【 電話診断無料の仙台のパソコン修理専門店 】

パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊 お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

外付けHDDのデータ復旧・コネクタ破損

データだけを取り出すことが可能です。

2.5、3.5インチ問わず対応できます。

 

コネクタだけの修理も行っています。

単純にコネクタが折れてるだけであればデータの復旧は可能です。

 

何件かのデータ復旧業者に電話して○十万と即答されてしまった、
『なんとか安く復旧できないか?』といったケースであれば、ぜひお問い合わせください。

 

修理期間は~日。

費用は10,000円~となります。

 

 

 

コネクタ破損の事例

 

I-O DATA ポータブルHDD

 

『USBケーブルの差し込み口が折れてしまい、本体を振るとケース内でカラカラ音がする』状態

メーカーに修理を出したらサポート期間が終了しているとの理由で、修理不能になって帰ってきたそうです。

そして、他のパソコン修理屋さんに電話したらビックリするほど高額な見積りだったとか…。

正常にアクセスできるようになり、実際に確認していただいたところデータも全て残っているとのこと。

IMG_20170311_122729

 

 

WesternDigital WDBAAF0010HBK-00

 

本体側のUSBコネクタが無くなっており、ケース内部からカラカラと音

一晩かかりましたが、データは無事取り出せました。



 

 

 

3.5インチ外付け

 

Buffalo HD-LEM2.0TU2/YJ

 

内蔵されている基板を確認すると、HDDへ電圧が供給されていませんでした。

『5年分のデータが全て詰まっている!』とのことなので、復旧できてよかったです。

IMG_20170309_195812

 

IO DATA HDCA-UT3.0K

 

不良セクタ以外の部分は何とか読み取れ、クローンを作成できました。

このコピーも12時間くらいかかりましたが、必要だとおっしゃっていた

写真・動画・文章データ等、ほぼ復旧できたようです。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

NAS

 

BUFFALO LS-WX2.0TL/R1J

 

1台はかなりの重傷、もう1台も軽度ですが読み込みエラーが出ていました。

時間はかかりますが、両方のハードディスクのクローンを作成。

まる1日かかり、なんとかクローンの作成に成功し、テストパソコンに接続して

データ復旧ソフトに読み込ませると、”このディスクはRAID構成が行われています”のエラー。

もしやと思い、両方のクローンを接続して仮想のRAID構成を作ると、

やっとパーテーション情報が読み込めました。

取り出したデータの一部は破損ファイルで開けない物もありましたが、8~9割のデータは復旧できました。

Camera 2016-8-27 at 15.23

 

 

BUFFALO TS-H2.0TGL/R5

 

システムエラーの表示が出ていました。

4台のハードディスクを1台ずつ確認していくと、2台に異常あり。

不良セクタ多数で、検査機でもエラー多発でした。

異常のあるものだけクローンを作成し、仮想環境でデータ復旧作業。

20時間ほどかかり、ほぼすべてのデータを復旧させることができました。

IMG_20160909_163043

 

 

 

アクセス・営業日

アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。
駐車場も完備です。

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10~19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090

ご来店用アクセスマップはこちら>>


↑ PAGE TOP