【 電話診断無料のパソコン修理専門店【仙台のパソコン修理専門店】 】

お急ぎの方、お電話ください。
お問い合わせこちらをクリック

Lenovo ThinkPad Edge E530 3259-AF8 電源が入らなくなった

Lenovo ThinkPad Edge E530 3259-AF8
2012年発売、レノボのベーシックノートパソコン。
CPUはCeleronが搭載されたWindows7です。

仙台市若林区の会社の方から、『電源が入らなくなった』とお持ち込みいただきました。

このシリーズのパソコンは、同様の症状で頻繁に修理を行っています。
「電源回路の問題の可能性が高い」と説明すると、過去ブログをご覧になってお持ちいただいたそうでそうで、同じだろうと思ったとのこと。

お預かりして分解すると、予想通り電源回路でショートしていました。
壊れる箇所が決まっているわけではないので、毎回のことながら不良部品を探すのですが、今回は比較的早く発見。
チップ部品を交換し、ショートがなくなったことを確認して電源を入れると、【Lenovo】のロゴが表示されました。

全体を組み上げ、動作点検。
他には異常なく、翌日までエージングを行って異常がないことを確認し、修理完了となりました。

会社内に同じ機種が複数台あるそうなので、他でも同様になる可能性があります。
特急修理するとしても仕事は一時停止してしまうので、重要データはバックアップして万が一の事態に備えておいた方がいいですね。



東芝 T55/45MG 画面に何も映らない

TOSHIBA T55/45MG
2014年発売、15.6インチ液晶の東芝 ノートパソコン。
CPUはHaswell世代のCore i3が搭載されており、OSはWindows8.1から10にアップグレードされていました。

『電源は入り動作音もするが、画面が真っ暗で何も表示されない。ブログの記事と同じような症状ですが…』とメールでお問い合わせいただき、兵庫県にお住まいのお客さまだったので宅配便でお送りいただきました。

電源を入れるとパワーランプが点灯し、ファンも回っている音がしますが、画面は真っ暗なまま。
以前ブログに書いたものと、色が違うだけの同型機種ですね。

典型的なBIOSの障害です。
はんだごてを使用してマザーボードからEEPROMを取り外し、内部のUEFI/BIOSデータを読み出し、修復します。
近くにコネクタがあるので、はんだごての熱で溶かしてしまわないように注意が必要です。

16進数で書き込まれたデータを修正した後は、正常に起動することを確認。
壊れた原因は不明ですが、このシリーズで同じ症状のお問い合わせ・修理依頼が多くなっています。
メーカーや家電量販店、他の修理業者さんでメインボード交換が必要と診断された方、お問い合わせお待ちしております(^^)



DELL ALIENWARE X51 R2 画面に表示出ない BIOS修復

DELL ALIENWARE X51 R2
小さな筺体ですが、大きなACアダプタで電源供給する、DELLのゲーム用デスクトップパソコン。
今回お預かりしたモデルは、第4世代のCore i5に、余裕の16GBのメモリが搭載されていました。

仙台市のお客様から『電源を入れても、画面に何の表示も出ずブザー音が鳴る』と、お持ち込みいただきました。
過去の例からBIOSが怪しそうですが、お預かりして調べることに。

念のためメモリ・CPU・接触不良等を確認しましたが、改善されず。
メインボードに実装されているEEPROMを外してBIOSデータの修正を行い、再実装し電源を入れて少し待つと、画面にエイリアンの独特なBIOS表示が表れました。
やはり原因はBIOSデータ。
ここに至った理由は明確ではありませんが、BIOSのVer.を最新のものへアップデートしておきました。

事前のテストで、ハードディスクにエラーが見つかっていたため、BIOS修正とハードディスクも一緒に交換することになりました。
データも設定も丸ごとコピーし、新しいハードディスクを取りつけてWindowsが起動することを確認。
全体の動作点検を行い、修理完了となりました。



