【 電話診断無料のパソコン修理専門店【仙台のパソコン修理専門店】 】

パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊 お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

東芝 D713/T3JB 液晶画面破損

TOSHIBA D713/T3JB
2013年発売、テレビも見れる液晶一体型の東芝 デスクトップパソコン。
同じシリーズの中では下位にあたるモデルのようで、CPUはCeleron。Windows8が標準で搭載されています。

最近このシリーズの修理を立て続けに承っていますが、ほとんどが液晶割れです。
今回も『液晶が割れた』ということで、仙台市若林区の会社の方からお持ち込みいただきました。
全体に割れが広がって、何が映っているか全く見えない状態。
液晶の型番が複数種あることはわかっていますが、以前交換したものと同じで他に異常がなければ… と見積り金額もご案内し、お預かり。

液晶が見えないため全体のテストはできませんが、ハードディスクや光学ドライブなどのテストを行い、異常が無いことを確認しました。
液晶パネルを外して確認すると、やはり前回このシリーズで交換したものと同じ型番のものでした。

新しい液晶パネルを取り付け、ある程度組み上げたところで電源を入れてみて、正常に表示されることを確認。
全体を組み立て、ハードウエア全体の動作点検を行いました。

液晶パネル以外には異常なく、エージングを行って修理完了となりました。



SONY SVT111A11N 液晶に何も映らなくなった

SONY SVT111A11N
2012年発売、11.6インチ液晶搭載のソニー ノートパソコン。
第2世代のCore i3 CPUで小型で軽く、持ち運んで使用するにはとても便利なパソコンです。

仙台市の北に位置する美里町のお客様から、『液晶に何も映らなくなった』とお持ち込みいただきました。
以前は角度を変えると映ることもあったとのこと。
外部モニターには正常に表示されていましたが、モバイル用のPCで本体の液晶が映らないと意味がありません。
状況から、液晶ケーブルか液晶パネルの不良が考えられるとご説明して、お預かり。

分解すると、内部に埃がいっぱい詰まっていました。
液晶ケーブルのコネクタも埃まみれになっていたので、まずは清掃。
ファンや放熱フィンは埃が詰まっていましたので、取りはずして掃除し、ついでに固くなったCPUのグリスも新しいものに塗り直し。

電源を入れ、疑わしい液晶ケーブルを動かしてみましたが、一向に表示される気配なし。
接点の接触不良の可能性を考え、ピンを丁寧に洗浄してみたところ、正常に表示されるようになりました。
OSを立ち上げても異常なく、液晶ケーブルや液晶パネルに振動を加えてみても画像が乱れる様子はありません。

他には異常はありませんでしたが、WindowsとVaioアップデートが大量に残っていたので、エージングテストを兼ねてアップデートを行い、修理完了となりました。



mouse computer MB-K660S-A-IIYAMA 液晶画面割れ

mouse computer MB-K660S-A-IIYAMA
マウスコンピュータ―製のパソコンですが、イイヤマブランドで販売したもので、【IIYAMA】の型番が入っています。
パソコンは比較的新しく、CPUは第6世代のCore i5に、メモリ8GB。Windows10が最初からインストールされており、フルHDの液晶です。

仙台市太白区のお客様から『液晶が割れてしまった』ということでお持ち込みいただきました。
液晶の上の方から全体に割れが広がって、何が表示されているか全わからない状態。

お預かりして分解し、液晶パネルの型番を確認。
IIYAMAブランドではありますが、使われている液晶パネルは台湾の某会社のものです。
通常のノートPCより高解像度のパネルですが、在庫のものとは互換性がなかったのですぐに取り寄せ。

入荷までの間に外部モニターを接続して動作テストを行いましたが、SSDが搭載されていることもあって、動作は軽快です。
特に異常はなかったので、液晶交換のみでOKです。

入荷した液晶パネルと交換し、正常に表示されることを確認。
再度の動作確認と、液晶パネルのエージングテストを行い修理完了となりました。



NEC PC-GV2472DAT 液晶の表示がおかしい

NEC PC-GV2472DAT
2012年発売、21.5インチ液晶一体型のデスクトップパソコン。
CPUは第二世代のCore i7、メモリは8GBを搭載しており、テレビ機能も付いています。
OSがWIndows7ですが、まだ快適に使用できるパソコンですね。

