【 電話診断無料の仙台のパソコン修理専門店 】

パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊 お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

PANASONIC レッツノートの修理

当店はマザーボード修復やレッツノートの修理が得意です。
ここに記載していない機種・内容でも修理対応可能です。
お気軽にお問合せください。
022-771-2090

 

■液晶画面の割れ

レッツノートはモバイル用途での使用が多いため、ご依頼いただく内容も液晶パネル破損が多いです。

【液晶パネル修理の流れ】
レッツノートの液晶パネル交換

【修理期間】2~3日

 

 

■CPUファン

・本体が熱くなる
・排気口からの風量が弱くなった
・カラカラ、ガラガラ、カサカサ等の異音が聞こえる

このような症状は、CPUクーリングファンの交換が必要です。

 

レッツノートは、ファンに異物が挟まってしまったり、ファン自体が故障して回転が止まってしまっても「ファンエラー」を表示しません。

ファンが回転しないとか、ホコリが詰まって放熱できないなどの時は、CPUが高温になり、保護のために電源が落ちて(熱暴走)しまいます。

使用中に勝手に電源が切れてしまうようになった場合は、すぐに修理をご依頼ください。

CFシリーズ ファン清掃・交換の詳細

 

 

■キーボード

キーボードに関する修理依頼で多いのは、

・キーボードに飲み物をこぼしてしまった
・部品が外れてしまった
・キーが入力出来ない
・勝手に入力される  …などです。

『自分でキートップを外して掃除しようとしたら壊してしまった』というご依頼もありました。
大切に使われている方も多いので、『使用に支障ないけど、キーの摩耗やテカリが気になるので新しいキーボードに交換したい』というご依頼も。

『キートップが外れた』という修理依頼の場合でも、よく見てみるとパンタグラフを固定するキーボード側のツメが破損・変形していたり、シリコンゴムが破損していることが多いです。
修正ができない場合はキーボード全体の交換になります。

飲み物をこぼしてしまった場合、キーボードの内部にまで入り込んでしまうので、乾かして済むことはほとんどありません。
最初は良くても、後々固着してしまったり、キー入力できない、同じキーが連打されるなどの症状が出てしまいます。

飲み物などをこぼしたとき、キーボードは交換すれば良いですが、内部に浸水して基盤が腐食してしまうと厄介です。
そんなときの対処法で、「逆さにする」とか「風通しの良い場所で…」など見聞きしますが、内部に入り込んだものはそう簡単に乾かず、数日の間に腐食が進みます。
躊躇せず、一刻も早く修理業者に持ち込んだほうが賢明です。

ちなみにレッツノートは、キーボードからマザーボードへの浸水を防ぐシーリングやドレンホールがあるため、マザーボードまで腐食しているケースは多くはありませんが、
液体の量や浸水した箇所によってはこれらが役に立たないこともありますので、「一刻も早く…」は同じです。

キートップが外れただけで、破損や修正不能な変形がなければ、再取り付けで済みます。
また、キートップ・パンタグラフのみの破損で、同型の在庫があれば、単体での交換も可能です。

 

【修理実績】
レッツノート キーボード交換

【修理期間】2~3日

 

 

■電源スイッチ

 

レッツノートでは定番の故障です。

 

症状としては、電源スイッチノブ(操作する白い部品)やスライドスイッチが破損して電源が入らなくなるものです。

 

IMG_20151209_200525

 

 

マザーボードに取り付けられているスライドスイッチの接触不良ですが、スイッチ単体だけでの交換が可能です。
新品の純正部品に交換するので、数年は再発しません。

 

メーカーや他の修理店のように、電源スイッチの不良でマザーボードを交換することはありません。

 

2014-12-20 19.19.20

明らかにスイッチだけの故障であれば、安価に修理可能です。ぜひご依頼ください。

スイッチ破損の修理詳細

 

【修理期間】2~3日

 

 

■無線LAN

電源スイッチと同じくスライドスイッチが使用されていますが、電源スイッチのようにバネで跳ね返るものではなく、ON・OFFの切り替えです。

・無線LANがONにできない
・何度もスライドしなければONにできない
・勝手にOFFになる
・インターネット接続が途切れる
とご依頼いただくケースが多いです。

無線LANスイッチがOFFになっていると、タスクバーの無線ネットワークアイコンに「×」が表示されますが、
スイッチがONになっているのに「×」の時は、無線LANモジュールが認識されていない可能性もあります。
原因がスイッチかモジュールかは、実際にマザーボード上でスイッチ回路の動作を確認しないと判断できません。

