【 電話診断無料のパソコン修理専門店【仙台のパソコン修理専門店】 】

お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

NEC PC-LS150MSB 異音がする

NEC PC-LS150MSB
2013年発売、15.6インチ液晶のNEC ノートパソコン。
OSはWindows8で、CPUはIvyBridge世代のCeleronが搭載されていました。
Windows8から8.1へアップグレードされており、さらに無償アップグレード期間中に10にしていたようです。

多賀城市にお住まいのお客様から、お持ち込みでの修理依頼がありました。
リピーターの方で、前回は液晶パネルが割れていたのを交換いたしました。
今回は本体内からの異音。
電源を入れると、ジャリジャリ…という音がし始めて、パソコンが起動してしばらくすると、ガラガラと激しい音に変化しました。
間違いなく、ファンからの異音ですね。

ボトムカバーを開けると、ファンとヒートシンクが見えます。
やはり埃が目立ちますね。
ファンの交換とヒートシンクの掃除。
CPU熱伝導グリスも劣化してカラカラに乾いてしまっていましたので、塗り直しました。

その後、負荷をかけてエージングテスト。
ファンもスムーズに回っているようで、問題は無いですね。
他には特に異常なく、修理完了です。

リピーター割引がありますので、修理代金が少しお安くなりました。

HP ENVY 17-j100/CT 起動時エラーメッセージ

HP ENVY 17-j100/CT
17インチ液晶に第4世代のCore i7 CPU、16GBメモリと1TBハードディスクを2台搭載しているハイスペックなHPのノートパソコン。

『起動後「DLLが見つからないためプログラムが起動できない」というエラーメッセージが出る』と、仙台市若林区のお客様からお持込みいただきました。
受付で確認すると、電源オンで冷却ファンのあたりからかすかに異音がしましたが、Windowsは正常に起動。
そのまま待っていると、お客様のおっしゃっておいるエラーメッセージが表示されました。

お預かりして確認すると、エラーメッセージはウイルスソフトに関連したDLLが見つからないというもので、そのソフトは起動していない状態。
ファイルが壊れたり、システムがおかしくなる原因はハードディスクにエラーが発生した場合が多いのですが、今回はハードディスクにエラーはなく、詳細な検査でも問題は見つかりませんでした。

メモリの検査をすると、エラーが発生。
調べると、8GB×2枚のメモリのうち、1枚がすぐにエラーを起こしており、同じ規格のメモリに変えるとエラーは発生しなくなりました。
試しに見つからないと言われるDLLをコピーしてみたところ、最初のエラーは出なくなりましたが、今度は別のエラーが出て、やはりウイルスソフトは起動せず。
そのウイルスソフトを削除しようとしても、アンインストールもできません。

さらに調べると、ネットワーク接続が有線・無線共に繋がりません。
ハードウェアのトラブルではなく、Windowsシステムがおかしくなっているようで、他にもいろいろ怪しい動作がありました。

テスト用のハードディスクでリカバリを行うと、ネットワークにも正常に接続でき、他の動作も問題ないことが確認できました。
おそらく、メモリーがエラーを起こしていたためにWindowsシステムの一部を壊し、挙動がおかしくなったという感じでしょう。

ファンからの異音は、溜まっていた埃を清掃することで正常に戻りました。
メモリ交換とリカバリを実施し、最新迄のWindowsアップデートを行い、お客様のユーザーデータを戻して修理完了です。



Let’s note CF-AX2LEABR ファンの異音

Panasonic Let’s note CF-AX2LEABR
2012年発売、11.6インチ液晶のPanasonic レッツノート CF-AX2。
回転式ディスプレイでのタッチパネルを搭載しているモデルです。
CPUはIvy Bridge世代のi5が搭載されており、ストレージはもちろんmSATAのSSD。

『ファンから異音がしている』と電話でご相談いただき、お持ち込みでの修理となりました。
仙台市内の某大学にお勤めの方です。
電源を入れるとガラガラと嫌な音が…
回転する部品はファンしかないので、ファンの異常であることは間違いないでしょう。
お急ぎとのことで特急修理オプションを使用。事前にご来店日時をご連絡いただいていたので、在庫の部品も確保しておきました。

