINGMAX USBメモリー16GB

 

USBメモリのデータ復旧のご依頼がありありました。

『大事な文章ファイルがたくさん入っていた』らしいのですが、

実際にお持ちいただき確認したところ、間違って消してしまったとか、

フォーマットしてしまったとかいったことではありませんでした。

強い力が加わったようで、くの字型に大きく変形していました。

『パソコンに挿したままカバンに入れてしまい、気付いたら折れていた』とのこと。

幸いにもデータが格納されている基盤側ではなく、USBコネクタが折れ曲がっている状態。

USB3.0のコネクタですが、肝心の2.0で動作する部分の

データ通信ライン(TXD・RXD)のパターンも損傷していました。

パターンに破損がなければ、一時的にでも別なコネクタに交換することでデータを読み出せますが、

今回はコネクタを撤去した後に切れてしまったパターンをたどって配線加工。

パソコンに接続してみると、ドライバのインストールが始まり、正常に認識。

やはりデータが格納されているメモリチップやコントローラIC部は異常が無かったようで、

データは100%救出することが出来ました。

IMG_20161107_184431

 

 

 

ELECOM MF-BWU2A08GPN2

 

エレコムのUSBメモリで、データ復旧のご依頼です。

メモリ自体の容量は8GBですが、ほとんど文章しか保存していないらしく、

使用容量は数百MBくらいだろうとのこと。

パソコンに差し込んでいる状態で蹴飛ばしてしまったらしく、コネクタがぽっきり破損していました。

『メモリの中には、毎日仕事で使用しているエクセルファイル等、

とっても大事なデータが入っていて、もし復旧が出来ないとなると膨大な量の資料を

再び作り直さなければいけない』とのことでした。

コネクタだけの破損であれば、一時的な修正を行って全てのデータが取り出せることが多いですが、

基板の変形や内部パーツの破損があると難しくなります。

今回はコネクタ破損に加えて、コントローラICの足(リード)まで変形していました。

衝撃でケースと干渉したのでしょう。

ICのリードが変形して隣のリードとショートしていましたので、

なんとか修正しようと試みたところ、簡単に折れてしまいました。

顕微鏡で確認しながら、残ったわずかなリードに極細ワイヤーをハンダ付し、パターンと接続。

コネクタを仮付けして、そ~っとパソコンに接続すると、無事に認識できました。

中のデータは全て、無事に取り出すことが出来ました。

お客様は『助かったー!!』と安心していましたが、

終始『バックアップをとっておけばなぁ…』と嘆いてらっしゃいました。

IMG_20160524_190901

 

 

 

ELECOMのスライド式USBメモリ

 

ピンクとゴールドが印象的な、女性向けのショコルフシリーズです。

デザインだけではなく、USB3.0にもしっかり対応しています。

大和町にお住まいのお客様からのご依頼。

『普段からデータの保存用に使ってるUSBメモリが突然認識しなくなって困っている』とのご連絡がありました。

『仕事で使う大事なデータがたくさん入っている』とのことで、

お電話をいただいてからすぐにご来店いただきました。

確認してみると、USBメモリをパソコンに差し込んだときの一瞬は認識して、

中のファイルの存在も確認できるのですが、何秒もかからず認識されなくなってしまい、

ファイルを開くこともデータを移動することもできない状態。

よくあるコネクタの破損とかでもなさそうです。

コントローラ部のIC不良のようですので、基盤に実装されている記憶域のメモリーチップを取り外し、

データの復元を試みました。

不具合がコントローラであれば、データ自体は生きている可能性が高く、フォルダ構造もそのままコピーできました。

一部壊れているファイルもあったようですが、お客様の欲しかったデータは問題なく救出できていました。

USBメモリは突然壊れることもあるので、保存用ではなく、あくまでもデータの移動用とお考えください。

IMG_20160418_202802
 

 

IO DATA USBメモリ

 

仙台市若林区のお客様から、『USBメモリが壊れた』とお持込みいただきました。

受付で見ると、USBメモリのコネクタ部分が本体部分から完全に取れ、衝撃でカバーも外れて基板がむき出し。

パソコンに挿したままぶつかって、コネクタが折れてしまったそうです。

4GBのUSBメモリですが、全体の半分ほど仕事で使う大事なデータが入っているらしく、

『何とか直せるところを…』とネットで検索して弊社を見つけ、ご来店いただいたそうです。

IC等に損傷がなくコネクタが取れてしまっただけであれば、仮接続してデータを取り出せるのですが…

基板側をよく見ると、コネクタに近い側の切欠きから少し曲がっていました。

コネクタを仮付けしてみましたが、やはりそのままでは認識しませんでした。

顕微鏡で見ると、コントロールICのハンダに複数個所クラック発見。

ICの足を全周ハンダで修復し、再度PCに接続すると、

正常にUSBメモリを認識して2.5GB分くらいのデータも確認できました。

お客様へデータが取り出せたことを連絡すると、とても安心されていました。

DVDへ書き込める容量なので、DVD-Rに焼いてお渡ししました。



 

 

IO DATA USBメモリ

 

『破損した4GBのUSBメモリのデータを取り出してほしい』と、仙台市太白区の方からのご依頼。

パソコンに差し込んだままの状態で力が加わったようで、根元からポッキリと折れてしまっていました。

早速、USBの修復治具にリード線で接続し、パソコンで読み取りを試しますが、認識しません。

どうやら基板にも歪みが生じて、ICのハンダが割れてしまっているようです。

治具から取り外し、顕微鏡でハンダ付けを確認。

クラックの入っているピンにハンダを盛り、ショートしていないか確認してから、もう一度治具に接続。

今度は無事に認識して、データを確認することができました。

テストパソコンにデータをコピーして、データの確保をし、

今回は少ないデータ量でしたので、CD-Rに書き込んでご返却となりました。

Camera 2016-4-06 at 16.21

 

アクセス・営業日

アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。
駐車場も完備です。

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10~19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090

ご来店用アクセスマップはこちら>>


↑ PAGE TOP