特にCF-S9・S10、N9・N10等ですが、スイッチだけでなく無線LANモジュールの不良も多発しています。

無線LANモジュール不良の症状は、

・無線ネットワークアイコンが「×」
・無線ネットワークアイコンが「!」
・インターネット接続が途切れる
・受信感度が変動する  …などです。

モジュールのコネクタ接触不良も多いので、状態が安定しないこともあります。
特に受信感度の変動は、親機が近いと不具合として現れないので、気付きにくいです。

【修理実績】
レッツノート 無線LAN 修理

【修理期間】2~3日

 

 

■ハードディスク

ハードディスクは消耗品です。
壊れる年数や使える時間が決まっているわけではなく、10年経っていても異常がないというものもありますが、いずれは壊れるものと思ってください。
普段使っていて動作がおかしいと思ったら、まずバックアップを取ることが重要です。

ハードディスクの故障と言っても、いろいろな症状が出ます。

・Windowsロゴで停止する
・自動修復やスタートアップ修復が失敗する
・再起動を繰り返す
・起動に時間がかかる
・以前と比べて動作が遅くなった
・フォルダが開けない
・使用中にフリーズする
・いつもと違う音がする
・「Reboot and Select proper Boot device」と表示される

起動しなくなっても中にはデータが残っていることが多いので、慌ててあれこれ試さないほうが賢明です。

ハードディスクが原因で起動しない・自動修復を繰り返すなどの症状になることが多いですが、OSがWindows10の場合は、どちらかというとOSのシステム不具合が原因になっているケースのほうが多いです。
数年使ったパソコンであれば、ハードディスクが劣化して不良セクタが発生したことが原因と考えられます。

ハードディスクを交換しなければならないときでも、損傷が軽微であればデータや設定も残したまま、元の環境で起動できます。
OSシステムの損傷が激しくて修復できず、リカバリしなければならない場合でも、保存してあるデータは抜き出せることがほとんどです。

ウィルススキャンやデフラグなどはハードディスクに負荷をかけてしまうことになり、特に不良セクタがある場合は状態を悪化させてしまう恐れがありますので、お勧めできません。

ちなみに、Windowsロゴで停止したり再起動を繰り返すというのは、Windowsのシステムファイルに不具合があるということであり、文書や写真などのユーザーデータは読み込んでいません。
ソフトウェア上の問題だけであればリカバリ(初期化)することで正常に起動しますが、そのまま実行すると保存しているデータや設定が消えてしまいます。
不良セクタが発生している状態でリカバリすると、ハードディスクの状態を悪化させ、リカバリ自体が成功したとしてもすぐに不具合を起こしたり、失敗することもあります。

『ハードディスクのアクセスランプは点滅するが、画面の表示が出ない』『電源が入らない』場合は、ハードディスク以外の故障である可能性が高いです。

【修理実績】
CF-SXシリーズ ハードディスク交換
CF-LX、R、Wシリーズ ハードディスク交換

【修理期間】2~3日

 

 

■SSDに換装

SSDは、同じPCとは思えないくらい断然速くなり、ハードディスクのように駆動する部分がないので静かです。
ハードディスクは衝撃には弱いですが、SSDは衝撃に強いので、万が一落としてもデータが壊れることはほとんどありません。
消費電力も低くなるので、モバイル用のPCならバッテリが長持ちします。

・故障はしていないけど、HDDの容量が足りなくなってきたし、ついでに速くしたい
・モバイル用に使うので、振動や衝撃が気になる
・他のパソコンより動作が遅い
・環境を変えずに容量を増やしたい

このような理由から、SSD換装をご依頼いただきます。

他の修理でお預かりしたときに、ついでにSSD換装もご希望…ということも多いです。
起動している状態であれば、ハードディスクからSSDへデータやソフト・設定もそのまま移行してお使いいただけます。
元のHDDはその時点までのバックアップにもなりますので、トラブルに備えて保管しておくと安心です。

【修理実績】
レットノート SSD交換

【修理期間】2~3日

 

 

■マザーボード補修

レッツノートは、マザーボードの故障は比較的少ないほうです。
電源が入らなくなっても、すぐにマザーボード交換が必要と考える必要はありません。

【修理期間】3日~1週間

【修理詳細】
レッツノート マザーボード修復

 

 

■BIOS修復

マザーボードと同様、レッツノートのBIOS異常は少ないですが、ゼロではありません。

症状としては、

・電源ランプは点灯するが画面表示は何も出ない
・ロゴ表示が出ない

などですが、メモリに異常があっても同様になるので、しっかりと切り分けが必要です。

BIOSプログラムは、マザーボードに実装されている8ピンのフラットパッケージIC(SOP8)のEEPROMに格納されています。
S9、S10シリーズは取り外しやすい位置にありますが、SXシリーズは作業しにくいですし、当然リスクもありますので、
真っ先にBIOSを疑うことはなく、メモリ等に異常がないかなど確認し、「残る可能性はBIOS」となってから取り掛かります。