SONY SVF15A18CJP 電源入るが画面に何も映らない

SONY SVF15A18CJP 画面に何も映らない
2013年発売、15.6インチ液晶搭載のSONY ノートパソコン。
CPUはIvyBridge世代のCore i7が搭載されており、タッチ操作にも対応した高性能なモデルですね。
メモリはマザーボードに実装されているものと、取り外し可能なものあわせて8GBが搭載されていました。

奈良県にお住まいのお客様から、宅配便でご依頼いただきました。
当店のブログの記事と同じような状態だと、事前にメールでお問い合わせいただいていましたので、おおまかな作業内容と金額をお伝えしてありました。
症状は『電源は入りファンも回るが、画面に何も表示されない』といったもの。
まさにブログで書いていたのと同じ状態。機種も同じで、本体カラーが違うくらいですね。

一通り確認しましたが、やはりブログの通りUEFI/BIOSに障害が発生している可能性が高いです。
ボトムケースを取り外すとマザーボードが見えますが、BIOSのデータが格納されているEEPROMはまだ見えません。
キーボード側にありますので、マザーボードを完全に取り外す必要がありますね。

マザーボードを取り外したら、表面実装されているEEPROMを取り外し、16進数データを読み込んで編集し直し、書き込みを行います。
再度実装して組み立て、電源を入れると【VAIO】のロゴが表示されました。
OSも問題なく立ち上がり、一通り動作点検を行って修理完了。

他ではマザーボード交換が必要との判断だったそうですが、安く直ってよかったです。
高性能なパソコンなので、買い換えるにはまだ早いですね。



SONY VGN-CR51B 電源が入らない

SONY VGN-CR51B
2008年発売、14.1インチ液晶のSONY ノートパソコン。
OSはWindows Vistaがインストールされていました。
発売からもう十年経過していますが、使用頻度が少なかったのか見た目はキレイでした。

『電源が入らない』ということで、富谷市にお住まいのお客様からお持ち込みでの修理相談がありました。
全く反応が無いわけではなく、電源スイッチを押している間だけパワーランプとバッテリーのランプが点灯。
マザーボードの障害だとは思いますが、いつもと少し様子が違いますね…

お預かりして分解してみると、すぐに原因が判明しました。
液体が入り込んだ形跡があり、マザーボードが激しく腐食していました。
ニオイからして、液体ノリでしょうか。タッチパッド付近から入ったようです。

基盤の洗浄を試みましたが、少しふれるとチップコンデンサやチップトランジスタなどの部品がポロポロと剥がれ落ちてきます。
パターンまで損傷しており、洗浄・修復でどうにかなるものではないですね。

マザーボードの交換が必要で修理金額がご予算を超えるため、修理はしないことに。
ちょうど買い替えも考えていたとのことで、弊社で販売している中古パソコンをご購入いただきました。
いつものことながら、ユーザーデータはサービスで移行しました。



Let’s note CF-B10CDBDP 電源が入らない

PANASONIC Let’s note CF-B10CDBDP
2011年発売、15.6インチ液晶搭載のPANASONIC レッツノート。
レッツノートシリーズと言えばモバイルノートのイメージがありますが、この機種のように据え置きでも使いやすい画面の大きなものもあります。
今回お預かりしたものは、OSはWindows7から10にアップグレードされており、お客様ご自身でハードディスクからSSDに換装していました。

『電源が入らない』ということで、山形にお住まいのお客様からお持ち込みでの修理依頼がありました。
仙台には仕事で頻繁にいらっしゃるようです。
全く電源が入らないわけではないですが、スライドスイッチを何度もスライドさせないと電源が入りません。
電源スイッチの接触不良ですね。

レッツノートは昔からほぼ同じスイッチを使用しているので、どの機種でも使い込んでくると同じようなトラブルが起きます。
良くあることなので、電源スイッチは純正の新品を常時在庫。
早速、交換作業に入ります。