ボトムケースを取り外すと、マザーボードや内部バッテリー・サブ基盤等ほとんどのものに直接アクセスできます。
以前の機種に比べると、分解が格段に楽ですね。
ただ、ファンの交換となると、マザーボードを外さなくてはいけないので少し苦労します。

フラットケーブル等の配線に気をつけながらマザーボードを外し、ファンを新しいものに交換。
もちろん熱伝導グリスも塗り直し。年数が経つとカラカラに乾いているのものがほとんどですからね。

逆の手順で間違いのないよう組み立て、ファンが正常に動作していることを確認して修理完了です。

レッツノートは、ファンのトラブルでもよく修理ご依頼いただきます。
今回のCF-AX2はもちろん、CF-S9・S10・SX1・SX2などのファンもメーカー純正の新品を常時在庫していますので、異音や排熱が気になったら、お気軽にご相談ください。



SONY SVF13N1A1J ファンのあたりから異音がする

SONY SVF13N1A1J
2013年発売の、VAIO Fit 13Aシリーズ。
13インチ液晶にcore i5 CPUを搭載した、コンパクトなノートパソコンです。
液晶画面が回転してタブレットとしても使用可能な構造をしているので、持ち運んで使用するには便利なパソコンです。

年末からメールでの問い合わせをいただいていた秋田県横手市のお客様から、宅配便でお送りいただきました。
症状は、『電源を入れると冷却ファンのあたりから異音がする』とのこと。
『給油して治まるのではないか?』とのことでしたが、ファン自体にガタつきが出ていれば交換が必要になるので、ひとまず分解して連絡することにしました。

受け取り後確認すると、電源を入れただけでファンのあたりからかなりの音が聞こえてきました。
とてもこの小型のパソコンから出ている音とは思えない【爆音】。

分解して確認すると、ファンの軸が緩んでおり、下側にこすれてシャーシに共振し、大きな音を出していたようです。
清掃だけでは修復できず、やはり交換が必要。

年末から部品の手配はしていましたが、タイミング悪く休みに入ってしまい、年明けの出荷になってしまいました。
ファンはCPUのヒートシンクと一体になっており、マザーボードを取り外して交換。

組み上げて電源を入れると、当然ながら爆音は消え、いつも通りの軽い回転音になりました。
他に不具合はなく、しばしエージングテストを行って修理完了です。



SONY SVS15119FJS ファンの異音

SVS15119FJS
2012年発売、15.6インチ液晶搭載のSONY ノートパソコン。
CPUはIvyBridge世代のCore i7が搭載されています。
GPUはCPU内蔵のIntel HD Graphicsと、NvidiaのGT640Mが切り替え可能。

『おそらくファンからだと思うけど、電源を入れると物凄い音がする』ということで、仙台市内にお住まいのお客様から電話でご相談いただき、お持ち込みいただきました。
電源を入れてすぐにギーギーと物凄い音が鳴り、Windowsの起動途中で電源も落ちてしまいます。

やはりファンですね…
排熱が上手くいかず、高温になって電源が落ちているのでしょう。
ファンの交換が必要なので、ボトムケースを外して状態を確認。

ボトムケースを外すと、マザーボードやバッテリ・ハードディスクが見えます。
ファンも取り外し可能ですが、周辺のケーブルの取り回しには注意が必要です。

やはり発売から5年ほどたっていますので、埃が結構入っていました。
ファンを取り外して確認してみると、軸がガタガタでした。そのせいでカバーの金属部分を引っ掻いていたのでしょう。

内部清掃を行い、新しいファンに交換し、他に異常がないことを確認して修理完了となりました。
高性能なパソコンなので、まだまだ使って行けますね。



SONY SVF15A19CJS すぐに電源が落ちる

SONY SVF15A19CJS
2013年発売、SONYのFit15シリーズ。
CPUは第3世代のCore i7、ハードディスクではなくSSDを搭載していますので、モバイルに最適なパソコンです。