マザーボードから取り外し → 16進数データの読み込み → データの解析・修正 → 修正データをEEPROMに書き込み → マザーボードに再実装 という流れです。
BIOSパスワード解除のご依頼もありますが、流れは同じです。

稀にBIOSのEEPROM自体の不良ということもありますが、読み込み・書き込みのときの動きで判断できます。

電源を入れた後、HDDへのアクセスがあるのであれば、BIOSではなく液晶表示の故障です。

【修理実績】
レッツノート BIOS修正

【修理期間】3~5日

 

 

■ヒンジ交換・外装

購入価格が高いためか、大切に扱っていらっしゃる方が多いレッツノートですが、やはり持ち歩いて使用していると少しずつ傷んできますね。

画面を閉じてもパームレストと液晶ベゼルの間に隙間ができてしまい、ヒンジ部分をしっかりと押さえないと閉まらないものがあります。
左右ヒンジの劣化によるもので、結構発生していますが、気にしていない人も多いようです。

気になる場合は、ヒンジを交換することで解消できます。
ヒンジ交換と簡単に書いていますが、実際には液晶パネル側もマザーボード側もバラバラにする必要がありますので、時間のかかる作業です。

『天板に傷が多くなったので交換したい』『オークションで購入したが、予想以上に傷んでいるので…』というご依頼で、天板などの外装を交換したことがあります。
天板を新品にするとその周辺も気になってきて、液晶ベゼルもパームレストも… となり、再利用不可の小パーツも含めると結構な数です。

よく見かけるシルバーだけでなく、ブラックモデルもありますが、どちらの色も入手可能です。

【修理実績】
レッツノート ヒンジ・外装交換

【修理期間】5~10日

 

 

■その他、レッツノートの修理事例

修理しないでデータだけ取出し
CF-S10CWHDS USBメモリを認識しない
CF-S9KYFSDR タッチパッド交換

 

レッツノート キーボード交換

Panasonic CF-SX2J24DS キーボード交換

『キーボードの交換をして欲しい』と、山形県にお住まいのお客様から宅配便でご依頼いただきました。

本体カラーがブラックのモデルで、キートップの文字がかすれて見えない箇所があり、全体的にテカリが出ています。


大分使い込まれているようですね。

この機種もパームレストに両面テープで貼り付けられているため、外すのに少し苦労します。

新品のキーボードに交換を行い、修理完了。


レッツノート自体が頑丈で壊れにくいため、修理してでも大切に使われる方が多いですね。

Let’s note CF-SX2JE4DS キーボード交換

Panasonic Let’s note CF-SX2JE4DS

2013年発売、12.1インチ液晶搭載のパナソニック レッツノート。

法人向けのモデルですね。

CPUはSandyBridge世代のCore i5が搭載されています。

大阪にお住まいのお客様から、お持ち込みでの修理依頼がありました。

キーボードのキーが外れてしまったそう。

仙台は毎週の様に出張で出来ていて、そのタイミングで修理可能ならとインターネットで調べてお持ち込みいただいたそうです。

『今日大阪に帰らなければいけないので、それまでになんとか修理してほしい』とのことなので、特急修理でお受けいたしました。

キートップが外れただけでなく、キーボード側のパンタグラフを固定するツメが折れていましたので、キーボードごとの交換が必要ですね。

この機種のキーボードは常に在庫していますので、早速交換しちゃいます。

キーボードの固定にビスは一切使われておらず、強力な両面テープで接着されているので他のパソコンに比べると交換が大変です。

両面テープを張り付け、新しいキーボードを位置を確認しながら慎重に貼り付け。

これで交換は完了。

お客様に連絡したところ、店舗のすぐ近くで待機されていたそうで、すぐにご来店いただき、お引き渡しいたしました。

Let’s note CF-S9JYF1DC キーボード交換

Panasonic CF-S9JYF1DC

2010年発売のPanasonic レッツノートです。

今でも現役で使っている方が多いためか、発売から6年が経過しているとは思えません。

よく修理のご依頼をいただくシリーズですね。

盛岡にお住まいのリピーターさんからのご依頼です。

前回の修理は、『使っていると本体が熱くなり、電源が落ちてしまう』ということでヒートシンク・ファンの交換をしました。

交換してからはこれと言ったトラブルに見舞われることなく、順調に使えていたそうですが、キートップが数か所壊れてしまい、キーボードの交換希望でお持ち込みいただきました。