同時期に発売された機種と同じように、キーボードが両面テープで接着されていますが、他のものよりは簡単に外せます。それでもキーボード変形の恐れがあるので注意が必要ですが。

トップケースを外すと電源スイッチが確認できます。
マザーボードに実装されているのではんだゴテで取り外し、新しものと交換。

交換後はスライド一回で電源が入るようになりました。
剛性を売りにしているだけあって、年数が経っても力が加わるヒンジ周辺の破損等もなく、他メーカーとの違いを感じますね。



自作デスクトップパソコン 起動しない

自作のミドルタワーデスクトップパソコン。
CPUはAMDのPhenom IIが搭載されており、OSはSSDに、データはハードディスクに保存できる構成です。

大崎市にお住まいのお客様から、お持込みいただきました。
お客様ご自身で組まれたものではなく、知人から譲り受けたものだそうです。
一度も中の掃除をしたことが無かったので、サイドカバーを開けて清掃を行ったそうなのですが、CPUの熱伝導グリスを塗り直そうとCPUクーラーを外した際、ヒートシンクにCPUがくっついてきてピンを曲げてしまったそうです。
グリスが劣化して、CPUとヒートシンクが固着しているものが多いですからね。

CPUを取り外してみると、変形しているピンがいくつもありました。
その状態で無理やりソケットにはめたからか、CPUソケットの方も一部穴が潰れている箇所も。

CPUのピンをおらないよう、慎重にまっすぐに修正し、ソケット側もピンが入るように修正を行いました。
CPUを挿しこみロックし、熱伝導グリスも塗り直してCPUクーラーを取り付け。
電源を入れると画面が表示され、Windowsも正常に起動しました。

始めはCPUとマザーボード交換が必要と想定していましたが修正で直り、お客様も安価で修理出来たので喜んでいらっしゃいました。



HP Elite 8300 起動しない

HP Elite 8300
デスクトップパソコンですが、本体サイズは通常のノートパソコンより小さく、ACアダプタで給電するタイプです。

仙台市青葉区の方から『起動しない』とお持込みいただきました。
受付で確認すると電源は入りますが画面に何も表示されません。

お預かり後にカバーを開けると、内部にかなりのほこりがありました。
メーカーロゴの表示も出ないことから、ハードディスクの内容を読み込む前の段階、BIOSプログラムが起動しない状態ということがわかります。
CPUやメモリ・メインボードの異常等、パソコンとして動作する条件を満たしていないか、BIOSが壊れているかのどちらかということになりますね。
メモリ自体に異常があることもありますが、接点の接触不良も多々。
今回はほこりを飛ばして、メモリの接点をクリーニングすることで正常に復帰しました。

Windowsが起動した状態で点検しましたが、ハードディスク他、特に異常は見受けられませんでした。
起動に関する問題を避けるため、Windows10の高速スタートアップのオプションを切り、エージングテストや断続的に何度も起動を確認して、修理完了となりました。



東芝 EX/47DRDT 電源が入らない

TOSHIBA EX/47DRDT
2011年発売、15.6インチ液晶の東芝 ノートパソコン dynabook。
CPUはPentiumで、OSはWindows7がインストールされていました。
Windows10へのアップグレードは、操作方法が変わると嫌とのことでスルーしたそうです。当時はアップグレードによる不具合が多かったので正解ですね。半ば強制的にアップグレードされてしまった人が多い中、うまく切り抜けたようです。

『電源が入らない』ということで、富谷市にお住まいのお客様からご連絡をいただき、すぐにお持込みいただきました。
使用中に電源が落ち、それから全く電源が入らないそう。
メーカーに問い合わせて、アドバイス通りバッテリを抜き一晩放電したそうですが、ランプすら点灯しないといった状態。
ちなみに、この「放電」放電で直るケースはほとんどないですね。結局は修理対応になってしまいます。

状況から、マザーボードに障害が発生している可能性があります。
分解してマザーボードを取り外し、19V回路で短絡していることを確認。
問題のチップ部品を特定して、新品に交換、正常に電源が入るようになりました。