『電源を入れてもすぐに電源が落ちる』ということで、仙台市のお隣の利府町のお客様からお持ち込みいただきました。
電源ONから2~3分程で電源が落ちてしまう状態。

お預かりして分解し、内部を確認するとかなりの埃が入っていました。
薄型のパソコンなので、ファンも薄くファンの放熱フィンもかなり小型に作られていますので、ここに埃が詰まると排熱が悪くなります。
高温になったせいで電源が落ちる可能性もあります。

この機種はマザーボードの横に冷却ファンがついており、マザーボードを取り外さないとファンやヒートシンクにアクセスできません。
分解を進めると、ファンとヒートシンクに埃がびっしり付いており、排熱口を塞いでいました。
さらに、CPUの熱伝導グリスも硬化。

清掃し、CPUのグリスをつけ直して組み上げ。
仮組みしたところで、電源を入れてしばらく様子を見ると、3分も持たなかったものが15分経っても電源が落ちなくなりました。
さらにSSDを取り付け、テストできる状態まで組み上げ。
他に異常が無いことを確認し、長時間テストを兼ねてメモリーテストを実行しました。

翌日まで電源が落ちることなく、内部清掃のみで修理完了となりました。



富士通 NF/E40 ファンエラー

FUJITSU NF/E40
AMD AthrinⅡCPUを搭載した、2009年発売のWindows7パソコン。

『ファンエラーのメッセージが出る』ということで、仙台市泉区のお客様からお持込みいただきました。
この機種は専用のグラフィックチップを搭載しており、AMDのCPUということもあって熱が多めです。
そのため、比較的大きなヒートシンクで強めなファンが使用されています。

受付で電源を入れると、ファンは回っているようですが、小さな異音がして弱い風がでてくるだけでした。
お客様は埃を掃除すればよくなると思われていたようですが、状況からファンの交換が必要になる可能性が高い事を説明し、お預かり。
毎日趣味でご使用になるそうで、『なるべく早く治したい』とのご希望。特急修理オプションでのご依頼です。

お預かりして、分解。
ファンはマザーボード下にあるため、全体を分解しないと取り外すことができません。
取り外したファンを確認すると、軸が固まってほとんど回らない状態です。
やはりファンの交換が必要です。

在庫のファンを確認すると、新品は使い切ってしまっていましたが、程度の良い中古のものがありました。
新しいものを取り寄せると2-3日かかりますので、お客様へご連絡して中古使用のご了解をいただきました。

ファンを取り付けて、全体の確認。
長年使っているため、ハードディスクの使用時間もかなり長くなっていましたが、読み込み不良はありませんでした。
ファン以外は特に異常ない様子。

ファンのテストを兼ねてエージングテストを行い、リカバリディスクを作成して修理完了しました。



Let’s note CF-S9JF1DC ファンの異音

Panasonic Let’s note CF-S9JF1DC
2010年発売、12.1インチ液晶搭載のパナソニック レッツノート。
レッツノートシリーズは小型で軽量・堅牢性も高いため、学生やビジネスマンの方が好んで使う機種ですね。
薄いだけのパソコンだと持ち運ぶには強度的に不安なので、ちょっと厚めのS9・S10シリーズは未だに人気が高いようです。
修理のご依頼も多いので、よく使う部品は純正新品を常時在庫しています。

『ファンから異音がする』ということで、仙台市宮城野区にお住まいのお客様から修理の依頼がありました。
使っていると、本体もかなり熱くなるそうです。

大きな異音ではないのですが、苦しそうな音を出しながら、やっとファンが回っている状態。
ファンの交換が必要ですね。
早速、分解を行います。

分解難易度が高い機種ではありますが、相当な数を分解してきましたので、それほど大変には思わなくなりました。
キーボードは両面テープでくっついていますので、剥がすときに変形させないよう注意が必要です。