『今後も長持ちさせたいし、これから海外生活が始まるので、壊れやすい部品や劣化している部品はすべて交換し、万全の態勢で使いたい』とのこと。

ファンは交換したばかりなので大丈夫でしょう。念のため、もう一度清掃と熱伝導グリスの交換を行いました。

電源スイッチ、無線LANON/OFFスイッチ、無線LANモジュールはトラブルが多いので、全て新品と交換。

ハードディスクも検査の結果は正常でしたが、使用時間が20,000円時間に迫っていたので交換すべきです。

移動での使用が多いそうなので、交換ついでにSSDへの換装をご提案しました。SSDは駆動部品を持たず、振動に強いですし、何より読み書き速度が速いので。

外観も全体的に清掃を行い、新品のキーボードを取付けて修理完了です。

レッツノート CF-S9シリーズ特有の不安要素は全て交換したので、安心して使って行けると思います。
IMG_20160529_175648

Let’s note CF-S10EYQDR 入力出来ないキーがある

Panasonic Let’s note CF-S10EYQDR

2011年発売、12.1インチ液晶のパナソニック レッツノート。

CPUはSandyBridge世代のCore i5を搭載しています。

元々のOSはWindows7でしたが、Windows10にアップグレードされていました。

本体カラーがブラックのモデルです。

『キーが入力出来ない』ということで、宮城県富谷市にお住まいのお客様からご連絡いただき、その日のうちにお持ち込みいただきました。

キーボードの多くのキーが入力出来ないそうです。

ログインパスワードを設定しており、パスワードに使用しているキーが入力出来ないためログインすることが出来ません。

キーボードの交換が必要ですね。

いつも通り、両面テープで接着されているキーボードを、ドライヤーで加熱しながら剥がします。

力ずくで剥がしてもいいのですが、マザーボード側のコネクタが壊れる可能性もあるので、慎重に行います。

キーボードを取り外すと、茶色い液体が乾いたような跡がありました。

最近のものではないようですが、なにか飲み物でもこぼしたのでしょうか。

構造上、マザーボードには掛らなかったようなので、液体跡を洗浄し、新品のキーボードを取り付けて動作確認し、修理完了となりました。

Let’s note CF-SX1GE1DC キートップ破損

Panasonic Let’s note CF-SX1GE1DC

毎度おなじみのレッツノート。12.1インチの液晶です。

CPUは Core i5の二世代目。世代で言えばCF-S10シリーズと同じですが、筐体のスタイリッシュさでSX1の方が新しいのかと思ってしまいます。

今回はキーボード交換のご依頼。

『自分でキートップを外して、掃除しようとしたら壊してしまった』とのこと。

確認してみると、外見からの破損は無いですが、入力できないキーがありました。

しかも、ファンクションキー等の普段使わないキーではなく、O,J,Kなどの良く使いそうなキー。

キートップやパンタグラフの破損であれば、そこだけ交換できることもあるのですが…

効かない部分のキートップを外してみると、キートップ下のシリコン部分が取れてしまっているので、修復は不可能。キーボードごとの交換が必要でした。

キーボードは在庫を持っているので、即交換可能です。

交換して動作を確認し、他に異常がないか各部動作テスト。翌日には修理完了でお渡しできました。

CF-S9・CF-S10・CF-SX1/SX2シリーズのキーボード・ファン・電源スイッチ等は豊富に在庫しています。

レッツノートのトラブルでお困りの時は、ぜひお問い合わせください。
IMG_20161017_234111

Let’s note CF-S10CWHDS コーヒーをこぼした

CF-S10CWHDS

Panasonicのレッツノートです。最近、『ブログを見た』というお問い合わせ、ご来店が多いですね。ありがたいです。

仙台市内のお客様から、『キーボードにコーヒーをこぼしてしまった』と電話でお問い合わせいただき、大至急お持ち込みいただきました。

こぼしてすぐに電源を切り、コーヒーを拭けるだけ拭いて、被害が広がらないように逆さまにして乾燥させたらしいです。

昨晩のことで、まだまだ助かる見込みは大いにあります。

早速分解。キーのタッチが糖分でパキパキと違和感があり、キーボードを外してみると、まだ乾燥していないコーヒーが…

更に分解を進め、トップケースを外してみたところ、少しだけ飛沫がマザーボードとボトムケースに付着していたので、洗浄。

あとはキーボードを新品のものに交換し、電源が入ることを確認。

レッツノートの場合は耐水性はもちろんないですが、今回の様に液体が侵入した時はキーボードからマザーボードへの浸水を防ぐシーリングやドレンホールがありますので、今回はそれらが多いに機能してくれましたね。

キーボードも新品になったし、まだまだ使いたいとのことで、使用時間が15,000時間オーバーだったハードディスクをSSDに換装するのもご依頼いただき、修理完了となりました。
IMG_20151129_183828

 

アクセス・営業日

アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。
駐車場も完備です。

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10~19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090

ご来店用アクセスマップはこちら>>


↑ PAGE TOP