Windowsも正常に起動してきましたが、ハードディスクの検査で不良セクタが見つかったため、新しいハードディスクに交換して修理完了です。


東芝 T351/34CR CPU交換

TOSHIBA T351/34CR
2011年発売、15.6インチ液晶の東芝 ノートパソコン。
CPUはPentiumを搭載していましたので、エントリー向けのモデルですね。OSはWindows7がインストールされています。

仙台市泉区にお住まいのお客様から、『CPUのアップグレード』の相談がありました。
他に所持しているパソコンと比べると、動作がもたつく場面があるということで、Core i5へのアップグレード依頼。
同じシリーズで上位機にあたるモデルではCore i5を搭載しているものもあるので、問題なくアップグレード可能でしょう。

分解を行い、CPUを交換します。
マザーボードを取り外さなければいけないので、メモリ程気軽には交換できませんね。
ピンを曲げないよう注意しながら、Core i5を取付ます。
CPU熱伝導グリスを塗り、ファンとヒートシンクもついでに掃除。

しばらくエージングテストを行いましたが、問題なく動作していました。
ハードディスクの中身はそのままで、やはりPentiumに比べるとサクサク快適に動くようになりました。
元々不具合はなかったので、CPU換装だけで作業完了です。



1 / 1212345...最後 »

アーカイブ

▼▼▼
お見積り・お問い合せはこちらから
▼▼▼
まずはお問い合わせください
カテゴリーリスト

アクセス

〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊 (有限会社イーストワークス)

通常営業:10〜19時

古物商許可  宮城県公安委員会 第221240001177号

持込み歓迎!土日祝日も営業していますので、お急ぎの方はお電話ください。
 → 022-771-2090


お得なキャンペーン
レンタルパソコン
アップグレード
修理依頼書ダウンロード
初期化しちゃう?ちょっと待って

無料見積もりはこちら

特急修理

来店予約

土日祝日も営業中

修理依頼書ダウンロード

メールはこちら

パソコン修理ブログ

ノートパソコンだけでなく、デスクトップも修理しています。 見積り無料。ご来店・お持込み歓迎!定休日ありません。 泉ヶ岳通りの1本北側の道路沿い、 緑色の建物です。 店舗前の駐車場に「パソコン修理」のぼりが立っています。 営業時間内(10~19時)なら来店予約は不要です。
大きな地図で見る
泉中央駅からの道順PDFを印刷
アクセス: 泉中央駅(200m)地下鉄南北線
泉中央駅、西口より徒歩2分。仙台駅からでも20分です。駐車場も完備です。
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-2
仙台パソコンお直し隊
(有限会社イーストワークス)

アクセスマップ

FAX

 キャンペーン一覧

レンタルパソコン

学生割引

リピーター割

同時に2台修理

リカバリディスク無料作成

返却時の送料無料

代引き手数料無料

買取対応

Windows VistaまたはXPからWindwos7へアップグレード

Windwos7 中古パソコン販売

 修理オプション一覧

Windwos7 中古パソコン販売

 今月の定休日

定休日はありません
土日祝日も営業中(10~19時)!
お急ぎの方はお電話ください。
022-771-2090
来店予約の連絡も不要です。

東京本社の掲載実績
朝日テレビ 1月20日
全国放送9:54
バンキシャ バンキシャ
毎週日曜18:00~18:55放送
週間アスキー 週刊アスキー
2008/07/29
日経パソコン 日経パソコン
2009/06/08
NHK NHK
「World TV」
「NHK Premium」
2009/03/26放送
macfan MacFan
2010/03号
MONOQLO MONOQLO
2010年08月
flash FLASH
2010年7月20日
kaden 家電批評
2010年8月3日
特選街 特選街
2010年8月3日
All About Apple All About Apple
2010年8月26日
東京新聞 東京新聞
2010/10/12号

↑ PAGE TOP