パームレストを外したところ、やはり埃が目立ちます。
ファンの交換と同時に、細部まで掃除も必要ですね。
CPU熱伝導グリスもカラカラに乾いていたので、塗り直し。

ファン交換後は、排気口から勢いよく風が出てくるようになり、問題なく放熱できているようです。
一晩エージングテストを行い、完了となりました。



東芝 T552/58GB ファンエラーが出る

TOSHIBA T552/58GB
2012年発売、15.6インチ液晶搭載の東芝 ノートパソコン。
CPUはIvyBridge世代のCore i7が搭載されていました。
OSはWindows8から、昨年の無償アップグレード期間中に10をインストールして使用していたみたいです。

『Windowsが起動し、デスクトップまでたどり着くとすぐファンに関するエラーメッセージが表示される』とのことで、お持ち込みいただきました。
仙台市宮城野区にお住まいのお客様です。

CPUファンに障害が発生している可能性が高いですね。
実際に確認してみると、ファン自体は回転していましたが非常に遅く、ブーンと異音も発生している状態でした。
負荷が掛かると排熱しきれず、電源が落ちてしまいました。

ファン交換が必要ですね。
壊れた原因はおそらく埃です。
ファンとヒートシンクに、びっしりとホコリが詰まっていました。

全てキレイに取り除き、CPU熱伝導グリスもカラカラに乾いており役割を果たしていないので塗り直し。
在庫している新品のファンに交換し、ファンエラーが出なくなったことを確認。

ハードディスクの検査を行ったところ、不良セクタを発見。
『Windows10にしてから動作が遅くなっていたけど、最近、さらに起動の遅さが気になる』ということもおっしゃっていたので、やはり不良セクタのせいでしょう。

ハードディスクを交換し、Windows8へリカバリ。
アップデートとエージングテストを行って、修理完了です。



HP Probook 4320s 熱くなって電源が落ちる

HP Probook4320s
2011年発売、13.3インチ液晶のHP ノートパソコン。
ビジネス向けのモデルなので、仕様が様々です。

仙台市のお隣、利府町の会社のお客様から、『熱くなって電源が落ちる』とお持込みいただきました。
お客様のお考えでは、『ファンに汚れがあるので、熱くなって電源が落ちるのではないか?』とのこと。
パソコンの底面を見ると、テープで四角い金属のようなものが2個張り付けてありました。
お仕事で扱われている物の一つのようで、熱さましで張り付けてみたが、やはり電源が落ちてしまったそうです。

ファンの清掃で直るかどうかはやってみなければわからず、状況によってはファンの交換が必要になるかもしれないと説明して、お預かりしました。

分解して内部を確認すると、かなりのホコリがありました。
ヒートシンクを外すと、放熱フィンとの間に埃がびっしり! これでは風が外に出ず、熱がこもってしまいます。

ファンと放熱フィンを清掃し、CPUのグリスを塗り直してテストしたところ、ファン自体に異音やガタツキはなく、正常に回転しました。
ハードディスクや他の部分にも異常が無く、排熱以外の異常はない様子。
負荷のかかるメモリーテストを行っても、CPU温度は70℃程度で安定していました。

一晩エージングテストを兼ねてテストを行い、問題ないことを確認して修理完了となりました。



1 / 1012345...最後 »

アーカイブ

▼▼▼
お見積り・お問い合せはこちらから
▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト

アクセス

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10〜19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090


お得なキャンペーン
レンタルパソコン
アップグレード
修理依頼書ダウンロード
初期化しちゃう?ちょっと待って

無料見積もりはこちら

特急修理

土日祝日も営業中

修理依頼書ダウンロード

メールはこちら

パソコン修理ブログ

ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。 泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

アクセスマップ

FAX

 キャンペーン一覧

レンタルパソコン

学生割引

リピーター割

同時に2台修理

リカバリディスク無料作成

返却時の送料無料

代引き手数料無料

買取対応

Windows VistaまたはXPからWindwos7へアップグレード

Windwos7 中古パソコン販売

 修理オプション一覧

Windwos7 中古パソコン販売

 今月の定休日

定休日はありません
土日祝日も営業中(10~19時)!
お急ぎの方はお電話ください。
022-771-2090
来店予約の連絡も不要です。

東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号

↑ PAGE TOP