仙台市青葉区のお客様から、『液晶の表示がおかしい』とお持ち込みいただきました。
液晶が割れているわけではありませんが、下側半分の表示が出ていない状態。
状況から、液晶パネルの交換が必要なことをお伝えし、お預かり。

『早めに修理したい』とのご希望でしたので、在庫を調べると同じ型番の中古の液晶パネルが見つかりました。
『正常に映るならOK』ということでしたので、早速交換。

この機種の液晶パネル交換は、裏カバーを外し、マザーボードなどが乗った金属フレームを全て取り外す必要があります。
液晶パネルを交換、マザーボードを取り付けたところで電源を入れ、正常に表示されることを確認。

動作テストを行いましたが、他には特に異常なし。
エージングを行って、翌日修理完了となりました。

取りに来られたお客様は、『思ったより早く、格安で修理できた』と大変喜んでいらっしゃいました。



富士通 AH40/E 画面に何も映らない

FUJITSU AH40/E
2011年発売、15.6インチ液晶搭載の富士通 ノートパソコン。
CPUはAMD製のものが使用されており、メモリは4GB。OSはWindows7が標準でインストールされています。

『画面に何も映らなくなった』と、お持ち込みいただきました。
仙台市内にお住まい方で、過去にも当店で修理させていただいたことのあるリピーターさんですね。
実際に確認してみると、全く表示されていないわけではなく、よくよく見るとうっすらとFUJITSUのロゴが見えます。
しかし、自動修復に入ってしまいOSが起動している様子は無いですね。
キーキーと、甲高い嫌な音もします…
これは、液晶に何も映らないのとは関係が無いとは思いますが。

調べてみると、やはり音を出していたのはハードディスク。物理的な故障ってヤツですね。
べゼルが割れていますが、液晶パネルは割れてはいません。
映らない原因が液晶パネルとわかり、こちらも交換が必要。
動作中に落下でもしたのでしょうか?

幸いにも、異音を発しながらもハードディスク内のデータはバックアップできました。
買い替えも検討していたとのことだったので、今回修理はせずに大事なデータだけ取り出して、お渡ししました。



富士通 SH90/W 画面に何も映らない

FUJITSU SH90/W
2015年発売、13.3インチ液晶の富士通 ノートパソコン。
CPUはSkylake世代のCore i5で、メモリは基盤に実装されている4GB、OSは標準でWindows10がインストールされています。

『画面に何も映らなくなった』と、仙台市内にお住まいのお客様よりメールにてご相談いただき、その後お持ち込みいただきました。
電源を入れると、一瞬だけバックライトが点灯しますが、画面は真っ暗なまま。
外部出力は可能で、Windowも起動している状態ですが、本体側のディスプレイには何も表示されません。
液晶パネルに障害が発生している可能性が高いですね。

分解を行い、液晶パネルの形状や型番を確認する必要があります。
ボトムケース側から分解し、液晶ディスプレイを取り外します。
タッチ操作対応機種なので、液晶パネルの上にデジタイザーがあり、それを外せば液晶パネルを外すことが出来ます。
デジタイザーは非常に薄いので、割れないよう慎重に…。

液晶パネルの型番を確認し、在庫の液晶パネルに交換。
【FUJITSU】のロゴが表示され、正常に表示することを確認できました。

他には特に不具合なく、しばしエージングを行って修理完了。
『メーカーに提示された見積りより安く直った!』とお喜びいただけました。



東芝 B553/J 液晶画面が割れた

TOSHIBA B553/J
2013年発売の東芝 ビジネス向けノートパソコン。
OSはWindows8.1が標準で搭載されますが、今回のお客様のパソコンはダウングレードでWindows7がインストールされていました。

『液晶パネルが割れた』と、仙台市青葉区のお客様からお持込みいただきました。
確認すると、右下に割れがありそこから縦と横に線が入っており、画面の一部しか見えない状態。
この機種では標準的な液晶パネルを使用していますので、在庫の液晶パネルとすぐ交換可能です。

お預かりして分解し、在庫の液晶パネルと交換して正常表示を確認。
液晶表示以外には問題はありませんでしたが、ハードディスクの使用時間が1万時間を越えていました。
エラーはないものの、そのまま使うと故障するリスクは高くなっていきます。
今の状態であれば、データもインストールされたソフトも含め、全く同じ状態でハードディスク交換でき、作業費用も変わらず部品代の追加だけで済みます。
状況報告でご連絡したところ、ハードディスクも一緒に交換することになりました。

液晶パネルのテストも兼ねてエージングテストを行い、修理完了となりました。



富士通 AH56/E 画面に赤い縦線が入る

FUJITSU AH56/E
2011年発売、15.6インチ液晶の富士通 ノートパソコン。
CPUはCore i5を搭載しており、OSはWindows7から10にアップグレードされていました。

『液晶の表示がおかしい』ということで、仙台市内にお住まいのお客様から電話でお問合わせいただき、その後お持込みいただきました。
画面一杯に赤い縦線が入るようになったそうです。
特に画面に何かぶつけたとか、落としたとかそういったともなく、使用中に突然こんな状態になってしまったとのこと。

液晶パネルとマザーボード側を接続しているケーブルの不具合か、液晶パネル自体の障害である可能性が高いですね。
この機種は、液晶パネルがべゼルと一体化したフルフラットパネルでカバーされています。
それでも取り外し可能なので、液晶パネル単体での交換が可能です。

フルフラットパネルを取り外し、在庫の新品液晶パネルと交換。
電源を入れて、正常に表示されることを確認しました。
液晶ケーブルの可能性も考えましたが、液晶パネル交換後は様々なテストでも症状が再現することはなくなりました。

お急ぎとのことでしたので、特急修理を行って当日中にお引き渡しいたしました。



東芝 D712/V3GM 画面が割れてしまった

TOSHIBA D712/V3GM
2012年発売、21.5インチ液晶一体型の東芝 デスクトップパソコン。
地デジチューナーも内蔵しているため、録画もお手軽。CeleronプロセッサーのWindows8です。

『画面が割れてしまった』と、宮城県富谷市のお客様からお持込みいただきました。
物をぶつけたそうで、左下部分が見えません。
他の部分は何とか見えていますが、液晶の割れは徐々に広がっていきますので、液晶パネルを交換するしかありません。

このD712シリーズの修理は度々ご依頼いただいておりますが、液晶パネルはコネクタが異なる2種類が使われており、分解するまではどちらかわかりません。
液晶の型番を確認し、その他も点検すると、ハードディスクの使用時間はさほどでないものの不良セクタが発生していました。
正常に起動はしていましたが、動作がやや遅かったのはハードディスクが原因の可能性もあり、今後起動できなくなることも考えられます。
お客様へご連絡し、液晶パネルとハードディスクも一緒に交換することになりました。

表示テストも兼ねてエージングテストを行い、Windowsのアップデート等を適用して修理完了。
快適にお使いいただけるようになりました。



富士通 AH47/K 液晶割れ

FUJITSU AH47/K
2013年発売、15.6インチ液晶の富士通 ノートパソコン。
CPUはIvyBridge世代のCore i7が搭載されており、OSはWindows8.1がインストールされています。

『液晶画面が割れてしまった』ということで、仙台市内の会社の方から修理の見積依頼がありました。
割れていると言っても全く表示が見えないのではなく、円形に力が加わった跡が何箇所か黒くつぶれています。

受付時におおよその金額をお伝えし、ご了承いただいていましたので、液晶画面以外の一通りの検査を終えた後、液晶パネルを交換。
富士通の場合は相性問題などで部品を取り寄せしなければいけないケースがありますが、今回は在庫していた液晶パネルが使用でき、一安心。
このシリーズの場合、ボトムケース側を分解しないとべゼルが外れないので、他の機種に比べて少し手間が掛りますね。

ボトムケース側を分解したついでに、ファン付近に溜まった埃を清掃しておきました。
組み立てて、正常に表示することを確認。

しばらくエージングテストしましたが、特に問題なし。
再度、全体の動作確認を行い、修理完了となりました。



1 / 2412345...最後 »

 

アクセス・営業日

アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。
駐車場も完備です。

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10~19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090

ご来店用アクセスマップはこちら>>


↑ PAGE TOP